147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

デビフペットの缶詰キャットフードを買った口コミ!評判や安全性も評価

デビフペットは新潟に本社を置くペットフード会社で、商品の中心は手づくり感のある缶詰ウェットフードです。中でも、今回は猫用流動食であるカロリーエースプラスに注目します。

購入した実物の中身や原材料チェックで安全性を確認!口コミ評価も調査し、どんなフードなのか徹底的に検証していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 1.7
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 3.8
コスパ 3.0
内容量 85g
価格 200円~ ※Amazon参考価格
100gあたり価格 235円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

デビフペット缶詰は、当サイトでCランクのキャットフードです!商品そのものの形状や原材料のチェックから、噛む力や体力の弱った猫でも栄養摂取しやすい流動食であることがわかりました。食材としては健康で元気な猫の主食向きではなく、○○類という大まかな原材料表記にやや不安が残るものの、緊急時の猫にとって優れた栄養源となることが期待できます。ただ、口コミではこのフードで助かったという声が数多く寄せられている一方、好みに合わず口にしない猫もいるようです。場合によっては与え方などにも工夫が必要かもしれません。

実際にデビフ(d.b.f)缶詰のカロリーエースプラス猫用流動食を購入してみました!

今回購入した缶詰は、市販では珍しい猫用流動食のカロリーエースプラスです。

フードの性質上ガツガツ食べられる状態の猫用ではないので、サイズは小さめ。手の平にちょこんと乗るくらいです。

パッケージには飾り気がなく、フード名の次に目立つのが「よく振ってから開けて下さい」の注意書き!そのほか、対象年齢や総合栄養食であること、緑の帯の右上には国産という文字が入っています。

缶詰の反対側には、原材料や内容量、保証成分といった情報が緑の字で記されています。賞味期限は缶の上の面に。そして、底の面がプルトップとなっていて、簡単に開けられるようになっています。

では、このプルトップを引いて、開缶してみましょう!

缶の中には、うっかりするとこぼれそうなほど液体が詰まっています。パッと見は、茶碗蒸しを作る前の卵液みたいな感じですね。

猫が自力で舐められる状態であれば、このようにフード入れに注いであげます。

具材というか、固形物は一切入っていません。すべて滑らかな液体で、噛む力が弱った猫でも経口摂取できそうです。場合によっては、シリンジも使えるみたいですね。

ニオイは人間の食欲をそそるものではないですが、卵のニオイを一番強く感じました。

今回は缶詰を振らずにゆっくり注いでみたので、黄色の鮮やかな部分とグレーがかっている部分がまだらになっています。

やはり実際に使用する場合は、注意書き通り十分に振って混ぜておいた方がよさそうです。

デビフペット缶詰の原材料と安全性を徹底分析!

それではデビフペット缶詰商品の原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多い猫用流動食カロリーエースプラスを解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

乳等を主要原料とする食品、乳たん白、砂糖、鶏卵、大豆油、増粘多糖類、乳化剤、アミノ酸類、ミネラル類、ビタミン類

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 増粘多糖類 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 5.0%以上 粗灰分 2.0%以下
脂質 4.0%以上 カルシウム 0.25%以上
粗繊維 0.5%以下 ナトリウム 0.18%以下
水分 85.0%以下 代謝カロリー 90kcal/100g

乳等を主要原料とする食品、乳たん白

乳等を主要原料とする食品は、栄養価の高い牛乳をもとに、含まれる成分が調整されたものと考えられます。乳はタンパク質、脂質、炭水化物ともに含まれる栄養バランスの良い液状の食品です。

乳たん白は、乳から得られるタンパク質です。消化吸収されやすく、猫のエネルギー源となります。

砂糖

砂糖は体内で単糖に分解されるのが比較的早く、速やかに吸収されます。

炭水化物を多く必要としない猫が日常的に摂取すると肥満や病気の原因になる場合もありますが、一方で血糖値が下がっている状態の猫に糖質をスピーディーに与えられるというメリットがあります。

