147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

市販でおすすめの猫の餌!人気のキャットフードランキングTOP5

巷には数百種類のキャットフードがあると言われており、最近ではペットブームの影響もあり毎年のように新しい商品が発売されています。

しかし中には、低品質な原料や人工添加物を使った危険なキャットフードも混ざっているので、全てが安全とは言えません!

そこで当サイトでは、市販のキャットフードで安全なものを選ぶポイントについてまとめてみました。そのうえで、本当におすすめできるキャットフードをランキング形式で紹介していきます!

市販でおすすめのキャットフードの選び方!

では最初に、数ある市販のキャットフードからどんな商品を選べばいいのかについてです。

猫の年齢や抱えている病気などによって選び方は異なりますが、次の3つを満たしていなければどんな猫にとっても良い食事とは言えません。

主原料に新鮮な肉や魚を使用している。

猫にとって最も必要な栄養素は、新鮮な肉や魚に多く含まれる動物性タンパク質です。

しかし、市販のキャットフードの多くは、コストを抑えるために肉や魚の量を減らして小麦やトウモロコシなど原価の安い穀物でかさ増しされています。

こうしたキャットフードは、炭水化物の割合が多くタンパク質が不足しているので、猫にとって理想的な食事とは言えません。

また、原材料は人間の食品と同じ水準(ヒューマングレード)の新鮮な食材が使われているかどうかも重要です!

特に肉や魚はコストが削られやすく、血液、骨、羽、鱗、くちばしなど、肉身以外の部位が混ざっていることもあるので注意しましょう。

粗悪な原材料の例

チキンエキス、フィッシュエキス、チキンミール、フィッシュミール、ミートミール、ミートボーンミール、肉副産物、魚副産物、肉粉、肉骨粉、魚粉、ビートパルプなど

グレインフリーで消化に優しい

先ほども少し触れましたが、小麦やトウモロコシなどの穀物(グレイン)が含まれていないキャットフードが安全です。

そもそも猫は穀物を食べる習慣がなく、穀物に含まれる植物性タンパク質を消化する酵素が体内に存在しません。つまり、穀物は本来猫に与えてはいけない食材なんですね。

体質にもよりますが、穀物入りのキャットフードだとお腹を壊してしまう猫もいるので、なるべくグレインフリーで消化に優しいものを選びましょう!

化学調味料や人工添加物を使用していない

愛猫に健康で長生きしてほしいなら、化学調味料人工添加物などを含まない無添加のキャットフードをおすすめします。

添加物の中でも、特に以下の成分は危険性が高いので絶対に避けたい成分です。

  • 酸化防止剤:空気中の酸素によって起こる食品の劣化を防ぐ物質。特にBHA(ブルチヒドキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンは危険度大。
  • 合成着色料:食品の見た目をよくするために使われる着色料。
  • 合成香料:風味をよくするために使われる香料。
  • 動物性油脂:牛、豚、鶏など獣肉由来の油脂。酸化しやすいため、強力な酸化防止剤が使われることが多くなる。

特に日本はペットフードに関する基準が甘く、海外では禁止されている成分が国産のキャットフードに含まれていることもあるので注意しましょう。

市販で人気のキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「主原料」「穀物」「危険成分」の3つです。詳細が分かるものに対しては「〇%」と明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 主原料 穀物 危険成分
カナガン

乾燥チキン、骨抜きチキン生肉

無添加

無添加
シンプリー

骨抜き生サーモン、乾燥ニシン、乾燥サーモン

無添加

無添加
モグニャン

白身魚

無添加

無添加
ウェルネス

骨抜きチキン、チキンミール

無添加

無添加
ピュリナワン

ターキー、チキンミール

米、コーングルテンミール、小麦粉、大豆外皮

牛脂
アーテミス

フレッシュチキン、ドライチキン

大麦、米糠

無添加
ジャガー

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス

無添加

無添加
ニュートロ

ダック生肉、乾燥チキン

無添加

ビートパルプ
ファインペッツ

アヒル肉、ニシン

全粒米

無添加
ブリスミックス

フレッシュチキン・ドライチキン

玄米

無添加
ナチュラルバランス

チキンミール(乾燥肉)、鶏肉

玄米、オートミール

無添加
オリジン

新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー

無添加

無添加
オーブンベイクド

チキン(骨抜きフレッシュチキン、チキンミール

無添加

ビートパルプ
ブルー

骨抜き鶏肉、チキンミール

玄米、大麦

無添加
ゴーキャット

チキンミール、チキン(生・骨抜き)、 ターキー(生・骨抜き)

無添加

無添加

こうして比較してみると、キャットフードによって主原料や穀物の有無など中身が全く異なることがわかりました。

原料は高品質でも添加物が使われていたり、無添加でも原料が低品質だったりと、全体のバランスが優れたキャットフードって意外と少ないんですね…。

特に△が2つ以上ついているものは、猫の安全よりも価格を重視してコストを削減しているものが多く、毎日与える食事として安全とは言えません。

では一体、市販のキャットフードで総合的に最もおすすめできるのはどれなのか?比較した結果をもとに、厳選した5つをランキング形式で紹介していきます!

市販のおすすめキャットフードランキングTOP5!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「主原料」「穀物」「危険成分」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは、ヘルシーな白身魚を63%も使用した高タンパク・低脂質の理想的なキャットフードです。穀物や人工添加物など猫にとって危険な成分は一切含まず、ヒューマングレードの自然食材から作られています。オメガ3脂肪酸など猫に欠かせない栄養がバランス良く含まれた総合栄養食で、子猫から高齢猫まで全年齢に対応できます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.6
編集部からのコメント
モグニャンは、赤ちゃんの離乳食に使われるほど新鮮な白身魚をたっぷり使用した、高タンパクでヘルシーなキャットフードです。尿路、被毛、便通など猫に多いトラブルにもしっかり配慮されており、愛猫の健康管理をサポートします。ペットフード公正取引協議会認定の総合栄養食なので、子猫から老猫まで年齢を問わず安心して与えられますよ!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、新鮮なチキンと自然由来の植物成分をバランス良く配合したキャットフードです。ペット大国イギリスでは80%以上のリピート率を誇っており、世界的にも人気があります。2種類の食物繊維やオリゴ糖など腸内環境を整える成分も豊富なうえに無添加なので、消化に良く愛猫の健康をサポートします。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは肉を主原料に使ったキャットフードでは、世界的に見てもトップクラスの知名度を誇る商品です。ヒューマングレードの新鮮なチキンのほか、新鮮な植物原料が豊富で猫に必要な栄養がバランス良く含まれています。穀物、乳製品、添加物など危険な原料が使われていないので、どんな猫にも安心して与えられますよ!
シンプリー
シンプリーの特徴
シンプリーは3種類の新鮮な魚をたっぷりと含んだ高タンパクなキャットフードで、累計100万袋を販売した実績もあります。動物栄養学者と共同開発した商品なので、魚や野菜のほかにもオメガ3脂肪酸やクランベリーなど、猫に必要な栄養が豊富です。また、特製のフレーバーソースで風味付けされているので、偏食の猫やシニア猫にも対応できます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
シンプリーはその名の通り、新鮮な魚と野菜など猫に必要な栄養だけをたっぷり含んだ、シンプルで無添加のキャットフードです。サーモン、マス、ニシンなど魚由来のフレーバソースによるコーティングで食いつきも抜群で、グルメな猫でもしっかりと食べてくれます。高タンパク・低脂質の総合栄養食なので、世代を問わずどんな猫にもおすすめですよ!
ジャガー
ジャガーの特徴
ジャガーは、ヒューマングレードの食材を使用した上質なキャットフードです。肉と魚由来の動物性タンパク質を80%以上も含んでおり、猫本来の食事に近い理想的なレシピで作られています。穀物や添加物のほか、でんぷんの含有量も控えめで、体に負担がかからないよう工夫されています。
価格 【通常】4,280円
【定期】3,852円
内容量 1.5kg
100gの価格 256円
評価 4.4
編集部からのコメント
ジャガーは「手の届く贅沢」をテーマに、肉や魚をたっぷり使用した高タンパク・低脂質なキャットフードです。穀物や人工添加物は一切使わず、でんぷんの量も控えめにすることで胃腸にも優しく、本当に必要な食材しか使われていません。また、マジックテープの二重構造で風味の劣化を防ぐので、大容量でも品質を落とさず保存できます。
オリジン キャット&キトゥン
オリジン キャット&キトゥンの特徴
オリジンは猫が生きていくために必要な肉をたっぷり含んだ超高タンパクのキャットフードです。果物や野菜の量は最小限に抑えて、肉の含有量を優先しているので、野生の猫の食事に最も近い栄養バランスだと言えます。地元カナダで採れた食材を化学薬品を使わずに加工しており、安全性も高く評価できます。
価格 1,458円/6,804円/16,200円
内容量 340g/1.8kg/6.8kg
100gの価格 378円
評価 4.2
編集部からのコメント
オリジンは、猫に不要なものは極力控えた肉中心の超高タンパクなキャットフードです。猫に必要なアミノ酸を100%含んでおり、炭水化物を控えめにすることで肥満や糖尿病のリスクも抑えます。フリーズドライの肉とレバーを1粒ずつに注入しており、全ての猫が喜ぶ風味で食いつきも抜群ですよ!

市販のキャットフードでモグニャンがおすすめな理由!

数百種類ある市販のキャットフードの中で、当サイトがなぜモグニャンをおすすめするのか?その理由を簡単にまとめてみました!

市販のキャットフードでモグニャンをおすすめする理由
  1. 高タンパク・低脂質な総合栄養食
  2. ヒューマングレードの白身魚を主原料に使用。
  3. どんな猫でも喜ぶ魚由来の風味で食いつきも抜群。
  4. グレインフリーで消化に優しい。
  5. 尿路、消化、皮膚・被毛の健康にも配慮。
  6. 子猫から高齢猫まで全年齢の猫に対応している。
  7. 人工添加物不使用で安全性が高い。

当サイトがモグニャンをおすすめするのは、猫にとって理想的な栄養バランスで、10年、20年と食べ続けでも安心できるキャットフードだからです。

モグニャンは、ヒューマングレードの食材だけを使用しており、穀物や人工添加物などいわゆる「かさ増し」や「味付け」に使われる危険な原料は一切使用していません。

それでも魚をたっぷり使用しており「たくさん食べてくれる」と食いつきの良さは口コミでも評判です!

また、基本的な栄養の他に、クランベリーオメガ3脂肪酸など猫の健康維持に必要な成分も豊富なので、これひとつでしっかりと猫の健康管理ができます。

キャットフード選びで迷っているなら、まずはモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?これまでにない食いつきの良さに、飼い主さんもきっと安心できるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

【目的別】市販のキャットフードでおすすめの商品を紹介!

こちらでは、猫の年齢や体質に合ったキャットフードを探している飼い主さん向けに、目的別でおすすめのキャットフードをまとめてみました!

市販でグレインフリーのおすすめキャットフード

おすすめ商品

モグニャンカナガンシンプリージャガー、オリジン

アレルギー体質の猫やお腹が弱い猫には、グレインフリーのキャットフードがおすすめです!

今回ランキングで紹介した商品は全てグレインフリーですが、スーパーやホームセンターに売っている安いキャットフードの多くは、穀物を含んでいるので注意しましょう。

ただし、グレインフリーのキャットフードは消化しやすい反面、お腹が空きやすいというデメリットもあります。

グレインフリーの餌では物足りない猫には、穀物の代わりに腹持ちのいいサツマイモが含まれているモグニャンカナガンを選ぶと良いでしょう。

市販で無添加のおすすめキャットフード

おすすめ商品

モグニャンカナガンシンプリージャガー、オリジン

市販で無添加のキャットフードなら、今回ランキングで紹介した5つの商品をおすすめします。どれもヒューマングレードの食材を使っており、人間でも食べられるほど安全です。

また「副産物」と言って、獣肉や魚を加工する段階で発生する羽やくちばしなど、普通なら廃棄するような部位も含まれていないため安心して猫に与えられます。

膀胱炎など尿路トラブルの予防におすすめの市販キャットフード

おすすめ商品

モグニャンカナガンシンプリージャガー、オリジン

尿路結石や膀胱炎など泌尿器系のトラブルを予防するには、抗酸化作用のあるクランベリーを含んだキャットフードがおすすめです。

今回ランキングで紹介した5つの商品は、全てクランベリーを含んでいるのでどれを選んでも問題ありません。

ただ、病院で処方される療法食ではないため、病気を治療するほどの効果はないので注意しましょう。あくまでも、トラブルを起こさないための予防として活用してくださいね!

【市販の餌20種類を比較】スーパーで買える安いキャットフードは危険!?

商品名 主原料 穀物 危険成分
ピュリナワン

ターキー

米、コーングルテンミール

チキンミール、フィッシュミール、牛脂、ピロリン酸ナトリウム
アイムス

肉類(チキンミール、チキンエキス、家禽ミール)

米、とうもろこし

チキンミール、家禽ミール、BHA、BHT
いなば

穀類(とうもろこし、小麦粉、コーングルテンミール、ふすま等)

とうもろこし、小麦粉、コーングルテンミール、ふすま

牛脂、まぐろパウダー
カークランド

鶏肉

トウモロコシ、米、コーングルテン

無添加
サイエンスダイエット

トリ肉(チキン、ターキー)

トウモロコシ、米、コーングルテン、小麦

動物性油脂
ロイヤルカナン

肉類(鶏、七面鳥)

米、小麦、とうもろこし

動物性油脂、BHA、没食子酸プロピル
ビューティープロ

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)

トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉

牛肉粉、チキンミール、フィッシュパウダー、動物性油脂、pH調整剤
ミャウミャウ

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉

ビーフミール、魚粉、フィッシュエキス、動物性油脂
モンプチ

穀類(小麦、コーングルテン、米)

小麦、コーングルテン、米

家禽ミール、フィッシュパウダー、かにかまぼこ、サーモンパウダー、混合エキスパウダー、動物性油脂、着色料
ミオ

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)

トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉

チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、フィッシュパウダー、カツオ粉末、マグロ節粉、小魚粉末、動物性油脂、着色料、pH調整剤
カルカン

穀類(とうもろこし、小麦等)

とうもろこし、小麦

チキンミール、フィッシュエキス、BHA、BHT、着色料、ゾルビン酸カリウム
シーバデュオ

肉類(チキンミール、豚副産物、チキンエキス、ささみエキス等)

とうもろこし、米、小麦

油脂類、着色料
プロステージ

米粉

米粉、米糠

ポークミール、チキンミール、動物性油脂、香料
キャネットチップ

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、等)

とうもろこし、コーングルテンミール

フィッシュミール、フィッシュエキス、チキンミール、動物性油脂
キャラット

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、中白糠、ホミニーフィード)

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉

ミートミール、チキンミール、ささみパウダー、フィッシュミール、フィッシュパウダー、動物性油脂、着色料
銀のスプーン

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、中白糠、ホミニーフィード)

トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール

ポークミール、チキンミール、ビーフミール、調味料、着色料
コンボ

とうもろこし

とうもろこし、小麦粉

チキンミール、ホワイトフィッシュミール、動物性油脂、着色料、pH調整剤
ねこ元気

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦粉)

トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦粉

チキンミール、ポークミール、ビーフミール、フィッシュミール、動物性油脂、着色料
ねこ姫

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉)

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉

ミートミール、チキンミール、フィッシュミール、動物性油脂、着色料
和味

とうもろこし

とうもろこし、小麦粉、コーングルテンミール

フィッシュミール、チキンミール、フィッシュパウダー、動物性油脂、pH調整剤、香料

市販のキャットフードというと、スーパーで買える商品を思い浮かべる飼い主さんも多いかと思いますが、当サイトではこうした餌はおすすめしていません。

今回、スーパーやコンビニで手に入る餌に絞って調査した結果、表のとおり安全な商品はひとつもありませんでした。中には、発がん性の疑いもある危険な添加物を使用しているものもあり、毎日食べる食事としては危険すぎます!

ただ残念なことに、添加物を使用すればするほど猫の気をひくため「食いつきが良い」と支持する飼い主さんも少なくありません。

しかし、キャットフードの価格と安全性は比例するので、市販の安い餌ほど中身は危険です!

長期間摂り続けると病気やアレルギーを起こす場合もあるので、愛猫が何十年と食べ続けても安全なキャットフードを選んであげてくださいね。

市販のキャットフードは国産=安全とは限らない!

市販のキャットフードは国産=安全とは限りません。人間の食品のように日本製だから安全という常識は通用しないんですね。

というのも、日本ではペットフードに関する規制が甘く、原材料の表記から使用できる添加物に関する基準が海外に比べると緩いと言われています。

そのため、国産キャットフードには価格重視で内容は二の次というものが多いので注意しましょう。

イギリスやアメリカでは、政府が絡んでペットの栄養基準や製造過程の安全性を厳しく管理しているので、むしろ海外製の商品の方が安全な場合もあります。

市販のキャットフードはネット通販での定期購入がお得!

購入方法 内容 おすすめ度
公式サイトからの定期購入 1~2ヶ月に1回のペースで定期購入する方法。一度申込すれば後は届くのを待つだけ。通常価格の15~20%オフで購入できる。
ネット通販 楽天やAmazonなどの通販サイトで購入する方法。まとめ買いには便利。
ペットショップ 店頭で購入する方法。ポイントカードなどがあればお得だが、基本的には定価。
スーパー・ホームセンター 店頭で購入する方法。大量仕入れされているので小売店より安く入手できるが、危険な餌も多い。

市販のキャットフードを安く購入したいなら、公式サイトの定期購入がおすすめです!

定価の10%~20%オフで購入できるうえ、毎月決まった個数を自宅まで届けてくれるので重い荷物を運ぶ手間も必要ありません。

定期購入がない商品に関しては、Amazonなどのネット通販か店頭で購入するという方法があります。

どちらが安いかは商品にもよりますが、店頭で買えるキャットフードは品質の差が激しいので、原材料などを確かめたうえで安全なものを選びましょう。

市販で安全なキャットフードならモグニャンがおすすめ!

市販のキャットフードでどれにしようか迷ったら、安全で栄養バランスが整った総合栄養食がおすすめです!

ただ、市販のキャットフードの中には、添加物が山ほど使われた商品も多いのでどれを選んでも安全とは言えません。

もしこれまでに、

  • グレインフリーで安全なキャットフード
  • 食いつきがよく沢山食べてくれるキャットフード
  • 子猫から老猫まで全年齢に対応したキャットフード

こうしたキャットフードを探していたのであれば、モグニャンを試してみてはいかがでしょうか?子猫から老猫までどんな猫でも食べられるほど優しいレシピで、飼い主さんも安心して与えられますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る