147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

パウチタイプで安全な餌は?おすすめのウェットキャットフード5選!

ウェットタイプのキャットフードと言えば缶詰のイメージがありますが、最近はレトルト食品のようなパウチタイプのキャットフードも増えています。

ドライフードは成分以外どれも似たり寄ったりで比較的簡単に選ぶことができますが、ウェットフードは原料から形状まで色んな組み合わせがあるので実は選び方が難しいのです。

そこで当サイトでは、ウェットフードの中でもパウチタイプに絞って、選び方のポイントをまとめてみました。そのうえで、厳選した5つのキャットフードをランキング形式で紹介してきます!

パウチタイプでおすすめのウェットキャットフードの選び方!

では最初に、ウェットタイプのキャットフードの選び方を見ていきましょう。

キャットフードには大きく分けると「主食」と「一般食」がありますが、ウェットフードのほとんどは後者で、ご飯というよりはおやつのような存在です。

そのため、ドライフードのような栄養価は期待できませんが、最低限次のポイントを満たしているものをおすすめします。

主原料が良質な肉や魚ではっきりと表記されている。

安全なウェットフードを選ぶには、主原料に新鮮な肉や魚が使われていることが大切です!

「チキン」「かつお」「まぐろ」のように、ひと目でどんなものかわかるような原材料は比較的安全だと言えます。

一方で、肉や魚でも「○○ミール」「○○エキス」など、どの肉のどの部位なのかわからないような原料が使われているものは避けましょう。

危険な人工添加物が使われていない。

ウェットフードは栄養よりも嗜好性重視で作られているため、猫の食欲を刺激する調味料や香料が大量に使われていることがあります。

しかし、人工添加物は猫にとって百害あって一利なしの成分で、毎日摂り続けると病気やアレルギーの原因にもなるので危険です。

なるべく無添加のものや、添加物控えめで猫の体に優しいキャットフードを選びましょう。

猫が食べやすい形状であるか。

フレーク パテ(ムース) ペースト

ウェットフードと言っても、粒の大きなフレークからドロっとしたペーストまで様々な種類があります。

基本的にはドライフードより柔らかいものばかりですが、噛む力が弱い猫や15歳以上の高齢猫には、ペースト状パテ状(ムース)のフードがおすすめです。

健康な成猫のおやつとして与えるなら、噛み応えのあるフレークタイプを選べば満足感を得られるでしょう。

また最近では、スープ状で液体に近いウェットフードもあるので、愛猫の悩みや好みに合わせて最適なものを選んであげてくださいね!

パウチタイプで人気のウェットキャットフード18種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある18種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「主原料」「安全性」「形状」の3つです。また、気になる価格についても比較しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 100gの価格 主原料 安全性 形状
たまの伝説
212円 まぐろ
無添加
フレーク
無一物
182円 まぐろ
無添加
フレーク
黒缶
130円 魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュペプチド)
増粘多糖類
フレーク
ミャウミャウ
115円 魚介類(かつお、まぐろ、あじ、フィッシュペプチド
増粘多糖類、香料、着色料(二酸化チタン、三二酸化鉄、カラメル、βカロテン)、発色剤(亜硝酸Na)
フレーク
ロイヤルカナン
132円 肉類(鶏、
セルロース、調味料(アミノ酸等)、糖類、増粘安定剤(増粘多糖類)
フレーク
銀のスプーン
118円 魚介類(かつお、まぐろ、鰹節、フィッシュエキス
調味料、増粘多糖類
フレーク
モンプチ
70円 魚介類(かつお、まぐろ、フィッシュエキス
増粘安定剤(グアガム)、調味料
ペースト
フィリックス
77円 肉類(ビーフ、チキン、家禽ミール等
増粘多糖類、着色料(酸化鉄、酸化チタン)
フレーク
シーバリッチ
185円 魚類(かつお、サーモン
増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)
フレーク
ねこ元気
105円 魚介類(かつお、まぐろ、フィッシュエキス等
調味料、増粘多糖類、着色料(二酸化チタン)
フレーク
ウェルネス
191円 チキンスープ、チキン、サーモン
調味料(アミノ酸等)、増粘安定剤(グアーガム、キサンタンガム)
パテ
カルカン
93円 魚介類(かつお、まぐろ
調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、ポリリン酸Na、EDTA-Ca・Na、発色剤(亜硝酸Na)
フレーク
トップバリュ
78円 かつお、まぐろ
増粘安定剤(カラギナン、カシアガム、グァーガム、塩化K)、調味料
フレーク
いなば
164円 鶏肉、まぐろ、ほたて貝柱、ほたてエキス
糖類(オリゴ糖等)、増粘多糖類、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素
スープ
たまの玄米ご飯
180円 雑穀(玄米、押麦、ハト麦、もちあわ、もちきび、玄ソバ、大豆、とうもろこし
発酵調味液
フレーク
シシア
447円 ツナ
無添加
フレーク
アニモンダ
820円 チキンフィレ
無添加
フレーク
ナチュラルバランス
400円 ターキーの煮汁、ターキー、チキンレバー、ダック、チキン
無添加
パテ

こうして比較してみると、同じウェットフードでも主原料や安全性がまるで異なることがわかりました。

特に冒頭でお伝えしたとおり「フィッシュエキス」「○○等」といった、原材料の内容がはっきりしない商品はおすすめできません!

またビーフは、新鮮な原料でもチキンや魚に比べてアレルゲンとなりやすいので避けた方がいいでしょう。穀物も同様に、猫にとって消化に悪い成分を含むためなるべく穀物不使用のものがおすすめです。

では一体、この中で最も安全なパウチタイプのウェットフードはどれなのでしょうか?結果をもとに、本当におすすめできる5つのキャットフードをランキング形式でまとめてみました!

パウチタイプでおすすめのウェットキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「原材料の安全性」「添加物の有無」「形状」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

何も入れないまぐろだけのたまの伝説
何も入れないまぐろだけのたまの伝説の特徴
たまの伝説は、漁業が盛んな街・静岡県焼津市で獲れた新鮮なマグロを使って作られた無添加のウェットフードです。猫と共存する町で生まれた商品というだけあって、猫の健康にかける思いが強く「猫にいいもの以外はいれない」という信条で作られています。マグロとビタミンE、たったこれだけのシンプルな内容ですが、安全で食いつきも抜群です。
価格 85円
内容量 40g
100gの価格 212円
評価 4.3
編集部からのコメント
「何も入れない」という商品名通り、添加物など余計なものが一切入っていないシンプルなウェットフードです。調味料や香料を使わなくても、猫が大好きな新鮮なマグロをたっぷりと含んでいるので、他のウェットフードより食いつきが良くいつも完食してくれます。食べ応えがあるフレークタイプなので、おやつやトッピングにもおすすめですよ!
無一物パウチ まぐろ
無一物パウチ まぐろの特徴
無一物は缶詰のコーンやシーチキンでおなじみの「はごろもフーズ」が開発した無添加キャットフードです。原材料はマグロと水だけというシンプルな内容で、良質なタンパク質と水分が効率的に補給できます。賞味期限は製造日から2年もあるので、非常用のストックとしても最適です。
価格 91円
内容量 50g
100gの価格 182円
評価 4.2
編集部からのコメント
無一物は余計なものは一切含まず、マグロ本来の旨味を味わえるようマグロと水だけで作られた無添加ウェットフードです。安全性もさることながら、大手食品メーカーならではの高い技術により、製造日から2年間の長期保存が可能なので、普段の食事はもちろん備蓄用としても活躍してくれますよ!
ナチュラルバランス プレートフルズ ターキー・チキン&ダック
ナチュラルバランス プレートフルズ ターキー・チキン&ダックの特徴
ナチュラルバランスプレートフルズは、成猫や老猫の栄養バランスを考えて安全な食材のみを使った総合栄養食です。穀物や添加物など猫にとって有害な成分は一切使わず、新鮮な肉や緑黄色野菜を配合しています。ウェットフードとは思えないほど原料の種類が豊富で、クランベリーなど猫の健康を気遣った成分も含まれています。
価格 340円
内容量 85g
100gの価格 400円
評価 4.1
編集部からのコメント
アメリカ発祥のナチュラルバランスは、猫本来の食事に近い高タンパクで栄養バランスの優れたキャットフードです。ドライフード並みに豊富な原材料で、タンパク質だけでなくビタミンやミネラルもたっぷりと配合されています。柔らかく舌触りの良いパテタイプなので、年配の猫ちゃんにもおすすめです!
シシア フィッシュブロス ツナ&サーディン
シシア フィッシュブロス ツナ&サーディンの特徴
シシアのフィッシュブロスは、ツナとイワシを使った風味豊かなウェットフードです。魚出汁のきいたスープにフレークが入っているので、消化に良く効率的に水分を補給できます。食品安全の国際基準であるHACCP認定の無添加レシピで、安心して猫に与えられます。
価格 313円
内容量 70g
100gの価格 447円
評価 4.0
編集部からのコメント
シシアのフィッシュブロスは、100%ナチュラル原料の無添加キャットフードです。食べ応えのあるフレークタイプですが、風味豊かなスープもたっぷり含まれているので、消化に良く少量でも満足感が得られます。少量の米が含まれているので、まずは少しずつ試してみてくださいね!
アニモンダ フォムファインステン チキンフィレ・チーズ
アニモンダ フォムファインステン チキンフィレ・チーズの特徴
アニモンダはドイツ発祥の世界的に有名なキャットフードで、中でもフォムファインステンシリーズは最高級の素材を使っています。原材料はチキンフィレ、チーズ、ライスのたった3種類のみと至ってシンプルですが、ムール貝ソース仕立ての豊かな風味でグルメな猫にもおすすめです。
価格 410円
内容量 50g
100gの価格 820円
評価 3.8
編集部からのコメント
ペット大国で知られるドイツ発祥のアニモンダは、厳しい安全基準をクリアした高品質なキャットフードとして知られています。原材料は至ってシンプルですが、ムール貝ソースなど人間の料理並みに豊かな風味で偏食気味の猫でもしっかりと食べてくれます。ただ、一般的な商品より高価なので、普段の食事というよりご褒美として活用してはいかがでしょうか。

パウチタイプのウェットキャットフードで「たまの伝説」がおすすめな理由!

