147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ミャウミャウ【パウチ】とりももほぐしみの口コミ評判!評価と安全性は?

ミャウミャウは、アイシアのキャットフードの中でも心の健康に配慮されたシリーズ商品。室内飼いの猫が抱えがちなストレスをケアできるというのが、シリーズのコンセプトです。

今回取り上げるのは、ジューシーパウチのとりももほぐしみ。口コミ調査や原材料のチェックを細かく行い、フードの安全性を徹底分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.2
グレインフリー 3.5
無添加 3.5
安全性 3.0
コスパ 4.0
内容量 70g
価格 81円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 115円
対応年齢 成猫
原産国 タイ
編集部からの評価

ミャウミャウパウチとりももほぐしみは、当サイトでBランクのキャットフードです!原材料チェックでは、意外なことに魚介類と肉類ともに使用されていることがわかりました。ただ猫の栄養的には、メインの食材に問題はありません。口コミ調査でもかなり食いつきが良いことがうかがえました。a-iペプチドという成分による心の健康への影響が「必ずある」とは言えませんが、食の満足感にはつながっているようですね。ですがメイン食材以外を見ると、着色料や発色料などリスクのある添加物がいくつか使われています。せっかく猫のストレスケアという利点があっても、ここがちょっと残念な点だと思います。

実際にミャウミャウジューシーパウチとりももほぐしみを購入してみました!

ミャウミャウジューシーパウチの風味は、10種類以上!まぐろやシーフードはよく見かけるけれど、とりももほぐしみって、ちょっと珍しいですよね。

そこで、今回はミャウミャウパウチのとりももほぐしを購入してみました。商品のパッケージは、猫のモノクロ写真がとってもラブリー。反面、全体のデザインはカラフルで、種類の区別が付きやすいです。

ピンクの小さなハートには、この商品ならではのa-iペプチドという成分名が書かれています。商品名下の記載によると、心の健康によい影響をもたらすもののようですね。

では、商品の裏面をチェック。例のハートマークのa-iペプチドは、北里大学獣医学部の先生との共同研究で誕生したとのこと。こう聞くと、なんだか信頼感がありますよね。

原材料や成分などもこちらの面に記されています。販売は日本のメーカーですが、原産国はタイになっています。

さて、いよいよパウチを開いていきますよ!

パウチの素材は硬そうに見えるけれど、手で簡単に開けられます。開けた途端に、良いニオイが広がってきました。あれ?でも、このニオイは意外に魚系ですね。

中身を全部、うちの猫のフード入れに盛り付けてみました。ゼリータイプというわりに、身はそんなに固まってはいません。

ひたひたな感じで水分があり、見た感じではやっぱりゼリーよりジューシーという言葉に近いです。赤黒い身と白っぽい身がミックスされた状態で、フレークが結構細かく、食べやすそうに思います。

ただどうやら、とりももほぐしみといっても全部が鶏というわけではなく、魚とブレンドされているみたいですね

では、今度は気になる原材料について詳しく見ていきましょう!

ミャウミャウジューシーパウチの原材料と安全性を徹底分析!

それではミャウミャウジューシーパウチの原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に愛用者の多いとりももほぐしみを解説していきましょう。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

魚介類(かつお、まぐろ、あじ、フィッシュペプチド等)、肉類(鶏もも肉、鶏肉)、たんぱく加水分解物、小麦グルテン、鶏脂、乾燥全卵、エンドウたんぱく、オリゴ糖、増粘安定剤(加工でん粉)、増粘多糖類、香料、ミネラル類(Ca、P、Fe、Cu、Mn、Zn、I、Se)、ポリリン酸Na、着色料(二酸化チタン、三二酸化鉄、カラメル、β-カロテン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、タウリン、発色剤(亜硝酸Na)

4D 香料 香料
粗悪成分 鶏脂 着色料 二酸化チタン、三二酸化鉄、カラメル、β-カロテン
危険成分 香料、二酸化チタン、増粘多糖類、亜硝酸Na 保存料
やや危険成分 小麦グルテン 酸化防止剤
粗タンパク質 6.8%以上 粗灰分 2.3%以下
脂質 1.8%以上 水分 86.2%以下
粗繊維 0.1%以下 代謝カロリー 42kcal/袋

魚介類、肉類

魚介類では、赤身魚や青魚がブレンドされています。

赤身魚は、良質なタンパク質に加えビタミンミネラルも豊富。青魚にはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が多く、血流や神経伝達への良い効果が期待できます。

