147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

肝臓が悪い猫におすすめの餌!肝臓サポートキャットフードTOP5

  • うちの猫肝臓悪いのかな…?
  • 肝臓に良いキャットフードで一番いいものってなんだろう…?

今現在このようなことでお悩みではないですか?

猫の肝臓は、栄養素の分解や合成に関わる重要な器官なので、肝臓病になった猫や肝臓の数値が悪いと言われた猫には適切な食事管理が必要です。

ただ、尿路疾患と違って肝臓ケア用のキャットフードは種類も少なく、どれが良いのか迷ってしまいますよね…。

そこで当サイトでは、肝臓サポートにおすすめのキャットフードの選び方についてまとめてみました!そのうえで、本当におすすめできる5つのキャットフードを厳選し、ランキング形式で紹介していきます。

肝臓サポートにおすすめのキャットフードの選び方!

ではまず、肝臓サポート用のキャットフードの選び方についてチェックしていきましょう!

肝臓は栄養の分解や合成に直接関わる器官なので、回復するかどうかは食事内容に大きく左右されます。そのため、間違った食事を与えないよう次のポイントを満たすものを選びましょう。

消化に良いタンパク質をほどよく配合している。

猫は肝臓の機能が低下すると、栄養をうまく利用できずに痩せてしまいます。弱った肝臓を回復するには、肝細胞の再生を助けるタンパク質が豊富なキャットフードを選ぶといいでしょう。

しかし、ただタンパク質が多ければいいという訳ではありません!重度の肝臓病では、タンパク質の代謝によって発生するアンモニアが引き金となり、高アンモニア血症を起こすリスクもあります。

そのため、肝機能を回復しつつ高アンモニア血症を防ぐには、AAFCO(米国飼料検査官協会)基準を満たすタンパク質25%~30%程度のキャットフードがおすすめです。

脂質控えめで体に優しい。

脂肪の摂りすぎは肝臓に負担がかかるので、低脂肪なキャットフードを選びましょう。

特に、動物性脂肪を多く含んでいるおやつやウェットフードは、酸化した脂肪分を分解する肝臓に負担がかかるので控えるべきです。ただし、脂肪分が少ないと嗜好性が下がるので脂肪10%~20%ぐらいのキャットフードをおすすめします。

消化に良い炭水化物を含んでいる。

本来猫にとって炭水化物は不要と言われていますが、肝臓が悪い猫は例外的に適度な炭水化物が必要です。

炭水化物が少ないと、エネルギー源としてタンパク質や脂質が使われるため、アンモニアが発生して結果的に肝臓に負担がかかります。

ただ、小麦やトウモロコシなど穀物は消化しにくいので、イモ類や豆類など消化しやすいものを選びましょう。

必須アミノ酸「アルギニン」と「タウリン」が含まれている。

肝臓が悪い猫には、必須アミノ酸「アルギニン」「タウリン」配合のキャットフードがおすすめです。

アルギニンやタウリンは肝臓の働きをサポートする重要な役割があるのですが、体内では合成することができないため食事から摂取しなければなりません。

特にタウリンは、肝臓だけでなく目、心臓にも関わる栄養素なので、肝臓サポートには欠かせない成分です。

ミネラル分が調整されている。(特に銅とナトリウム)

肝臓はミネラルの分解や合成にも大きく関わっているので、ミネラルがバランス良く配合された食事を与えることが大切です。

特にナトリウムの過剰摂取は、肝臓病の元になるので注意しましょう!

反対に、亜鉛カリウムの不足も肝臓の機能を低下させてしまうので、ちゃんと含まれているか原材料をチェックしてくださいね!

肝臓サポートで人気のキャットフード14種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある14種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「タンパク質/脂質」「必須アミノ酸」「ミネラル成分」の3つです。メイン食材がどれくらい使われているか分かるものに対しては「〇%」と明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 タンパク質/脂質 必須アミノ酸 ミネラル成分
ANF タミアダルト
32.0%以上/20.0%以上 タウリン、L-リジン
C&R
31%以上/11%以上 タウリン
★ベットライフ
26.0%以上/20.0%以上 タウリン、L-リジン
★ベットソリューション
30.0%以上/18.0%以上 タウリン、アルギニン
アーガイルディッシュ
36%以上/11%以上 アルギニン、リジン、タウリン
アーテミス
30%以上/20%以上
カナガン
37%/20% タウリン
クプレラ
31%以上/12%以上 タウリン、アルギニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン
シンプリー
37%/20% タウリン
ソリッドゴールド
34%以上/12%以上 タウリン
ニュートロ
33.0%以上/16.0%以上 タウリン
ファインペッツ
32%/20% タウリン、アルギニン、リシン(リジン)
ブルー
30.0%以上/9.0%以上 タウリン、L-リジン
★ロイヤルカナン
25.3g/21.4g L-アルギニン、L-リジン、タウリン

