147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの安全性や口コミ評判は?

プリスクリプションダイエットは、全世界の獣医師や栄養士が一丸となって作られた医療用のキャットフードです。栄養バランスも科学的な視線で考えられていますが、その安全性や口コミは実際どんなものなのでしょう。徹底分析してみたいと思います!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.8
グレインフリー 3.0
無添加 3.5
安全性 2.5
コスパ 3.0
内容量 500g/2kg
価格 1,790円/4,600円~ ※Amazon参考価格
100gあたり価格 230円
対応年齢 成猫用
原産国 チェコ
編集部からの評価

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアは、当サイトでDランクのキャットフードです。獣医師によって紹介されることが多い特別医療法食ですが、気になる原材料も多いです。メイン食材としてはチキンとターキーを使用していますが、猫が消化しにくい穀物、トウモロコシ・米・コーングルテンが多く含まれます。また、出どころの不明な卵も目に留まります。粗悪成分としては、動物性油脂を使用していますので、見た目でもわかるベタつきを感じる口コミも多いです。消化に良く食物繊維を調整し便の状態を改善することに役立つとはいえ、かさ増しによく入れられるビートパルプの使用は特別療法食なだけに残念でなりません。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの原材料と安全性を徹底分析!

それではプリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、米、動物性油脂、コーングルテン、全卵、チキンエキス、ビートパルプ、セルロース、フラクトオリゴ糖、サイリウム、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

4D 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 チキンエキス、ビートパルプ、セルロース 保存料
やや危険成分 コーングルテン、全卵、米 酸化防止剤 ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物
粗タンパク質 38.2% オメガ6脂肪酸 3.49%
粗脂肪 20.5%以上 オメガ3脂肪酸 0.29%以上
粗繊維 1.4%以下 代謝カロリー 400kcal/100g

トウモロコシ

トウモロコシは穀物に分類され、消化の弱い猫にとって目に見えない負担が大きい原材料です。

全卵

卵は良さそうに見えますが、どんなふうに処理されているかで大きく変わります。プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアにおいては何の卵なのか、どんな処理方法なのか?の詳細がまったく不明です。

いずれにしても卵はビオチンやアビシンといった成分の吸収をコントロールし、栄養価の高さから太りすぎてしまう傾向にあります。

トウモロコシや小麦などよりはアレルギー性は低く、消化にも良いのですが、猫は穀物を必要としない生き物ですので、入っていないに越したことはありません。

コーングルテン

穀物に分類され、トウモロコシからできているのでアレルギー性があります。猫によっては消化力がないため、体調を崩したりすることも少なくありません。高齢の猫には与えないのが無難です。

動物性油脂

不明な動物から抽出されているのがこの動物性油脂と呼ばれるものです。そのため、4Dといった最低品質のものが使用されていることも少なくありません。

ビートパルプ

粗悪なキャットフードがよく使う、かさ増し用の原材料です。品質の良いキャットフードには絶対に使用されません。

ビサイリウム

オオバコという植物を粉末状にしたもので、ダイエット食品などによく入っている材料です。

編集者からのひとこと

特別療法食ということもあり、オメガ-3脂肪酸、オメガ-6脂肪酸を配合したり、ミネラル成分が配合されているのは免疫システムのサポートにつながります。

可溶性繊維と不溶性繊維を適切なバランスで配合していると公式サイトに記載されていますが、乳酸、アミノ酸類、ビタミン類などで補っているのでしょうか、そのあたりは詳細がないので素人の消費者にとてもわかりづらいと思いました。

しかし、医療食ということもありかなり期待していた半面、残念な材料も多く使用されています。

粗悪成分とみなされても仕方のない動物性油脂、は詳細が不明なので4Dと思われても致し方ありません。

また、ビートパルプにおいては、品質の良いキャットフードに使用されることは少ないため、かさ増し用なのかな?と疑問を抱きます。

いずれにせよ、消化に良いという触れ込みであるにも関わらず、穀物をふんだんに使用しているのは信用に欠けてしまいますね

消化器改善のためのフードであるのならば、せめてグレインフリーにしてほしかったな、というのが本音です。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの口コミや評判は?

実際に、プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの良い口コミ

シャム猫 9歳 / オス
4.0
うちのお猫様はよく吐くんですが、餌をプリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアにしたら、吐かなくなりました。ガリガリだったのですが、嫌がらずに食べるので随分と体重も増えてきたので安心です。
アメリカンショートヘア 8歳 / オス
3.0
ある日を境にうんちが緩くなって、獣医のすすめでこちらをあげるようになりました。治ったかな?と思い餌を戻すとまた緩くなります。餌を行ったり来たりで元の餌に戻れなくなり、モノはいいけど出費がかさみます。もうちょっと安ければ・・・。
ミックス 11歳 / オス・メス
3.5
おなかの調子が悪い時期にだけ、プリスクリプションダイエットを使用しています。獣医にも長期で食べさせてはダメと言われたので、うんちが緩い時にだけあげるようにしています。腸内環境が整うようです。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの悪い口コミ

