147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

餌で免疫力アップ!猫の免疫力を高めるおすすめキャットフード5選

  • 愛猫が最近になってよく風邪をひくようになった…。
  • 普段からあまり元気がない様子で心配…。

現在こういったことで悩んでいませんか?愛猫の健康維持には免疫力アップが大切ですが、どんな食事を与えればいいのかわからず迷ってしまいますよね。

実際、免疫力アップに配慮したキャットフードは沢山あるのですが、全てが安全という訳ではなく中には添加物まみれの危険なキャットフードも…。

そこで猫健康管理士の私が、免疫力アップにおすすめのキャットフードを選ぶポイントを詳しくまとめてみました!そのうえで、厳選した5つのキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

免疫力アップにおすすめのキャットフードの選び方!

では最初に、免疫力を高めるキャットフードの選び方について見ていきましょう。

免疫力は目には見えないので判断が難しいのですが、次のポイントを満たすキャットフードは健康な体を維持するのにぴったりです!

腸内環境を整える成分が含まれている。

猫の免疫力を高めるには、腸内環境を整える成分が含まれたキャットフードがおすすめです!

腸は「第2の脳」と呼ばれており、普段の食事から栄養を吸収したり、ウイルスなどの外敵をいち早く察知して解毒する役割があります。事実として、動物の免疫細胞の約70%は腸に存在しており、24時間体制で体を守ってくれているんですね。

しかし、食事が原因で腸内環境が乱れると免疫細胞の機能も低下してしまいます。その結果、風邪をひいたり便秘になったりと体調を崩しやすくなるという訳です。

腸内環境を整えるためには、善玉菌の数を増やす「乳酸菌」「ビフィズス菌」配合のキャットフードを選びましょう!

腸内環境を整える成分

乳酸菌、ビフィズス菌、プレバイオティクス、オリゴ糖、ラクトバチルス、アシドフィルス発酵産物など

活性酸素に対抗する抗酸化成分が豊富に含まれている。

免疫力を高めるには、老化や病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化成分が豊富なキャットフードが理想的です!

活性酸素とは、体のあらゆる器官を酸化させる強力な酸素のことで、病気の約90%はこの活性酸素が関係しているとも言われています。

この活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある「ビタミンC」「ビタミンE」をが豊富な緑黄色野菜や豆類を使ったキャットフードを選ぶといいでしょう。

また、抗酸化成分にはほかにも次のようなものがあります。

抗酸化作用の強い成分や食材
  • βカロテン
  • かぼちゃ、にんじん

  • リコピン
  • パパイヤ、マンゴー、トマト

  • ポリフェノール
  • りんご、ブルーベリー、豆類、ターメリック

人工添加物を含んでいない。(無添加)

免疫力を高める食事の条件として、無添加で安全という条件も欠かせません!

食品添加物や化学物質は、人工的に作られた成分であり生鮮食品と違って酵素を含まないため、体内で活性酸素を発生させます。

そのため、いくら抗酸化作用のある食材を与えても、こうした添加物の摂取を続けている限り免疫力は低下する一方です…。

また、添加物の中には発がん性が確認された危険な成分もあるため、なるべく無添加で自然食材を使ったキャットフードを選びましょう。

免疫力アップで人気のキャットフード16種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある16種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「整腸作用」「抗酸化成分」「添加物」の3つです。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 整腸作用 抗酸化成分 添加物
アディクション

ドライ乳酸菌類
アボダーム
オーブンベイクド
カナガン

マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖
キャラット

オリゴ糖
ジャガー

プロバイオティックス
シンプリー

マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖
テイストオブザワイルド

ラクトバチルス・アシドフィルス発酵物、乾燥ビフィドバクテリウムアニマリス発酵物
ナチュラリーフレッシュ

乾燥枯草菌発酵産物、乾燥リケニホルミス菌発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵産物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵産物、乾燥ビフィズス菌発酵産物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼー発酵産物
ニュートロ
ビゴー&セイジ

フラクトオリゴ糖
フォルツァ10

FOS(フラクトオリゴ糖)
ブリスミックス

ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム アニマリス、エンテロコッカスフェカリスEF2001
ブルーバッファロー

乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物
プロバイオティックライブ

フラクトオリゴ糖、プレバイオティクス
モグニャン

今回は免疫力アップで人気のキャットフード16種類を比較しましたが、このとおり商品によって成分や添加物の有無が大きく異なることがわかりました。

抗酸化成分の内容は、どれも野菜や果物が豊富であまり差はなかったのですが、整腸作用や添加物で大きく差が開いたのかと思います。

そして、整腸作用に関してはオリゴ糖のみなど、善玉菌の餌だけが含まれているものより乳酸菌そのものが含まれているものを高く評価しています。

では一体、この中で免疫アップに最もおすすめのキャットフードはどれなのでしょうか?結果をもとに、厳選した5つの商品をランキング形式で紹介していきます!

