147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

15歳以上の猫は餌で健康維持!評判の良いキャットフードおすすめ5選!

  • 愛猫が痩せてきたみたいで心配・・・。
  • 健康に気をつけたいのに飽きが激しくあまりご飯を食べてくれない・・・。
  • 今のキャットフードをあげ続けて良いのか・・・

現在このようなことで悩んでいませんか?

15歳の猫の体は人間に換算すると約76歳で、若い頃とは違って消化器官や嗅覚、咀嚼力が低下してくるためどうしても食欲がなくなってしまいます。

そのため、猫が食べてくれるフードをなかなか見つけられなかったり、栄養成分が少ないキャットフードを与え続けていると食欲がさらに低下していき栄養失調や、寿命を縮めてしまう病気のリスクが高まることもあります・・・!

そこで今回は、15歳以上の猫にピッタリな健康を維持できるようなキャットフードをランキング形式で紹介していきますね!

15歳以上の猫におすすめのキャットフードの選び方!

まず始めに、15歳以上の猫におすすめのキャットフードの選び方について紹介します。巷には、シニア用キャットフードが沢山ありますが、以下の条件を満たしていないと老猫に安心して与えることはできません。

良質なたんぱく質を使用しているものを選ぶ!

15歳以上の猫には、質の良いたんぱく質を使用したキャットフード選びが大切です!

15歳以上になると体の筋肉や骨だけでなく胃腸の働きまで弱くなってきます。もし栄養価の低いフードを与えていると体の機能はどんどん衰えて行き腎臓病・心臓障害・関節症などの病気を発症してしまうこともあるので要注意です!

これら病気を防ぐためには、筋肉や臓器・血管・被毛の元となるたんぱく質をしっかり摂取し、健康な体を維持することが大切です。

キャットフードのたんぱく質が良質な物かどうかを選ぶには以下のポイントに注目しましょう!

    • たんぱく質の割合が高すぎず25~35%くらいであること
    • 猫が消化しやすい動物性たんぱく質を使用していること
    • メイン成分に新鮮で栄養のある肉や魚を使っていること

安いキャットフードには4Dミートといって病気や死にかけまたは死んだ動物の肉を使っている粗悪な物もあり、栄養が全く含まれておらず危険性が極めて高いものです。

このような危険な肉もあるので、質の良いたんぱく質源を使用したキャットフードを選ぶことはとても重要です。

無添加・穀物フリーのものを選ぶ!

15歳以上の猫にとって、穀物や添加物は危険な食材です。特にトウモロコシや小麦などの穀物は元々消化しづらいので、胃腸が弱った猫に与え続けていると消化不良吐き戻しを起こすこともあるため注意が必要です。

穀物の中でも、玄米やオーツ麦など消化しやすく低アレルゲンのものもありますが、なるべく穀物が入っていないものが理想的です。

また、添加物の中で粗悪なものだと発がん性があるものも存在します。15歳以上の猫は様々な体の機能が低下しているため、少しの添加物であっても体に悪影響を及ぼす確立が高くなるのです。

愛猫と長く一緒に暮らしたいと思うのであれば、穀物フリーで無添加の物を選びましょう!

猫が食べやすい形状のもの選ぶ!

猫がストレス無く食べられるように、食べやすい小粒のドライフード、場合によってはウェットフードを与えましょう!

猫は15歳くらいから顎の咀嚼力や歯が弱くなってくるので、大きな粒のものは噛んで食べることが難しくなります。粒の大きいドライフードを与えていると、その食べ難さが原因で食事を取らなくなったり食事離れしてしまう恐れもあります。

そのため、ドライフードなら小粒や砕けやすいものを選び、もしドライフードをあまり食べないようならウェットフードに変更し、猫がストレス無く食事できるように配慮して下さいね。

ウェットフードを与える時の注意点

体重4キロの猫の場合およそ240kcalが1日の摂取量なので、1袋40kcalのパウチだと1日に約6袋必要な計算になります。ウェットフードだけを与えるのではなく、ふやかしたドライフードと混ぜて与えるようにして、適正な摂取カロリーに近づけるようにしましょう!

風味豊かで食いつきの良いものを選ぶ!

15歳以上の猫にとって、匂いや食いつきの良さもかなり大切なポイントです。

15歳以上からは嗅覚にも異変が出始めます。嗅覚が衰えると、食欲をそそられないので餌を目の前に出しても「食べたい!」という気持ちが薄くなります。

さらに嗅覚の衰えは味覚の衰えにもつながります。匂いがしないと味も分からなくなるので、猫が食事を楽しむことが出来なくなってしまい、食事する回数が減ってしまいます。

このような場合は、匂いが強いものや食い付きが良いと評判のキャットフードを選んであげましょう!かすかな匂いに反応して、猫も以前のように食事を楽しめるようになりますよ!