今回比較したのは、口コミやネット通販で人気のキャットフードということもあり、全体的に栄養バランスが優れた高品質なものが多かったです。

しかし、タンパク質と脂質の割合や必須アミノ酸の内容は商品によってばらつきがあるので、猫の病状に合わせて最適なものを選ばなくてはいけません。

また★印は「療法食」といって、治療目的に作られているので中身が本格的です。症状がひどい場合は、獣医師指導のもと療法食での食事管理を行うといいでしょう。

ではこの結果をふまえて、肝臓サポートに最もおすすめのキャットフードはどれなのでしょうか?これより、当サイトが厳選した5つのキャットフードをランキング形式で紹介していきます!

肝臓サポートにおすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「タンパク質/脂質」「必須アミノ酸」「ミネラル成分」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、消化吸収率87%の超効率で猫の胃腸に負担をかけないのが特徴です。療法食ではありませんが、タンパク質と脂質のバランスや炭水化物の内容を見ると、肝臓の数値を正常に保つための予防フードに適しています。小麦やコーンなどグルテンを含む穀物は不使用なので、アレルギー体質の猫でも安心です。
価格 【初回お試し価格】1,080円(1.5kg)※初回・1世帯1個まで
【定期】3,429円
内容量 1.5kg
100gの価格 228円
おすすめ度 4.3
編集部からのコメント
ファインペッツは、アヒル肉とニシン由来の良質なタンパク質と、リジンなど必須アミノ酸が豊富な全粒米を絶妙なバランスで配合しています。療法食ではありませんが、L-カルニチンなど肝臓の働きを助ける成分も豊富で、軽度の肝障害の食事管理におすすめです。ただ、若干脂肪分が多めなので、脂肪肝と言われた猫や太り気味の猫はヘルシーなものを与えた方がいいでしょう。
【療法食】Vet Solution キャットフード 肝臓サポート
Vet Solution キャットフード 肝臓サポートの特徴
ベットソリューションは、肝障害に配慮された療法食のキャットフードです。消化性に優れた植物性タンパク質が豊富で、銅含有量を制限しています。また、高カロリーかつ嗜好性が高いので、食欲不振な猫の栄養補給にも最適です。急性肝不全のほか、慢性肝炎、黄疸、肝繊維症など肝障害に幅広く対応できます。
価格 3,729円
内容量 1.5kg
100gの価格 249円
おすすめ度 4.2
編集部からのコメント
安全性より機能重視の療法食が多いなかで、ベットソリューションはグレインフリーかつ無添加で安全性も高く評価できます。急性肝不全から慢性肝炎まであらゆる肝障害に対応できるので、軽度~重度まで肝臓に悩む全ての猫におすすめです!
【療法食】Vet Life(ベットライフ) ヘパティック 猫用(肝障害)
Vet Life(ベットライフ) ヘパティック 猫用(肝障害)の特徴
ベットライフは肝臓が悪い猫のために作られたイタリア産のキャットフードです。銅の含有量が控えめなので、肝障害の原因を抑制できます。また、抗酸化作用・抗炎症作用で知られるオメガ3脂肪酸も豊富で、急性肝障害の症状を緩和するなど期待値は計り知れません。消化に優しい加水分解タンパク質により、慢性肝疾患の猫の消化もサポートします。
価格 4,298円
内容量 2kg
100gの価格 215円
おすすめ度 4.1
編集部からのコメント
「殻付き」という意味のスペルト小麦や消化しやすい魚肉をたっぷりと使用しており、肝臓の負担を和らげながら肝疾患をケアできます。スペルト小麦は普通の小麦と違ってアレルギーや消化不良を起こしにくく、必須アミノ酸や食物繊維が豊富なので、肝臓が悪い猫には最適です。余計なものは一切使用していないので、安全面でも高く評価できますよ!
ブルー 成猫用室内飼い 体重管理用 チキン&玄米レシピ
ブルー 成猫用室内飼い 体重管理用 チキン&玄米レシピの特徴
ブルーは、室内で暮らす猫の健康をサポートするキャットフードです。療法食ではありませんが、タンパク質と炭水化物のバランスも良く、オメガ3脂肪酸やタウリンなど肝臓をサポートする栄養が豊富に含まれています。コーン、小麦、大豆は不使用なので、アレルギー体質の猫にも対応しています。
価格 1,059円/3,941円
内容量 400g/2kg
100gの価格 197円
おすすめ度 4.1
編集部からのコメント
ブルーは高品質な自然食材を使用した消化に良いキャットフードです。療法食ではないので肝臓病を緩和するほどの働きはありませんが、免疫力を維持するために抗酸化成分やタウリン、オメガ3脂肪酸が豊富なので日頃から肝臓の数値を正常に保つにはぴったりかと思います。低脂質で食物繊維も豊富なので、脂肪肝や肥満の予防にもおすすめですよ!
【療法食】ロイヤルカナン 猫 肝臓サポート
ロイヤルカナン 療法食 猫 肝臓サポートの特徴
ロイヤルカナンは高エネルギーで嗜好性が高いので、少量でもしっかりエネルギーが補給できます。肝臓に配慮して銅の含有量を制限しているほか、ビタミンCやタウリンなど活性酸素に対抗する成分も豊富です。また、消化率90%以上の小麦や豚由来のタンパク質を配合しており、胃腸の働きを助けます。
価格 1368円/3,778円
内容量 500g/2kg
100gの価格 188円(2kgで計算)
おすすめ度 2.5
編集部からのコメント
ロイヤルカナンは動物病院でも推奨されている療法食で、タンパク質やミネラル分、カロリーなど肝臓への負担が最も少ないレシピで作られています。消化性も良くミネラルバランスも最適ですが、コーングルテンや酸化防止剤など危険な成分も含まれており、安全性にはやや不安が残ります。ですが、肝臓ケアに特化しているという点では、中程度~重度の肝障害を抱えた猫は試す価値があるでしょう。

肝臓が悪い猫にファインペッツキャットフードがおすすめな理由!

数あるキャットフードの中で、当サイトがなぜファインペッツを最もおすすめするのか?その理由を簡単にまとめてみました!

肝臓が悪い猫にファインペッツをおすすめする理由
  1. 小麦やコーンなど消化に悪い穀物不使用で胃腸にも優しい。
  2. 危険な添加物不使用だから安心して猫に与えられる。
  3. 抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、オメガ3脂肪酸配合。
  4. 高カロリーだから少量でもしっかり栄養が摂れる。
  5. 消化吸収率87%で肝臓や胃腸に負担をかけない。

当サイトがファインペッツをおすすめするのは、消化吸収率が良く肝臓に優しいキャットフードだからです!

小麦やコーンなど消化に悪い穀物は使用しておらず、炭水化物には芋類豆類を使用しています。さらに、高カロリーなので少量でもしっかり栄養が摂れるのが特徴です。

また、タウリンアルギニンなどの必須アミノ酸も豊富なので、肝機能のサポートにも最適でしょう。

肝臓ケア用のキャットフードで迷っているなら、まずはファインペッツを試してみてはいかがでしょうか?必須アミノ酸や抗酸化作用のある成分が豊富なので、肝機能のサポートにおすすめですよ!

肝臓の悪い猫が餌を食べない・吐く場合に考えられる原因と対処法!

肝臓は再生能力が高いため「沈黙の臓器」と呼ばれており、病状がかなり進行してからでないと症状が出ません。原因によっても異なりますが、病状が進行すると一般的には食欲不振や嘔吐、下痢、黒色便などの症状が見られます。

つまり、猫が餌を食べない、吐く原因が肝臓である場合、すでに病状が進行している可能性が高いでしょう。

しかし、食欲不振や嘔吐の症状が出る病気は肝臓以外にも山ほどあるので、素人判断で肝臓病と断定することはできません。

ただし、丸1日猫が餌を食べない場合は「肝リピドーシス」など深刻な肝臓病の疑いもあるので、まずは病院で検査を受けさせてくださいね!

キャットフードが原因で猫の肝臓が悪くなることはある?

