147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

最高級の猫の餌!値段の高いキャットフードおすすめランキング5選!

最近ではキャットフードも健康志向なものが増えており、人間の食材並みに高品質な原料を使用した高級な餌が増えています。

しかし、値段が高いからといって中身が安全とは限りません!値段や見た目から高級感が感じられても、実は添加物が大量に含まれているなど危険な商品も沢山あります。

そこで当サイトでは、口コミで人気の高級キャットフードについて、選び方のポイントや原材料の安全性について調査しました。そのうえで、本当におすすめできるキャットフードをランキング形式で紹介したいと思います。

高級キャットフードのおすすめの選び方!

まず始めに、高級キャットフードの選び方についてです。巷には、相場より割高なキャットフードも数多く存在しますが「高級=安全」とは限りません。しっかりと以下のポイントを抑えて、高級と呼ばれる理由が理解できるものを選びましょう。

高タンパク・低炭水化物で穀物を含まない。

猫は本来、小動物を主食とする肉食動物ですから、肉や魚といった動物性タンパク質が豊富なキャットフードが理想的です。それに加えて、ビタミン、ミネラル、少量の脂質がバランス良く含まれていればなお良いでしょう。

しかし巷には、肉や魚の代わりに原価の安い穀物などの炭水化物を混ぜてコストダウンしているものが多く、本当に栄養バランスがいいものはほんのわずかしかありません。

しかも、穀物は猫が消化できない「グルテン」という成分を含んでいて、消化不良やアレルギーの原因にもなるのです…。

こういった現状をふまえると、穀物不使用で高タンパク・低炭水化物のキャットフードが本当に安全なものだと言えますね。

ヒューマングレードの原料を使用している。

人の食品に使われる食材、つまりヒューマングレードの食材を使ったキャットフードなら安全です。

反対に「○○ミール」「肉副産物」など、人間用の食品ではあまり見かけないような原料には注意しましょう!こうした原料は、通常なら廃棄するような動物の血液、骨、くちばし、内臓など粗悪な部位を含んでいる可能性があります。

ヒューマングレードに関しては世界共通の基準がないため、メーカーの自己申告となりますが「骨抜きチキン」「有機チキン」など、原材料の表記が明確であれば安全だと言えるでしょう。

粗悪な原材料の例

チキンエキス、フィッシュエキス、チキンミール、フィッシュミール、ミートミール、ミートボーンミール、肉副産物、魚副産物、肉粉、肉骨粉、魚粉、ビートパルプなど

人工添加物を使用していない。

猫の健康のためには、保存料などの添加物不使用のキャットフードを選びましょう。

こうした添加物は、本来猫にとって不要なものであり、長期間の摂取により体に蓄積されるとアレルギーなど体に異変が起こることもあります。

特に「合成○○」「○○剤」といった人工添加物は、発がん性が疑われるものもあるので絶対に避けたい成分です!

手作りの食事と違って品質を保つために多少は仕方ない部分もありますが、なるべく無添加で危険なものが入っていないものを与えましょう。

人工添加物の例
  • 酸化防止剤:空気中の酸素によって起こる食品の劣化を防ぐ物質。特にBHA(ブルチヒドキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンは危険度大。
  • 合成着色料:食品の見た目をよくするために使われる着色料。
  • 合成香料:風味をよくするために使われる香料。
  • 塩化ナトリウム:塩素とナトリウムとが結合してできた化学物質。

人気の高級キャットフード14種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある14種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「原料の安全性」「栄養バランス」の2つです。それに加えて、今回は100gあたりの価格も比較しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 価格(100gあたり) 原材料の安全性 栄養バランス
ジウィピーク
787円
安全

脂質35%以上
RAWZ
464円
食塩
モグニャン
238円
ヒューマングレード
ランフリーキャット
540円
コーンフラワー、小麦ふすま、ビートパルプ
無添加キャットフード安心
459円
穀類(玄米、大麦、燕麦)、鶏がら
アカナ
348円
鶏肉ミール七面鳥肉ミール丸ごとニシンミール
VISIONS
335円
フィッシュミール(国内近海鯵)、小麦粉(北海道産)、コーンフラワー、コーングルテンミール
ブルー
320円
塩化ナトリウム
ザナベレ
307円
セルロース、ライス、肉粉、動物性油脂

タンパク質30%以下
ロイヤルカナン
271円
米、小麦、とうもろこし、動物性油脂、BHA、没食子酸プロピル、ビートパルプ、コーングルテン

タンパク質30%以下
ボジータ
259円
全粒小麦、とうもろこし、ライス、とうもろこしグルテン、動物性油脂

カロリー表記なし
カナガン
238円
ヒューマングレード
ジャガー
265円
ヒューマングレード
オリジン
247円
ヒューマングレード

このように高級キャットフードと言っても、実は添加物が大量に使われているなどお世辞にも高級とは言えないものも沢山ありました。

特に「○○ミール」など粗悪な原料は、発がん性や病気になるリスクもあるのでとても安全な食事とは言えません…。

では一体、高品質で本当に安全なキャットフードはどれなのか?調査の結果、最も優秀な5つをランキング形式で紹介していきます!

