147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ミャウミャウ カリカリかつお味の口コミ評判は?安全性や評価も解説!

ミャウミャウ カリカリは、多彩なキャットフードシリーズを扱うアイシアの国産商品です。北里大学と共同開発されたa-iペプチドの配合が最大の特徴。室内飼い猫が抱えがちなストレスのケアによいとされています。

今回はミャウミャウ カリカリのかつお味を検証。口コミ評判を調査した結果や原材料の安全性チェックを総合的にまとめ、徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.0
グレインフリー 0.0
無添加 3.0
安全性 2.8
コスパ 4.0
内容量 270g/580g
価格 360円/520円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 89円
対応年齢 成長期及び成猫期
原産国 日本
編集部からの評価

ミャウミャウ カリカリかつお味は、当サイトでDランクのキャットフードです!原材料のチェックでは、着色料や人工の酸化防止剤が不使用である点が好ましいと感じられました。しかし、主となる食材には、その好ましさを帳消しにするような短所がいくつも見られます。もっとも割合の大きい原材料が穀類。そして、動物性タンパク源がパウダーや粉、ミール中心では、品質が良いフードとはとても言えません。確かに口コミでは、良好な食いつきやストレス軽減と考えられるような記述も見られました。そこに期待できると同時に、安全面やアレルギーにリスクを持つフードであることも知っておくべきでしょう。

ミャウミャウ カリカリの原材料と安全性を徹底分析!

それではミャウミャウ カリカリの原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多いかつお味を解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)、肉類(ビーフミール、チキンレバーパウダー)、魚介類(魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド)、動物性油脂、セルロース、オリゴ糖、ミネラル類(Na、Cl、K、Ca、P、Zn、Fe、Mn、Cu、Co、I)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)

4D ビーフミール、チキンレバーパウダー、フィッシュエキス 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 セルロース、とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉 酸化防止剤 ミックストコフェロール、ハーブ抽出物
粗タンパク質 30.0%以上 粗灰分 10.0%以下
脂質 10.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー 340kcal/100g

穀類

本来動物を狩って食べていた猫にとって、コーンや小麦粉などの穀類は消化しにくい食物です。また、猫の中には、穀類が原因でアレルギー症状が出る体質のものもいます。

肉類、魚介類

肉類や魚介類は、猫の食生活に望ましいタンパク源となります。しかし、原材料名に記されているのは、肉や魚そのものではありません。品質レベルとしては低い、ミールやパウダー、粉、エキスといった状態のものがほとんどです。

動物性油脂

動物を原料とした油脂類で、風味をアップしし好性を高めます。動物性という漠然とした表記の場合、混合されている油脂であることが多いです。原料の動物や製造過程、つまり品質のほどは不明です。

セルロース

セルロースは、植物由来の不溶性食物繊維です。消化器官で分解されないため、お腹の毛を巻き込んで体外へ排出されると毛玉ケアになります。ただ、どんな食物から得られたものかはっきりせず、カサ増しの意味合いも含まれるため残念に感じます。

編集者からのひとこと

ミャウミャウ カリカリかつお味の原材料には、使用したいと思える良い点がいくつかあります。

猫に不要な着色料が使われていませんし、酸化防止剤は人工のものではありません。それに、a-iペプチドと呼ばれている成分も、ある程度期待できるものでしょう。

ですが、成分の長所がパッケージに大きくアピールされているだけに、食材の詳細を見ると残念感が大きいです。

メイン食材の最初に来るのは猫に向かない穀類で、消化やアレルギーの面でリスクがあります。また、続く動物性の食材も低品質と思われるものです。

良い点ばかりに目を奪われるのではなく、1つ1つの原材料の品質や安全性に目を向けた上で使用を判断したいものです。

ミャウミャウ カリカリの口コミや評判は?

実際に、ミャウミャウ カリカリかつお味を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ミャウミャウ カリカリかつお味の良い口コミ

MIX 5歳 / オス
5.0
我が家のネコたちにはこちらのフードをメインにあげています。特にもともとノラだった5歳の子は好き嫌いが激しいのですが、これなら食べてくれるみたいで。a-iペプチドの効果なのかわかりませんが、以前より人から隠れる頻度が減ったように思います。
シャム猫 13歳 / メス
4.0
最初はパッケージのかわいさに惹かれて買ったのですが、これが大当たり。いろいろフードを変えてきた中でもかなり食いつきがよくて、お気に入りのおやつと同じくらいの反応を示してくれます。高齢の子でも食べやすい小粒なところも◎。気になるのは、お値段くらいですかね。

ミャウミャウ カリカリかつお味の悪い口コミ

スコティッシュフォールド 4歳 / オス
2.0
室内飼いの猫によさそうなので買ってみました。うちの猫は満足そうに食べていますが、見てると小さい粒を丸飲みしているような感じ。以前よりウンチの回数が減っているのも気になります。原材料の穀物類はどうやら消化によくないとのこと、後で知りました。継続はどうかなと思うので、ほかのフードを探してみます。
MIX 6歳 / メス
2.0
注文する時に安かったので、今回かつお味を購入!ネコさんが食べないわけではないけれど、いつものまぐろ味に比べると食いつきが劣るかな、という気がします。
アメリカンショートヘア 8歳 / オス
1.0
カリカリ派のうちの子にあげてみると、まったく警戒することなくおいしそうに食べてくれたものの、食後に吐いてしまいました。理由がわからないので一旦もとのフードに戻し、数日後にまたあげてみたらやっぱり吐いてしまって…。残念だけど、うちの子には合わないみたいです。

ミャウミャウ カリカリかつお味の口コミ・評判まとめ

ミャウミャウ カリカリかつお味の口コミを調べると、良い評価が多数を占めていることがわかりました。

多くの良い口コミで触れられているのが、猫の食いつきに関して。特に偏食の激しい猫や高齢猫だとフードに悩む飼い主さんが多いのですが、その悩みから解放してくれるフードとなっているようです。

口コミのみでa-iペプチドの影響をはっきり述べることはできませんが、好意的にとらえている評価も見受けられます。

ただ、中には体質に合わない猫も存在するようです。原材料に穀物類が含まれる以上、ここに原因がある可能性は否定できません。

フードの切り替え時には、愛猫の様子をしっかりと見守ってあげた方がよいでしょう。

ミャウミャウ カリカリをお得に購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでミャウミャウ カリカリを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 360円/520円 313円/523円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ミャウミャウ カリカリの購入は通販サイトか店舗で!

アイシアの公式サイトでは、ミャウミャウを含め商品購入のシステム自体がありません。

通販で買い求めるなら、一般的なECサイトを利用しましょう。ここでは、大手のAmazonと楽天でのミャウミャウ価格を比べてみました。

結果としては、各サイズともにわずかな違いです。ですから、商品自体の値段より、送料やサイトの使い勝手などから全体的に判断するのがよいと思います。

また、一般的な店舗でもミャウミャウを取り扱っているところはあります。

ただし、どこでも買えるメジャーフードというわけではないため、こまめに店舗をチェックしたり問い合わせたりする必要はあるでしょう。

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプはシニア猫用を含め全5種類!

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプの風味は、今回見てきたかつお味だけではないんです。ほかには、まぐろ味、ささみ味と猫に人気の高い風味が揃っています。

また、まぐろ味とかつお味には、別にシニア猫用のタイプも用意されています。

シニア用ではミネラル分やビタミン類が調整され、腎臓や下部尿路疾患の予防、免疫力維持が考慮されていますよ。

ですから、ミャウミャウ カリカリ小粒タイプの種類は全部で5つということですね。

通常のミャウミャウ カリカリまぐろ味については、当サイトで実際の商品を購入し各項目を検証している記事があるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね!

ミャウミャウ カリカリを与える分量は?成猫と子猫の給与量目安をチェック!