鶏肉は、猫が消化しやすいタンパク質がたっぷり含まれる食材です。

小麦グルテン

小麦グルテンは、穀物である小麦から得られるタンパク質。タンパク質は猫に必要な栄養素ですが、穀物由来であるためアレルギ―を引き起こす可能性があります。

鶏脂

鶏脂は、鶏肉の脂肪を加工して作られた脂です。フードの風味をアップさせ、猫のし好性を高めてくれます。

ただ、動物性の油脂は酸化しやすいため、表示されていなくても酸化防止剤が添加されている可能性が高いです。

増粘多糖類

増粘多糖類は、とろみづけに用いられる添加物です。複数の増粘安定剤を使用する場合は増粘多糖類の一語で表示できるため、発ガン性の危険性がある原料が使われていたとしても消費者にはわかりません。

香料、着色料、発色剤

フードのニオイや色合いをアップさせるために使われるもの。香料の詳細は不明。また、猫の食欲はフードの色合いに左右されるものではありません。

着色料の二酸化チタンや発色剤の亜硝酸ナトリウムには、発ガン性の恐れも指摘されています。

編集者からのひとこと

ミャウミャウパウチとりももほぐしみの原材料を見ると、メイン食材は魚介類、肉類という順番。とりももは動物性タンパク源の一部に使われているという形です。

名前から受ける印象とは違うかもしれませんが、魚好きの猫にも肉好きの猫にも受け入れられやすいレシピとは言えます。

動物性タンパク質を主体とするフードは、猫本来の食生活にも合っています。

ミャウミャウの特徴であるa-iペプチドですが、原材料の欄には見当たらないので、消費者向けに言いかえた語のようですね。

それから、いくつか気になる原材料の使用が見られます。特に着色料や発色剤は、猫より飼い主に向けての使用と思われるもの。こうしたことから全体的にイメージ重視のフードかなと感じます。

猫のためには、漠然としたイメージよりきちんと原材料の内容を見て使用を判断していきたいですね。

ミャウミャウ パウチとりももほぐしみの口コミや評判は?

実際に、ミャウミャウ パウチとりももほぐしみを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ミャウミャウパウチの良い口コミの良い口コミ

MIX 20歳 / メス
5.0
暑い時期はドライフードをあまり受け付けてくれないので、うちの猫ちゃんの大好きなジューシーシリーズをローテーションであげています。ウェットだけど総合栄養食なのがいいです。歯が弱くなってるけど、身が細かいので食べやすいようです。
マンチカン 2歳 / オス
5.0
泌尿器系の病気になり、かかりつけの獣医さんにウェットフードを勧められました。以前からうちの猫はウェットをあまり好まないのですが、このフードだと食べてくれるので助かってます。カロリー低めなので、お気に入りのカリカリも足してあげられます。
メインクーン 4歳 / オス
4.0
基本的にはカリカリをあげているので、これをメインにはしていません。でも総合栄養食なので、いざという時に役立つかなとストックしています。いつものごはんをあまり食べない時やもうちょっと水分取ってほしいという時に、あげています。たまに食べるとおいしいらしく、食欲増進にいいみたい。

ミャウミャウパウチの悪い口コミの悪い口コミ

ラグドール 5歳 / メス
2.5
シリーズのほかの味と同様、飼い猫の食いつきはよいです。でもね、添加物が入っているので…。国産の有名メーカーのフードにも入っている成分名だし、心配しすぎかなとは思うのですが。あげるのは、たまのご褒美くらいにしています。
MIX 7歳 / オス
2.0
とりももというのがおいしそうで、チキン好きの猫のために買ってみました。心の健康への効果はちょっとわかりませんが、なぜか魚好きの子の方も喜んで食べてくれます。ただ、原材料に着色料や発色剤があるのを発見して、うーん。どっちの子にも長生きしてほしいので、リピートはしないと思います。

ミャウミャウ パウチとりももほぐしみの口コミ・評判まとめ

ミャウミャウパウチの口コミを調査したところ、多数の飼い主さんがこのフードを好ましいと感じて使用していることがわかりました。

挙げられていた良いポイントの中では、猫の食いつきがかなりの割合を占めています。

また、毎日やたまになど家庭によって使い方はさまざま。ウェットフードながら総合栄養食であるため、猫への与え方も自由度が高いようです。

心の健康ケアについてのはっきりした結果報告は見られませんでしたが、満足度が高いことはうかがえます。

ただ、悪い口コミの方を見ると、使用を控える飼い主さんもいるようですね。

その大きな原因となっているのが、添加物の使用。添加物が心配な飼い主さんにとっては、要チェックのフードと言えます。

ミャウミャウ パウチとりももほぐしみをお得に購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでミャウミャウ パウチを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 81円 64円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ミャウミャウパウチとりももほぐしみは通販サイトか店舗で!

ミャウミャウパウチを扱っているアイシアに公式サイトはありますが、こちらでの販売はされていません。

しかし、アイシアのバラエティ豊かなフード商品は、多くの通販サイトで取り扱われています。

もちろん、ミャウミャウシリーズも大手のAmazonや楽天にあるので、1袋の価格を調べてみました。調査した時点で最安値が見つかったのは、楽天です。

ただ、1袋だけだと確実に送料の方が高いので、無料になるように数をまとめるなどの工夫が必要でしょう。

実店舗でもミャウミャウパウチの購入は可能ですが、メジャーな商品に比べると取扱い店舗は少ないかもしれません。お住まいの地域によっては、通販での入手がスムーズかと思います。

バラエティに富む!ミャウミャウジューシーパウチシリーズ!

ミャウミャウジューシーパウチには全部で12の種類があり、とりももほぐしみはその1つ。では、ほかにはどんな風味の商品があるのでしょうか。

  • あじわいまぐろ
  • おさかなミックス
  • おにくプラス
  • シーフードブレンド
  • ふっくらしらす
  • 香るおかか
  • しっとりサーモン
  • ごちそうたい
  • ぜいたく舌平目
  • ベジタブルプラス
  • やわらかビーフ

魚に肉に野菜。とてもバラエティに富んでいて、あげる人間の方も楽しく選べそうです。

今回詳しく見たとりももほぐしみと同じく、全商品とも基本的にはカツオとマグロが使われています。それにプラスアルファとして、さまざまな食材が取り入れられているわけですね。

マグロは共通して入っているので、初回の食いつきを見るならあじわいまぐろがおすすめですよ!ジューシーパウチあじわいまぐろについては、ぜひ以下の検証記事を参考にしてください。

子猫や高齢猫には適したミャウミャウジューシーパウチがある!

ミャウミャウジューシーパウチの対応年齢を見ると、成猫期と記されています。つまり1歳未満の子猫には適していません。

ですが、子猫用として専用のジューシーパウチがあるので、そちらを選ぶとよいでしょう。また、15歳を超えた高齢猫にも適したジューシーパウチが用意されています。

子猫用高齢猫用のジューシーパウチの種類、特徴を、以下の表にまとめてみました。

商品名 種類 カロリー 特徴的な成分
子ねこ用ジューシー あじわいまぐろ
ほろほろチキン
53kcal/袋
58kcal/袋
カルシウム、DHA
15歳頃からのジューシー あじわいまぐろ
おさかなミックス
47kcal/袋 ココナッツオイル、DHA
コラーゲンペプチド
ビタミンE
18歳頃からのジューシー あじわいまぐろ
おさかなミックス
47kcal/袋 ココナッツオイル、DHA
コラーゲンペプチド
ビタミンE

それぞれ成猫期よりしっかりと栄養が摂れるように考えられ、a-iペプチドはもちろんのこと、骨格の成長や脳機能、免疫力などに配慮された成分が加えられています。

ミャウミャウジューシーパウチのカロリーと給与量目安!

ミャウミャウジューシーパウチの1袋あたりのカロリーは、成猫用であればどの種類も42kcalです。

また、与え方を見ると、体重1kgあたり1日に1.5袋と書かれてあります。例えば体重5kgの猫だと、1日に7.5袋。1日に2回の食事なら、1回あたり3~4袋です。

確かにこの計算通りで、1日のカロリーとしては十分かもしれません。総合栄養食なので理屈としては主食として使えます。ですが、1回の食事にパウチをいくつも開けるのは手間もかかり不経済。

実際には、ドライフードとの併用やおやつなどに利用するのがよい使い方ではないでしょうか。

ニシ教授
食欲不振時の臨時食としてもよいかもしれんのう。

ミャウミャウ ジューシーパウチのQ&A

ミャウミャウパウチの賞味期限を知りたいのだけど?

ミャウミャウパウチの裏面下部の印字で、賞味期限が確認できます。製造から約2年間、保存可能です。

ミャウミャウパウチの保存方法は?

高温多湿を避け、なるべく涼しい場所で保存するようにしましょう。1度封を切ったフードは、できるだけ早めに使い切るようにしてください。

ミャウミャウ ジューシーパウチの基本情報

キャットフードの形状 ウェットフード(フレーク)/パウチ
内容量 70g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 81円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 115円
販売会社 アイシア株式会社 (AIXIA CORPORATION)
公式サイト http://www.aixia.jp/products/detail.php?code=4571104712497
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る