147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

アーガイルディッシュを愛猫に購入した私の口コミ!安全性や評判は?

アーガイルディッシュ ワトルキャットは、オーガニック食材を意識的に採用しているというキャットフード。カンガルー肉を始めとしたオーストラリアならではの材料も特徴です。

そんなアーガイルディッシュが信頼できるキャットフードというのは本当なのか?商品を購入してのレビューや口コミ評価、原材料チェックなどを通し、徹底的に分析検証していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 4.5
無添加 5.0
安全性 4.3
コスパ 2.3
内容量 180g/800g/2kg/4kg
価格 1,109円/2,397円/4,665円/7,754円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 299円
対応年齢 成猫
原産国 オーストラリア
編集部からの評価

アーガイルディッシュ ワトルキャットは、当サイトでAランク評価のキャットフードです!使用されている原材料をチェックすると、オーガニックのものを中心にしたヘルシー志向の構成であることがわかりました。栄養的にも安全性にも十分信頼できるものです。一部に穀物使用があるものの、安全性の高さに影響しない程度だと考えられます。ただ、オーガニックという観点では理想的な内容であるものの、値段はやや高めです。口コミでは猫によって食いつきに差が見られました。また、原材料へのこだわりから賞味期限が短いというデメリットもあるので、そこに納得した上での使用なら魅力も大きいフードだと思います。

実際にアーガイルディッシュ ワトルキャット ミニ180gを購入してみました!

愛猫の健康を願う飼い主の1人として、オーガニックの材料を使っているアーガイルディッシュは気になるキャットフード。実際に商品を購入し、飼い猫ソラ(4歳)の食いつきや反応を見ることにしました。

今回選んだのは、お試し用にぴったりなワトルキャットミニ180gです。飾り気のないパッケージで、一瞬「どっちが表?」と思ったくらい。

よく見ると表側にはネーミングの由来であるアーガイル模様が入っていました。原材料や成分の情報もここに書かれてあります。

裏面には給与量目安や与え方、輸入者が記されています。

届いた時に賞味期限を確認すると意外に短く、ちょっとドキっとしました。もちろん余裕で食べきれる量ではあるのですが、ほかのフードのように長いのが当たり前と思っているとびっくりしますね。

じゃあ、切り目の入っているところから開けていきましょう。

小さなパッケージとしては珍しく、ちゃんとジッパーがついていて再度驚き!新鮮さへのこだわりが伝わってきます。

フードをいくつか手にしてみると、一粒一粒が小さめでコロコロした感じ。焦げ茶色が濃いですね。

当サイトで評価の高いモグニャンと比べてみた写真がこちら。どちらも小粒でサイズ的には6~7mmと同じくらいでしょうか。モグニャンは円柱形、アーガイルディッシュは平たい円形と、形は違います。

ソラのいつもの器に入れてみたところ、色や形に少々バラツキがあってナチュラルな印象を受けます。

カンガルーやラム、とあまりなじみのない食材が使われているので、どんなニオイなのか嗅いでみると、チョコレートを連想するニオイで不思議でした。

普段なら少しずつ新フードを混ぜる量を増やしていくのですが、思い切って4日目にして100%アーガイルディッシュにしてソラの様子を見ました。

結果から言えば特に問題なく食べてくれました!いつもと変わらずフード置き場に近寄ってきて、おいしそうにフードを口にしていました。

強いて言えば、粒が小さいこともあってあまり噛んでいる音がなかったかもしれません。

後日のソラのトイレチェックでは、健康的なウンチを確認!下痢や便秘になっている様子も見られませんでした。消化の問題もなさそうですね。

アーガイルディッシュ ワトルキャットの原材料と安全性を徹底分析!

それではアーガイルディッシュ ワトルキャットの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

カンガルー肉、ラム肉、オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)、じゃがいも、玄米キヌア、アマランサス、チアシード、りんご、パセリ、ひまわり種子、亜麻仁油、ブルーベリー抽出物、乾燥昆布粉、クリーバーズ、スィートフェンネル、カモミール、ユッカ、クロレラ、ビタミン&アミノ酸キレートミネラル(*1)

(*1)ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、B6、B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン、DL-メチオニン)、タウリン、イオウ、クエン酸

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 玄米 酸化防止剤
粗タンパク質 36.0%以上 オメガ6脂肪酸 2.3%以上
粗脂肪 11.0%以上 オメガ3脂肪酸 0.5%以上
粗繊維 5.0%以下 粗灰分 7.0%以下
水分 11.0%以下 代謝カロリー 348kcal/100g

カンガルー肉、ラム肉

カンガルー肉もラム肉も、良質なタンパク質をたっぷり含みます。カンガルーは脂肪が少なくて低コレステロール。ラム肉は脂肪燃焼に役立つカルニチンが豊富なヘルシー食材です。

オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)

