147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

多頭飼いにおすすめの猫の餌!全年齢用で安全なキャットフード5選

多頭飼いの家庭では、毎月の餌代はもちろんのこと、猫に合わせて餌を替えるなど食事の世話だけでもかなり大変ですよね。

そんな飼い主さんにおすすめなのが、子猫から老猫まで全年齢に対応できるキャットフードです!健康な猫なら年齢を問わず同じ餌を与えられるので、飼い主さんの負担が少しは楽になります。

しかし、年齢の異なる猫に同じ餌を与えてもいいのか?など、不安もあるかと思います。

そこで当サイトでは、全年齢用キャットフードの特徴や選び方について詳しくまとめてみました!そのうえで、本当におすすめできるキャットフード5つをランキング形式で紹介していきます。

多頭飼いにおすすめのキャットフードの選び方!

まずは、多頭飼いの場合にどんなキャットフードを選べば良いのかについてです。

冒頭でお伝えしたように、多頭飼いには全年齢用のキャットフードが便利ですが、さらに以下のポイントを満たしているものをおすすめします!

栄養バランスが整った総合栄養食

猫は本来肉食動物なので、肉・魚由来の動物性タンパク質をはじめ、適度な脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランス良く摂ることが大切です。

多頭飼いの場合は、これらの栄養をバランス良く含んだ「総合栄養食」のキャットフードをおすすめします。

総合栄養食とは、ペットフード公正取引協議会がAAFCO(※)の定めた給与基準を満たすかどうかの試験をクリアしたもので、猫に必要な栄養が含まれていることが証明されたものです。

AAFCO(アアフコ)

米国飼料検査官協会のことで、AAFCOの定めるペットフードの栄養基準は、アメリカ国内だけでなく世界的に指標とされています。なお、AAFCOが栄養基準について合否判定を行うことはありません。

100gあたり180円~250円のキャットフード

毎日の餌代を考えれば、キャットフードの価格も重要ですよね。ただ、安全面のことも考えれば、100gあたり100円~250円程度のキャットフードがおすすめです。

それより安くなると、ほとんどが添加物だらけでとても安全とは言えません。

100円以上なら絶対に安心と言い切ることはできませんが、比較的高品質なものが多いので、商品選びの参考にしてくださいね!

風味が良く食いつきが良い

多頭飼いの場合は、どんな猫でも寄ってくるような食いつきの良いキャットフードがおすすめです!せっかく同じ餌に統一しても、一匹でも食べてくれなければ結局別の餌を用意することになりますからね…。

猫の好みにもよりますが、一般的には肉や魚などの含有量が多いキャットフードほど、美味しそうな香りがして食いつきも良いと言われています。

ただし、調味料人工香料によってわざと風味を強くしているものは危険です。猫の体に良くないので、自然由来の香りがしっかりついたものを選んでくださいね!

人工添加物や危険な原料が含まれていない

愛猫に長生きしてほしいなら、危険な成分が含まれていないキャットフードを選びましょう。

特に、低価格で大容量なキャットフードは、人工添加物が使われている傾向があります。こうした添加物を長期間摂り続けると、アレルギーや腎臓病を起こすこともあるので危険です。

また、肉や魚でも「○○ミール」など曖昧な表現の場合、血液、内臓、骨、羽、鱗、くちばしなど、粗悪な部位を含んでいる可能性があります。

粗悪な原材料の例

チキンエキス、フィッシュエキス、チキンミール、フィッシュミール、ミートミール、ミートボーンミール、肉副産物、魚副産物、肉粉、肉骨粉、魚粉、ビートパルプなど

他にも上記のような危険な原材料は、発がん性など様々なリスクをはらんでいます。

多頭飼いの場合は、同時に何匹もの猫が病気になると大変なので、始めから安全なキャットフードを選ぶことが大切です!

多頭飼いに人気のドライキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「100gの価格」「対応年齢」「栄養バランス」「原材料の安全性」の4つです。詳細が分かるものに対しては「〇%」と明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 100gの価格 対応年齢 栄養バランス 危険な原料
キャネットチップ
27円 成猫
フィッシュミール、フィッシュエキス、かつおエキス、まぐろエキス、白身魚エキス、動物性油脂、チキンミール
メディファス
106円 成猫
ミートミール、チキンミール
モグニャン
238円 全年齢
総合栄養食
ロイヤルカナン
271円 成猫
タンパク質が少ない

動物性脂肪、ビートパルプ、BHA、没食子酸プロピル
ピュリナ
183円 成猫
動物性油脂
ニュートロ
130円 成猫
ビートパルプ
カントリーロード
236円 成猫~老猫
チキンミール、ターキーミール、フィッシュミール
ブリスミックス
213円 全年齢
総合栄養食
ナチュラルバランス
169円 全年齢
総合栄養食

チキンミール、サーモンミール、ラムミール(米国農務省認定の食肉)
アボダーム
187円 成猫
総合栄養食
ファインペッツ
228円 全年齢
ややカロリー高め
テイストオブザワイルド
100円 全年齢
総合栄養食

オーシャンフィッシュミール
シンプリー
238円 全年齢
総合栄養食
アーテミス
198円 幼猫~成猫
カナガン
238円 全年齢
総合栄養食

巷で人気のキャットフードを比較してみましたが、価格と原材料の安全性は比例することがよくわかりました。100gあたり200円以上になると、安全性重視で高品質なキャットフードが増えてきます。

また、全年齢用キャットフードの多くは、総合栄養食として優れた栄養バランスが認められたものが多かったです。

多頭飼いの家庭では、コスパ重視で餌を選ぶ飼い主さんも多いのですが、安全性を第一に考えて総合的にバランスが良いものを選びたいですね。

では一体、この中で最も多頭飼い向きのキャットフードはどれなのでしょうか?比較した結果をもとに、厳選した上位5つをランキング形式で紹介していきます。

多頭飼いにおすすめの大袋キャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「100gの価格」「対応年齢」「栄養バランス」「原材料の安全性」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは、子猫から7歳以上の老猫まで世代を問わず食べられるキャットフードです。新鮮な白身魚を原材料の63%も含んでいるので、口コミでも食いつきが良いとが評価されています。香料や着色料など危険な成分は無添加なうえに、人間の食品レベルの食材を使用しているので、子猫のうちから何十年と食べ続けても安心です。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
評価 4.6
編集部からのコメント
モグニャンは、世代を問わず食べられる総合栄養食なので、病気など特別な事情がない限り多頭飼いの家庭ではこれひとつで対応できます。白身魚がたっぷり含まれていて風味も良く、偏食気味の猫や食欲が落ちてきた老猫にもおすすめです。価格と安全性のバランスも良く、定期購入なら毎月決まった日に必要な分だけ届けてくれるので、大量にまとめ買いする必要もありません。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、新鮮なチキンをメイン食材に使用した全年齢対応のキャットフードです。チキンの含有率が60%以上なので、偏食気味の猫でも食いつきが良く、本場イギリスでは80%以上のリピート率を誇ります。ハッカなどの植物原料も豊富に含まれており、便秘や便臭が気になる猫にもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは、穀物、乳製品、添加物など猫の体に負担がかかるものを一切使わない無添加のキャットフードです。新鮮なチキンのほか、ハッカやサツマイモなど植物原料も沢山含まれていて、消化吸収にも配慮されています。小粒で食べやすく子猫から老猫まで対応できるので、多頭飼いの家庭にもぴったりですよ!
シンプリー
シンプリーの特徴
シンプリーは、サーモンやニシンなど新鮮な魚を60%以上も使用しています。高タンパク・低脂質の理想的な栄養バランスで、オメガ脂肪酸やクランベリーなど猫の健康をサポートする成分も豊富です。1粒1粒に風味がしっかりついているので、偏食気味の猫や嗅覚が衰えた猫でも食欲がそそられます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント
シンプリーは、これまで累計100万袋の販売実績のある国内でトップクラスの人気を誇るキャットフードです。高タンパク・低炭水化物なので消化にも良く、全世代の猫に必要なオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸など健康維持に必要な栄養を豊富に含んでいます。どんな猫にも受け入れられやすい魚の風味がしっかり付いているので、多頭飼いにもおすすめですよ!
ブリスミックス キャット チキンベース
ブリスミックス キャット チキンベースの特徴
ブリスミックスは、冷蔵保存した新鮮な肉と野菜から作られたヘルシーなキャットフードです。グルテンフリーなので消化にも優しく、胃腸を整える「EF2001乳酸菌」も配合しています。そのほか、グルコサミンやコンドロイチンなど関節疾患に配慮した成分も含まれているので、老猫の健康サポートにも適しています。
価格 1,274円/2,138円/3,931円/8,823円
内容量 500g/1kg/2kg/6kg
評価 4.3
編集部からのコメント
ブリスミックスは、栄養バランスが優れた総合栄養食ですが、低カロリーで体重管理用にも役立ちます。EF2001乳酸菌やアガリクス茸など、他では珍しい健康成分を含んでいるので、今まで他のキャットフードが合わなかった猫にも試す価値があります。全年齢対応ですがヘルシーなレシピなので、成長期の子猫よりは成猫~老猫におすすめです!
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、給餌量の調整することで全ての猫種、猫齢に合うキャットフードです。低アレルゲンのアヒル肉とオランダ産のニシンを主原料としており、アレルギー体質の猫にも対応できます。無添加・無着色で猫への負担が極めて少なく、良質な栄養を補給できる高品質な餌です。
価格 【初回お試し価格】1,080円(1.5kg)※初回・1世帯1個まで
【定期】3,429円
内容量 1.5kg
評価 4.3
編集部からのコメント
ファインペッツは「1種類ですべての猫種、年齢に合う」をコンセプトに、子猫から老猫まで全ての猫にとって理想的な栄養バランスで作られたキャットフードです。低アレルゲンのアヒル肉が主原料なので、長期間食べ続けてもアレルギーを発症しにくいというメリットがあります。ただ、やや高カロリーなので肥満の猫や去勢・避妊手術後の太りやすい猫には向かないので気を付けましょう。

多頭飼いにはモグニャンキャットフードがおすすめな理由!

数あるキャットフードの中で、多頭飼いにはなぜモグニャンがおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました!

多頭飼いにモグニャンキャットフードをおすすめする理由
  1. 子猫から老猫まで全年齢に対応できる。
  2. 総合栄養食で必要な栄養がしっかり摂れる。
  3. グレインフリーでアレルギー体質の猫でも安心。
  4. 柔らかめの小粒だから子猫や老猫も食べやすい。
  5. 定期購入なら毎月決まった量を届けてくれる。
  6. 無添加で人間の食品レベルの安全性

多頭飼いにモグニャンをおすすめする理由は、全年齢対応で安全な総合栄養食のキャットフードだからです!

高タンパク・低脂質な理想的な栄養バランスに加えて、穀物や人工添加物など猫にとって危険な食材は一切含んでいません。そのうえ、クランベリーやオメガ脂肪酸など尿路疾患や被毛の健康にも配慮されています。

また、最初に定期購入を選択すれば、毎月決まった個数を自宅に届けてくれるので、餌の消費が多い多頭飼いの家庭や忙しい飼い主さんにもぴったりです!

大容量で安いキャットフードなら沢山ありますが、安全性も兼ね備えたものならモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?風味がしっかりついているので、猫たちの食いつきが心配という飼い主さんにもおすすめですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

多頭飼いで猫が餌を横取りする理由は?対処法は?

多頭飼いでは、猫同士による餌の横取りに悩まされる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

そもそも猫が餌を横取りする理由は、他の猫の餌が美味しそうに見えるからだそうです。人間でも、レストランで他の人が注文した料理が美味しそうに見えることってありますよね。

しかし、横取りした猫は太ってしまったり、横取りされた猫は栄養が不足したりと、餌の横取りは猫の健康にも良くありません。

そこで、飼い主さんは日頃から次のポイントに注意して餌を与えてあげましょう。

①餌を与える場所を分ける。

餌の横取りを防ぐには、餌を与える場所を分けるのが最も効果的です。仕切りを作るか、お互いが視界に入らない場所で食べさせることで自分の食事に集中させます。スペース的に難しい場合は、横取りする猫をケージの中で食べさせると良いでしょう。

②先住猫から与える。

先住猫が後輩の猫の餌を横取りする場合は、先に先住猫から餌を与えましょう。成猫が子猫の餌を横取りする場合も同様に、猫同士の力関係を気を付けながら順番に餌を与えることで横取りを防止できます。

③置き餌をしない。

留守番中などに横取りされていることもあるので、なるべく餌を放置しないようにしましょう。餌がなくなっていたとしても、実は別の猫が食べている可能性もあります。衛生面でもあまり良くないので、一度与えた餌は20分程度で下げるのが大切です。

上記に気を付ければ、猫に餌を横取りさせないような環境を作ることができます。

また、それぞれの猫に別の餌を与えている場合は、他の猫の餌の方が好みで横取りしていることも考えられるので、特別な事情がない限り全年齢用のキャットフードに統一するのもおすすめですよ!

多頭飼いで猫を留守番させるときの正しい餌の与え方は?

多頭飼いで家を留守にする場合に、置き餌をするべきか迷ってしまうことってありますよね。衛生上の問題で置き餌はあまりおすすめしませんが、長時間留守にするなどやむを得ない時もあるかと思います。

そんな時におすすめなのが、自動給餌器を使って決まった時間に餌を与えるという方法です!

ただし、力を持った猫が他の猫の餌を横取りする恐れもあるので、できればカメラ付きの給餌器を選ぶのが良いでしょう。スマホのアプリと連動して、餌を食べている様子を録画できるので飼い主さんも安心です!

これなら餌の横取りを防げますし、餌を放置して腐らせる心配もないので、多頭飼いの家庭にもおすすめですよ!

多頭飼いには全年齢用で安全なモグニャンキャットフードがおすすめ!

多頭飼いの家庭には、子猫から老猫まで全年齢に対応できる安全なキャットフードがおすすめです!

もちろんコスパも重要ですが、安いキャットフードのほとんどは、人工添加物や危険な原料を含んでいてとても安全とは言えません。

もし食事が原因で病気にでもなったら、多頭飼いの家庭は猫の数だけ医療費も発生します。そういった意味では、価格と安全性のバランスが取れたものが、トータルでは最もコスパが良いと言えるでしょう。

これまでに、

  • 全年齢に対応できるキャットフード
  • 安全で食いつきの良いキャットフード
  • 定期購入できるキャットフード

こういったキャットフードを探していたのであれば、全年齢対応のモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?無添加なのに風味がしっかりついているので、子猫から老猫まで世代を問わずどんな猫でもしっかり食べてくれますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする