147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

アーテミス「オソピュア」を愛猫に買った口コミ評判!安全性や評価は?

アーテミス「オソピュア」は、原産国のアメリカでペット雑誌にも取り上げられているという人気フード。国境を超え25カ国以上に、そしてまた日本でも支持されているという噂は本物なのか?口コミ評判や原材料の安全性についても厳しい目でチェックしていきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.8
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 2.5
内容量 900g/1.8kg/4.5kg
価格 2,484円/4,158円/8,618円(Amazon参考価格)
100gあたり価格 276円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

アーテミス「オソピュア」は、当サイトでAランクのキャットフードです。オソピュアでは、メイン食材としてサーモンに次いで豆類が並んでいます。えんどう豆に加え、栄養豊かなガルバンゾー豆が選ばれているのも特筆すべきところ。単にグレインフリーというだけでなく、よい材料を積極的に採用することで「食事=予防医療」というアーテミスの考え方を実現化したフードと言えるでしょう。口コミの調査では、猫のアレルギーを意識している多くの飼い主から信頼が寄せられていることがわかりました。ただ、タンパク質や脂質など主要な成分量は充実しているものの、それぞれの食材の割合が不明であるのが惜しい点です。

実際にアーテミス「オソピュア」グレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾーを購入!

評判どおりの良いキャットフードなのか確かめるため、実際に商品を取り寄せてみました。

商品名を全部言うと、アーテミス「オソピュア」グレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾーと、ちょっと長いです。フィーラインは猫用という意味。

今回選んだのは、その900g入りパッケージです。フードの良し悪しはやっぱり猫に聞くしかない!というわけで、うちの愛猫ソラ(4歳)に協力してもらいます。

パッケージはナチュラル感あるグリーン系で、自然の中にいる猫が表現されています。簡単なイラストとともに、オールステージ対応であること、タンパク質はシンプルにサーモンのみ、穀物ゼロであることなどが示されています。

裏面のイラストには、どこかアメリカっぽさがあるかな?日本向けとして、中央に大きくシールが貼られています。原材料や成分、給餌量はここで確認できます。

では、ハサミで切って開封していきます!

袋の素材はアルミのようなので、中身のフードをちゃんと守ってくれる感じ。ただ、ジッパーがついていないので、保管については自分で密封できる容器や袋を用意する必要があります。

フードの匂いは、サーモンから作られているわりにあまりきつくありません。サーモンと並ぶメイン食材がガルバンゾー(ひよこ豆)だからでしょうか。袋に鼻を寄せると、魚系と植物系が混じったような匂いがします。

手に取ってみると、丸いフード粒には色の濃い部分と薄い部分があるのが見えます。素材そのままという感じで、着色料など使っている様子はまったくないですね。

当サイトでおすすめ1番フードであるモグニャンと比較してみましょう。オソピュアは平たい円形、モグニャンは円柱形で、オソピュアの方がわずかに大きいサイズです。

魚系フードを好む愛猫ソラは、オソピュアの匂いにもビビッと鋭く反応しています。じゃあ、ソラ用餌入れにフードを入れて、ごはんタイムにしましょうね!

初めてのフードをあげる場合は、いつものフードに少しずつ混ぜていくのがよい切り替え方です。混ぜる量を徐々に多くして、1週間から10日ほどでオソピュア100%にしてあげましょう。

ソラのオソピュアへの食いつきは、予想以上によかったです!

調査前には、匂いがそれほど強くないこと、メインの材料がサーモンと豆類ということに少し不安があったのですが、そんな心配は無用でした。いかにもおいしそうに勢いよく食べてくれましたよ。

フードがオソピュアに切り替わった後日、ソラのウンチをチェックしました!下痢や便秘の様子はなく、焦げ茶色で理想的な形にまとまったウンチです。消化の状態や体調が良好であることが見て取れます。

アーテミス「オソピュア」を続けてみてわかったこと

ソラにオソピュアを食べる生活を続けてもらったところ、よい食いつきはその後も変わらないままでした。フードによってはしぶしぶという顔で食べることもあるのに、これだとおやつタイムにもほしがるくらい!