どちらも、オーストラリアからニュージーランドにかけての自然豊かな海で獲れる白身魚です。タンパク質として良質であり、抗生物質やアレルギーの心配が少ないというメリットもあります。

玄米、キヌア、アマランサス

玄米は穀物類、スーパーフードとして知られるキヌア、アマランサスは雑穀類に分類されます。

ビタミン類やミネラル、食物繊維など健康に繋がる栄養価が高いのが共通する特徴で、どれも有機栽培されたものです。

ただし、人とは違って肉食の猫は穀物類の消化が不得手という一面も持っています。

チアシード、亜麻仁油

チアシードや亜麻仁油は、猫の健康や毛の状態に影響するオメガ脂肪酸を多く含みます。植物繊維が豊富なチアシードは、毛玉対策にも役立ちます。

編集者からのひとこと

アーガイルディッシュ ワトルキャットの原材料のほとんどは、安全基準の厳しいオーストラリア産であり、オーガニックの良質な食材です。魚が含まれるゆえにオーガニック認定こそされていないものの、かなり安全性が高いことがわかりました。

当然ながら粗悪な成分や添加物は入っていませんし、メインのタンパク源には脂肪分やアレルギーリスクの低いものが選ばれています。

そして、炭水化物源や油脂に至るまでヘルシー志向。油脂には酸化防止剤を必要としない植物性のものが使われています。

人の健康にもよいと注目されている食材が数多く使用されていますが、穀類に限っては猫が消化しにくいものです。ただ、その穀類の玄米や雑穀類も主要なタンパク源の後の記載なので、配合の割合は少なめと考えられます。

総合的に見ると、安全性に優れたフードと言えるでしょう。

ニシ教授
ちなみに、ワトルキャットのワトルは、オーストラリアの国花の名前なのじゃ!

アーガイルディッシュ ワトルキャットの口コミや評判は?

実際に、アーガイルディッシュ ワトルキャットを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

アーガイルディッシュ ワトルキャットの良い口コミ

MIX 1歳 / メス
4.5
うちの猫をもらい受けた時に、保護主さんが愛用していたこのフードを紹介してくれました。ちょっとお値段が高いとは思うのですが、オーガニック素材中心という安全性の高さには納得。以来ずっとこれを食べさせています。
マンチカン 4歳 / オス
5.0
我が家のネコは化学物質に過敏なようで、フードによってはひどい目やにが出てしまいます。実のところ、大好物ってわけではないのですが、これを食べていると症状が出ないのでほかには代えられません。抜歯をしているので、小さめの粒も合っていると思います。
シャム猫 20歳 / オス
5.0
年齢のせいかフードを噛まずに飲み込んでいるので、かなり小粒なこのフードは食べやすいようです。活動が鈍ってぽっちゃりしてきたこともあり、低カロリーなところもありがたいです。

アーガイルディッシュ ワトルキャットの悪い口コミ

ロシアンブルー 5歳 / メス
2.0
粒の大きさや材料の良さに飼い主はいいと思ったのに、当の猫の食いつきがイマイチ。確かに日頃から魚系フードを好んで食べていますが、まさかこれほど拒否されるとは思っていませんでした。
MIX 6歳 / メス
2.0
届いたフードの賞味期限が残り3ヶ月ほどでした。この期間で食べきれないわけではないですが、製造日がもっと新しいのだとよかったなと残念に感じます。フード自体はよさそうだけど、愛猫の好みとはちょっと違うみたいでよく残しています。

アーガイルディッシュ ワトルキャットの口コミ・評判まとめ

アーガイルディッシュ ワトルキャットの口コミを調べていくと、猫に対する健康意識が高い飼い主さんにはかなり好評であることがわかりました。

オーガニック中心の原材料や成分の内容に信頼を寄せ、続けて食べさせたいと考えている人が多く見られます。また、フード粒の小さいサイズが猫の年齢や健康によらず食べやすいようですね。

ただ、肝心の食いつきですが、これは猫の好みに左右されるところが大きいようで飼い主さんの期待ほど食べてくれないという口コミもあります。

それと、よくない意見で挙げられていたのは、ほかのフードと比べて短い賞味期限について。製造の関係で仕方のない面もありますが、飼い主さんの方で猫の食べる分量を予測しておく必要がありそうですね。

アーガイルディッシュ ワトルキャットをお得に購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでアーガイルディッシュ ワトルキャットを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,109円/2,397円/4,665円/7,754円 810円/2,397円/4,665円/7,754円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アーガイルディッシュ キャットフードは通販サイトで購入できる!

今のところ、アーガイルディッシュの公式サイトでの直接販売はされていません。

購入するなら、Amazonや楽天などの通販サイトが利用できます。Amazonと楽天だと、価格に大きな違いはないようです。

180gのみ少し差がありますが、送料がプラスされることの多い価格帯なので注意したいところですね。

ペットショップやオーガニックショップでの扱いもあるようですが、一般的なフードほど広く流通しているわけではありませんから通販サイトでの購入が確実だと思われます。

もともと賞味期限が短めだということに気をつけて、信頼できそうな店舗を賢く選びましょう。

アーガイルディッシュ ワトルキャットと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとアーガイルディッシュ ワトルキャットにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン アーガイルディッシュ
内容量 1.5kg 180g/800g/2kg/4kg
価格 3,960円 1,109円/2,397円/4,665円/7,754円
100gあたりの価格 238円 299円
メイン食材 白身魚63% カンガルー肉、ラム肉
オーストラリアンマッカレル(サワラ)
テイラー(アミキリ)
穀物 グレインフリー 玄米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグニャンとアーガイルディッシュは、どちらも添加物を使用しない安全性の高いキャットフードです。

ただ、どこにこだわっているかという点で見ると、違いがあります。

モグニャンの方は、完全なグレインフリーフード。猫の消化のことを考えて穀物を使用していません。一方、アーガイルディッシュでは可能な限りオーガニック食材を採用しています。

それぞれの観点から猫の健康に配慮しているフードと言えますが、どこに安全性を求めるかが異なっているわけですね。

ただ、アーガイルディッシュの方は、オーガニックという強い魅力がある反面、値段や食いつき、賞味期限の点でややデメリットがあるのも事実です。

全体的にバランスが取れているのはモグニャンの方だと言えるでしょう。

アーガイルディッシュ ワトルキャットの賞味期限は一般的なドライフードより短め!

アーガイルディッシュ ワトルキャットの賞味期限をチェックすると、製造された年月から半年後となっています。これは一般的なドライフードと比べると短いと言わざるを得ません。

手元に届いたフードの賞味期限が短いと感じる理由は2つあります。

1つ目の理由は、酸化防止剤や保存料などが一切使われていないこと。猫のための安全性を優先するがゆえに、賞味期限を短く設定せざるを得ないのです。

もう1つは、オーガニックの材料を無駄なく使うために生産が年3~4回に限られること。つまり、購入時期によっては製造直後のフードではないということもあるわけです。

公式サイトでは出荷中のフードの賞味期限がいつであるか明らかにしているので、購入する際は参考にするとよいでしょう。

アーガイルディッシュ ワトルキャットはシニア猫にもおすすめ!

アーガイルディッシュで作られているキャットフードは、ワトルキャットの1種類のみ。対象年齢は成猫となっています。

では、シニア猫にはこのワトルキャットは向かないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。シニアとなった猫にもおすすめだと思います。

安全性が高いことはもちろんですが、ワトルキャットの特徴として以下の4つがあります。

  • 高タンパク質
  • 低脂肪
  • 低コレステロール
  • 小さめの粒

ワトルキャットの栄養バランスは、運動量の少ない室内猫やシニア猫でも肥満になりにくいもの。したがって、シニア猫の健康も保ちやすいと言えるのです。

小さなサイズのフード粒も、歯に問題が生じがちなシニア猫に向いています。

アーガイルディッシュ ワトルキャットを食べない時は少しずつ混ぜる量を増やす!

せっかく購入したアーガイルディッシュを猫がなかなか食べてくれない場合もあります。その大きな理由の1つが、猫の警戒心です。

猫がフードを拒否する事態を避けるために、切り替え方のコツを知っておきましょう。まずはワトルキャットの給与量目安を確認します。

体重 1日の給与量目安
 ~2kg  ~41g
2~3kg 41~55g
3~4kg 55~68g
4~5kg 68~81g
5~6kg 81~93g
6~8kg 93~115g

この目安をベースとして、猫の体重や年齢、生活の仕方によって適切な量を判断しましょう。

そして、これまで食べさせていたフードに少しずつワトルキャットを混ぜ、段々とワトルキャットの割合を増やしていきます。

1週間ほどでワトルキャット100%に切り替えるペースで進めていくと、猫も自然と慣れていきやすく、消化器官にもあまり負担がかかりません。

アーガイルディッシュ ワトルキャットのQ&A

アーガイルディッシュ ワトルキャットの取扱店はどこにあるの?

アーガイルディッシュを扱っている実店舗もあるようですが、公式サイトに店舗名が明記されているわけではありません。

一般に認知度が高い商品ではないため、身近なショップで直接購入したい場合は事前に問い合わせた方が無難でしょう。

アーガイルディッシュ ワトルキャットのよい保管の仕方は?

購入したアーガイルディッシュは、日光が当たることのない冷暗所にしまっておくようにしましょう。

開封後も基本的には同じで、使うごとにきっちりと袋を閉じておくようにしてください。

アーガイルディッシュ ワトルキャットの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード(7mm程度)
内容量 180g/800g/2kg/4kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,109円/2,397円/4,665円/7,754円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 299円
販売会社 有限会社サウスカレンツ
公式サイト https://www.argyledishes.com.au
この記事のURLをコピーする