ドライフードはお湯でふやかしてあげると匂いがより引き立つようになります!どうしても食べない場合はふやかして与えてみましょう!

15歳以上の猫に人気のキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフード(ドライ・ウェット)を比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「たんぱく質の量(ウェットの場合はカロリー)と原料」「添加物・穀物の有無」「粒の大きさ」「食い付き」の4つです。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 たんぱく質の割合
(またはカロリー)
と原料
添加物・穀物 粒の大きさ 食い付き
オーブンベイクド
40%
チキン

ビートパルプ

オーブンベイクド製法

良い
テイストオブザワイルド 
32%以上
トラウトサーモン

無添加

8mm前後

とても良い
モグニャン
30%
白身魚63%

不使用

小粒 7×4mm

とても良い
ロータス
35%以上
チキン

挽き割り玄米
挽き割り大麦

オーブンベイクド製法

良い
FORZA10
28%
スイートコーン

スイートコーン
ビートパルプ

1cm以内

良い
サイエンスダイエット
34.1%
トウモロコシ

トウモロコシ
コーングルテン
動物性油脂
ビートパルプ

8mm前後

良い
ピュリナワン
40%以上
チキン

米、コーングルテンミール
小麦粉
家禽ミール

小さい

良い
銀のスプーン
30.0%以上
穀類(トウモロコシ
コーングルテンミー
ル 小麦粉)

穀類 肉類
油脂類 魚介類
セルロース
着色料

小さめ

とても良い
ヤラー
32%以上
鶏肉

不使用

ウェット

良い
アズミラ
206kcal/缶
ラム肉

全粒玄米

ウェット

良い
シシア
75.31kcal/缶
ツナ

不使用

ウェット

良い
サイエンスダイエット
カロリー不明
ツナ

米 小麦グルテン
動物性油脂
チキンエキス
セルロース
着色料
(酸化チタン)

ウェット

良い
ロイヤルカナン
73.95kcal
肉類(豚、鶏)

小麦グルテン
小麦粉
セルロース
調味料

ウェット

良い
カルカン
40kcal
魚類(かつお、まぐろ等)

小麦 調味料
亜硝酸Na

ウェット

良い
黒缶
56kcal/袋
魚介類
(マグロ カツオ
フィッシュペプチド
フィッシュコラーゲンペプチド)
魚介類
ウェット

良い

今回15種類のキャットフードを比較して分かったのは、スーパーで売っているような人気のキャットフードほど、添加物や穀物が沢山使われていたということです!

特に銀のスプーンやサイエンスダイエットは添加物のオンパレードで、発がん性のある着色料の酸化チタンや赤色108号まで入っていてこの中で1番危険なキャットフードです。

先程も良いましたが、15歳の猫は体の様々な機能が低下してきて弱ってくる時期です。そんな時に、添加物や穀物がいっぱいのキャットフードを与えるなんて猫の寿命を縮めているのと同じです。

キャットフードを選ぶなら、猫の健康のためにも無添加・穀物フリーは最低条件だと思ってくださいね。

それでは、ここまで15種類のキャットフードを比較してきましたが、15歳以上の猫にはいったいどのキャットフードが良いのでしょうか?当サイトが本当におすすめできるキャットフード5選をランキングでご紹介していきますね!