ウンチも毎日良い状態で出ているので、健康が保てていることがわかりました。

それと、フードを準備する飼い主としては、匂いがきつくないこともありがたいですね。オソピュアにはジッパーが付属していないのでパッケージごと密閉袋に入れていたのですが、袋を開閉してもまったく苦にならなかったです。

アーテミス「オソピュア」を試して感じたことを3つのポイントでまとめました!

アーテミス「オソピュア」のタンパク源はサーモンと豆類!

オソピュアのタンパク質源は、サーモンと豆類で構成されています。嗜好性が高くて栄養豊富な動物性タンパク源と、腸内環境に働いてくれる植物性タンパク源の組み合わせです。

猫の食事の喜びと健康ケアという両面で、メリットが感じられます。

グレインフリーで人工添加物はなし!

ガルバンゾー豆やえんどう豆などの豆類は、GI値の低い炭水化物源でもあります。豆類を採用することで穀物類を使わずに済むため、猫の消化器官に負担がかかりません。

そして、着色料や人工保存料が加えられていない、という点でも、安心して飼い猫に与えられます。

食材選びは人間の食品基準に沿っている!

オソピュアに使われている食材は、人間の食品基準に沿って選ばれています。特にヒューマングレードという表示はありませんが、材料は全部人が食べてもおかしくないレベルのものばかりです。

アーテミス「オソピュア」の原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、アーテミス「オソピュア」の原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

フレッシュサーモン・ドライサーモン・えんどう豆・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・ヒマワリオイル・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・DLメチオニン・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・パンプキン・ココナッツオイル・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ・キレート亜鉛・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・混合メナジオン重亜硫酸ナトリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ビタミンD・葉酸

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール
粗タンパク質 35%以上 水分 10%以下
脂質 18%以上 オメガ6脂肪酸 2.8%以上
粗繊維 3%以下 オメガ3脂肪酸 0.6%以上
粗灰分 9.1%以下 エネルギー 約386kcal/100g

フレッシュサーモン・ドライサーモン

動物性タンパク源はサーモン1種のみ。サーモンは、アスタキサンチンやDHAが豊富です。

アスタキサンチンは抗酸化力に優れています。DHAは、猫の毛艶アップや皮膚トラブル予防に役立つ成分です。

ガルバンゾー豆

ガルバンゾー豆は日本語で言えばひよこ豆のこと。植物性タンパク質のほか、ビタミンミネラル分も豊富に含んでいます。

また、ガルバンゾーの食物繊維は、血中脂肪や腸の調子を良い状態に整えてくれます。

えんどう豆

えんどう豆は、植物性タンパク質、ビタミンB1、B2に富んでいます。整腸に役立つ食物繊維も豊富です。

編集部からのひとこと

アーテミス「オソピュア」の原材料には、粗悪なものや危険な成分は見当たりません!

猫の食事として理想のタンパク質を主体とするレシピであり、苦手な穀物を含まないようにしています。

メイン食材で注目なのは、サーモンと並んで採用されているガルバンゾーです。日本でひよこ豆と呼ばれているこの豆は、タンパク源となる一方でビタミンやミネラル、食物繊維まで多く含んでいます。

こういった原材料の選び方をしているオソピュアは、「食事は予防医療である」というアーテミスのコンセプト通り、猫の健康を守ってくれるフードと言えるでしょう。

ただ、タンパク質の量自体は記されているものの、サーモンや豆類がどんな割合で使われているか、ということははっきりしていません。この点が明らかであればもっとよい評価点数となったのでは、と少々残念に感じます。

アーテミス「オソピュア」の口コミや評判ってどうなの?

実際に、アーテミス「オソピュア」を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

アーテミス「オソピュア」キャットフードの良い口コミ

MIX 6歳 / メス
5.0
飼っている猫にアレルギーがあり、どんなフードでもいいと食べさせるわけにはいきません。その点このフードは穀物が入っていないので安心してあげられます。フード粒も大きくなく、猫にとっても食べやすいようです。
マンチカン 1歳 / オス
5.0
うちのニャンコを引き取ったブリーダーさんがこれを使っていました。体調もいいので、引き続き同じものを食べさせています。
ロシアンブルー 11歳 / オス
4.0
こちらのフードにたどり着くまでいろんな商品を試しました。やっと巡りあえたって感じで、それまでポロポロしていた愛猫のウンチが毎日よい形で出てくるように!毛にツヤが出てきたのも嬉しいです♪
アメリカンショートヘア 2歳 / メス
5.0
これまでいろいろなフードを食べさせてみましたが、魚好みのうちの猫はこれが気に入っているみたいです。これだけはいつも食べるスピードが違うし、完食してしまいます。うんちの匂いが控えめ?なのもGOOD。それに、前と比べてあきらかに毛のツヤがよくなっています!当分リピート間違いなしですね。

アーテミス「オソピュア」キャットフードの悪い口コミ

MIX 4歳 / メス
2.5
初めてあげた頃、なかなか食いついてくれませんでした。ようやく慣れて食べてくれるようになり、嘔吐や便秘がなくなったのはよかったと思います。それと、ジッパーついてるパッケージだともっとよかったんですが…。
MIX 8歳 / オス
2.0
食物アレルギーに気を遣うところの多い猫なので、穀物の入っていないフードを探していました。期待したのですが、残念ながらうちの猫の体質には合わなかったようです。食いつきもいいので、普通の猫さんにはよいフードだと思います。

アーテミス オソピュアの口コミ・評判まとめ

アーテミス オソピュアの口コミを見ていくと、飼い主さんからの信頼を示すように良い評価が多く並んでいます。

グレインフリーのフードであるだけに、中でもアレルギーについて気にかけている人のコメントが目につきました。安心して与えられるところ、順調な体調を維持しているところに満足しているようですね。

また、食いつきや食べやすさ、毛艶のアップという面でも評価が高いです。

一方数は少ないですが、切り替え時の食いつきが悪かったという声、アレルギーの体質に合わなかったという声もあります。

猫によってそれぞれアレルゲンや度合いは違います。どのフードにも言えることですが、猫の体調の変化に気をつけながら試していくことをおすすめします。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

こちらでは、一体どこでアーテミス「オソピュア」を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonや楽天とそれぞれ比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,484円/4,158円/8,618円 2,608円/4,365円/8,726円
送料 無料 店舗による

アーテミス「オソピュア」の購入は、通販サイトか取扱店舗で!

公式サイトでは、アーテミス「オソピュア」の購入はできません。購入するなら大手のAmazonや楽天を始めとする通販サイトや取扱店舗を通して、ということになります。

Amazonと楽天を比べると、現時点ではAmazonの方がやや安いようです。また、楽天の場合店舗によっては送料もかかることに注意したいですね。

ただ、あまり安値にばかり目がいってしまうと、並行輸入品や賞味期限間近というリスクも背負うことになります。

公式サイトには、取り扱っているネット販売店や全国の実店舗が紹介されています。信頼できるネット店舗で買いたい、手に取って確かめてから購入したい、という場合は、こちらを参考にしてみてください。

ニシ教授
公式サイトの取扱店舗は、MAPからも検索できるから便利じゃぞ!

当サイト一押しのモグニャンとアーテミス オソピュアを徹底比較!

