147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ねこ姫キャットフードの口コミ評判は?安全性も解説!

ねこ姫キャットフードは株式会社コジマが製造するグルメな猫用キャットフードです。焼津産かつお節の使用で飛びつく猫も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか?ねこ姫の安全性や口コミ評判などを徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 1.8
グレインフリー 0.0
無添加 0.8
安全性 1.5
コスパ 4.0
内容量 300g
価格 300円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 100円
対応年齢 成猫用
原産国 日本
編集部からの評価

ねこ姫は、当サイトでEランクのドッグフードです。グルメな猫用と謳われるだけあって、かつおとまぐろの香りは人間でも食欲をそそります。しかし、その「香り」に疑問があります。実際には焼津産かつお節の配合量は微量で、原料が明確でないフィッシュエキスの割合が高いのが残念に思いました。消費者が気になる着色料・酸化防止剤については、クロレラ・紅麹・ローズマリー抽出物、などを使用し、猫の健康を考えられていて安心感があります。ですが、メインの原材料が猫の消化しにくい穀物であること。また、肉類・魚介類には4Dと思われても仕方ないミール類がふんだんに使われていることなどが健康を害すると考えられるため、高品質であるとは言い難いように思います。猫の健康面を重視する飼い主さんへは、正直おすすめするのは厳しいです。

ねこ姫キャットフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ねこ姫キャットフードの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「小魚&かつお節添え」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、まぐろエキス、かつおエキス、小魚、焼津産かつお節、えびエキス、フィッシュコラーゲン)、豆(おから)、卵(全卵粉末)、ビール酵母、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(クロレラ、紅麹)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

4D ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー、フィッシュミール 香料 フィッシュエキス、まぐろエキス、かつおエキス、えびエキス
粗悪成分 動物性油脂 着色料 クロレラ、紅麹
危険成分 保存料
やや危険成分 とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉 酸化防止剤 ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール
粗タンパク質 37.0%以上 粗灰分 9.0%以下
粗脂肪 14.0%以上 カルシウム 1.0%以上
粗繊維 3.0%以下 代謝カロリー 380kcal/g
水分 10.0%以下 リン 0.8%以上

穀類

猫にとって最も消化しにくいのが穀物です。特に小麦粉は猫にとってアレルギーを引き起こしやすい穀物の1種です。また高GI値食品でもあるため、血糖値が急上昇しやすいデメリットもあります。

〇〇ミール

原材料に〇〇ミールと記載されている肉類と魚類のミールは、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものです。つまり食肉以外の栄養価が低い部分になります。

中には詳細を明らかにしてるメーカーもありますが、ねこ姫に関しては公式サイトにも言及されていません。よって危険な肉副産物が含まれる可能性は十分にあると言えるでしょう。

動物性油脂

動物性油脂は、何の動物から抽出された油脂なのか分からない原料の1つです。良質の油と比べ価格が安く、低品質キャットフードに使われることが多いです。

〇〇エキス

〇〇エキスに関しては、きちんとまぐろエキス・かつおエキス・えびエキスと魚の種類を明確に書かれているものは比較的安心ですが、フィッシュミールと書いているものは注意が必要です。

どういった魚を使用しているか詳細が公式サイトにも書かれていないため、4Dと判断する消費者も多いと思われる成分です。

豆類・卵類

素材が明確でない豆類は危険が多いです。特に毒性のある物質が含まれている可能性もあり、「類」と記載されている原材料の大半ははっきりとした正体がわかりません。

卵類も同様、どの動物の卵か不明です。アレルギーを引き起こす可能性が高いのも卵の特徴です。

編集者からのひとこと

ねこ姫は、主原料にとうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉と4種類の穀物が使われています。また、肉類というあいまいな表記な上、4Dミートとも受け取れるミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダーが使用されています。

猫は良質な動物性たんぱく質を主食にすることで健康な体を維持できるのですが、原材料から見ても動物性たんぱく質が全く使われていないので、猫の栄養管理にふさわしいとは言い難いです。

また、嗜好性を表現するために使用しているエキス類は、すべてが悪いわけではないのですが、素性が知れないものも含まれます。

さらに、低品質なキャットフードに配合されがちな動物性油脂(何の動物から得られる油脂なのか不明)の配合。このような原材料からも、決して高品質なキャットフードだとは言えないと判断しました。

穀類がメイン原材料と言うことからも、アレルギーをもっている猫に与えるのは控えましょう。

ねこ姫キャットフードの口コミや評判は?

実際に、ねこ姫を愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ねこ姫キャットフードの良い口コミ

ミックス 8歳 / オス
5.0
パクパク食べてくれますが、すぐに飽きてしまうのか食べたり食べなかったりします。違う餌と交互にあげるようにしています。他にも味の違うものがあればいいなぁ。
アメリカンショートヘア 10歳 / オス
3.5
見た目が可愛いです。フードそれぞれ魚の形で私のお気に入りです♪

ねこ姫キャットフードの悪い口コミ

ペルシャ 8歳 / メス
2.0
最初の食いつきは見事でした。喜んでいると思いきや、残すようになりました。最初の食いつきはいったい何だったのか・・・。味が安っぽいからかなぁ。
ミックス 7歳 / メス
1.5
ウエットフードと混ぜてあげています。うちの子だけかもしれませんが、そのままだと食べません。
ロシアンブルー 4歳 / オス・メス
2.0
値段が安いので、ネットで買い忘れた時に購入しています。食いつきはいいですが、小魚は食べてくれません。
シャム猫 5歳 / メス
1.0
うちの猫は見向きもせず食べてくれません。友達に上げましたが、友達の猫も食べなかったそうです。