15歳以上の猫におすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「たんぱく質の量(ウェットの場合はカロリー)と原料」「添加物・穀物の有無」「粒の大きさ」「食い付き」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
赤ちゃんでも食べられるヒューマングレードの白身魚をメインとし、愛猫の食い付きと健康を徹底的に考えて作られたキャットフードです。その製造は品質管理に厳しいイギリスの工場で行い、もちろん無添加・穀物フリーなので安心の高品質でありながら栄養がしっかり摂れるキャットフードです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
評価 5.0
編集部からのコメント
少し柔らかくて小粒なので歯の弱くなった猫に食べやすく、良質なたんぱく質源から作られているので栄養がたっぷりです。たんぱく質の量とカロリーが丁度良い値で、オメガ3とオメガ6を含むため15歳以上の猫の免疫力を上げ、健康をサポートしてくれます。猫の好きな白身魚の良い香りがして食い付きの評判がとても良いため、あまりご飯を食べなくなってしまった猫にもおすすめですよ!
テイストオブザワイルド キャニオンリバー キャットフード トラウト&スモークサーモン
テイストオブザワイルドの特徴
テイストオブザワイルドは日本にはまだ浸透していませんが、自然食事基づいて食事療法を目指す高品質なキャットフードとしてアメリカでは評価が高いです。穀物の代わりに消化の良いポテトや豆類を使用していて、もちろん無添加です。消化しやすく栄養のあるキャットフードでAFFCO(米国飼料検査官協会)の基準もクリアしています。
価格 2,280円/6,480円
内容量 2.27kg/6.8kg
評価 4.5
編集部からのコメント
サツマイモ・トマト・ブルーベリー・ラズベリーなどの野菜や果物が猫の健康を促進する栄養素を提供し、亜鉛・セレン・ビタミンEは免疫システムをサポートします。粒も小さめで食べやすく、全年齢の猫が食べられるため多頭飼いしているお家には値段も安くて最適です!
ヤラーCat サーモンと海藻のキャットパテ
ヤラーの特徴
徹底的な管理体制でヨーロッパ各国の認証団体から認められている、本格的なオーガニックブランドです。オーガニック認定された鶏肉と七面鳥を使ったグルメなウェットフードです。猫に必要な栄養素が全て含まれているアダルトメンテナンス総合栄養食です。
価格 356円
内容量 100g
評価 4.5
編集部からのコメント
鶏や七面鳥の内臓まで入っていて、グルメな猫でも大満足の味です!ウェットなので15歳以上の猫にも食べやすく、アロエベラ入りなので抗炎症作用・整腸作用にも期待できます。総合栄養食なので、摂取量の目安(200g~400g)を守ればこれだけを1日に与えても大丈夫ですがコストがかかるのでドライフードと併用するのがおすすめです!
シシア キャット シニア ツナ&アロエ 缶詰
シシアの特徴
シシアは100%ナチュラル原材料を使用した、イタリアのキャットフードです。無添加・無着色・穀物フリーで、最高級ウェットフードとして評判が良く、栄養管理システムのHACCPから認証されている安全性の高いフードです。
価格 305円
内容量 85g
評価 4.2
編集部からのコメント
こちらは7歳以上の高齢猫用で、ゼリータイプのウェットフードです。栄養補給がしやすくくなるオリゴ糖とプレバイオテクスを配合していて、オメガ6・オメガ3も入って皮膚や毛艶を良くしてくれます。少ない量で栄養を摂取できる高カロリーのものが個人的にはおすすめですが、安全性とまとめ買いで安くなるコスパ面からこの順位にランクインしました。
アズミラ 猫用ラム&バーレイ
アズミラの特徴
アズミラはアメリカ産の人用高品質材料で作られているオールナチュラルフードです。副産物・小麦グルテン・濃縮米蛋白や添加物を含まないので安全性もバッチリです!総合栄養食で1缶205kcalあるので少ない量でしっかりと栄養補給できます。
価格 421円
内容量 156g
評価 3.5
編集部からのコメント
猫缶は100kcal前後が大半ですが、こちらは1つで205kcalとかなり高カロリーです!玄米と大麦が入っているのが残念ですが、ここまで高カロリー栄養食は無いので食が細くてあまり食べてくれない猫のカロリー調整におすすめです!

15歳以上の猫にモグニャンキャットフードがおすすめな理由!

15歳以上の猫に適したキャットフードはいくつもありましたが、その中でもなぜモグニャンが最もおすすめなのでしょうか?その理由をまとめてみました!

15歳以上の猫にモグニャンキャットフードをおすすめする理由
  1. たんぱく質源が赤ちゃんでも食べられる白身魚なので栄養価が高く安心。
  2. 添加物・穀物フリー、4Dミート不使用。
  3. 直径7mmの柔らかめの小粒なのでシニア猫でも食べやすい。
  4. 猫の食欲を誘う魚由来の香りで食い付きが良い。
  5. 栄養バランスが良く、消化しやすい。
  6. 腎臓機能を強化するクランベリーを配合。

15歳以上のキャットフードは数十種類あるなかで、当サイトがモグニャンをおすすめする理由は、シニア猫に必要な栄養素がしっかりと含まれていて免疫力を上げてくれるからです!

モグニャンは、人間でも食べることが出来る食材を使用した「ヒューマングレード」なので、猫にとって有害な4Dミートや肉副産物などは含みません。

ただ、香料を使わなくても天然由来の風味がしっかり付いていて、柔らかめの小粒なので噛む力の衰えたシニア猫でも食べやすいのが魅力です。

シニア猫向けのキャットフードは沢山ありますが、特に健康に気を遣う15歳以上の猫にはモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?今までにない食いつき具合に、飼い主さんも嬉しくなるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

15歳以上の猫が痩せてきたら要注意!適正体重や1日の必要カロリー・食事量は?