免疫力アップにおすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「整腸作用」「抗酸化成分」「添加物」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

ジャガー
ジャガーの特徴
ジャガーは、ヒューマングレードの新鮮なチキンや鴨肉、サーモン、マスをたっぷり使用した高タンパク・低脂質のキャットフードです。穀物や添加物など余計なものは一切使用せず、古くから和漢として知られる朝鮮人参など猫の免疫力をサポートする成分も豊富に含まれています。
価格 【通常】4,280円
【定期】3,852円
内容量 1.5kg
100gの価格 256円
評価 4.4
編集部からのコメント
ジャガーは、免疫細胞や抗体の材料である良質なタンパク質を80%以上も使用しており、猫の健康をサポートする植物成分も豊富に含まれています。腸内環境を整えるプロバイオティクスや、強い抗酸化作用のあるリンゴやブルーベリーも含まれているので、老化による免疫力低下を抑えるのに最適です!
テイストオブザワイルド トラウト&スモークサーモン
テイストオブザワイルド トラウト&スモークサーモンの特徴
テイストオブザワイルドは、アメリカ発祥の自然派キャットフードで新鮮な海の魚をたっぷりと含んでいます。穀物や添加物など猫の健康を害するものは使用していないので、猫の体に負担がかかりません。また、果物や乳酸菌など腸内環境を整える成分も豊富なので、免疫力アップにも適しています。
価格 2,280円/6,480円
内容量 2,280円/6,480円
100gの価格 100円
評価 4.3
編集部からのコメント
テイストオブザワイルドは、穀物や添加物など余計なものは含まず、新鮮な魚とフルーツをたっぷりと含んでいるので食いつきも抜群です。米国の有名ペットメーカーダイアモンド社が自社開発しており、北米では最も衛生管理が優れているとも言われています。腸内環境を整える成分も豊富なので、消化吸収のサポートにもぴったりですよ!
ブリスミックス キャット チキンベース
ブリスミックス キャット チキンベースの特徴
ブリスミックスは新鮮なチキンと食物繊維が豊富な玄米から作られた、総合栄養食のキャットフードです。腸内環境を整える「EF2001乳酸菌」のほか、免疫力を高めるβグルカンを含む「アガリクス茸」を含んでおり、健康効果も期待できます。
価格 1,274円、2,138円、3,931円、8,823円
内容量 500g、1kg、2kg、6kg
100gの価格 213円
評価 4.3
編集部からのコメント
ブリスミックスは全年齢対応の総合栄養食で、新鮮なチキンや植物原料をたっぷり含んでいます。乳酸菌、アガリクス茸、抗酸化作用のある果物など、免疫力アップに良い成分が沢山含まれており健康サポートに期待が高まります。また、肉や野菜は全て冷蔵保存なので、風味を損なわず素材の香りがしっかりついています!
アディクション ビバ・ラ・ベニソン キャット
アディクション ビバ・ラ・ベニソン キャットの特徴
アディクションはニュージーランド産の新鮮な鹿肉に加え、野菜や果物、乳酸菌をバランス良く配合した体に優しいキャットフードです。鹿肉はホルモン剤やステロイドを使用せず、雄大な牧草地で育った高品質なものだけを使用しています。穀物不使用なのでアレルギー体質の猫にもおすすめです。
価格 1,620円/4,536円/21,600円
内容量 450g/1.8kg/9kg
100gの価格 252円
評価 4.2
編集部からのコメント
アディクションは、穀物や添加物のほか、牛肉などアレルゲンを起こしやすい肉は一切含まず、他では珍しい鹿肉を主原料に使用しています。豆類やリンゴ、乳酸菌も豊富なので、腸内環境を整えながら健康をサポートしてくれるでしょう。鹿肉は低アレルゲンなうえにコレステロールと脂肪分が少ないので、体重管理中の猫やアレルギー体質の猫でも安心して食べられますよ!
ナチュラリーフレッシュ 猫用チキン&ダック(鶏肉と鴨肉)
ナチュラリーフレッシュ 猫用チキン&ダック(鶏肉と鴨肉)の特徴
ナチュラリーフレッシュは、素材の良さを生かすために食材を本来の姿のまま使用しています。お肉は100%生肉、そして北米で獲れた新鮮な野菜や果物をバランスよく配合しています。乳酸菌のほか、天然のサプリメントと言われるキヌア、ハト麦などミネラルが豊富な植物原料もたっぷり含まれていて、猫の栄養状態をしっかりサポートします。
価格 2,592円
内容量 1kg
100gの価格 259円
評価 4.1
編集部からのコメント
ナチュラリーフレッシュは、カナダのオンタリオ州で獲れた新鮮な肉と野菜を使用しています。「ホールフード」と言って、素材に手を加えずにそのまま使用しており、香料や調味料など添加物を使用しなくても自然由来の風味がしっかりついています。プロバイオティクスやリンゴ、トマトなど果物も豊富なので、腸内環境を整えながら猫の健康を整えてくれますよ!