おすすめの高級キャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「価格」「原材料の安全性」「栄養バランス」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは人間の赤ちゃんの離乳食に使用されるほど新鮮な白身魚やヒューマングレードのかぼちゃ、サツマイモなどの天然素材から作られたキャットフードです。無添加・穀物フリーで消化に優しく、子猫から老猫までどんな猫にも安心して与えられます。高品質ながら今回比較した中で最もコスパが良く、続けやすさもNo.1です!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.6
編集部からのコメント
モグニャンは、愛猫家たちが約2年の歳月をかけて、食いつきの良い高品質なキャットフードを追求した結果作られたものです。ヒューマングレードの安全な素材だけを使用し、添加物など危険な成分は一切使っていないので、10年、20年と安心して与え続けることができます。高級ながらも手の届く価格帯で、定期購入だとさらにお得です!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、新鮮なチキン由来の動物性タンパク質を豊富に含んだキャットフードです。チキンの含有量が全体の60%を超えており、必須アミノ酸や不飽和脂肪酸などもバランス良く含まれています。欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の定める厳しい基準をクリアした施設で製造されており、安全性も申し分ないでしょう。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは、モグニャンなど数多くのペットフードを開発した「レティシアン」の中で売上ナンバーワンの言わずと知れた人気商品です。人間の食材と同じように平飼いした新鮮なチキンのほか、サツマイモ、ニンジンなど栄養価の高い野菜を多く含んでいます。その品質はペット大国イギリスのエリザベス女王から表彰された実績もあり、安全性も高く評価できるでしょう。
ジャガー
ジャガーの特徴
ジャガーは、チキン、鴨肉、サーモン、マスなど新鮮な肉や魚をたっぷりと使用した高級感溢れるキャットフードです。穀物だけでなく芋類由来のデンプンも控えめなので、消化に優しく胃腸にも負担をかけません。肉副産物や添加物など危険原料も使用していないので、安心して愛猫に与えられます。
価格 【通常】4,280円
【定期】3,852円
内容量 1.5kg
100gの価格 265円
評価 4.4
編集部からのコメント
ジャガーは「手の届く贅沢」をテーマに作られたキャットフードで、新鮮な肉や魚由来の動物性タンパク質を80%以上も含んでいます。穀物・肉副産物は使わず、猫が本来必要とする栄養だけが入っているのが嬉しいですね。先に紹介した3つよりやや割高ですが、品質にこだわりたい飼い主さんにはぴったりですよ!
オリジン キャット&キトゥン
オリジン キャット&キトゥンの特徴
オリジンは、生産国カナダの地元政府が認定した区域で飼育した、新鮮な鶏肉から作られたキャットフードです。猫本来の食事に近い形を追求し、高タンパク・低脂質の理想的な栄養バランスを実現させています。また、炭水化物をほとんど含まないので、肥満や糖尿病などのリスクも減らすことができます。
価格 1,458円/6,804円/16,200円
内容量 340g/1.8kg/6.8kg
100gの価格 378円
評価 4.2
編集部からのコメント
カナダ発祥のオリジンは、一言で表すと野生の猫の食事に最も近いキャットフードです。ヒューマングレードの肉や魚が原料の大半を占めており、フルーツや野菜など本来猫が口にしない食材は極力抑えています。また、原料は地元政府認定の施設で収穫されているので、原産地への不安もなく安全性が高いと言えるでしょう。
ジウィピーク エアドライ・キャットフード ラム
ジウィピーク エアドライ・キャットフード ラムの特徴
ジウィピークエアドライ・キャットフード ラムは、原料の98%が肉・魚から作られています。完全放牧で飼育された最高品質のラム肉・レバーのほか、新鮮な魚介類が原料のほとんどを占めているので、余計なものはほとんど含んでいません。
価格 3,150円
内容量 400g
100gの価格 787円
評価 3.9
編集部からのコメント
ジウィピークは、野生の猫の食事の再現性を高めるために、原料の98%以上が新鮮な肉・魚からできています。ただ、脂質が高めなので子猫や痩せ気味の成猫にしか適していません。また、価格が相場の3~4倍はするので、毎日の続けやすさという意味では、若干の不安が残ります。

高級キャットフードでモグニャンがおすすめな理由!

巷には、一般的なキャットフードよりワンランク上の高価な商品がいくつかありますが、その中でモグニャンをおすすめする理由をまとめてみました!

高級キャットフードでモグニャンをおすすめする理由
  1. 赤ちゃんの離乳食に使われるほど新鮮な白身魚を63%も使用。
  2. 魚副産物や人工添加物など危険な原料を使用していない。
  3. ペットフードの安全基準が厳しいイギリスの品質検査をクリアした食材を使用。
  4. 穀物不使用で消化に優しい。
  5. 高タンパク・低炭水化物の総合栄養食
  6. オメガ脂肪酸や尿路ケアに嬉しいクランベリー配合

数あるキャットフードのなかで当サイトがモグニャンをおすすめするのは、ヒューマングレードの高品質な原料を室内猫とって最適なバランスで配合したものだからです!

モグニャンは、高タンパク・低脂質のヘルシーな白身魚由来の動物性タンパク質のほか、サツマイモやカボチャなど良質な食物繊維、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

これらは全て、日本より厳しいと言われるイギリスのペットフード安全基準をクリアしたものですから、安全性も高く評価できるでしょう。

また、穀物フリーで消化にも優しく、室内飼いの猫の健康に配慮して、不飽和脂肪酸クランベリーなど健康サポート成分が含まれているのが嬉しいですね!

高品質なキャットフードの中では最もコスパが良くお手頃価格ですから、切り替えを検討しているならまずはモグニャンから試してみてはいかがでしょうか?

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

缶詰・ウェットタイプでおすすめの高級キャットフードは?

商品名 価格(100gあたり) メイン原料 購入できる場所
何も入れないまぐろだけの「たまの伝説」
92円 まぐろ 公式サイト、Amazon、ヨドバシ.com
無一物パウチ まぐろ
91円 まぐろ 公式サイト、Amazon、ヨドバシ.com
シシア キャット ツナ&ビーフフィレ マルチパック
283円 ツナ(スマとカツオのミックス)、ビーフフィレ 楽天市場、Amazon
C&R ツナ、タピオカ&カノラオイル
246円 ツナ、水、タピオカ 楽天市場、Amazon
プレイアーデン 100%Natur ジャーマン トラウト
390円 トラウト 99.5%、有機キクイモ 0.5%、タウリン100mg(100gあたり) 公式サイト、楽天市場、Amazon
ナチュラルバランス キャットウェットフード缶 オーシャンフィッシュ
256円 オーシャンフィッシュ、オーシャンフィッシュ煮汁、ターキー、鶏肝臓、ツナ、玄米粉、ニンジン、サーモンミール、乾燥クランベリー 公式サイト、楽天市場、Amazon

今回はドライタイプのキャットフードで高級なものを紹介してきましたが、ウェットタイプについても人気の高級キャットフードをいくつかまとめてみました!

こうして比較してみると、ウェットタイプも価格はピンからキリまであって、1番高価なプレイアーデンは100gあたり390円とかなりプレミアム感がありますね。

ただ、シシアやナチュラルバランスのように危険な原料を使用したものもあるので、ドライタイプと同様に変わらず中身をしっかりと見極めることが重要です。

また、ウェットタイプはあくまで副食と言われており、猫に必要な栄養が完全に揃っていません。あくまでも食欲増進のためにドライフードに混ぜたり、おやつ感覚で少量のみ与えるようにしましょう。

高い餌と安い餌の違いは?キャットフードの価格は何で決まる?

商品名 価格(100gあたり) 原材料
A PRO(エイプロ)かつお 2kg【全猫種対応 オールステージ(全成長段階)猫用総合栄養食】
25円 糟糠類(ふすま、米糠)、豆類(大豆ミール)、でん粉類(タピオカ)、植物たん白エキス(コーングルテンミール)、肉類(チキンミール)、油脂類(鶏脂、植物性油脂)、魚介類(かつおミール)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、B12、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、カリウム、塩素、ヨウ素、セレン)、着色料(食用黄色5号、食用赤色102号)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
ジウィピーク エアドライ・キャットフード ラム
787円 生肉・内臓・魚介類…98%(ラム生肉、シープハート生肉、シープレバー生肉、シープトライプ生肉、シープキドニー生肉、シープラング生肉、ラムボーン、ニュージーランド緑イ貝)、乾燥海草、ミネラル類(マグネシウムアミノ酸複合体、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、セレン酵母、マンガンアミノ酸複合体)、ビタミン類(B1、葉酸、D3)、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

150種類以上のキャットフードを調査した結果、ドライタイプでは100gあたりの最低価格が25円、最高額は787円であることがわかりました。平均すると大体200円~300円のものが多かったです。

それにしても、同じキャットフードで30倍以上もの価格差があるなんて驚きですよね!

