147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

メディファスキャットフードの口コミ評判は?安全性も解説!

メディファスは下部尿路対策をメインとして作られたキャットフードです。猫は腎臓や下部尿路疾患の疾患になることが多く、そういったトラブルを未然にふせぐのを目的に開発されました。そんなメディファスの安全性や口コミは実際のところどうなのでしょうか?

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.0
グレインフリー 0.0
無添加 2.5
安全性 1.5
コスパ 3.8
内容量 600g
1.5kg
3kg
6kg
価格 700円(600g)
1,600円(1.5kg)
2,900円(3kg)
5,000円(6kg) ※Amazon参考価格
100gあたり価格 106円(1.5kgで計算)
対応年齢 1歳から
原産国 日本
編集部からの評価

下部尿路の健康維持を目的に作られたメディファスは、当サイトでDランクのキャットフードです。全体的に品質の低く、評価できるのは値段のみとなっています。

まず、メイン素材が穀類というのが問題です。穀物は猫にとって不必要な素材で、入れる意味がありません。さらに糖質が多く肥満の原因にもなります。

また使われている穀類がアレルギー対策をされていないものなので、安全性に疑問があります。どうせ使うならとうもろこしやコーングルテンミールではなく、低アレルギー性の米や玄米の方が良かったように思います。

安全性という意味では、ミールと呼ばれる素材が使われているのも問題です。これらは品質が保証されておらず、どんなものが原材料となっているかわかりません。

以上のことを踏まえると、メディファスはあまりおすすめできる商品ではありません。

メディファスの原材料と安全性を徹底分析!

次に、メディファスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!今回は特に人気のある「メディファス 1歳から チキン味」に注目してみました!

そして当サイトの基準で、危険なものは赤、危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこしコーングルテンミール)、肉類(ミートミールチキンミールチキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源)、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

4D ミートミールチキンミールチキンレバーパウダーフィッシュミール 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 とうもろこしコーングルテンミール 酸化防止剤 ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール
粗タンパク質 31.5%以上 脂質 12.0%以上
粗灰分 8.5%以下 マグネシウム 0.081%(標準値)
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー/100gあたり 約380kcal
水分 10.0%以下

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)

穀類はペットフードにかさ増しとして使われる原材料です。キャットフードを安く作るためにはどうしても必要になる成分で、質が低いものにはだいたいこれらが使われています。

ただ、この穀物自体には毒性がなく体に悪いものではありません。問題なのは穀物にアレルギー性があることと、糖質が多く太りやすいことです。そのため愛猫の体質を考えなくてはいけません。

肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)

メディファス1歳から チキン味は、肉類が使われています。原材料となっているのはミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダーとなっており、どれも品質が保証されていないものです。

これらは4Dと呼ばれる素材の可能性があり、質が悪い場合には病気や事故死した動物の肉が使われている可能性があります。特にミートミールの場合にはどんな動物が使われているのかも不明です。

極端な例ではアメリカのキャットフードに猫の肉が使われていた実例もあります。

豆類(おから)

大豆から豆腐を作る際にできるおからは体に良い健康食品です。こちらもかさましとして使われる原材料なのですが、タンパク質が含まれており低アレルギーです。

油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)

メディファスに使われている油脂類は動物性油脂とガンマ-リノレン酸です。動物油脂とは上で紹介したミールのように、原材料が不明な油脂になります。どんな動物を使っているのかも分からないので、少し不安ですね。

次にガンマ-リノレン酸ですが、こちらは人間のサプリメントにも使われる原材料です。コレステロール値を下げますが、高カロリーなので食べ過ぎると肥満の原因にもなります。

魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源)

メディファスに使われている魚介類は、肉類と同様にミールと呼ばれているものです。そのため、原材料になにが使われているのかはわかりません。場合によってはタダ同然の廃棄食品などを使っている可能性があります。

ただ、DHA・EPAは体に良い成分なので原材料の品質が良ければとても嬉しい素材になります。

編集者からのひとこと

すでに書いたように、メディファスの品質は高いとはいえません。品質は決して良いとは言えませんが、値段が安く下部尿路の予防につながるキャットフードです。

まず、主成分が穀類ということでグレインフリーではなく、とうもろこしやコーングルテンミールといったアレルギー性の原材料なのが問題です。

特にアレルギーのある猫に与えるのは注意しましょう。

次に使われている原材料に4D成分が多いのが問題です。肉類は肉食獣である猫によっては必要な素材です。肉類の項目で触れたようにミートミールの場合は廃肌肉や犬・猫の肉を使っている可能性も否定できません。