免疫力アップにジャガーキャットフードがおすすめな理由!

免疫力アップに適したキャットフードは数多くありますが、その中でなぜジャガーをおすすめするのか、その理由を以下にまとめてみました!

免疫力アップにジャガーをおすすめする理由
  1. ヒューマングレードの高品質な素材を使用している。
  2. 免疫細胞のもとになる動物性タンパク質を80%以上も配合!
  3. 滋養強壮の薬として古くから伝わる朝鮮人参を使用。
  4. 添加物や肉副産物不使用だから安全!
  5. プロバイオティクス配合で腸内環境を整える。
  6. ビタミン&ミネラルが豊富な10種類の果物と野菜が若々しい体作りをサポート!

当サイトがジャガーを最もおすすめするのは、免疫力を高める成分が豊富なうえに無添加で安全性も高いキャットフードだからです!

また、免疫細胞や抗体を作るもとになるタンパク質のほか、ビタミンやミネラルもバランス良く含まれおり猫の健康をしっかりサポートしてくれます。

さらに、生きた乳酸菌プロバイオティクスによる整腸作用も期待できるので、体の中から免疫力をアップしたい猫にもぴったりです。

免疫力アップにおすすめのキャットフードを探しているなら、まずはジャガーを試してみてはいかがでしょうか?全年齢対応なので、子猫から老猫まで安心して与えられますよ!

キャットフードに含まれる猫の免疫力を高める成分とは?

冒頭でもお伝えしたように、猫の免疫力アップには「抗酸化作用」と「整腸作用」が欠かせません。そこで、免疫アップが期待できる栄養について、改めて詳しくまとめてみました。

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保ち、がんの予防にも効果が期待されている。かぼちゃ、ほうれん草に多く含まれる。

ビタミンB2

粘膜を正常に保つ働きがある。青魚、鶏卵に多く含まれる。

ビタミンC

免疫細胞の働きを活性化する。ブロッコリー、みかん、キウイに多く含まれる。

ビタミンE

抗酸化作用が強く、皮膚の代謝を高める。アボカド、ひまわり油、かぼちゃに多く含まれる。

鉄分

免疫細胞の殺菌力を高める。海藻、レバーに多く含まれる。

亜鉛

活性酸素を除去する酵素を構成する成分。

セレン

ウイルスなど体内に侵入した外敵を殺菌する。かつお、卵黄に多く含まれる。

リコピン

がん細胞の発生を抑制したり肝臓の機能を高める。トマトに多く含まれる。

βグルカン

食物繊維のひとつで腸内環境を良好に保つ。きのこ類に多く含まれる。

上記はどれも免疫力アップに効果的な成分ですが、特定の成分を大量に与えても免疫力を高めることはできません!

あくまでも全体のバランスが重要で、様々な栄養を余すことなく摂れるキャットフードを選びましょう。

ひとつの基準として、世界的に有名なペットフード機関「AAFCO(米国飼料検査官協会)」が定める1日の給与基準を満たすキャットフードがおすすめです!

キャットフード以外で猫の免疫力を高める方法はこれ!

猫の免疫力アップには食事管理が欠かせませんが、実は他にも色々な方法で免疫を高めることができます。食事管理と組み合わせて以下を行えば、さらなる免疫力アップが期待できるでしょう!