理由としては簡単で、見ての通り商品によって原料が全く異なるからです。安いキャットフードは質よりコストを重視して作られているので、赤字で示したような危険成分が多く含まれています。

反対に、ジウィピークの原料は安全で高品質なものばかりですが、値段が高いものが全て高品質とは限りません!

冒頭で比較した14種類のように、高価でも中身は低品質な商品も多いですから、原材料や栄養バランスなど総合的に評価の高いキャットフードを選びましょう!

高級キャットフードを安く購入するコツは?

購入方法 内容 おすすめ度
公式サイトからの定期購入 1~2ヶ月に1回のペースで定期購入する方法。一度申込すれば後は届くのを待つだけなので便利。通常の15~20%オフで購入できる場合もある。
ネット通販 楽天やAmazonでまとめ買いする方法。配送は便利だが、毎月購入する手間がかかる。
ペットショップ 店頭で購入する方法。ポイントカードなどがあればお得だが、自宅まで運ぶ手間がかかる。

愛猫に高品質な食事を与えたいのは飼い主さん共通の願いですが、家計のことを考えればなるべくお得な方法で購入したいですよね。

そこでおすすめなのが、公式サイトからの定期購入です!最初に簡単な申し込みを済ませておけば、あとは1~2ヶ月に1度のペースで自宅に届くので毎回注文する手間がかかりません。

しかも、通常価格より1割~3割も安く購入できるので、長い目で見れば数万円単位の節約にもなります。

定期購入ができない商品に関しては、ネット通販でのまとめ買いや、お買い得な日に店頭で購入するのがおすすめです!

高級キャットフードなのに猫が食べてくれない時はどうする?

「せっかく高級キャットフードに切り替えたのに全然食べてくれない…」こんな場合は、次の方法を試してみましょう。

  • 以前食べていた餌や加熱した肉や魚を少量混ぜてみる
  • ドライフードをレンジで温めて与える
  • 粒を砕いて小さくしてみる
  • 風味がしっかり付いた別のドライフードに替えてみる

そもそも猫は神経質な性格ですから、新しい餌を食べないというのはよくある話です。

そんな時は、以前食べていた餌やウェットフードなどを混ぜて様子を見ましょう。徐々に新しい餌の割合を100%に近づけていくという方法ですが、ほとんどの場合はこれで解決します。

また、風味を出すためにレンジで温めたり粒を細かく砕いたりするのも効果的です。

それでもダメなら、元々猫の好みに合わないか風味が弱く食欲を刺激されないという可能性があるので、風味がしっかりとついた別のドライフードに切り替えてみましょう!

キャットフードは高級なほど寿命が長くなるって本当?

キャットフードには危険な原料を使ったものもありますが、果たして高級なものを与えていれば長生きできるのでしょうか?

結論から言うと、人間と同じで体に良いものを食べているからと言って、必ず長生きできる訳ではありません!運動量や生活環境によっても寿命が左右されますから、食事だけが良くてもダメなんですね…。

ただ、低品質なキャットフードを与え続けるよりは、病気やアレルギーの発症リスクは少ないと言えるでしょう。

「あの時安いキャットフードばかり食べさせていなければ…」と後悔しないためには、日頃から人間が食べるものと同じぐらい安全なキャットフードを与えたいですね!

栄養バランスの優れた高級キャットフードならモグニャンがおすすめ!

「少し高くても質の高い食事を与えたい」「愛猫には長生きしてほしい」と思っているなら、安全で高品質なキャットフードを選びましょう。

ただし、値段が高いからと言って質が良いものとは限りません。しっかりと原材料や栄養バランスを確認して、納得できるものを与えたいですね!

もしこれまでに、

  • 価格と品質のバランスが良いキャットフード
  • 人間の食事と同じぐらい高品質なキャットフード
  • 安全で危険なものが入っていないキャットフード
  • 贅沢感を味わえるキャットフード
  • 獣医師も推奨するキャットフード

こういったものを探していたのであれば、まずは価格と質のバランスが取れたモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?

当サイトで比較した150種類以上のキャットフードでもトップクラスの原料を使用していますが、続けやすい価格なのがモグニャンの魅力です。これまでにない安心感と愛猫の食いつきに、飼い主さんもきっと笑顔になれるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る