147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろを買った口コミ評判!安全性も解説!

チャオチュールは、新しい発想の猫のおやつ!中身はペースト状でパウチがスティック型になっているのが特徴です。猫の食いつきの良さも評判ですが、フード自体の安全性は大丈夫なのでしょうか?

今回はチュールの中でも乳酸菌入りのまぐろを取り上げます。原材料や口コミ、もちろん商品そのものもチェックして徹底検証していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.2
グレインフリー 5.0
無添加 1.8
安全性 2.3
コスパ 2.0
内容量 56g(14g×4本)
価格 177円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 316円
対応年齢 子猫から高齢猫まで
原産国 日本
編集部からの評価

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろは、当サイトでDランクのキャットフードです!まず原材料チェックで気になったのが、食材の品質や成分に不透明なところがある点です。確かに、第一食材が猫向きのまぐろであることや保存料不使用であることなど魅力的な要素はあります。人気の高さを証明するような口コミも多いです。しかし、うま味や食感をアップさせる成分には、反面表示が曖昧で安全性が不確かという問題が潜んでいます。安全性を重視するなら、投薬やここぞという時のごほうびなど使う頻度やポイントを考えた上で取り入れた方がよいでしょう。

実際にチャオチュール 乳酸菌入りまぐろを購入してみました!

チャオチュールには肉や魚介類などさまざまな食材を用いたものがありますが、今回購入してみたのは猫に人気の高いまぐろ味。それに乳酸菌が入ったものです。

パッケージには、スティック4本に入っている乳酸菌が「400億個」と大きな字で書かれてありますね。緑茶消臭成分が配合なのはほかの種類と共通です。

裏面に返すと、表の面と同様に目立つのが国産品という表示です。種類名の下にはこの商品ならではの特徴、お腹の健康への配慮が記されています。

原材料や保証成分値、製造者などは下半分のスペースに。大事な情報がもれなく入っていますね。

では、袋を開けてフードそのものを点検していきたいと思います!

外袋にも各スティックパウチにも切り口があるので、手ですばやく開けられます。

スティック型というだけあって、4つ入っているパウチは細長くてコンパクト。おやつにちょうどよい量という感じです。

そして、中身はスティックの先の片側から少しずつ出るようになっています。この形だからこそ、ペースト状なのに猫の口へ直接…という与え方も可能なわけですね。

手間がかからない上に飼い主さんの方の手も汚れにくい、更にはおやつを介して猫と触れ合えるというメリットがあります。

本来パウチから直接猫にあげられるチュールですが、今回は中身を見るためにフード入れに全部出してみました。

写真のようにパウチの切り口から押し出されたリボン状の形を保っているので、結構トロミ感があるようです。

色合いはツナ缶の身に似ていますが、やや赤みが濃い印象を受けます。

でも、ニオイの方はツナとは少し遠いものでした。どの成分の影響なのかわかりませんが、あまり鼻を近づけたくない!と感じました。

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろの原材料と安全性を徹底分析!

それではチャオチュールの原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多い乳酸菌入りまぐろを解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

まぐろ、糖類(オリゴ糖等)、まぐろエキス、タンパク加水分解物、殺菌乳酸菌、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ミルクカルシウム、ビタミンE、紅麹色素、緑茶エキス

4D まぐろエキス 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 調味料、増粘多糖類 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 7.0%以上 粗灰分 1.7%以下
脂質 0.2%以上 水分 91.0以下
粗繊維 0.1%以下 代謝カロリー 約7kcal/本

まぐろ、まぐろエキス

まぐろは猫のし好に合いやすく、その上栄養豊富な魚です。タンパク質が豊かに含まれる点でも、DHAやEPA、タウリン、鉄分などが含まれる点でも猫に適しています。

ただ、エキスとなった状態で原材料とされるものは、もともとのまぐろの品質が不確かです。食材としては本来廃棄されるような4Dレベルのものが使われていることも考えられます。

糖類(オリゴ糖等)、殺菌乳酸菌

オリゴ糖や乳酸菌は、腸内環境を良好に保つことに役立つものです。胃、小腸で分解されないオリゴ糖は、大腸で善玉菌のエサとなって腸内環境を整えます。

また、乳酸菌を摂取することで大腸の善玉菌が増加。その結果、悪玉菌とのバランスが良くなります。便の調子を整え、免疫力のアップにも役立ちます。

増粘剤(加工でん粉)、増粘多糖類

増粘剤や増粘多糖類は文字通り食品の粘り気を増す成分で、食感や安定性を高めます。

しかし、さまざまな増粘剤の種類の中には健康への害が心配されるものもあり、増粘多糖類のように成分が省略された表示だと不安が残ります。

調味料(アミノ酸等)

調味料(アミノ酸等)とは、人間の加工食品でも使用されている化学調味料です。食材などから抽出されたものや化学的に合成されたものがあり、健康への影響を不安視する意見もあります。

アミノ酸「等」と複数の成分が含まれているため、安全性が不明です。

編集者からのひとこと

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろの原材料をチェックすると、まず第一のメイン食材はまぐろで栄養的にも安全性の上でも問題がありません。

保存料や酸化防止剤などが使われていないのも良い点です。

ただ、まぐろだけでなくまぐろエキスも加えられているため、品質的に不透明なところがあります。

更には、魅力的なおやつに加工する上でさまざまな成分が使われていますが、中にはあまり喜ばしくないものも見られます。

乳酸菌を含めメリットの多い成分がある一方、デメリットが隠れているのでは?と不安になる成分も含まれています。

新しい形の画期的な商品だけに、その点が残念ですね。

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろの口コミや評判は?

実際に、チャオチュール 乳酸菌入りまぐろを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

チャオチュールの良い口コミ

シャム猫 6歳 / オス
5.0
便秘気味の愛猫のために買ってみました。大好きなおやつなので喜んで食べてくれるし、乳酸菌が合っていたのかウンチの調子もなかなかいいようです。これなら無理なく続けていけそうです。
ラグドール 9歳 / オス
4.0
腎不全を患ってから食欲がありません。療法食が気に入らないせいもあるかと思い、ちゅーるをプラス。そうすると、おいしそうに食べてくれます。少しでも体に良いものをと選びましたが、乳酸菌のためか続けて与えていると便がゆるめになるような気がします。

チャオチュールの悪い口コミ

スフィンクス 4歳 / メス
2.0
うーん、前に買ったチュールとトロミ感が違うためか?あまり食べてくれませんでした。チュールは味の種類がとても多くて選ぶのが楽しいけれど、猫が気に入るかどうかは実際あげてみるまでわかりません。
MIX 3歳 / オス
2.0
猫ならみんなこれが好き、というイメージでしたが、実際購入してみたらうちの子はまったく興味がない様子。もったいないから、ほかのウェットと一緒に器に入れて混ぜてあげています。CMみたいに手からあげたかったのになぁ。
アメリカンショートヘア 10歳 / メス
2.0
ニオイを嗅いではみたものの、どうしても口をつけてくれません。仕方ないのでパウチからお皿に出しておきましたが、いつまでも残ったままでした。あまりおやつをあげてこなかったから慣れていないんでしょうか。

チャオチュールの口コミ・評判まとめ

チャオチュールの口コミでなんといっても目立つのが猫の食いつきがいいという評価で、全体の中でもかなり多くの割合を占めています。

それに加えチュール 乳酸菌まぐろには、便秘対策の結果にも満足の声が上がっています。

ただ、かえって「便がゆるくなった」という意見もあったので、猫の状態や体質には注意した方がよさそうです。

そして、悪い口コミの方を見ると、意外にも「口にしない」「興味がない」という猫も一定数いることがわかりました。

味の種類も非常に多いため、味や食感の好みにうるさい猫の場合は相性の良いフレーバーを見つけるのに苦労するかもしれませんね。

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろをお得な価格で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでチャオチュール 乳酸菌入りまぐろを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 177円 139円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろは通販サイトか店舗で!

チャオチュールは広く名の知れた人気の商品なので、多くの通販サイトや実店舗などで購入できます。

ただ、製造しているいなばの公式サイトにはショッピングシステムはないので、通販で購入するならほかのサイトを探すことになるでしょう。

Amazon、楽天と代表的な通販サイトを見たところ、乳酸菌入りまぐろは現在やや楽天の方が安く買えるようです。ただし、まとめ買いなどの条件次第では送料無料となるAmazonの方がお得になるかもしれません。

また、チャオチュールが並ぶ実店舗は珍しくありませんが、乳酸菌入りまぐろが必ず置いてあるとは限りません。チュールの種類自体がかなり多いためです。

どうしても乳酸菌入りまぐろがほしい場合は、通販サイトに頼るのが無難でしょう。

怖いくらいに猫が喜ぶ⁉ただしチャオチュールにまたたびは含まれていない!

チャオチュールへの猫のリアクションが怖いくらいに良いためか、「成分は大丈夫?」「もしかしてまたたびが入ってる?」と考えてしまう人もいるようです。

でも、当サイトで原材料を確認したところ、またたびと思われるものは一切入っていませんでした。

猫が好むというまたたびですが、与えすぎると中枢神経を麻痺させて呼吸にも影響を与えるなどリスクもあります。入っていないのであれば、余計な心配はしなくてよさそうですね。

ただ、原材料チェックで見たようにそのほかの添加物については不明な部分が残ります。この点、メーカーでもっと詳細をはっきりさせてくれるとありがたいなと思います。

メーカーいなばから送り出される種類豊富なチャオチュール!

チャオチュールを作っているのは、日本国内のメーカーいなばです。缶詰加工でよく知られていますが、ペットフード事業でも数々の人気商品を世に送り出しています。

中でも以前にはなかった新しいタイプのおやつであるチャオチュールは、全種類が80以上!

今回取り上げた4本入りタイプのほかに、入り数やパッケージ自体が異なるものなどもあるのでご紹介します。

ちゅーる通常タイプ(14g×4本)

たまにあげるおやつやお試しにちょうどよいサイズです。まぐろ、かつお、しらす、ほたてなどの海産物を使用したもの、とりささみを中心にミックスしたものなど多彩な味が揃っています。

当サイトではちょっと贅沢なチャオチュール とりささみ&黒毛和牛をレビューした記事もあるので、お肉好きの猫の飼い主さんはぜひ参考にしてくださいね。

ちゅーる大容量タイプ

外パッケージに入っているパウチの数が多いため、手間なくまとめて購入できます。1本のスティックパウチに入っている量は、通常タイプと同じく14gです。

大容量タイプには下のような本数のものがあります。

ちゅーる大容量タイプの入り数
  • 14g×10本(袋)
  • 14g×20本(袋)
  • 14g×30本(筒形)
  • 14g×40本(袋、箱)
  • 14g×60本(バケツ型)
  • 14g×120本(バケツ型)

飼っている猫の頭数や使うペースに合わせて選べますね。

ちゅーるアペティート(8g×8本)

ちゅーるアペティートの中身のフードは、通常タイプよりペーストがやや固めの仕様です。

そして、小さめパウチに入っている分量は8g。通常タイプと比べると少量ですが、パウチ数は逆に多くなっています。

1回に与えるのは少なめでその分回数を増やしたい、という考えの飼い主さんに向いています。

ちゅーるちゅーぶ(チューブ型80g)

中身は通常タイプと同じですが、パッケージがチューブ型です。

1つのチューブに80g入っているため、1回使い切りにすることが多いパウチとは違って何回かに分けてあげられます。複数の猫に与えるのも可能。

猫の体格やその時の空腹感に合わせ、与える量を加減できるのがメリットです。

チャオチュールは生後6ヶ月の子猫から高齢猫まで与えられるおやつ!

一般的なフードでは対象年齢が分けられているものもよく見かけます。でも、チャオチュールは生後6ヶ月くらいからの子猫にも高齢猫にも与えられるおやつです。

原材料の形が残らないペースト状で柔らかく、噛み砕く必要もないからです。

ただ、通常のチャオチュールはあくまで一般食。猫が喜ぶからといって求められるままにあげるのはNGです。与える量には注意してくださいね。

また、チャオチュールには1歳までの子ねこ用や11歳からの猫を対象にした商品も用意されています。

1歳までの子ねこ用は粗脂肪分が多めでタウリンが加えられているのが特徴です。高齢猫にはコラーゲンがプラスされています。

ニシ教授
子ねこ用、高齢猫は、味の種類が少ないのがちょっと難点じゃがのう!

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろのQ&A

チャオチュールの1日あたりの給与量めやすは?

1日にチャオチュールを与える量は、一般的な成猫で4本までが目安です。

一般食であるチュールを食べ過ぎると猫の主食である総合栄養食の量に影響し、栄養が偏ってしまうことも考えられます。

チャオチュールのCMが作れるアプリがあるって本当?

猫とチュールの動画が撮れるアプリはGoogle playやApp Storeからダウンロードできます。

現在は行われていませんが、キャンペーン中にはこのアプリから実際のCM出演に応募できました。

チャオチュールに加えられている乳酸菌の種類は?

チャオチュールに使われている乳酸菌は、エンテロコッカス フェカリス菌です。ほかの乳酸菌よりサイズが小さく、多くの量を1度に摂りやすいのが特徴です。

チャオチュールの賞味期限はどれくらい?

チャオチュールの賞味期限は未開封の状態で2年です。パウチの封を切って使い残した場合は別容器に移して冷蔵庫で保管し、早めに食べさせましょう。

チャオチュール 乳酸菌入りまぐろの基本情報

キャットフードの形状 ウェットフード(ペースト状)
内容量 56g(14g×4本)
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 177円
100gあたり価格 316円
販売会社 いなばペットフード株式会社
公式サイト https://www.inaba-petfood.co.jp/product/detail/CIAO+%E3%81%A1%E3%82%85%E3%80%9C%E3%82%8B/6492
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る