ねこ姫キャットフードの口コミ・評判まとめ

ねこ姫の口コミを調査したところ、気になったのが食べ残す、食べてくれないというコメントが多かったです。

最初の食いつきが良い!という猫も、数日経過すると残すというのが気になりますね。何か別のフードと混ぜなければ食べない、フードの一部を残すといった行動は単に好き嫌いというものではないと判断できます。

この場合、猫が野性的な感覚で自ら食べれるもの、食べられないものを嗅ぎ分けている可能性が高いように感じました。

ねこ姫キャットフードをお得で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでねこ姫を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 300円 300円 300円
送料 7,000円以上送料無料 2,000円以上送料無料 地域により異なる

ねこ姫キャットフードは通販サイトか店舗で!

ねこ姫は、公式・Amazon・楽天、3か所どこも同じ価格でした。しかしネットショップですと送料がかかってしまうため、500円前後プラスで考えなければいけません。

もし近くのスーパーやドラッグストア・ホームセンターなど、店舗での取り扱いがあるならば、送料がいらないので店舗購入が最も安上りです。

どうしても近くで手に入れられない場合は、価格と送料を確認した上で購入するとよいでしょう。

ねこ姫キャットフードと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとねこ姫キャットフードにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン ねこ姫
内容量 1.5kg 300g
価格 3,960円 300円
100gあたりの価格 238円 100円
メイン食材 白身魚63% 穀物
穀物 グレインフリー とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉
添加物 無添加 フィッシュエキス、まぐろエキス、かつおエキス、えびエキス
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグニャンとねこ姫の比較ですが、まず原材料が大きく違っていることがわかります。

モグニャンは、人間が食べられる良質な白身魚63%を主原料としています。しかし、ねこ姫は猫にとって消化吸収しにくい穀物を主原料としています。これは一目瞭然ですね。

また、ねこ姫は詳細を表示していない肉類、ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー、フィッシュミールといった4Dと思われても仕方がない原料が使われている分部は安全性に乏しく感じます。

それに、表示されている「〇〇」は消費者にとって極めて疑わしい表現で、せめて公式サイトには、どの種類の何を使っているという表示があれば安心できるのに!と思いました。

また、価格の面では「ねこ姫は100g=100円」「モグニャン238円」とモグニャンの方がねこ姫より2倍以上高いですが、原材料を比較してみると価格の差=品質の差であることがよくわかります。

本当に猫の健康を考えるのであれば、モグニャンのように原材料をすべて開示してくれているメーカーであれば消費者も安心です。

かわいい愛猫の3年後・5年後・10年後を想像しながら、今一度キャットフードと言うものを見直してみても良いかもしれませんね。

ねこ姫の味は2種類!10歳以上のねこ姫もある!

当サイトに記載しているのが成猫用で、味は2種類あります。成猫用以外には「10歳からのねこ姫」が販売されています。

  • ねこ姫 小魚&かつお節添え 300g(当ページで紹介)
  • ねこ姫 小えび&かつお節添え 300g
  • 10歳からのねこ姫 しらす&かつお節添え 300g

ねこ姫のみで健康管理は難しい!

ねこ姫は猫に必要な、動物性たんぱく質が一切含まれていません。ねこ姫だけでは栄養が偏りすぎるのがちょっと考えものですね。

パッケージには総合栄養食と書かれていますが、上記の原材料などを見ても、毎日の健康管理には向いていないキャットフードだと判断できます。どうしても猫が食べたがるのであれば、栄養バランスが良いフードをメインに与え、おやつという形であげると良いでしょう。

アレルギーになりやすい穀物メインのキャットフードですので、既にアレルギーを持っている子には絶対与えないようにしましょう。

ねこ姫の油っぽい理由は動物性油脂の酸化の可能性あり!

原材料に含まれる動物性油脂が酸化してしまうと、油っぽいにおいになります。

小袋を開けたらできるだけ早く使用し、食べかけは密封容器に入れたり、冷暗所へ置くなどの配慮をすれば数日は問題なく食べれます。

賞味期限を確認し、期限の切れたフードは与えないようにしましょう。

ねこ姫を急に食べなくなる!考えらる原因はこの3つ

理由は猫により様々ですが、考えられる原因としては、下記があげられます。

  • 食欲不振
  • 食べ飽き
  • 体調不良

朝夕の食事の場合、1回食べなかったというくらいなら問題はありませんが、2回以上食事タイムをスルーするのは体調不良によるものだと思われます。

成猫の場合、1日何も食べない場合は要注意!病院で診てもらうようにしましょう。

ねこ姫キャットフードのQ&A

ねこ姫は子猫でも食べれますか?

パッケージには成猫用と書かれていますので、1歳以上の猫に与えてください。子猫には脂質が少なすぎるので栄養不足になってしまうという点からも表示は守りましょう。

ねこ姫 香る砂は同じメーカーのものですか?

はい、同じメーカーです。株式会社コジマがオリジナルで作った砂で「ねこ姫 香る砂」という名称です。コジマは猫だけでなくペット全般の商品を製造販売されています。

ねこ姫キャットフードの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード
内容量 300g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 300円
100gあたり価格 100円
販売会社 コジマ
公式サイト https://pet-shop.jp/kojima/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る