項目 内容
適正体重 4kg前後
1日の必要カロリー 体重1kgあたり60kcal
1日の食事量 100g ×(1日の必要カロリー÷餌100gあたりのカロリー)

猫の15歳は人間で言うと76歳ぐらいの高齢期で、体重は4kg前後が最適です。

また、15歳以上のシニア猫が1日に必要なカロリーは、体重1kgあたり60kcalと言われています。つまり、体重4kgの猫なら1日240kcalのエネルギーが必要という計算ですね。

そして食事量は、100g×(1日の必要カロリー÷餌100gあたりのカロリー)で求められます。

今回おすすめしたモグニャンは100gあたり374kcalですから、

100g ×(240kcal ÷ 374kcal)
=100g × 0.64
=64g

と計算できるので、1日あたり64gのモグニャンを与えればいいということになります。

ただし、これはあくまで一般的な目安なので、愛猫の健康状態や体型、その日の体調に合わせて調整が必要です。特に15歳以上は、食が細くなって痩せ気味になるので、少量でもしっかり栄養が摂れる餌を選んであげましょう。

15歳以上の猫がご飯を食べない・食欲がない時の対処法は?

猫も人間と同じで、高齢になると食欲が落ちたり、動きが鈍くなったりと老化による体調の変化が見られるようになります。

ただ、ご飯を食べてくれないとなると栄養が摂れず痩せる一方で、飼い主さんとしては不安になりますよね…。そんな時は、以下の方法を試してみましょう!

①細かく砕いて食べやすくする。

フードプロセッサーで粉砕するか、チャック付きの袋に入れた餌をすりこぎ棒などで砕いて与えてみましょう。噛む力・飲み込む力が衰えた猫に有効です。

②レンジで温めて風味を強くする。

レンジで1~2分温めると風味が強くなり、嗅覚が衰えた猫でも反応することがあります。

③お湯でふやかして食べやすくする。

お湯でふやかすと餌が柔らかくなるので、噛む力が弱くても食べやすく、水分により少量でも満足感を得られます。

④餌の食器を置く高さを調節する。

餌を与える食器をいつもより少し高めの位置に置いてみましょう。飲み込む力が衰えてきた猫に有効な方法です。

上記の方法を試しても食べない場合は、流動食に切り替えるなど本格的な対策が必要になるので、一度病院で相談してみましょう。

【銀のスプーン&ピュリナワン&ビューティープロ&メディファス】15歳以上の猫専用のキャットフードの安全性は?

商品名 危険な原料
銀のスプーン 海の贅沢素材 腎臓の健康維持用
トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉、ポークミール、ビーフミール、チキンミール、チキンエキス、油脂類、フィッシュエキス、フィッシュミール、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、豆類(丸大豆)、セルロースパウダー、塩素、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、調味料
ピュリナ ワン 長生き猫の健康維持 チキン
コーングルテンミール、家禽ミール、大豆たんぱく、牛脂、小麦粉、フィッシュミール、ポークゼラチン
ビューティープロ 猫下部尿路の健康維持
トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦粉、牛肉粉、豚肉粉、動物性油脂、フィッシュパウダー、pH調整剤
メディファス チキン味
とうもろこし、コーングルテンミール、ミートミール、チキンミール、動物性油脂、フィッシュミール、塩素

巷には、シニア用でも15歳以上の高齢期に特化したキャットフードが売られており、中でも上記の4つは知名度も高い人気商品です。

しかし見てのとおり、危険な粗悪成分が山ほど含まれていることがわかりました。特に赤字の成分は、発がん性など様々なリスクが潜んでいるので、代謝が落ちている老猫が食べると危険です!

長生きしてほしいという思いでシニア用を選んだのに、実はかえって寿命を縮めているなんてショックですよね…。

キャットフードに関しては、人気商品=安全とは限りません。「15歳以上」「超高齢猫におすすめ」と書かれていても、原材料の安全性を確かめたうえで本当に良いものを与えましょう!

15歳以上の猫が元気でいられる安全なキャットフードはモグニャンがおすすめ!

「体に優しい食事を与えたい」「いつまでも元気でいて欲しい」という思いの飼い主さんには、安全で消化に良く栄養バランスが整ったキャットフードがおすすめです!

巷には、シニア用キャットフードが沢山ありますが、どれを与えても安全という訳ではありません!先ほどもお伝えしたように、人気商品でも危険な原料が大量に使われているものもあるので十分に気を付けましょう。

これまでに、

  • 15歳以上の超高齢猫にも安心して与えられるキャットフード
  • 少量でもしっかり栄養が摂れるキャットフード
  • 小粒で食べやすいキャットフード
  • 風味がしっかりついているキャットフード

こういったキャットフードを探していたのあれば、全ての条件に当てはまるモグニャンを試してみてはいかがでしょうか?15歳以上のシニア猫でもしっかりと食べる姿に、飼い主さんもきっと安心できますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る