147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

【去勢後・避妊手術後の猫の餌!】人気のおすすめキャットフードTOP5

去勢・避妊手術を受けた猫は、ホルモンバランスの変化により太りやすくなるため、食事による体重管理が必要です。また、傷の回復や泌尿器系のトラブルなど、他にも注意すべきことが沢山あります。

しかし、去勢後・避妊後用の餌は、栄養が偏っているなど全てが安全とは言えません!低カロリーなだけでなく、栄養やカロリーなど総合的に見て選ぶことが大切です。

そこで当サイトでは、去勢・避妊手術後に最適なキャットフードの選び方をまとめてみました。そのうえで、厳選した5つのキャットフードをランキング形式で紹介していきたいと思います!

去勢後・避妊後におすすめのキャットフードの選び方!

まず初めに、去勢後・避妊後の猫に最適なキャットフードの選び方についてです。

巷には、去勢後・避妊後用のキャットフードも数多く存在しますが、以下のポイントを満たしていなければ安全とは言えないので注意してくださいね!

カロリーが高すぎない

去勢後・避妊後の猫は、運動量の低下やホルモンバランスの変化により、以前に比べて太りやすくなると言われています。

そのため、手術後は以前より摂取カロリーを控えめにしなければいけません。

元々の運動量や年齢にもよりますが、100gあたり350kcal~380kcalとやや低カロリーなキャットフードがおすすめです。それ以上になると、肥満のリスクが上がるので十分に気を付けましょう。

グレインフリーで高タンパク・低脂質

肉や魚に含まれる動物性タンパク質は、術後の傷の回復を早めたり、筋力を維持したりと猫の健康に必要不可欠な栄養素です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めた基準では、子猫や妊娠・授乳期の猫は30%以上、成猫や老猫は26%以上のタンパク質を含むキャットフードが理想的と言われています。

また、DHA・EPAなど不飽和脂肪酸も猫の健康に欠かせない存在ですが、油脂類の摂りすぎは肥満の原因ともなるので、脂質20%以下のキャットフードを選びましょう。

そのほか、食物繊維として含まれる穀物(グレイン)は、消化に悪いうえに高カロリーなので、去勢・避妊後の猫には与えるべきではありません。

風味が強く食いつきがいい

去勢・避妊手術を受けた猫は、傷の痛みやストレスから餌を食べなくなることがあるので、食欲をそそる風味がしっかりついたキャットフードがおすすめです。

ただし、人工香料を使ったものは危険なので、肉や魚など自然食材由来の風味がついたものを選んでくださいね。

尿路疾患に配慮されている

去勢・避妊手術により生殖機能を失うと、尿道が細いまま成長がストップしてしまうので、尿路結石を発症するリスクが高くなります。

尿路結石はリンやマグネシウムなどのミネラルが結晶化することで起こるので、ミネラル分のバランスが調整されたキャットフードを選びましょう。

また、尿のpHを正常に保つ「キナ酸」が豊富なクランベリーを配合していると、結石や感染症の予防にもなると言われています。

去勢後・避妊後に人気のキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「カロリー」「栄養バランス」「穀物」「尿路ケア」の4つです。詳細が分かるものに対しては「〇%」と明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 カロリー タンパク質/脂質 穀物 尿路ケア
テイストオブザワイルド
374kcal 32%以上/16%以上
不使用

ブルーベリー、ラズベリー
ナチュラルバランス
329kcal 34%以上/10.5%以上
玄米、オートミール

クランベリー
モグニャン
374kcal 30%/16%
不使用

クランベリー
ドクターズダイエット
361kcal 31.0%以上/11.0%以上
トウモロコシ、コーングルテン、小麦粉

ミネラルバランスを調整
サイエンスダイエット
361kcal 33.7%/10.9%
トウモロコシ、コーングルテン、小麦、米

マグネシウムの量を調整
ピュリナワン
330Kcal 38%以上/8.5%以上
米、コーングルテンミール、大豆ミール、とうもろこし、大豆外皮

ミネラルバランスを調整
プリスクリプションダイエット
400kcal 38.2%/20.5%
トウモロコシ、米、コーングルテン
ヤラー
344kcal 32%以上/13.5%以上
不使用
ランフリー
360kcal 30%/10%
小麦ふすま

