147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ミャウミャウ カリカリまぐろ味を買った口コミ評判!安全性や評価は?

ミャウミャウ カリカリは、アイシアから販売されているドライフードです。ストレスケアに期待できる成分a-iペプチドがフードの大きな特徴の1つで、大学と共同開発されたというところも注目点。

今回は、そのまぐろ味を取り上げます。実際のフードを手に取ってみての口コミ評価や原材料の安全性チェックを行い、徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.0
グレインフリー 0.0
無添加 3.0
安全性 2.8
コスパ 4.0
内容量 270g/580g
価格 360円/520円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 89円
対応年齢 成長期及び成猫期
原産国 日本
編集部からの評価

ミャウミャウ カリカリまぐろ味は、当サイトでDランクのキャットフードです!確かに、心の健康やストレスケアによいという成分は魅力的。そのおかげか、口コミでは食いつきの良さや食欲増進につながっている様子がうかがえます。着色料なしで、酸化防止剤は自然由来のもの、と添加物に配慮されている部分も良いですね。ですが、フードを構成する原材料には、複数の不安材料が見られます。メイン食材は消化やアレルギーにリスクのある穀物であり、動物性タンパク源のほとんどが4Dという内容です。ストレスを抱える猫のために頼みの綱と期待する場合もあるかもしれませんが、フードの品質自体を重視するなら正直あまりおすすめできません。

実際にアイシアのミャウミャウカリカリ小粒タイプまぐろ味を購入してみました!

アイシアのキャットフードシリーズの1つ、ミャウミャウのドライフードがどんな商品なのか、実際に購入してみました。選んだ風味は、いかにも猫ウケのよさそうなまぐろ味。容量は270gタイプです。

商品名の上には、ストレス発散!の文字が入っています。また、成分a-iペプチドの名や北里大学監修、国産であることが記され、ミャウミャウの特徴があちこちから伝わってくるパッケージです。

やっぱり具体的な大学名の記載は、猫に信頼できるものを与えたいと思っている飼い主の心をくすぐりますね。

では、裏面もチェック!原材料や成分、与え方、給与量など基本的な情報が得られます。

上の方には、このフードがストレスを抱えがちな室内飼いの猫のためによいこと、そしてさまざまな成分と健康維持の関係が図入りで書かれてあります。

それにしても、正面には目立つ文字で成猫用とあったのに、裏面をよくよく見ると離乳期から与えられる総合栄養食と書かれています。この点、ちょっとわかりにくいなと感じました。

それでは、パッケージを開いて中を見ていきましょう。

袋の内側には、ジッパーが取り付けられています。

パッケージは遮光性のよさそうな素材ですし、長期間使用するほどの容量でもないのですが、それでも毎回袋がきちんと閉じられる仕組みはありがたいですね。

フードを手に取ると、小粒タイプという表記に納得。すごく小さいというわけではないけれど、薄いこともあってどんな年代の猫でも噛み砕きやすそうです。

当サイトで人気のモグニャンと比べると、サイズはわずかに大きいくらい。色は薄めで、三方に突起のあるテトラポットのような形のと丸い形のものが混ざっています。

テトラポット形のフードは、a-iペプチドのマーク、ピンクのハートにちょっと似てるかな?

猫の器に入れてみると、魚系の香ばしいニオイが広がります。色合いがシンプルなのも、余計なものを加えていない感じがしてむしろ好印象です。

では次に、原材料を点検してみましょう!

ミャウミャウ カリカリの原材料と安全性を徹底分析!

それではミャウミャウ カリカリの原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多いまぐろ味を解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)、肉類(ビーフミール、チキンレバーパウダー)、魚介類(魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド、まぐろパウダー)、動物性油脂、セルロース、オリゴ糖、ミネラル類(Na、Cl、K、Ca、P、Zn、Fe、Mn、Cu、Co、I)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)

4D ビーフミール、チキンレバーパウダー、フィッシュエキス、マグロパウダー 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 セルロース、とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉 酸化防止剤 ミックストコフェロール、ハーブ抽出物
粗タンパク質 30.0%以上 粗灰分 10.0%以下
脂質 10.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー 340kcal/100g

穀類

とうもろこしや小麦粉は、炭水化物やタンパク質などさまざまな栄養が摂取できる食物です。ですが、肉食動物である猫の消化器官に向いているものではありません。

また、食物アレルギーを引き起こしやすい材料でもあります。

肉類、魚介類

肉類では、ミールやパウダー、魚介類では粉やパウダー、エキスといった原料が目立ちます。新鮮で良質な食材とは言えず、人間が食用とできないような低い品質レベルの可能性があります。

動物性油脂

原料となる動物が何であるか明記されていないため、ミックスされている可能性が高い油脂。油脂が得られる前の動物の状態や製造の過程も不明です。

セルロース

セルロースは、植物などに含まれている不溶性食物繊維のこと。また、それをもとにした添加物です。

分解されずに排出されるため、毛玉を体外に送り出すのに役立つ反面、カサ増しの要素も。食事量の増加から内臓に負担をかける可能性もあります。

編集者からのひとこと

ミャウミャウ カリカリまぐろ味の原材料をチェックすると、心惹かれる要素がある一方で、不安を抱かざるを得ない点もいくつか見受けられます。

まず良い点として挙げられるのは、着色料や人工保存料が使用されていないこと。酸化防止剤が自然由来のものである点にも、安心感があります。

また、一般向けにa-iペプチドと名付けられた成分も魅力的です。

しかし、肝心のメイン食材を見ると、複数の不安材料に戸惑ってしまいます。フードの第一の食材は、猫に不向きな穀物。それに、動物性タンパク源として使われているのは、もとの品質が不確かなものばかりです。

心のケアや食欲増進など期待できる良い面はあるかもしれませが、マイナス面もきちんと認識した上で使用を決めた方がよいでしょう。

ミャウミャウ カリカリの口コミや評判は?

実際に、ミャウミャウ カリカリまぐろ味を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ミャウミャウ カリカリまぐろ味の良い口コミ

ロシアンブルー 3歳 / メス
5.0
食事に神経質なウチのにゃんこ。あれこれフードを変えたりウェットをのせたり、試行錯誤していました。でも、MiawMiawは気に入った様子です。ちょっと高いかなと思うけど、ウェットなしで食べてくれるのでかえってコスパいい感じがします。しばらくごはんに悩まなくてすみそうです。
MIX 6歳 / オス
5.0
リフォーム中の我が家。人の出入りや物音に怯えてか、猫さんの食欲が極端に下がってしまいました。試しに、ストレスによいというミャウミャウを与えてみると、食欲が復活!ストレス解消になってるかどうかはわからないけれど、食べてくれるのでひとまず安心です。

ミャウミャウ カリカリまぐろ味の悪い口コミ

アメリカンショートヘア 7歳 / オス
2.5
大学名が入っているので「これはよさそう」と思ったのですが、実際の原材料を見てみると穀物がちょっと多いですね。値段のわりに、疑問を感じる品質かなと…。猫の食いつきはいいんですけど、継続はやめておきます。

MIX 1歳 / メス
2.0
いつもはミャウミャウカリカリのかつお味をあげています。おいしそうに食べてくれるので、今度はまぐろ味にチャレンジしてみたら、反応がイマイチ!猫にとっては大きな違いなんでしょうか?
スコティッシュフォールド 4歳 / メス
1.0
うちの猫が気に入っていたので、ずっと愛用してました。でも、パッケージが新しくなってから、吐き戻しが多くなったように思います。うちの子の体質に合わないものがあるのかもしれません。

ミャウミャウ カリカリまぐろ味の口コミ・評判まとめ

ミャウミャウ カリカリまぐろ味の口コミ調査では、フードに満足しているという評価が多数見つかりました。

良好な食いつきを見せる猫がかなり多く、さらに1つ1つ検証すると偏食のある猫や食欲の落ちている猫までもそこに含まれていることがわかります。

この結果だけでストレスケアの効果を断言することはできませんが、満足度が高めであることは確かなようです。

ただ、中には悪い評価が混じっていることも見逃せません。

食後の体調不良にはメイン食材の穀物が関係している可能性も考えられます。特にアレルギーの心配のある猫には、飼い主さんがしっかりチェックしたフードを選んであげたいですね。

ミャウミャウ カリカリをお得に購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでミャウミャウ カリカリを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 360円/520円 313円/523円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ミャウミャウ カリカリは通販サイトか店舗で!

アイシア公式サイトでは通販をしていないため、こちらでミャウミャウ カリカリを購入することはできません。

通販で手に入れるなら、Amazonや楽天などを探すとよいでしょう。

それぞれの値段を調べたところ、2サイズともにそれほど大きな価格差はないようです。より安い方を選んでもよいし、会員になっているサイトや慣れたサイトを利用してもよいと思います。

ただ、フード価格以上の送料がかからないよう、無料となる条件を確認することを忘れないでください。

ペットフードを扱う大きな店舗が近くにあるなら、そちらでも購入可能です。

ですが、メジャー品のようにどこでも買えるフードではないので、まとめ買いを予定しているなら通販の方が便利でしょう。

シニア猫用もある!ミャウミャウ カリカリ小粒タイプは全部で5種類!

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプは、今回検証したまぐろ味と違う風味も販売されています。種類は全部で5種類。

成猫用としては、まぐろ味のほかにかつお味、ささみ味といった定番の風味があり、ローテーション使いにするのにもよさそうです。

あとの2種は、シニア猫用のまぐろ味とかつお味。

a-iペプチドの配合は共通していますが、シニア猫用は成猫用よりわずかにカロリーが高めです。そのほか、腎臓や下部尿路疾患への対策としてミネラル分、免疫力維持のためのビタミン類が調整されています。

成猫用のカリカリかつお味については当サイトで分析していますので、こちらも合わせてご覧くださいね!

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプは離乳後の子猫に与えてもOK!

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプのパッケージ正面には、味の種類のところに大きく成猫用と記されています。ですが、裏の表記をよく見ると、成長期及び成猫期に食べさせられるとのこと!

ミャウミャウ カリカリ小粒タイプは、成猫だけでなく幼猫に対しても総合栄養食の基準を満たしているフードなのですね。小粒で厚みがあまりないところも、子猫に優しい設計です。

ただ、離乳期に与える場合は、フードをぬるま湯につけ柔らかくしてから与えましょう。温度にも十分気を付けてくださいね。

CMでも人気!アイシアのミャウミャウ ウェットフード!

2匹の猫がクイズ番組のようにベルを鳴らすCM、見たことありませんか?何度見てもくすっと笑えるこの映像は、ミャウミャウジューシーの人気CMです。

アイシアはもともと水産加工で知られているマルハニチロのグループ会社ということもあり、魚介類を中心としたウェットフードが多彩!

a-iペプチド配合のミャウミャウシリーズでも、ミャウミャウジューシーを含め以下のような商品ラインナップが用意されています。

アイシア ミャウミャウジューシー

レトルトパウチに入ったゼリータイプのウェットフードです。あじわいまぐろ、おさかなミックスなど全12種類。

成猫用のほか、15歳18歳をめどにした高齢猫用、子ねこ用のジューシーもあります。

アイシア ミャウミャウクリーミー

同じくレトルトパウチの商品です。素材を調理しとろりとしたクリームタイプに仕上げて、食べやすくしています。ずわいがに風味や和牛風味、名古屋コーチン風味など贅沢なフレーバーは、成猫用が6種。高齢猫用が2種です。

アイシア ミャウミャウの缶詰タイプ

ミャウミャウの缶詰には、以下の3タイプがあります。

ミャウミャウとびきり♪ 60g 6種
ミャウミャウ3P 160g×3缶 4種
ミャウミャウミニ3P 60g×3缶 4種

中でもミャウミャウとびきり♪は、国産なのが特徴!缶詰タイプは賞味期限が3年と長いので、いざという時の備蓄にもおすすめです。

ニシ教授
ミャウミャウにはほかに、おやつのスナッキーやふりかけスティックもあるぞ。少量から試したい飼い主さんは、こちらを選ぶとよいかもしれんのう!

ミャウミャウ カリカリのQ&A

ミャウミャウ カリカリの賞味期限はいつまで?

ミャウミャウ カリカリの賞味期限は、製造されてから1年半です。1度封を切ったフードは、1ヶ月程度で使い切るようにしてください。

ミャウミャウ カリカリの給与量はどれくらい?

ミャウミャウ カリカリの1日の給与量目安は、体重4㎏の成猫で約45g、6kgの成猫で約60gです。

体格、環境によって違ってくるので、猫の様子を見ながら調節してあげましょう。

ミャウミャウ カリカリの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード(テトラポット形と丸形、小粒)
内容量 270g/580g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 360円/520円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 89円
販売会社 アイシア株式会社 (AIXIA CORPORATION)
公式サイト http://www.aixia.jp/products/detail.php?code=4562100948737
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る