人気商品モグニャンとアーテミス オソピュアにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン アーテミス オソピュア
内容量 1.5kg 900g/1.8kg/4.5kg
価格 3,564円 2,484円/4,158円/8,618円
100gあたりの価格 238円 276円
メイン食材 白身魚63% フレッシュサーモン・ドライサーモン
えんどう豆・ガルバンゾー豆
粗タンパク質 30% 35%以上
脂質 16% 18%以上
オメガ6脂肪酸 2.95% 2.8%以上
オメガ3脂肪酸 2.08% 0.6%以上
エネルギー
(100gあたり)
374kcal 386kcal
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグニャンとアーテミス「オソピュア」は魚をメインとしている点では同じです。どちらもグレインフリーで、猫の健康を思いやったフードであることは間違いありません。

ただ、モグニャンが白身魚なのに対しオソピュアの方はサーモンと、使用している魚の種類には違いがあります。

それから、オソピュアではえんどう豆、ガルバンゾー豆といったタンパク質を含む豆類も使用しています。タンパク質や脂質の量に着目すると、オソピュアの方がより多く含まれているフードと言えるでしょう。

しかし、必須脂肪酸であるオメガ脂肪酸を見ると、オメガ6は同程度ですが腎臓ケアに働くオメガ3はモグニャンが上。

どの魚ならよく食べるかという猫の好みのほか、こういった成分の違いもフード選びの参考にしてみてくださいね。

アーテミス「オソピュア」はアレルギー対策に適したキャットフード!

アーテミス「オソピュア」は、猫のアレルギー対策に期待できるフードです。猫がアレルギーを起こしやすい原材料をできるだけ避けて作られているからです。

食物アレルギーの原因となるものは猫それぞれに異なりますが、可能性として高いのはまず穀物類。肉食動物として生きてきた猫は、穀物類の消化が得意ではありません。

グレインフリーのオソピュアは小麦や米、コーンを使用していないため、アレルギー発症のリスクを軽減できるのです。

また、良質なタンパク質源であるサーモンを使い、人工添加物や粗悪な副産物を利用していない点でも安心できます。

ただ、どんな食材であってもアレルギーのリスクをゼロにはできませんし、食品以外の原因も考えられます。もしかしてアレルギー?と猫の症状が気になる場合は、まず動物病院で相談することをおすすめします。

アーテミス オソピュアの給餌量はどれくらい?

アーテミス「オソピュア」の給餌量は、裏面のシール部分に記載されています。側面にはもともとの英語表記がありますが、シール部分の方が表となっていてわかりやすいです。

成猫の給餌量は、下の表のとおりです。

体重 1日の給与量
0.45~1.8㎏ 31~47g
1.8~2.7kg 47~62g
2.7~4.0kg 62~70g
4.0~5.4kg 70~76g
5.4~6.8kg 76~94g
6.8~9.0kg 94~117g

アーテミス「オソピュア」は全年齢対応フードなので、子猫にも与えられます。子猫の給餌量目安は、月齢と体重の両方から細かく記されています。

成猫子猫ともに言えることですが、実際には猫の種類や性格によって運動量が違い、環境や健康状態が影響することもあります。飼い猫の様子やウンチの状態を見ながら量を微調整していきましょう。

アーテミス オソピュアのQ&A

アーテミス「オソピュア」の賞味期限はいつまで?

オソピュアの賞味期限は、未開封の場合製造から1年間となっています。開封後は約1ヶ月です。

飼い猫がこの期間に食べきれる分量を計算してパッケージサイズを決めましょう。

アーテミス「オソピュア」の取扱店はどこにあるの?

全国のペットショップやペットサロンなどで販売されています。正規販売店は公式サイトの取扱店一覧に提示されているので、参考にしてください。

アーテミス オソピュアの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード/円形(厚み5mm、直径8mm)
内容量 900g/1.8kg/4.5kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,484円/4,158円/8,618円(Amazon参考価格)
100gあたり価格 276円
販売会社 株式会社ケイエムテイ
公式サイト https://kmt-dogfood.com/item/artemis/item15/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る