肝臓は栄養の分解や合成に関わる臓器なので、食事内容は肝臓の健康に直接結びつくと言ってもいいでしょう。

もちろん遺伝や生活習慣など食事以外の原因も考えられますが、粗悪なキャットフードを長期間与え続けていると、肝臓に負担がかかることは間違いありません。

特に、ナトリウム(塩分)は肝臓に蓄積されると肝機能を低下させる原因となるので注意が必要です!

ただ、肝臓は再生能力が高い臓器なので、少し数値が悪いぐらいなら食事療法だけでも病状が改善することがあります。そのため、肝臓の数値が悪いと言われたら、低脂肪で必須アミノ酸が豊富なキャットフードを与えてみましょう。

肝臓が悪い猫に缶詰のキャットフードをおすすめしない理由!

肝臓が悪い猫には、缶詰やパウチなどウェットタイプのキャットフードはあまりおすすめできません。

そもそも肝臓ケア用のウェットフードは種類がほとんどないのですが、それはウェットフードが猫にとって主食ではないからです。

そもそも猫の主食は「総合栄養食」と言って、猫に必要な栄養をバランスよく補給できるドライフードであって、ウェットフードは「一般食」つまりおやつのような役割があります。

ウェットフードは、肝細胞の再生に必要なタンパク質も少ないうえに、水分を含むため腐敗が進みやすく保存料などの添加物が使われているので、肝臓を患った猫には与えない方がいいでしょう。

これまでウェットフードを食べていて、ドライフードを食べてくれないと言う場合は、一度動物病院で相談してみましょう!

キャットフード+αで猫の肝臓をケアするならサプリメントがおすすめ!

商品名 内容 期待度
肝パワー元気 犬猫対応の肝臓ケア用サプリで、L-オルニチン、シルマリン、クルクミンなど肝臓をサポートする成分が豊富に含まれています。粉末タイプなのでドライフードにふりかけて与えられます。
AHS アミノピュアー 必須アミノ酸BCAA(イソロイシン:ロイシン:バリン)を犬猫に最適な2:4:1の比率で配合しています。肝臓だけでなく筋力強化にもおすすめです。
ぽかぽか ウコン 冷え、肝臓、ダイエットに有効なウコンのサプリメントです。無添加・有機栽培のウコン100%なので少量でも効き目があります。
パピヨン SPIRITa (スピリッタ) ヤギ由来の天然タウリン含有のサプリメントです。粉末タイプなのでふりかけるだけでよく、体内では作れないタウリンを効率よく補給できます。
いぬねこサプリシリーズ 液体サプリメント「肝臓」 液体タイプのサプリで、植物素材「マリアアザミ」由来のフラボノイドを補給できます。古くから肝臓ケア用に使われてきた成分なので、安心して猫に与えられます。

病院で処方される療法食のキャットフードなら、肝機能の回復に必要な栄養素がバランスよく含まれていますが、そうでない一般的なキャットフードを与える場合はサプリで栄養を補給するのも効果的です。

サプリによってそれぞれ内容は違いますが、当サイトは肝臓にいい成分がバランスよく含まれている「肝パワー元気」をおすすめします!

オルニチン、シルマリン、クルクミンなどキャットフードには含まれていない成分を効率よく摂れるので、プラスαのケアとして最適です。

ただ、肝臓の療法食フードを与える場合は、サプリを加えることで栄養過多になる可能性があるので獣医師に相談しましょう。

「少し肝臓の数値が悪い」など病気までいかない軽度の症状なら、一般的なキャットフードとサプリメントによるケアは理想的だと言えます。キャットフードだけでは物足りないと感じたら「肝パワー元気」を試してみてはいかがでしょうか?

愛猫の肝臓の数値が高いと言われたらファインペッツキャットフードがおすすめ!

肝臓サポート用キャットフードなら、銅控えめかつ必須アミノ酸がバランスよく配合されたキャットフードがおすすめです。

しかし、肝疾患と言っても症状の程度や病名は猫によってまるで違うので、愛猫に合ったものを選ばなくてはいけません。

もしこれまでに、

  • 肝臓サポート用で安全なキャットフード
  • 高カロリー・高嗜好性で少量でも栄養が摂れるキャットフード
  • タウリン・アルギニン配合で肝機能をサポートするキャットフード

こういったものを探していたのであれば、ファインペッツを試してみてはいかがでしょうか?他の療法食と違って小麦やコーンなど穀物を使用しておらず、安全性が気になる飼い主さんにもおすすめですよ!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る