これは魚介類の部分でも同様で、品質が全く保証されていません。値段をさげるためには仕方のないことかもしれませんが、安全面にも気を配って欲しいですね。

続いて油脂類なのですが、こちらは動物性油脂を使っているのが問題です。こちらもミールやミートのように何が使われているのか分からず、愛猫へ与えるには不安があります。ガンマ-リノレン酸が良い成分なだけ残念ですね。

ただし、悪い部分だけではありません。ブランド卵を使ったり、カルシウムとマグネシウムのバランスが良いといった部分もあります。

そのためもう少し素材に気を使っていれば、評価があがり安心して愛猫に与えられる製品です。

メディファスの口コミや評判は?

実際に、メディファスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

メディファスの良い口コミ

アメリカンショートヘア 2歳 / オス
4.7
尿路結石が起こりやすいアメリカンショートヘアを飼っているので、これにしました。とても食いつきがいいので助かってます!
ミックス 4歳 / メス
3.8
4歳の愛猫がガツガツ食べています。ほかの餌は食べないのですが、これだけは良く食べるので助かっています。猫好きの友人いわく、食べてみるとほかと少し味が違うらしいです。

メディファスの悪い口コミ

ラグドール 3歳 / メス
1.8
これを食べだしてから下痢と嘔吐の回数が増え掃除が大変でした。食いつきもいいし、値段も安くて良かったのですが今は使っていません。
マンチカン 5歳 / オス
1 .0
うちの猫はまったく食いつきません。発ガン性のあるコバルトが使われているらしいので、食べなくて逆に良かったです。
ロシアンブルー7歳 / オス
1.0
安いからといって買うものじゃないです。うちの猫がアレルギーになってしまいました。成分みたら穀物ばっかりはいっているのでこれが原因のようです。
ミックス 6歳 / メス
1.0
ロイヤルカナンからこれに変えたのですが、結石になってしまいました。下半身ケアとは一体なんだったのか。

メディファスの口コミ・評判まとめ

メディファスは下部尿路の病気対策フードなのですが、良い評判についてはほぼ食いつきに関してです。

療法食という面があるので、体に良いのは当然として食いつきが良いのが嬉しいですよね。2つ目の口コミにあるように他のフードとは少し味が違うようなので、それが効いているのかも知れません。

しかし、好き嫌いは当然存在しているので、悪い口コミでは全く食べないというのも存在しています。続いて悪い口コミです。こちらは食いつきが悪いというものと、体調に関してです。

食いつきが悪いというのは、違う餌にすれば解決することですが、体調を崩したというのは少し困るポイントかもしれません。

特に3つ目と5つ目は原材料から考えれば、アレルギー反応があるのは当然です。また、結石になったという口コミもあります。猫の体質を考えて与えるのがいいかもしれません。

そして、最後に3つ目の口コミにあるコバルトですが、実はそれほど問題のある成分ではありません。発がん性の疑われている物質はコバルト化合物です。しかし、危険としている人もいるので気になる人は避けることをおすすめします。

メディファスのお得で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでメディファスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 499円(600g)
1,000円(1.5kg)
1,925円(3kg)
3,549円(6kg)
421円(600g)
977円(1.5kg)
1,925円(3kg)
2,828円(6kg)
送料 2,000円以上無料 店舗による

メディファスは通販サイトか店舗で!

メディファスは公式のホームページで販売していないので、買うには通販サイトか店舗になります。また初回購入や定期購入もないので、通常購入のみです。

値段としては楽天が最も安くなっていますが、送料などを考えればAmazonがいいかもしれません。ただし送料が一定の金額をこえれば送料が無料になるサイトが多いので、量を買う場合は楽天をおすすめします。

メディファスと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとメディファスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン メディファス
内容量 1.5kg 600g
1.5kg
3kg
6kg
価格 3,960円 700円(600g)
1,600円(1.5kg)
2,900円(3kg)
5,000円(6kg)
100gあたりの価格 238円 106円
メイン食材 白身魚63% 穀類
穀物 グレインフリー とうもろこし、コーングルテン
添加物 無添加 ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

それでは当サイトでイチオシしているモグニャンとメディファスを比較していきましょう。まず、前提としてモグニャンは当サイトでSランク。最高の評価を得ています。

メディファスはDランクということで、その差は歴然ですね。まず、モグニャンは主原料に白身魚を使っており穀物での水増しはありません。また、グレインフリーとなっており穀物は使用してません。