ラグドール 6歳 / メス
1.0
粒が小さくて油っぽい。獣医師に勧められたけど、どう見ても表面がベトベトしていて、あんまり体によさそうじゃない。良い油ではないと思った。
ミックス 8歳 / メス
2.0
獣医に進められて、ネットで購入。うちの猫はよけいに下痢になりました。なんだかベタっとしていて手を石鹸でしっかり洗ってもネバネバするほどです。これって保存状態が悪いのか、最初からこんなものなのかがわかりません。違うフードを考えます!
スコティッシュフォールド 11歳 / オス
2.0
医師の指示で与えています。うちの子は、食いつきが悪くイヤイヤ食べているとしか思えません。見かねて、ほかのフードと混ぜてあげてもコレだけ残ってる・・・。

猫用プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの口コミ・評判まとめ

良い口コミに関しては、下痢をしていた猫が通常に戻ったという口コミが多く、腸内環境を整えてくれるようです。

価格が高いため、普段の餌と混ぜて与えている方が大半で、日常使いと言うよりピンポイントで使っている飼い主さんが多かったように感じました。

また、逆に悪い口コミでは、見た目の評価がよくないようで、ベタベタした感じというのが不評だったように思います。

消化ケアということもあり、何かしら体調の変化を感じて改善に向けて与えている人が多く、獣医師からのすすめで初めて購入した人が目立ちました。

猫によってはかえって下痢をしてしまうと言った人もおられましたので、様子を見つつ与えるしか無いように思えました。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアのお得で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでプリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,790円/4,600円 2,003円/4,601円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアは通販サイトで!

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアは、公式サイトでの販売はありません。

また、ホームセンターやドラッグストアでも取り扱いしていない店舗も多く、購入するなら、ネットサイトが最も入手しやすいです。

楽天・アマゾンでの価格比較は、若干アマゾンのほうが安い表示ではありますが、送料がかかるため微妙です。

アマゾンプライムの人はアマゾンがお得、楽天のポイントなどを活用するなら楽天の方がお得になるケースも考えられます。

いずれも商品サイズと送料をよく見比べて購入されることをおすすめします!

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとプリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケア
内容量 1.5kg 500g/2kg
価格 3,960円 1,790円/4,600円~ ※Amazon参考価格
100gあたりの価格 238円 230円
メイン食材 白身魚63% トリ肉(チキン、ターキー)
穀物 グレインフリー トウモロコシ、米、コーングルテン
添加物 無添加
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

当サイトでおすすめのモグニャンとプリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの違いは、通常食で使用するか、ピンポイントで使用するかと言った部分になります。

目的が違うので上手に使い分けるのがおすすめです。

プリスクリプションダイエットの場合、消化ケアに特化したキャットフードですので腸内環境を整えたいときにこそ、高い消化性が効果を発揮します。

毛玉を吐く回数が増えた、便が黒くて硬い、お腹が緩くて軟便という時などのピンポイントで使用されるのが良いですね。

モグニャンの場合は、白身魚を主成分とし、猫の苦手な消化を助けるグレインフリーなので、毛玉をおなかに貯めたくない場合、つまり普段使いで与えることで腸内をきれいな状態に保ち、普段から猫のおなかのケアができると言った感じです。

わかりやすく言うと、モグニャンは、日常からお腹のケアをしておきたい人、プリスクリプションダイエットは、すでにお腹の調子が気になる状態にある人におすすめです。

ダイエットには療養食 ヒルズ プリスクリプションダイエット メタボリックス!

太り過ぎが気になる猫には、体重管理ができるヒルズ プリスクリプションダイエット メタボリックスがおすすめです。

体重の減少と体脂肪管理が科学的に証明され、リバウンドに配慮された食事療法フードです。

極端な食事制限などをすることなく、健康的なダイエットができるので、去勢や去勢後・産後などにも役だちます。

ヒルズ プリスクリプションダイエット(i/d)は猫用と犬用のパッケージに注意!

ヒルズ プリスクリプションダイエット(i/d)には、犬用と猫用があります。パッケージは上記の写真のようになっておりますので、間違えずに入手してくださいね。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアのQ&A

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアは軟便・硬便どっち向け?

腸内環境を整えるという面では、軟便・硬便どちらにもご使用いただけます。軟便の猫は便を固く、便秘で便の硬い猫には便を柔らかくする作用があります。

プリスクリプションダイエットidはずっと食べさせてもいい?

はい、医療食なので長期で食べ続けても問題ありません。調子がよくなったら元のフードに戻される方も多いです。

プリスクリプションダイエット(i/d)消化ケアの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード
内容量 500g/2kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,790円/4,600円~ ※Amazon参考価格
100gあたり価格 230円
販売会社 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る