147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

猫が前足でふみふみ(もみもみ)する理由!この行動の本当の意味は…?

猫が毛布やタオルを前足でふみふみする姿はとってもかわいいですよね!そんな愛猫の姿にメロメロになる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は「ふみふみ」「もみもみ」と呼ばれる猫の足踏み行動について、その心理をまとめてみました。一体なぜ猫はふみふみするのか、猫の気持ちを見ていきましょう!

猫が前足でふみふみ(もみもみ)する理由!

猫が毛布や寝床をふみふみするのは、赤ちゃんの頃に母猫のお乳をおねだりする行動の名残だと言われています。

いわゆる赤ちゃん返りによるもので、毛布など温かくて柔らかいものに触れると、母猫に甘えたい気持ちを思い出してふみふみするんですね。

また、母猫のお乳を飲んでリラックスしていた当時の記憶から、ストレスが溜まって気持ちを落ち着かせたい時にもふみふみすることがあります。

猫がふみふみしてくるのがかわいい!飼い主に何を訴えているの?

猫は毛布や寝床以外にも、飼い主さんに甘えたい気持ちからお腹や足をふみふみしてくることがあります。

特に早い時期に母猫と離れた猫は、母猫の愛情を十分に受けられなかったことから、親だと思っている飼い主さんに甘えようとしてくるんですね。

また、冬場など寒くなる時期は温かい場所が落ち着きますから、飼い主さんの寝床までやってきてふみふみする甘えん坊な猫もいるようです。

オス猫が後ろ足でふみふみするのは、足踏みと見せかけたマウンティング行動の可能性も!

通常、猫は前足で毛布や布団をふみふみしますが、オス猫が後ろ足でふみふみする行為は発情期によるマウンティング行動かもしれません。

マウンティングとは、相手より自分が優位であることを示すために上に乗っかる本能的な行動で、メス猫に対しては交尾の練習とも言われています。

ただ、周りにメス猫がいない環境では交尾に至らないため、毛布やぬいぐるみをメス猫に見立ててマウンティングしているんですね。

去勢手術を受ければマウンティングによる足踏みはやめさせることができるので、愛猫の年齢や体調に応じて手術を検討してもいいでしょう。

【動画】猫がふみふみしながら喉をゴロゴロと鳴らすのはなぜ?

猫が喉をゴロゴロと慣らす行為は、母猫と子猫のコミュニケーション手段のひとつとも言われています。

子猫は生まれてから3日もすれば、母猫と同じようにゴロゴロ音が出せるようになり、お乳を飲みたい時に喉を鳴らして母猫に甘えるのです。

つまり、猫がふみふみしながらゴロゴロと鳴くのは、まさに甘えたいという気持ちの表れなので温かく見守ってあげましょう。

毛布、クッション、ぬいぐるみ、布団!猫がふみふみ・もみもみしたくなるものはこれ!

冒頭でお伝えしたように、猫の足踏みは母猫に甘えたい気持ちからくるものですから、母猫と同じように柔らかくて温かいものを好んでふみふみします。

特に多いのは、毛布、クッション、ぬいぐるみ、布団など、どこの家庭にもあるものばかりですが、猫によっては冷たい床や飼い主さんのお腹など変わった場所を好むこともあるようです。

また、ウールに含まれる「ラノリン」という成分には母猫と似た匂いがあると言われており、ウールばかりを好んでふみふみする猫もいます。

【動画】猫がふみふみしながら生地を噛む理由とは?

猫が毛布など生地を噛みながらふみふみするのは、母猫のお乳を吸う行動を思い出しているからと言われています。

しかし、ウールや毛糸など繊維質のものは、吸ったり噛んだりすることで体内で繊維を取り込んでしまい、炎症を起こすことがあるので注意しましょう!

どうしても噛むのをやめない場合は、なるべく毛羽立たない生地のものを与えるのがおすすめです。

うちの猫はふみふみしない…これってどうして?

猫のふみふみはどんな猫にも起こりうる自然な行為ですが「うちの子はなぜしないんだろう?」と少し残念に思っている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

だけど安心してください!猫がふみふみしないのは、ちゃんと親離れできているという証拠です。

子猫の頃にたっぷりと母猫に甘えられた猫は、自然に親離れをして大人になっても赤ちゃん返りをするようなことはありません。

反対に、生後間もない頃に母猫と離れた猫の方が、母猫に甘えたい気持ちが満たされないまま大人になってしまい赤ちゃん返りするようになります。

確かに猫のふみふみはとても可愛いので、見てみたいという気持ちもわかりますが、正常なことなのでむしろ安心してくださいね!

猫がふみふみするのはいつまで?頻度が減ったorしなくなった理由は?

猫は生後3ヶ月までに乳離れをして、離乳食からキャットフードの順で食事を切り替えるのが一般的です。

しかし、授乳期に母猫から十分な愛情を受けられなかった子猫は、乳離れしてからも赤ちゃん返りをしてふみふみするようになります。

ただ、年を重ねるごとに徐々に頻度が減るのが普通で、ふみふみしなくなったら親離れができたと思っていいでしょう。

とは言え、何年経ってもふみふみ癖が治らない猫や、元々の性格が甘えん坊な猫もいますから、あまり深く考えずに愛猫の気持ちを受け止めてあげましょう。

猫がふみふみで爪を立てて痛い時の対処法!

飼い主さんに甘えたくてふみふみする猫もいますが、前足に体重がかかるため爪を立てられて痛いときもありますよね。

ただ、爪を立てないよう慎重にふみふみしてもらうなんて器用なことはできませんから、猫の爪を短く切ることをおすすめします。

それでも痛い思いをするようなら、飼い主さんの体ではふみふみさせないようにして、毛布など代わりになりそうなものを与えて様子を見ましょう。

猫のふみふみ(もみもみ)は甘えたい気持ちが詰まった愛情表現!

猫が前足でふみふみする行為は、甘えたいという気持ちからくる赤ちゃん返りの一種です。

特に生後間もなくして母猫と離れた猫は、母親の愛情を求めてふみふみを繰り返すので、飼い主さんが親代わりとなってたっぷりの愛情を注いであげましょう。

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る