鶏卵

鶏卵は栄養価に優れた食材です。動物性タンパク質を中心に、リンや鉄、亜鉛などのミネラル、ビタミンAやビタミンD、ビタミンEなども多く含まれています。

増粘多糖類

増粘多糖類は、食感にトロミや粘りを加えるために用いられるものです。複数の増粘安定剤をまとめて増粘多糖類と表記できるため、具体的な成分名が略されています。

さまざまな増粘安定剤の中には有害性が考えられるものもあるため、安全性にやや不安が残ります。

編集者からのひとこと

カロリーエースプラスの原材料をチェックして、まず人工的な保存料や着色料などの使用がゼロであることに安心しました。

体力の落ちた猫に与えることの多い流動食だからこそ、見逃せない点だと思います。

また、フードの食材もこの目的に合うものがメインです。栄養素としても液体という形状としても、猫の体に吸収されやすいものと言えます。

やや不安な点を挙げるとするなら、○○類とまとめられて1つ1つの成分が何かわからない材料が多いこと。総合栄養食としての成分が含まれていることはわかるものの、詳細な記載があるとより安心して使用できるでしょう。

ただし、元気で噛む力が旺盛な猫の主食として不向きなのは言うまでもありません。

でも、通常の食事が取りにくくなっている猫には、命綱ともなり得るフードではないでしょうか。

デビフペット缶詰の口コミや評判は?

実際に、デビフ缶詰を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

デビフ缶詰の良い口コミ

ペルシャ猫 16歳 / メス
5.0
腎臓、膵臓に疾患のあるおばあさん猫ですが、これのおかげで助かっています。食欲の出ない時、薬を飲ませたい時などに使っています。以前に衰弱してもうダメなのかと思った時も、なんとか体力を取り戻してくれました。
MIX 17歳 / オス
5.0
ひどい夏バテのせいで食事がとれない日が続き、痩せて元気がなくなっていました。ひょっとしてこれならと、注射器で与えてみると、数日後には鳴き声や目の色に活力が戻ってきました。本当にこのフードには感謝です!

デビフペット缶詰の悪い口コミ

ロシアンブルー 14歳 / メス
2.0
近頃食が進まず痩せてきた猫のために購入。普段から食の好みの難しい子で、最初は少し口にしてくれたものの、あとは飲んでくれません。シリンジで与える方法もやってみましたが、拒否されてしまいます。
スコティッシュフォールド 16歳 / オス
1.0
レビューに期待して試してみましたが、うちのニャンコの好みでないようで…。カロリーや栄養が摂れるので、好みに合う猫にとっては良い商品だと思います。
MIX 15歳 / オス
2.0
飼い猫の年齢的にもそのうちこれが必要になるかもしれないと思い、用意しています。ただ、1缶試しに開けてみて様子を見たら、まったく見向きもしてくれませんでした。いざという時大丈夫かな、と思いつつ、残りを保管しています。

デビフペット缶詰の口コミ・評判まとめ

デビフのカロリーエースプラスの口コミを調べると、多くの猫がこのフードによって救われている事実が浮かび上がってきました。

フードは幅広い年齢の猫で使用されていますが、特に多いのは通常の食事を取れない状態の老齢猫です。

内臓の病気や口内炎、夏バテなどによるさまざまな危機を脱している様子がうかがえます。

ただ、悪い口コミの内容を見てみると、「好みでない」「口にしない」という猫もいるようです。

流動食を必要とするのは緊急であることも多いため、いざという時慌てないよう猫の好みや与え方を1度確認しておいた方がよいかもしれませんね。

デビフペット缶詰を激安で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでデビフ缶詰を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 200円 122円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

デビフペット缶詰は通販サイトか店舗で!

デビフペットの缶詰商品は公式サイトで販売されていないため、入手するには通販サイトか実店舗で探すこととなります。

大手サイトのAmazonと楽天だと、楽天の方でより安い商品が見つかりました。どちらにしても1個単位では送料負担が大きいので、ある程度のまとめ買いが現実的な選択でしょう。

デビフペットの缶詰はドラッグストアなどの実店舗にも陳列されていることが多いですが、必要なシーンが限られる猫用流動食のカロリーエースプラスだと確率が低くなります。

あちこち探して時間を無駄にするより、品揃えの豊富なペットショップなどに問い合わせてみてください。

デビフ缶詰カロリーエースプラス猫用流動食をシリンジで与える方法!

猫の健康状態によっては、自力でフードを口にできない場合も考えられます。カロリーエースプラスは液体状の流動食なので、シリンジを使って猫に与えることも可能です。

流動食をシリンジで猫に与える手順
  1. 流動食をシリンジに入れて準備します。
  2. 猫を抱っこして、顔がやや上向きになるよう支えます。
  3. 口の端から上顎に向けてシリンジの先を差し込みます。
  4. ゆっくりポンプを押して、少しずつ与えていきます。

口に入れる量が多いと誤嚥や吐き戻すことがあります。猫が飲み込むのを確認しながら、慌てず行ってください。

デビフペット株式会社で取り扱われている猫用缶詰の種類!