次にモグニャンは無添加で保存料に使われているのはビタミンEのみです。そのため、安全性にも差があり、比べるまでもありません。

しかし、値段という面ではメディファスが上です。モグニャンが100gに対して238円、メディファスは106円と倍以上の差があります。毎日使うものと考えればこの差は大きいかもしれません。

ただ健康というのはお金にかえられないものなので、当サイトではモグニャンをおすすめします。

メディファスのキャンペーン・サンプル品・お試し品について

メディファスは2017年10月から2018年3月31日まで「ねこピース選べるプレゼントキャンペーン」というのを行っていました。キャンペーンの内容は公式HPからダウンロードした用紙にバーコードを貼って送るというものです。

キャンペーンの商品には2つのタイプが用意されており、1つ目は家電製品などで2つ目はメディファスのスープパウチの試供品とブランド卵の商品券でした。

また、過去にサンプル品やお試し品の提供キャンペーンなども行っているので、ご希望の方は公式HPを細かくチェックしてくださいね。

メディファスには下部尿路ケア、幼猫、老齢猫用など複数種類があります!

メディファスには下部尿路以外にも複数種類あり、年齢や体調などで使い分けることができます。下に全商品をまとめましたので、参考にしてみてくださいね♪

商品名 対象 サイズ
子猫12ヶ月までチキン味 1歳未満の幼猫 500g、1.5kg
1歳からフィッシュ味 成猫用 フィッシュ味 500g、1.5kg
7歳からチキン味・フィッシュ味 1歳から11歳まで フィッシュ・チキン 500g、1.5kg、3kg、6kg(フィッシュ味は1.5kgのみ)
11歳からチキン味 11歳から14歳まで チキン味 500g、1.5kg、3kg、6kg
15歳からチキン味 15歳以上 チキン味 500g、1.5kg
室内猫用毛玉プラス 1歳、7歳、11歳用有り チキン&フィッシュ味 470g、1.41kg、2.7kg、5.4kg
満腹感ダイエット 1歳、7歳用有り チキン&フィッシュ味 1.41kg、2.7kg、5.4kg(7歳以上用は1.41kgのみ)
メディファス 避妊・去勢後のケア 子ねこから10歳まで 1歳から10歳まで チキン&フィッシュ味 470g、1.41kg、2.7kg、5.4kg
メディファス 皮フ・毛艶のケア 1~10歳 1歳から10歳まで チキン&フィッシュ味 470g、1.41kg
メディファス 少しでしっかり高栄養食 11歳頃から 11歳以上 チキン&フィッシュ味 470g、1.41kg

メディファスにはウェットタイプやスープパウチもあり!

メディファスにはドライフードだけではなくウェットタイプやスープパウチもあります。こちらも下に一覧をまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください!

タイプ 商品名 対象 サイズ
ウェットタイプ り乳 1歳未満の幼猫 ミルク風味 40g
ウェットタイプ 子ねこ 12ヶ月まで 幼猫用 まぐろと若鶏ささみ 60g
ウェットタイプ 1歳、7歳、11歳、15歳、18歳各種 成猫用 まぐろと若鶏ささみ 60g
スープパウチ 1歳、7歳、11歳、15歳、18歳各種 成猫用 しらす・かつお節 40g

メディファスのQ&A

メディファスは腎臓や結石対策などの下部尿路対策だけ?

メディファスには上述したように複数のタイプが存在しています。どれも下部尿路対策がメインなのですが、毛玉用やダイエット、皮フ・毛艶のケアなどがあります。

メディファスは異物混入対策をしてる?

メディファスを販売しているペットラインは、厳しい検査や品質管理を行っています。そのため製造過程において異物の混入はほぼ0です。しかし異物混入の報告も過去にはあるので、気になる人は与える前にチェックしましょう。

メディファスは子猫用の口コミは?

メディファス子猫用の口コミは今回紹介した商品とほぼ同じです。良い口コミは食いつきと値段についてで、悪い口コミは原材料のものになります。

メディファスのウェットタイプの口コミは?

メディファスのウェットタイプの口コミはかなり好評です。特に食いつきにたいしてはほぼ100パーセントの高評価になります。ただし好き嫌いはあるようなので、まずは試供品などで様子見するのをおすすめします。

メディファスの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード(小粒)/缶/スープパウチ 
内容量 600g
1.5kg
3kg
6kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 700円(600g)
1,600円(1.5kg)
2,900円(3kg)
5,000円(6kg)
100gあたり価格 106円
販売会社 ペットライン株式会社
公式サイト http://www.petline.co.jp/cat/01/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る