数あるウェットフードの中で、当サイトがなぜ「たまの伝説」を最もおすすめするのか?その理由を簡単にまとめてみました!

パウチタイプのウェットフードでたまの伝説をおすすめする理由
  1. 人工添加物は不使用で体に優しい。
  2. まぐろの旨味が凝縮されていて食いつきも抜群。
  3. 骨や内臓など魚副産物は含まない。
  4. 無菌の状態で加工されているから保存料なしでも新鮮。
  5. 水分を効率よく補給できる。
  6. パウチタイプでかさばらず持ち運びにも便利。

当サイトがたまの伝説をおすすめする理由は「猫にいいものしか使わない」という信条で作られた無添加で安全なキャットフードだからです。

「ウェットフード=添加物が多い」というこれまでの常識を覆す試みで、開発者の猫への愛情が感じられます。

まぐろのみというシンプルな内容ですが、余計なものを使っていない分まぐろの旨味が凝縮されているので、風味もよく食いつきも抜群です!

そのままおやつとして与えてもいいですし、ドライフードと混ぜれば偏食気味の猫の食事をサポートすることもできます。

ウェットフード選びで迷っているなら、まずはたまの伝説を試してみてはいかがでしょうか?ウェットフード初挑戦の猫にもおすすめですよ!

激安のウェットキャットフード!トップバリュのパウチタイプは安全?

原材料 かつお、まぐろ、増粘安定剤(カラギナン、カシアガム、グァーガム、塩化K)調味料、V.E、V.C、タウリン
価格 62円
内容量 80g
100gの価格 78円

ランキングは圏外でしたが、トップバリュのウェットフードは「コスパが良い」と根強い人気があるようです。ただ、安すぎるのは不安という声もあるので、安全性は大丈夫なのか調べてみました!

まず、原材料に使われている食材は問題なさそうですが、増粘安定剤が4種類も使われています。また、調味料も使われているので、猫には好評でも安全とは言えませんね…。

価格については、1袋78円と今回比較した商品では最安値でコスパはいいのですが、安全面も含めて総合的に判断するとおすすめはできません。

特に代謝が衰えてくる高齢の猫は、少量の添加物が不調の原因になることもあるので、猫の健康を考えるなら少々割高でも無添加のキャットフードをおすすめします。

人気キャットフードでも…カルカンのパウチはおすすめできない理由!

商品名 主原料 安全性 形状
カルカン
魚介類(かつお、まぐろ
調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、ポリリン酸Na、EDTA-Ca・Na、発色剤(亜硝酸Na)
フレーク

カルカンといえば国内でも有数のキャットフードとして知られていますが、当サイトではあまりおすすめしていません。

というのも、カルカンの商品は全体的に人工添加物を使っているものが多いからです。過去に何度か愛猫に与えたところ、確かに食いつきは良かったのですが、それもそのはず大量に化学物質が使われています。

また、細かい点ですが「○○等」といった具合に、原材料の表記が曖昧なので実はラベルに載っていない食材が使われているかもしれません。

国内では1、2を争うポピュラーな商品ですが、人気商品が必ずしも安全とは限らないので、愛猫の健康を第一に考えるなら慎重に選びたいですね。

パウチタイプのキャットフードは開封後どうやって保存する?賞味期限はどれくらい?

パウチタイプのキャットフードは、開封前であればほとんどが常温で1年以上の長期保存に対応しています。災害用の備蓄としても便利なので心強いですよね!

ただし、開封後は必ず冷蔵庫で保管して1~2日で使い切ってしまいましょう。特に無添加のキャットフードは、保存料が入っていない分鮮度が落ちやすいので注意が必要です。

もし猫が餌を残してしまった場合でも、一度皿や容器に移した餌は雑菌が繁殖して危険ですからその場で処分します。

安全なパウチタイプのウェットキャットフードなら「たまの伝説」がおすすめ!

パウチタイプのウェットフードでどれにしようか迷ったら、安全で無添加という条件を満たすキャットフードをおすすめします!

でもウェットフードは食いつきが良い反面、調味料などの添加物が使われているものも多いので、実は安全な商品って意外と少ないんですよね。

もしこれまでに、

  • 無添加で安全なウェットフード
  • パウチタイプで衛生的なウェットフード
  • 続けやすい価格のウェットフード

こういったものを探していたのであれば、たまの伝説を試してみてはいかがでしょうか?まぐろのみというシンプルな内容なので、他の商品からの切り替えだけでなく、ウェットフード初挑戦の猫にも安心して与えられますよ!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る