147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ロイヤルカナン療法食「腎臓サポート」猫用を買った口コミ評判と安全性!

ロイヤルカナンは獣医師からの信頼も厚いキャットフードで、療法食も数多く出ています。その中でも今回は、猫に多い腎臓疾患の療法食「腎臓サポート」に注目しました。原材料の安全性はどうなのか?という点や口コミ評価の信頼性についても、徹底的に検証していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.2
グレインフリー 0.5
無添加 3.3
安全性 1.8
コスパ 3.3
内容量 500g/2kg/4kg
価格 1,501円/3,925円/5,686円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 196円
対応年齢 成猫
原産国 フランス
編集部からの評価

ロイヤルカナン 腎臓サポートは、当サイトでDランクのキャットフードです。腎臓病を抱えた猫のためのフードなので、タンパク質やリンの量に配慮して作られています。口コミを調べた結果では、実際に良好な変化を辿っている様子や比較的食いつきがよいことが見えてきました。ただ、療法食である以上仕方のない面があるものの、原材料には多くの穀物類の名前が並びます。もともとの材料が明らかでない動物性油脂や酸化防止剤の使用も気になるところです。安心面では疑問点が多く残るため、こういった評価となっています。

実際にロイヤルカナン療法食「腎臓サポート」猫用 500gを購入してみました!

ロイヤルカナンでは、さまざまな総合栄養食のほかに療法食が販売されています。猫を飼っている以上、いずれ腎臓のことで悩む日が来るかもしれません。

そこで、腎臓サポートがどんなフードなのか、実際に500g入りパッケージを取り寄せてみました。金の帯が入って、なかなか高級感のあるデザインですね。

裏面をチェックすると、原材料や成分、製品の特徴などさまざまな情報が記されています。

それじゃあ、袋を開けていきますね。

一旦切り口のところから開けてしまうと、袋口部分を閉じるすべはありません。良い状態で保管するには、自分でクリップか何か用意する必要があります。

手に取ってみたフード粒には、特別強い匂いを感じませんでした。強いて言うなら、コーンを加工したお菓子の匂いを薄めたような感じでしょうか。

フードの表面にややツヤがあって、手には少し油っぽい物質のあとが残りました。

当サイトで高評価を得ているモグニャンと、フード粒を比べてみます。モグニャンは7mmほどの円柱形。対するロイヤルカナン 腎臓サポートは、1cmほどの円形です。

ちなみに、硬いという口コミが気になって、手で力を加えてみました。確かに、指先の力で割れることはなかったです。

試しに餌入れへ入れてみたところで…わあっ!と、ここで、愛猫のソラ(4歳)が乱入!まっしぐらにロイヤルカナンに向かい口に入れようとしたので、慌てて回収しました。

いつかソラの腎臓のことを心配する日が来るにしても、今はまだその時ではないので!

ただ、私にはまったく魅力のない匂いなのに、猫にとっては何か惹きつけられるものがあるようだと感じました。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、ロイヤルカナン 腎臓サポートの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

コーンフラワー、米、動物性油脂、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、大豆分離タンパク(消化率90%以上)、植物性繊維、コーン、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、チコリーパルプ、肉類(鶏、七面鳥)、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-アルギニン、DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Na、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se、クエン酸カリウム)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

4D 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 BHA
没食子酸プロピル
保存料
やや危険成分 コーンフラワー
米、コーン
コーングルテン
酸化防止剤 BHA
没食子酸プロピル
粗タンパク質 23.4g 灰分 5.8g
脂質 17.3g 粗繊維 10.9g
マグネシウム 0.07 g リン 0.31 g
カルシウム 0.6 g 水分 5.6g
代謝カロリー 392kcal/100g

コーンフラワー、米、コーン、コーングルテン

コーンを含め、トウモロコシ由来のものが3種入っています。コーンフラワーは胚乳部分を粉状にしたもので、コーングリッツ製造時に得られるもの。コーングルテンは、コーンスターチ(でんぷん)製造における副産物です。

穀物類では、ほかに米も使用されています。

動物性油脂

牛や豚、鶏など動物の体をもとにした油のことです。

動物名が記されていない油脂はミックスされていることが多く、割合は不明です。飽和脂肪酸が多いのが特徴。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

酸化防止剤として使われるもの。人の食品では、バターやラードなどの油脂、魚介類などに添加されています。

日本では、発がん性の疑いから使用禁止が検討された経緯がありますが、現在は使用が許可されています。

没食子酸プロピル

バター、マーガリンなどに使われている酸化防止剤。BHAより抗酸化力が高い反面、油脂になじみにくい特徴があります。

編集者からのひとこと

ロイヤルカナン 腎臓サポートの原材料を見ると、米やコーン由来の穀物類が肉類より目立っています。

本来肉食動物である猫にはそぐわない内容ですが、腎臓の弱った猫にタンパク質やリンを制限するのはやむを得ない面があるでしょう。動物性タンパク質を抑え、小麦や大豆由来のタンパク質を消化率を高めて使うという工夫をしているようです。

ただ、米を別にしてコーン、小麦、大豆が比較的アレルギーを起こしやすい食品であることは知っておく必要があります。

また、動物性油脂には食欲を刺激するなどのメリットがあるにしても、材料がはっきりしていないところに不安が残ります。

酸化防止剤については規定内の使用であることが公式サイトでも説明されていますが、飼い主として正直あまり気が進まないことは確かです。

なお、成分量は400kcal中のもの。100gが392kcalであることから、この表示は不親切だと感じてしまいます。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの口コミや評判は?

実際に、ロイヤルカナン 腎臓サポートを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ロイヤルカナン 腎臓サポートの良い口コミ

MIX 17歳 / オス
5.0
おしっこの回数が増えてきたうちのお年寄り猫にあげています。腎機能が衰えてきている、ということで、動物病院でこれを勧められました。続けて約8ヶ月になりますが、おしっこの回数が落ち着き、便秘やウンチ後の嘔吐もなくなってきたように思います。
ペルシャ猫 15歳 / オス
5.0
愛猫が腎不全になってしまい、病院で紹介されたフードをいくつか試しました。中でもロイヤルカナンは食欲のあまりないうちの猫がよく食べてくれるので、ありがたいですね。粒サイズがもうちょっと小さいのがあるといいのですが。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの悪い口コミ

アメリカンショートヘア 16歳 / オス
2.5
小サイズパックから始めてみました。飽きずによく食べてくれるので2パック目を購入しましたが、年齢的に衰えもあるのか大きい粒を食べにくそうにしています。ふやかして食べさせるか、別のフードにするか迷っています。
MIX 13歳 / メス
2.0
腎臓機能が低下してくる猫って、うちに限らずシニアが多いのではないでしょうか。シニアの猫にとってこの粒は、噛むには硬く飲み込むには大きいように思います。毎回砕いてあげるのも大変だし、あまり食べてくれませんでした。
ラグドール 11歳 / オス
1.0
飼っている猫に排泄の問題が生じて、獣医さんに診てもらいました。その時こちらのフードをすすめられたおかげで、排泄の方はうまくいくようになりました。でも、1年ほど食べさせていたら、アレルギーなのか猫の首とおなかがハゲた状態になっていることに気づきました。どうやらかゆくて自分で掻いたりなめたりした様子。うちの猫の体質に合わないことにもっと早く気づいてやればよかったです。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの口コミ・評判まとめ

ロイヤルカナン 腎臓サポートの口コミは、やはり療法食ならではというべきか、動物病院から教えられたというものがたくさんありました。

続けて使用することで、排泄の問題をクリアしたという嬉しい声も上がっています。また、食欲が落ちてきた猫でも比較的食いつきがよく、猫の食欲を刺激する工夫がされていることがわかります。

ただ、腎臓機能が下がってくるシニア猫には、粒の大きさや硬さの面で食べにくさを感じさせているようです。この点、もう一歩工夫がほしいところだと思います。

それから、もともとの疾患は改善したものの、原材料との相性の問題かアレルギーを引き起こしたという口コミも見られました。

医師にすすめられたからと過信せず、日々一緒に暮らす飼い主さんが猫の反応をよく見守ってあげることが大事です。

ロイヤルカナン 腎臓サポートをお得に購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでロイヤルカナン 腎臓サポートを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,501円/3,925円/5,686円 1,002円/2,978円/5,015円
送料 2,000円以上無料 店舗による

ロイヤルカナン 腎臓サポートは通販サイトや店舗で買える!

ロイヤルカナン 腎臓サポートは、公式サイトでの購入ができません。療法食は、公式サイトのショッピング項目に入っていないようです。

ほかを探してみると、通販サイトや店舗で取り扱われていることがわかりました。大手の通販サイトだと、楽天やAmazonで見つけることができます。

商品価格だけを見ると最安値は楽天に軍配が上がりますが、選ぶ際は店舗によって送料が変わってくることに気をつけてください。

療法食は必ず動物病院で相談した上で購入すること!

ただし、腎臓サポートを含め療法食を猫の食事に取り入れるのは、必ず動物病院で猫の症状や状況を相談してからにしましょう。

療法食では、特定の病状に合わせて栄養成分がコントロールされています。健康な猫であるにもかかわらず安易に使用しては、必要な栄養が十分に摂れないということも考えられるのです。

また、病状が変化していけば、取るべき食事も変わってきます。定期的に診察を受けて、獣医さんに適切な食事療法を指導してもらいましょう。

ニシ教授
特に多頭飼いしている家庭では、要注意じゃぞ。健康な猫が間違えて療法食を食べないようにのう!

ロイヤルカナン 腎臓サポートと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとロイヤルカナン 腎臓サポートにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン ロイヤルカナン 腎臓サポート
内容量 1.5kg 500g/2kg/4kg
価格 3,960円 1,501円/3,925円/5,686円
100gあたりの価格 238円 196円
メイン食材 白身魚63% コーンフラワー、米、動物性油脂
超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)
穀物 グレインフリー コーンフラワー、
コーン、コーングルテン
添加物 無添加 記載なし
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグニャンとロイヤルカナン 腎臓サポートを比較すると、メイン食材の内容がまったく違っています。

モグニャンでは生物としての猫が消化しにくい穀物類を使わず、白身魚をメインにしています。一方、ロイヤルカナンの方は、穀類や穀類由来のタンパク質、動物性油脂などがメイン。

腎臓機能が低下しタンパク質を分解しにくくなっている猫は、タンパク質摂取量を控える必要があります。療法食である腎臓サポートは、そんな猫に適した設計となっているわけですね。

したがって、根本的なところで違うモグニャンと比較するのはあまり意味がありません。

ただ、腎臓サポート用フードとはいえ、穀物類や動物性油脂といった材料の詳細を知ってしまうと、使用にはもやもやした気持ちがつきまとうはず。じゃあ、一体何を使えばいいの?と戸惑う飼い主さんもいるかと思います。

当サイトでは、腎臓サポート用フードの選び方や安全性の高いおすすめフードを紹介しているページがあります。こちらもぜひ参考にしてみてください。

猫用ロイヤルカナン「腎臓サポート」ドライにはほかの種類もある!

ロイヤルカナン 腎臓サポートのドライフードには、今回取り上げたもの以外にも「スペシャル」「セレクション」という商品があります。

どこが違うのか簡単にまとめてみました。

通常ドライ スペシャル セレクション
タンパク質 23.4g 26.4g 23.8g
リン 0.31g 0.45g 0.40g
カロリー 392kcal/100g 393kcal/100g 411kcal/100g
メイン食材 コーンフラワー

動物性油脂

超高消化性豚タンパク
コーンフラワー
動物性油脂

加熱処理済み小麦粉
粒の形 円形 三角形 四角形

ロイヤルカナン「腎臓サポート」スペシャルとの違いは風味と成分量!

スペシャルという名前から誤解を招きそうですが、腎臓疾患で控えるべきタンパク質とリンの量は通常の腎臓サポートドライより多めです。

成分量の制限を少しゆるめにしてある代わりに、食欲を増すような風味となっています。

というのも、腎臓機能が落ちた多くの猫は食欲が低下することもままあるため。食事療法を無理なく続けていけるようにフードの種類を増やしているのです。

ロイヤルカナン「腎臓サポート」セレクションとの違いは食感とカロリー量!

セレクションは大きめのサイズで四角い形をしています。これは、カリっとした硬めのフードの中にクリーム状のフードが入っているため。こうした構造で食感の違いを楽しめるようになっているわけです。

また、タンパク質とリンの量を抑えながらも、カロリー量は高めになっています。食欲が落ちて十分な量が食べられなくなった猫も、カロリーが摂りやすいよう配慮がされています。

猫用ロイヤルカナン「腎臓サポート」のウェットパウチは2種類!

ロイヤルカナン 腎臓サポートには、ウェットパウチ商品もあります。腎臓への配慮としてドライフード3種と違う点は、水溶性食物繊維であるサイリウムの配合がないこと。

水分量や風味の点ではメリットも大きいので、ドライフードと合わせて取り入れていくとよいでしょう。

鶏肉、鶏レバー、豚レバーをメインとしたレギュラーバージョンと、豚肉、鶏肉、鶏レバーなどにツナを加えた「フィッシュテイスト」の2種類が用意されています。

ロイヤルカナン 腎臓サポートのQ&A

ロイヤルカナン 腎臓サポートの取扱店はありますか?

全国のペットショップやトリミングサロンなどで取り扱われています。公式サイトから、お住まい近くの販売店が検索できます。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの賞味期限はいつまで?

ロイヤルカナンの賞味期限は、パッケージの裏側の下部に印字されています。日、月、年の順番なので、勘違いしないように気をつけてください。

開封後はこれに限らず、1ヶ月から1ヶ月半のうちに食べさせましょう。

ロイヤルカナン 腎臓サポートの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード/直径1cm円形
内容量 500g/2kg/4kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,501円/3,925円/5,686円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 196円
販売会社 ロイヤルカナン ジャポン合同会社
公式サイト https://www.royalcanin.co.jp/vets/product_cats/RENAL/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る