クランベリー、ブルーベリー
ハロー
408kcal 33.0%以上/17.0%以上
不使用

ミネラルバランスを調整
ニュートロ
365kcal 33.0% 以上/14.0% 以上
ビートパルプ

ミネラルバランスを調整
アルモネイチャー
365kcal 31%以上/15%以上
米、大麦、トウモロコシ
カントリーロード
324kcal 38%以上/12%以上
不使用

クランベリー
ギャザー
324kcal 30%以上/16%以上
不使用

クランベリー
オーガニクス
373kcal 32%/14%
不使用

今回、去勢・避妊手術を受けた猫向けのキャットフードで人気の15種を比較しましたが、穀物を大量に使用するなど安全とは言えない商品もありました。

ダイエット用なのに高カロリーだったりと、上辺の情報だけで判断するのは危険ですね…。×印の多さを見ても、カロリーだけで選ぶのがいかに危険かということがよくわかります。

ただその一方で、カロリー、栄養バランス、原材料の安全性の全てにおいて優秀なキャットフードもいくつかありました。

では一体、去勢・避妊手術を受けた猫が安心して食べられるキャットフードはどれなのでしょうか?比較した結果をもとに、厳選した5つをランキング形式で紹介していきます!

去勢後・避妊後におすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「カロリー」「栄養バランス」「穀物」「尿路ケア」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは、白身魚由来のタンパク質を豊富に含んだ総合栄養食のキャットフードです。高タンパク・低脂質の理想的な栄養バランスに、クランベリーやオメガ3が豊富なサーモンオイルなど猫に必要な栄養がバランス良く含まれています。カロリーは標準的ですが、消化に優しく低炭水化物なので太りやすい猫でも安心して食べられます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
評価 4.6
編集部からのコメント
モグニャンは、高タンパク・低脂質なうえにグレインフリーなので消化に優しいのが特徴です。子猫から老猫まで全ての世代の猫に対応しているので、普段からモグニャンを与えておけば、手術後に餌を切り替える必要がありません。尿路ケアに最適なクランベリーや、お通じ改善が期待できる西洋タンポポなど、自然由来の食材が術後の健康もしっかりサポートしてくれますよ!
テイストオブザワイルド キャニオンリバー キャットフード トラウト&スモークサーモン
テイストオブザワイルド キャニオンリバー キャットフード トラウト&スモークサーモンの特徴
テイストオブザワイルドは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリアした総合栄養食です。抗酸化作用のあるアスタキサンチンなど、栄養豊富なサーモンをたっぷり使用した高タンパク・低脂質なキャットフードで、全世代の猫に対応しています。ブルーベリーやラズベリーなどの抗酸化物質が免疫システムをサポートするので、術後の猫にもぴったりです。
価格 2,280円/6,480円
内容量 2.27kg/6.8kg
評価 4.4
編集部からのコメント
テイストオブザワイルドは、アメリカではかなり有名な人気キャットフードです。オメガ6・オメガ3脂肪酸をたっぷり含んだサーモンがメイン原料なので、皮膚や毛ヅヤの健康維持にも繋がります。ただ、尿路ケアに関しては特別な配慮はしていないようなので、愛猫の体調に合わせて水分を沢山与えるなど工夫してくださいね!
ギャザー キャット フリーエーカー
ギャザー キャット フリーエーカーの特徴
カナダ発祥のギャザーは、オーガニック食材を使用した安全性の高いキャットフードです。USDA(米国農務省)の認定を受けたオーガニックチキンを中心に、尿路ケアに嬉しいクランベリーやクリル(オキアミ)などの機能性食材をたっぷり含んでいます。人工添加物など危険な成分は一切使用していないので、術後の敏感な猫にも安心して与えられます。
価格 1,782円/6,264円/9,288円
内容量 454g/1.81kg/3.63kg
評価 4.3
編集部からのコメント
ギャザーは、世界的に有名な4つの認証機関からオーガニック認定を受けた食材から作られた、正真正銘のオーガニックキャットフードです。穀物や遺伝子組み換え食品など、猫が本来口にしない食材は使用せず、野生の猫に近い自然派の原料から作られています。100gあたり347kcalとヘルシーなので、体重管理にも最適ですよ!
ナチュラルバランス リデュースカロリー キャットフード
ナチュラルバランス リデュースカロリー キャットフードの特徴
ナチュラルバランスリデュースカロリーは、室内猫の健康を考えて開発された全猫種・全成長期対応のキャットフードです。肥満の原因となる脂質は極力控えめに抑えているので、毎日食べても体重をキープできるのが特徴です。また、クランベリーによる尿路ケアのほか、食物繊維が豊富なので毛玉が気になる猫にもぴったりです。
価格 1,697円/4,721円
内容量 1kg/2.85kg
評価 4.3
編集部からのコメント
高タンパク・超低脂質のナチュラルバランスは、まさにダイエット・体重管理に最適な栄養バランスのキャットフードです。室内猫の生活を徹底的に研究したうえで作られていているので、体重増加、毛玉ケア、尿路ケアなど室内猫特有の悩みに幅広く対応できます。厳選した5つの商品で最も低カロリーなので、既に太り気味な猫ちゃんにもぴったりですよ!
カントリーロード フィーライン コンフォート【インドア】
カントリーロード フィーライン コンフォート【インドア】の特徴
カントリーロードフィーラインコンフォートは、日本で暮らす運動量の少ない室内猫の体重管理をサポートします。高タンパク・低脂質・低カロリーな理想的な栄養バランスで、穀物や人工添加物など危険な原料は一切含んでいません。食物繊維による毛玉ケアをはじめ、尿路の健康をサポートするクランベリーを配合しています。
価格 1袋 1,500円/2袋 2,800円/6袋 7,800円/12袋15,200円
内容量 1袋 635g
評価 4.2
編集部からのコメント
カントリーロードは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の成猫用栄養基準を満たしている総合栄養食です。体重を管理できるよう低カロリーに抑えながらも、タンパク質など必要な栄養はしっかりと摂取できます。原材料の原産国が全て表記されているので透明性が高く、愛猫に安全な食事を与えたい飼い主さんにもおすすめです!ただし、子猫には低カロリー過ぎるので、1歳未満の猫にはモグニャンやテイストオブザワイルドを検討しましょう。