  1. 適度に運動する。
  2. 予防接種を受ける。
  3. スキンシップの機会を増やす。

食事管理以外で猫の免疫を高める方法①:適度に運動する。

適度な運動は全身の血流を良くするほか、筋力の低下を防いで若々しい体を保つ効果が期待できます。

おもちゃで遊ぶ時間を作ったり、キャットタワーを設置したりして、愛猫が適度に運動できる環境を作ってあげるといいでしょう。

ただし!激しい運動はかえって猫の免疫を低下させるという研究もあるので、猫の年齢や体調に応じて無理のない範囲で運動させてあげてくださいね。

食事管理以外で猫の免疫を高める方法②:予防接種を受ける。

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症(猫風邪)
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症
  • 猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

免疫力が低下すると様々な病気にかかりやすくなりますが、上記のような感染症については予防接種により未然に防ぐことができます。

感染症の中には、一度感染すると完治が難しく最悪の場合死に至る病もあるので、なるべく子猫の段階で予防接種を受けておくことが重要です!

特に、2次感染のリスクが高い多頭飼い家庭や、妊娠・出産の可能性があるメス猫は、母子感染を避けるためにも早いうちに予防接種を受けておくべきでしょう。

食事管理以外で猫の免疫を高める方法③:スキンシップの機会を増やす。

飼い主さんが猫に癒されるように、猫も大好きな飼い主さんに撫でられると「オキシトシン」というホルモンが分泌されて、幸せな気持ちになると言われています。

オキシトシンは免疫とは直接関係ありませんが、ストレスが減って幸せな気持ちになることで、結果的に体調を整えることができるのです!

ただし、猫の性格や撫でるタイミングによっては大きなストレスを与えてしまう可能性もあるので、猫の様子を見ながら撫でてあげてくださいね。

キャットフードとサプリを組み合わせて免疫力を高める方法も!

商品名 内容 期待度
パンフェノン 120粒 フランス産松の木の樹皮から抽出した「パンフェノン」が活性酸素を無害化すると言われています。高齢になると代謝が落ちるので、シニア猫の抗酸化物質補給にぴったりです。
バックトゥベーシックス バリアサプリ キャット アダルト・シニア 母乳にも含まれる「ラクトフェリン」や「EC-12(乳酸菌)アガリクス菌糸体抽出物」を含んでおり、抵抗力や免疫力の維持をサポートするサプリメントです。
スーパーオリマックス アメリカでペットの免疫サプリメント売上No.1を記録したサプリメントの最新版。リンパ腫、血管肉腫、膿皮症など免疫力に絡む疾患を抱える猫に適しています。
コルディ コルディは犬猫用に開発されたサプリメントで、乳酸菌やプラセンタを豊富に配合しています。免疫調整に関わる「冬虫夏草」という植物由来のサプリなので安全性も高く評価できます。
パン酵母βグルカン85 1941年にアメリカで生まれた歴史あるサプリで、βグルカンやアガリクス、ハナビラタケなど免疫アップが期待できる成分が豊富です。

「免疫力をさらに強化したい」「餌を替えるだけでは不安」という飼い主さんは、猫用のサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

調べただけでも10種類以上のサプリメントがあるようですが、今回は特に口コミの評判が良かったものを厳選してまとめてみました!

やはり免疫アップの基礎となる腸内環境を整えるサプリが中心ですが、+αでキャットフードには含まれていないような健康成分が含まれています。

期待度で言うと、腸内環境の改善だけでなく免疫アップに効果的な成分が含まれているものがおすすめです!ただ、サプリにも相性があるので、色々試してみて愛猫に合うものを見つけてあげましょう。

免疫力を高めるキャットフードならジャガーがおすすめ!

巷には免疫アップに特化したキャットフードは沢山ありますが、猫にとって安全で腸内環境を整える成分がたっぷり含まれたものがおすすめです!

しかし、免疫を高めるどころか粗悪なキャットフードも多いので、無添加で安全なキャットフードをよく見極めて選びましょう。

もしこれまでに、

  • 猫本来の免疫力をサポートするキャットフード
  • 野菜や果物など植物原料が豊富なキャットフード
  • 腸内環境を整える成分配合のキャットフード

こういったキャットフードを探していたのであれば、ジャガーを試してみてはいかがでしょうか?全年齢対応なので、免疫力を高めたい子猫から代謝が落ちてきた高齢猫まで生涯に渡って猫の健康をサポートしてくれますよ!

この記事のURLをコピーする