ミャウミャウ カリカリかつお味の給与量目安は、猫の体重から判断します。成猫の体重と給与量目安の関係は次のようになっています。

体重 1日あたりの給与量
2kg~4kg 30g~45g
4kg~6kg 45g~60g

また、ミャウミャウ カリカリの対応年齢は、成長期及び成猫期となっています。離乳後の子猫の場合、給与量目安は以下の通りです。

月齢 体重 1日あたりの給与量
~4ヶ月 0.4kg~1.5kg 35g~85g
4~9ヶ月 1.5kg~3.5kg 70g~130g
9~12ヶ月 2.5kg~5.0kg 80g~130g

ただ、ミャウミャウ カリカリは総合栄養食としての基準をクリアしているものの、実際に子猫が必要な栄養を摂るには成猫の倍量程度が必要です。

あまりたくさん食べられない子猫には、ほかのドライフードやミャウミャウ ウェットフードとの併用でしっかり栄養が摂れるよう考えてあげましょう。

CMの猫がかわいい!アイシアのミャウミャウ ウェット商品!

こちらは、ミャウミャウ ウェットフードの1つ、ミャウミャウジューシーのCM。2匹の猫がベルを鳴らす姿、ほほえましいですよね。

a-iペプチドが配合されているミャウミャウのシリーズには、実はドライだけでなくウェットフードもあるんです。

もともとアイシアは、水産加工で有名なマルハニチロの関連会社。むしろウェットフードの方が充実していると言ってもよいかもしれません。代表的な3つをご紹介しますね。

アイシア ミャウミャウジューシー

カツオやマグロの身を中心としたウェットフード。おにくプラスやあじわいまぐろ、とりももほぐしみなど12種類の風味から選べます。

パウチ入り商品なので、ごはんの準備やゴミの処理にも便利です。

ほかに、子ねこ用のミャウミャウジューシーと高齢猫用のジューシー(15歳頃からと18歳頃から)が2種類ずつあります。

アイシア ミャウミャウクリーミー

同じパウチ入り商品でも、素材を柔らかくクリーム状に調理したフードです。

ほたてや甘えび、和牛など高級感のある風味が特徴。とろりとした食感と珍しさのある風味で、食欲不振も吹き飛ばしてくれそうですね。

6種類の成猫用フードと2種類の高齢猫用フードが揃っています。

アイシア ミャウミャウ缶詰タイプ

缶詰入りのミャウミャウ商品は、3タイプ。容量やベースの食材など細かなところに違いがあります。

  • ミャウミャウとびきり♪(60g)・・・マグロの身をベースにした4種とササミの身をベースにした2種。国産。
  • ミャウミャウ3P(160g×3缶)・・・カツオ、マグロ、鶏肉のミックスがベースの3種。カツオ、鶏肉ベースが1種。ゼリー仕立て。
  • ミャウミャウミニ3P(60g×3缶)・・・カツオ、マグロをベースにした4種。とろみタイプ。

このほか、ミャウミャウシリーズには、ドライタイプのおやつスナッキーやスティックタイプで使いやすいふりかけなどもあり、a-iペプチドをいろんな形で試せます。

ニシ教授
ウェットフードなら穀物控えめじゃ。a-iペプチドを試したいけど穀類が気になるという飼い主さんは、ウェットフードを取り入れてみるとよいかもしれんのう!

ミャウミャウ カリカリのQ&A

ミャウミャウ カリカリの賞味期限はどれくらい?

ミャウミャウ カリカリの賞味期限は、パッケージ裏の下部に印字されています。製造から1年半ですが、開封したら1ヶ月以内に消費するようにしてください。

ミャウミャウ カリカリで猫のアレルギー対策はできる?

ミャウミャウ カリカリは猫のアレルギー対策に適していません。主となる食材に穀類が使用されているからです。

アレルギー対策を考えているなら、グレインフリーのフードをおすすめします。

ミャウミャウ カリカリの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード(テトラポット形と丸形、小粒)
内容量 270g/580g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 360円/520円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 89円
販売会社 アイシア株式会社 (AIXIA CORPORATION)
公式サイト https://www.aixia.jp/products/detail.php?code=4562100948713
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る