去勢後・避妊後にモグニャンキャットフードがおすすめな理由!

巷には去勢後・避妊後向けのキャットフードが沢山ありますが、その中で当サイトがモグニャンをおすすめする理由を以下にまとめてみました!

去勢・避妊手術後にモグニャンキャットフードをおすすめする理由
  1. 全世代対応なので手術前後を問わず日頃の体重管理にも適している。
  2. 尿路の健康をサポートするクランベリー配合。
  3. 高タンパク・低脂質だから運動量が低下しても筋力を維持しやすい。
  4. 香料不使用でも風味が強いので食いつきが良い。
  5. 穀物不使用で低炭水化物だから太りにくい。

数あるキャットフードの中でモグニャンをおすすめするのは、去勢・避妊手術の前後を問わず、全世代の猫の健康サポートに最適だからです。

「去勢後・避妊後は太りやすい」という情報だけが独り歩きをして、低カロリーな餌に切り替える飼い主さんも沢山いますが、術後は傷を治すためにも沢山の栄養が必要な時期です。

特にタンパク質は、猫にとって最も大切な栄養素ですから、モグニャンのようにしっかり含まれているものが良いですね。

さらに、抗酸化作用のあるクランベリーも含まれているので、去勢後・避妊後の尿路トラブルのリスクも抑えることができるでしょう。

去勢後・避妊後に最適なキャットフードを探しているなら、まずはモグニャンを試してみるのはいかがですか?無添加で穀物不使用なので、術後の敏感な猫にも安心して与えられますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

子猫の去勢後・避妊後におすすめのキャットフードは?