デビフペットの商品では、カロリーエースプラス猫用流動食以外にも猫のライフステージに合わせた缶詰フードが選べます。デビフの猫用缶詰の種類をご紹介しましょう。

デビフペット缶詰 カロリーエースプラス猫用 ムースタイプ

猫用流動食が液体に近いのに対し、こちらはムースタイプ。消化吸収しやすい総合栄養食で、形状を生かしたさまざまな与え方が可能です。

  • ムースをそのまま与える
  • ドライフードにプラスする
  • スプーンで食べさせる
  • シリンジで口の中に送り込む

猫の健康状態に合わせて与え方を工夫してみてください。

デビフペット缶詰 愛猫の介護食

食品用の鶏肉やささみ、レバーをメイン食材とする総合栄養食で、シニア猫でも食べやすい柔らかさに仕上げています。

関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンも配合。猫の噛む力や飲み込む力に合わせ、猫用流動食とミックスして使うことも可能です。

「ささみ」と「ささみ かつお節粉入り」の2種あります。

デビフペット缶詰 子猫の離乳食 ささみペースト

与える対象となるのは、生後20日を過ぎた離乳期の子猫です。メインの食材は鶏のささみとレバーで、ペースト状に柔らかく加工されています。

妊娠、授乳中の母猫にも与えられる総合栄養食です。

デビフペット缶詰 ご用達シリーズ

こちらは、成猫用の一般食ウェットフードです。主にまぐろの刺身切り落とし部分が使用されています。猫の好みに合わせ、以下の4種から選べます。

  • まぐろ
  • まぐろ かつお節入り
  • まぐろ あおさ入り
  • まぐろ白身

100gあたりの代謝カロリーは上の3種が70kcalですが、まぐろ白身のみ60kcalです。

デビフペット缶詰 ご用達シリーズシニア用

まぐろの白身を中心にした一般食ウェットフードで、7歳以上、11歳以上と2種に分かれています。

腸内環境によいとされるオリゴ糖や目の健康に役立つタウリンなどが配合され、フレークが小さめなのも特徴です。11歳以上のご用達には、更にグルコサミンがプラスされています。

ニシ教授
缶詰のほかには、ササミを素材としたおやつ「ニャンコ学園」3種もあるぞ!

デビフの缶詰は犬用もあり!dbfペットフードは種類が豊富!

写真のデビフ缶詰は、猫ではなく犬用のフード!実は、デビフペットには犬用のフードも数多く揃っています。

まず猫と共通するものとしては、カロリーエースプラスの流動食とムースタイプ、子犬の離乳食、愛犬の介護食2種の全部で5種類。これらは犬の健康状態やライフステージに合わせて利用するフードです。

でも、ほかの一般的なフード商品は、猫用フードよりむしろかなり充実しているんですよ。豊富なラインナップをざっとご紹介します。特に表記のないものはすべて缶詰です。

シリーズ名 種類数
1日食べきりサイズで毎日すてきな味わい 9種
レバーメインのミンチ 2種
牛肉メインのミンチ 3種
まぐろ白身ベース 2種
鶏肉メイン 4種
若鶏シリーズ(パウチ) 6種
素材の旨味 8種
シニア食健康サポート 3種
牛肉の角切り 1種
粗挽き肉ベース 3種
スープ煮タイプ 4種
ささみ肉ベース総合栄養食 4種
犬種別総合栄養食(パウチ) 3種
シチュー&とろみ仕立て 5種
ステージ食、機能食(アルミトレイタイプ) 6種
犬用ふりかけまぜまぜくん(袋) 2種

写真の「ささみ&さつまいも」は、粗挽き肉ベースのうちの1つです。

ここではフードのみを挙げてみましたが、これだけでも65種類!ほかにスナックも9シリーズあり、1シリーズのみの猫に比べると選ぶ楽しみが多そうです。

犬も飼っているという人は参考にしてくださいね。

デビフペット缶詰のQ&A

デビフペット缶詰の賞味期限はいつまで?

デビフペット缶詰の賞味期限は、製造から3年間です。カロリーエースプラスの賞味期限は缶蓋に印字されています。

デビフペット缶詰を使い残した場合は?

使い残したフードは、別の容器に入れて冷蔵庫で保存してください。2、3日のうちに使い切るようにしましょう。

デビフペット缶詰の基本情報

キャットフードの形状 液体状/缶
内容量 85g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 200円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 235円
販売会社 デビフペット株式会社
公式サイト http://www.dbfpet.co.jp/product/catfood/c03/c03_02.shtml
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る