147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】を買った口コミ評判と安全性!

たまの伝説やさしさプラスは、まぐろの水揚げ港として有名な焼津産のキャットフードです。

今回はそのパウチ商品を取り上げ、フードそのものや口コミ評価をチェック!3種あるうちの代表としてまぐろに使用されている原材料を確認し、安全性についても徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.7
グレインフリー 5.0
無添加 3.0
安全性 3.3
コスパ 3.3
内容量 50g~
価格 86円~ ※Amazon参考価格
100gあたり価格 172円
対応年齢 成猫
原産国 日本
編集部からの評価

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】は、当サイトでCランクのキャットフードです!原材料を調べると、動物性タンパク源をメインとした猫向きの内容となっていて、保存料や穀類などの不安な要素があまりないことが確認できました。それに、フードの食感やストレスケアに関する材料が天然由来なのも好印象です。ただ、素材の品質が不明なツナエキスの使用があるので、その分減点せざるを得ません。それから、実際の使用では総合栄養食との併用でなければ安全性にやや欠けてしまうことに注意が必要です。また、商品購入や口コミ調査の結果により、トロっとした食感を好む猫、積極的に水分補給させたい猫に向いているフードと言えそうです。

実際にたまの伝説やさしさプラス【パウチ】を購入してみました!

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の3種類のうち、まぐろとまぐろしらすを購入してみました。

すっきりした緑のカラーにそれぞれの文字が大きく、必要な情報が見て取りやすいパッケージです。

どんなフードなのか中身の写真も入っているし、「心にいたわり」という特徴成分やカロリー量、内容量もすぐに発見できる位置、大きさで記されています。

裏面はというと、表面にも入っていた国産品の文字が目立ちます。それから、原材料を始めとした保証成分値や与え方などの基本的な情報は、きちんと整理されていますね。

では、2つのパウチを開けてみましょう!

パッケージは切り口の部分から手で簡単に開けられました。中に見えるフードは光をきらっと反射して、いかにも水分が多そうです。

さて、気になる中身を器に出してみました。

パウチをひっくり返すと中身全体がするっと出てきて、底に残るのはほんのわずか。これだと、日々忙しくてもフードの準備がささっと手早くできそうです。

見たところやはり液体が多いですね。魚のフレークは全体的に白っぽい色合いで、ほとんどが白身の部分だとわかります。まぐろしらすの方にはしらすの姿も見えています。

一般食にあたるたまの伝説やさしさプラスを食事として与える場合は、メインの総合栄養食と組み合わせて利用するのがよいです。

そこで、いつものドライフードであるモグニャンにのっけようとしたのですが…。

写真のようにスプーンですくってみると、魚の身が強いトロミに包まれていることが判明!液体っぽく見えるところには、トロトロ部分とサラサラ部分があるようです。

このようにドライフードの上にトッピングしても、もったりした感じです!

このトロミのためかニオイはあまり強くありません。でも、鼻を近づけるとほんのり上品な魚介のだしのニオイを感じましたよ。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の原材料と安全性を徹底分析!

それではたまの伝説やさしさプラス【缶詰】の原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多いまぐろを解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

まぐろ、ツナエキス、食物繊維(オオバコ)、かつお節、かつお骨粉末、コラーゲンペプチド、オリゴ糖、ギャバ、DHA結合レシチン、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンE

4D ツナエキス 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 7%以上 粗灰分 2.0%以上
脂質 0.3%以上 水分 91%以下
粗繊維 1.0%以下 代謝カロリー 23kcal/1袋あたり

まぐろ

まぐろの身には多くのタンパク質が含まれていて、猫のエネルギー源に適しています。また、猫にとって必須アミノ酸であるタウリン、脳や神経の発達に関わるDHAなども豊富です。

ツナエキス

○○エキスという形で材料に使われていると、素材の品質を確かめることができません。

ツナエキスだと少なくとも素材がツナであることはわかりますが、どんな状態の素材のどの部分から得られたものか不明です。

コラーゲンペプチド、増粘剤(キサンタンガム)

食材にトロミを持たせるために使用されるものです。

コラーゲンペプチドはゼラチンを分解して低分子にしたもの。消化吸収されやすく、皮膚や関節などの健康維持に働いてくれます。

同じく粘性があるキサンタンガムは、デンプン由来の物質で人間用の食品にも用いられています。

ギャバ、DHA結合レシチン

ギャバは植物や動物などに存在するアミノ酸の一種です。脳の神経伝達物質として興奮を鎮める方向に働くことがわかっています。したがって、ストレス軽減やリラックス効果に期待できます。

また、DHA結合レシチン(ボニマックスPL)もストレス軽減に役立つとされています。カツオの卵巣より抽出される物質です。

編集者からのひとこと

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の原材料をチェックしたところ、保存料や着色料など人工的なものは1つも混じっていませんでした。穀類がまったく入っていない点でも安心です。

メイン食材は猫が好むまぐろで、栄養の観点からも適していると言えます。

また、やさしさプラスの特徴であるトロミと心の健康ケアですが、関連する各素材が明記され、それぞれ天然由来であることも高く評価できます。

原材料で唯一気になるのは、ツナエキス。この表記だと低品質の可能性は捨てきれません。

製造がまぐろを扱う会社なので過剰な心配は不要かもしれませんが、新鮮さや使用部位がはっきりわかる表記だともっと安心できるのにと思います。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の口コミや評判は?

実際に、たまの伝説やさしさプラス【パウチ】を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の良い口コミ

ペルシャ猫 4歳 / メス
5.0
うちの猫はずっとたまの伝説シリーズを気に入って食べていますが、パウチが出てからはこちらを愛用するように。分量的にもちょうどよいし、食後のゴミが小さくて済むのがいいです。水分不足が心配な夏場は特によくあげています。
MIX 8歳 / メス
5.0
粘り気があって、人間からの見た目はイマイチですが、猫にとってはおいしいようです。もともとおとなしいタイプなので心への影響ははっきりわかりませんが、気に入って食べてくれてることは確かです。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の悪い口コミ

アメリカンショートヘア 11歳 / オス
2.5
魚のフレークが透明なゼリーに包まれていて、水分もたっぷり。高齢となったうちの子でも、飲み込みやすいようです。ただ、入っているフード量に対し、値段がちょっと高めかな、と思います。
マンチカン 3歳 / メス
2.0
久しぶりに買ってみたら、以前は喜んで食べていたのに全然口をつけてくれません。何か前と変わったところでもあるんでしょうか?パウチだと使用後の処理がしやすくていいと思ってたのに、食べてくれないのではね…。残念ですが、猫を飼っている知り合いにあげることにしました。
MIX 13歳 / オス
1.0
魚の身自体はおいしそうなんだけど、トロミがありすぎ!?ではないでしょうか。なんだか片栗粉を混ぜたみたいな感じで、うちの猫は弱っているせいもあってか1度のどに詰まらせそうになってしまいました。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の口コミ・評判まとめ

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の口コミを調べたところ、その多くは良いフードとして評価されているものでした。

内容としては「猫が好んで食べる」「トロミで食べやすそう」といったものが大半です。中には使用後の処理がしやすい、というパウチならではの意見もあります。

ただ、そのトロミやパウチのよさも、猫や家庭の状況によっては時にデメリットとなるようです。特にトロミの苦手な猫にあげる場合は慎重に進めた方がよいかもしれませんね。

最大の特徴である猫の心への影響については、残念ながら口コミからははっきり効果が伝わってきませんでした。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】を最安値で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでたまの伝説やさしさプラス【パウチ】を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,376円/12袋 1,223円/12袋 1,032円/12袋
送料 地域により異なる 2,000円以上は無料 店舗により異なる

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】は通販サイトか店舗で!

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】は、公式サイトでもそのほかの通販サイトでも購入できます。

ですが、公式サイトだと1袋ごとのバラ売りはしていません。6袋、12袋、24袋、48袋単位での販売なので、ある程度猫の好みを見極めてからの利用がよいでしょう。

上の価格比較では、3つのサイトに共通する12袋セットに注目しました。商品そのものの値段では、楽天、Amazon、公式の順番に安いようです。

ただ、この12袋セットの価格帯だとどうしても送料がかかることや、品質管理の面では公式が安心であることなどを考え合わせた上で選んでくださいね。

たまの伝説やさしさプラスを実店舗で買うなら、最寄りのペットショップに尋ねてみましょう。

メジャーフードではないので、スーパーやドラッグストアのペットコーナーには置いていない可能性が高いです。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】は塩分無添加!

たまの伝説やさしさプラスは、健康で過ごしている猫に与える分には特に塩分量を心配する必要はありません。

猫は人間に比較して全身のサイズが小さい上に腎臓病になりやすい動物です。そのため、口に入れるものに過剰な塩分が含まれていると、腎臓に負担をかけてしまいます。

たまの伝説やさしさプラスは、魚のフレーク部分だけ見ると人間用のツナ缶の中身によく似ています。ですが、人間用ツナ缶と違って原材料には食塩が見当たりません。

塩分は素材そのものが持つ分だけなので、腎臓に負担をかけにくいフードと言えます。

カロリーも容量も多め!たまの伝説やさしさプラスの缶詰商品!

たまの伝説やさしさプラスは、パウチパッケージだけでなく缶詰タイプも販売されています。フードの種類はまぐろ、まぐろしらす、まぐろサーモンの3種で、どちらもまったく同じ。

ただ、パウチと缶詰タイプでは微妙な違いがいくつかあります。以下の表では、代表としてまぐろを比較しています。

パッケージ パウチ 缶詰
容量 50g 70g
カロリー 23kcal/1袋あたり 43kcal/1缶あたり
粗タンパク質 7%以上 10%以上
水分 91%以下 88%以下

ここからわかるのは、パウチと缶詰では単にパッケージの形や容量が違うだけではないということ。

缶詰タイプでは、容量の差以上にカロリーとタンパク質が多くなっています。逆にパウチでは水分がより多く含まれているということですね。

つまり、それぞれが向いているのはこのような猫です。

  • パウチタイプ⇒食べる量が少なめの猫。水分をより多く摂らせたい猫。
  • 缶詰タイプ⇒食べる量が多めの猫。よく運動する猫。

当サイトではたまの伝説やさしさプラス【缶詰】を購入したレビュー記事もあるので、参考にしてくださいね。

子猫から高齢猫まで!多頭飼いにもおすすめの多彩なたまの伝説商品!

たまの伝説やさしさプラスを製造している三洋食品は、もともと水産加工を専門とする会社。心にいたわりというコンセプトのやさしさプラス以外にも、多彩なたまの伝説商品が販売されています。

猫の年齢や家庭の状況、飼い主さんの考え方によっては、より適したフードがあるかもしれません。代表的なものをご紹介します!

何も入れないたまの伝説

新鮮な食材を加工して、ほぼそのままをパッケージに入れたウェットフードです。

パウチ商品は、まぐろ、ささみ、まぐろとサーモンの3種。缶詰商品はそれにかつおを加えた4種です。

原材料に記載されているのは、魚介類もしくは肉だけという徹底ぶりですが、まぐろのみイエローファットを防ぐためのビタミンEが入っています。

シンプルが1番という自然派の飼い主さんにぜひおすすめしたいフードです。フードの詳細は以下でご覧ください。

たまの伝説 総合栄養食

たまの伝説やさしさプラスや何も入れないシリーズは、一般食のウェットフード。猫の健康や長寿を考えると、食事のメインには別の総合栄養食を取り入れる必要があります。

たまの伝説 総合栄養食は、ウェットフードという形状でありながらも猫に必要十分な栄養が与えられます。

人工添加物が使われていない自然派フードですが、米の使用があるため穀物フリーではありません。

たまの伝説ファミリー缶

猫を複数頭飼っているという家庭には、たまの伝説ファミリー缶が適しています。

原材料に使用するのは素材とビタミンEだけ、という設計は、何も入れないシリーズと同様。種類は以下の4つです。

  • まぐろ
  • まぐろとささみ
  • まぐろとにぼし
  • まぐろとかつおぶし

内容量が405gのトール缶で、たまの伝説パウチ商品と比べると約8倍の量が入ってお得です。

腎臓の健康に配慮したたまの伝説

猫の腎臓をなるべくいたわりたいという場合は、腎臓の健康に配慮したたまの伝説がおすすめです。

まぐろのほか、米やもち米でん粉などが使用され、タンパク質量が抑えられています。また、ナトリウムが約0.03%、リンが0.1%に調整されているのも特徴です。

ニシ教授
このフードを含め、猫の健康状態や年齢に合わせて作られているのが、たまの伝説ライフステージ食なのじゃ。

たまの伝説ライフステージ食

腎臓の健康に配慮したたまの伝説以外のライフステージ食は、主に猫の年齢で分けられています。

原材料はまぐろや鶏肉、穀類などですが、その割合の違いでそれぞれの年齢に適切な栄養が摂れるようになっています。

  • 541子猫用(70g)・・・離乳時期~12ヶ月
  • 631成猫用(80g)・・・1歳~
  • 622高齢猫用(80g)・・・7、8歳~
  • 730老齢猫用(70g)・・・13歳~
  • 介護のためのたまの伝説(70g)・・・トロミのある形状調整食

合計10となる3つの数字が、まぐろ、鶏肉、穀類の割合を意味しています。飼い猫の年齢に合わせて選んでくださいね。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】のQ&A

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の給餌量はどれくらい?

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】を平均的な体格の猫に与える場合、1回の食事につき1袋を目安とします。

ただし、これのみではなく総合栄養食と一緒に食べさせるようにしましょう。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】が1度に使い切れなかった時は?

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】が残った場合は、冷蔵庫に入れて保存し、早めに食べさせるようにしてください。

電子レンジで少し温める時は、別の容器を使うようにしましょう。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の販売店や取扱店は?

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の販売店や取扱店は比較的少なめです。豊富な商品を扱うペットショップに問い合わせてみてください。

たまの伝説やさしさプラス【パウチ】の基本情報

キャットフードの形状 ウェットフード(フレーク)/パウチ
内容量 50g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 86円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 172円
販売会社 三洋食品株式会社
公式サイト http://www.tama-den.com/lineup/shokutu_kenko/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る