おすすめのキャットフード

モグニャン、テイストオブザワイルド

猫の去勢・避妊手術は、性別にもよりますが生後6ヶ月~12ヶ月までに済ませるのが良いと言われています。つまり、子猫のうちに手術を受ける猫が多いという訳ですね。

しかし子猫の場合は、去勢・避妊手術を受けたらからといって、低カロリーの餌を与えるべきではありません!成長期にカロリー摂取を抑えると、正常な発育を妨げてしまうので危険です。

1歳を過ぎたあたりから発育が落ち着いてくるので、モグニャンやテイストオブザワイルドなど、総合栄養食で低カロリーなキャットフードに切り替えるのが良いでしょう。

去勢後・避妊後に最適な餌の量は?

去勢後・避妊後は、ホルモンバランスの変化により代謝や運動量が低下するので太りやすくなります。そのため、品種や日頃の運動量にもよりますが、いつもより10%~30%ぐらいカロリーを抑えなくてはいけません。

しかし、食欲は手術前と比べて変わらない猫が多いので、量を減らすのではなく低カロリーな餌をいつもと同じぐらい与えることが大切です!

一般的には、100gあたり320kcal~370kcalぐらいのキャットフードなら、以前と同じ量で特に問題ありません。

去勢後・避妊後に猫が餌を食べない時の対処法は?

去勢・避妊手術後は、傷の痛みやエリザベスカラーの着用など、いつもと違う環境によるストレスで餌を食べなくなることがあります。

そんな時は、以下の方法で愛猫の食欲を刺激してみましょう!

①細かく砕いて食べやすくする。

フードプロセッサーで粉砕するか、チャック付きの袋に入れた餌をすりこぎ棒などで砕いて与えてみましょう。

②レンジで温めて風味を強くする。

レンジで1~2分温めると風味が強くなり、食欲が刺激されます。

③お湯でふやかして食べやすくする。

お湯でふやかすと餌が柔らかくなるほか、水分により少量でも満足感を得られます。

④ウェットフードを少量混ぜる。

どうしても食べない時の最終手段です。ただし栄養バランスは期待できないので、あくまで補助的に与えましょう。

上記の方法を試してもまだ食べてくれないよう場合は、お水だけでも飲めるように工夫してみてくださいね。ただし、丸2日何も食べないと危険なので動物病院を受診しましょう!

去勢後・避妊後用の餌はいつまで与えるのが正解?切り替えのタイミングは?

去勢後・避妊後用の餌への切り替えは、手術を受ける1ヶ月前までには済ませておくのがおすすめです。

術後はいつもより警戒心が強くなるので、急に新しい餌に切り替えても十中八九食べてくれません…。また、食物アレルギーを起こさないか調べるという意味でも、事前に試しておいた方が安心です。

もし手術まで日が迫っている場合は、術後1ヶ月ぐらい時間をかけて徐々に新しい餌に切り替えていきましょう。

去勢・避妊によるホルモンバランスの変化は、手術前の状態に戻ることはないので、基本的にはずっと去勢・避妊後用の餌を与え続けても大丈夫です。

ただし!病気など体重管理よりも優先させるべき事情ある猫、7歳以上の老猫は必要な栄養も少し変わってくるので、猫の状態に応じて最適な餌を選んであげてくださいね。

去勢後・避妊後には栄養バランスの優れたモグニャンがおすすめ!

去勢後・避妊後の猫の健康をサポートするためには、総合栄養食でカロリー控えめのキャットフードがおすすめです!

ただ低カロリーなだけの餌は、体重管理には適していても健康管理まではできないので安全とは言えません。人間でも過度なダイエットはリスクが大きいですからね。

もしこれまでに、

  • ヘルシーだけどしっかり栄養が摂れるキャットフード
  • 高タンパク・低炭水化物で太りにくいキャットフード
  • 去勢・避妊手術を受けた子猫にも対応できるキャットフード

こういったものを探していたのであれば、全ての条件を満たしているモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?去勢・避妊手術を終えたデリケートな状態の猫にも、安心して与えられますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする