147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

キャットスマックを愛猫に試しました!口コミ評判や安全性も評価!

キャットスマックは、スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどで販売される定番キャットフードです。価格も安く手に入りやすいことからとても人気ですが、実際中身はどんなフードなのでしょうか?成分の安全性や口コミ評判などを徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 1.7
グレインフリー 0.0
無添加 0.8
安全性 0.8
コスパ 4.5
内容量 1.4kg/2.2kg
価格 607円/716円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 43円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

キャットスマックは、当サイトでEランクのキャットフードです。近所のお店で気軽に買えるということもあり、品質や栄養面が気になっていたのですが、嗜好性を高めるための合成化学物質の配合が多いです。その上、穀物を消化できない猫にメイン原材料が穀物である、という時点で信用がガタオチしました。動物性たんぱく質を主食とする猫になぜ穀物をメインにしているのでしょうか。また、当サイトが危険とする4Dミートが使用され、信用するにはほど遠いように感じます。キャットスマックは、猫の健康を全く配慮していないのかな?とストレートに思ったキャットフードです。

キャットスマックの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、キャットスマックの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「かつお味」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤、危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等)、肉類(チキンミール、ポークミール、ミートミール)、豆類(乾燥おから、脱脂大豆等)、魚介類 (フィッシュミール、かつおエキス、フィッシュパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、たん白加水分解物、ビール酵母、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、pH調整剤、着色料(赤色102号、黄色4号

4D チキンミール、ポークミール、ミートミール 香料 かつおエキス
粗悪成分 動物性油脂 着色料 赤色102号、黄色4号
危険成分 コーングルテンミール 保存料
やや危険成分 とうもろこし、小麦粉、小麦ふすま等 酸化防止剤 ビタミンE
粗タンパク質 27.0%以上 灰分 10.0%以下
粗脂肪 9.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー 330kcal/kg

とうもろこし

とうもろこしは食物繊維が多くて良さそうに思いますが、猫にとっては非常に消化の悪い食品です。また、アレルギー性も高いことから入っていないのがベストです。

小麦粉

小麦粉はグルテン含有量が多く、猫にとっては消化しにくいです。穀物の中でもアレルギー性が非常に高く、高GI値食品なので、血糖値が急上昇する食品でもあります。

フィッシュミール

フィッシュミールは魚の副産物、つまり可食部以外の栄養価の低い部分を集めてすりつぶしたものです。魚の身ではなく、エラ・ヒレ・目玉・歯・尻尾・内臓・わた・骨など通常は食品として販売できない部分を集めて使用するため安価です。

原材料費を抑えてキャットフードの量を増やすために使用されることが多い原料です。

ミートミール

ミートミールとは、精肉以外の通常は食べない部分、血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃腸などの部分を精製して脂肪を除いたものです。

病死した動物や事故死した動物の組織を用いている粗悪ミールもあり、安価です。こちらもフィッシュミール同様、原材料費を抑えてキャットフードの量を増やすために使用されることが多いです。

着色料(赤色102号、黄色4号)

一般的には「着色料」とだけ表示している製品が多いですが、原材料名を見ると自然植物から抽出されているもの、化学物質で合成されたものかが判明します。

キャットスマックに使用されているのは化学合成添加剤で赤色102号、黄色4号。人間でも同様ですが、猫にとっても極めて危険な物質です。

編集者からのひとこと

手ごろな価格と買いやすさから、つい手を伸ばしがちなキャットスマックですが、原材料をザっと見るだけでも好ましくない原料が多いと感じました。

まず、メイン材料は猫が消化できない穀類であること。その中でも当サイトが粗悪成分と位置づけているコーングルテンミールは猫にとって不必要な食材です。

次に肉類が全てミールを使用、この時点で全く信用がなくなりました。〇〇ミールと記載されたものは、食材の中でも捨てる部分。つまり、本来なら廃棄する分部を集めて作られているので、いかにコストをかけていないかが伺えます。

中には良質なミートミールを使っているメーカーもありますが、キャットスマックに関しては、どのようなお肉を使用しているかの説明は一切ありません。

さらにアレルギーを起こしやすい動物性油脂や当サイトが危険成分としているタール系合成着色料(赤色102号、黄色4号)が使用され、安全性は低すぎると言えます。

これらはキャットスマックに限ったことではありません。安く販売されている商品に多く、低品質なキャットフードによく使われる代表的な原料でもあるため、覚えておくといいかもしれませんね。

キャットスマックの口コミや評判は?

実際に、キャットスマックを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

キャットスマックの良い口コミ

ミックス 10歳 / オス
3.0
最初は食いつきも良く、ペロッと食べていたのですが、最近同じ量を上げているのに残します。ちょっと様子を見て違うフードに変えようか検討中ですが、いまのところはこちらのご飯で満足しています。
アメリカンショートヘア 1歳 / メス
3.0
子猫には食べにくいみたいです。棒状の餌なので、噛むのに苦労しています。小さくて丸い方がいいのかな?現在フードを荒く砕いてあげています。

キャットスマックの悪い口コミ

ミックス・日本猫など21匹 1~14歳 / オス&メス
2.0
保護猫団体で使用していましたが、与え始めて3週間目で、21匹中3匹に尿路系疾患が出ました。生活環境も関係すると思うのですが、健康を考えると継続するのは難しいです。
ミックス 6歳 / メス
2.0
安くていつでも手軽に買えるのでこちらのフードにしていますが、以前のキャットフードより質が悪いです。パクパク食べてくれるけど、健康のことを考えたら心配。今、失業中なので、もう少し余裕ができたら質が良いものに変更します。
ペルシャ 7歳 / オス
1.0
いつものキャットフードを注文するのをうっかり忘れ、間に合わせとしてスーパーで購入しました。食べてから一週間で、毛並みがごわついてきました。ウンチの色も前と全くちがいます。こんなすぐに変わるなんて、恐ろしい・・・。
マンチカン 4歳 / メス
1.0
食いつきも良く美味しそうに食べます。しかしキャットスマックを食べだしてからすごく毛が抜けます。以前はこんなに抜けなかったのに、3倍は抜けていると思います。

キャットスマックの口コミ・評判まとめ

安くて近所で購入できるメリットは、誰もが感じているようですね。食いつきも良いという飼い主さんが多く見られます。

その反面、以前のキャットフードに比べて「毛並みがゴワゴワしてきた」「尿路系疾患になった」「ウンチがこれまでとは違う」といった体調の変化を感じている飼い主さんも見られます。

毛が抜けやすくなったというレビューもあり、なにかしら体調を心配する声が気になります。

また、子猫にはキャットフードの大きさがネックになっているという声も上がっていますね。キャットマックスは棒状で、長さ約2cm・半径3ミリですので、子猫には噛みずらいと言うことが読み取れました。

キャットスマックのお得で購入するならどこ?公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較!

どこでキャットスマックを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 607円 645円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

キャットスマックは通販サイトか店舗で!

キャットスマックが一番安いのは、お近くのスーパーやドラッグストア、ホームセンターです。公式サイトでの販売はなく、通販ならAmazonか楽天での購入になります。

しかし、通販サイトからの購入は送料がかかってしまうので、実際のところ2倍以上の価格になります。近くで購入できない時は致し方ありませんが、安さを求めるのであれば店舗へ足を運びましょう。

キャットスマックと当サイト一押しのモグニャンで比較!

人気商品モグニャンとキャットスマックにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン キャットスマック
内容量 1.5kg 1.4kg
価格 3,960円 607円
100gあたりの価格 238円 43円
メイン食材 白身魚63% 穀類
穀物 グレインフリー とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等
添加物 無添加 着色料(赤色102号、黄色4号)
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグニャンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグニャンとキャットスマックの大きな違いは価格・穀物の有無・品質レベルです。

まず、価格に関しては圧倒的にキャットスマックが安いです!その分、中身も相応で、安ければいいというわけではないことがよくわかります。

それに対し、モグニャンは100gあたり198円とかなり高めです!安いキャットフードに慣れていると、ぶっ飛びの価格かもしれませんが、モグニャンは人間が食べれる高い品質レベルで新鮮な材料を使っているからです。

モグニャンは一切穀物を使用していません。それに対してキャットスマックは原材料の大半が穀物です。この時点で猫に消化の良いキャットフードはモグニャンだとわかります。

その反面、キャットスマックは猫の健康に大きな影響を与える添加物や動物性油脂を使用しており、低コストならではの成分が多すぎます。

ただ安ければよい!という考えは、猫の健康被害と背中合わせです。上記の比較表で「単に安ければいいわけではない」ということがよくわかっていただけると思います。

キャットスマックとキャットスマックプラスの違いは?

現在、キャットスマックシリーズには、「キャットスマック」と「キャットスマックプラス」の2種類が販売されています。キャットスマックは一般的な成猫用として販売され、キャットスマックプラスは、毛玉予防に作られています。

キャットスマックとキャットスマックプラスの違いは?
  • キャットスマック ⇒ 普通猫用
  • キャットスマックプラス⇒ 普通猫毛玉ケア用

キャットスマックの味の種類は?

キャットスマックの味は7種類あります。容量なども確認ください。

  • キャットスマック かつお味 1.4kg / 2.2kg
  • キャットスマック まぐろ味 2.2kg
  • キャットスマック さけ&ささみ味 2.2kg
  • キャットスマック 真鯛味 2.2kg
  • キャットスマック お魚ミックス 1.4kg / 2.2kg
  • キャットスマック お肉ミックス 2.2kg
  • キャットスマック 11歳以上用かつお・まぐろ味 2kg

キャットスマックプラスの味の種類は?

キャットスマックプラスの味は3種類です。以下のようになっています。

  • キャットスマックプラス かつお味 2.7kg
  • キャットスマックプラス まぐろ味 2.7kg
  • キャットスマックプラス ささみ味 2.7kg

キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用の味は?

キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用は3頭以上の猫を飼っている人に嬉しい大容量キャットスマックです。現在、お味は4種類であります。

  • キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用 マグロ味 7kg
  • キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用 かつお味 7kg
  • キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用 さけ&ささみ味 7kg
  • キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用 お魚ミックス 7kg

キャットスマックのQ&A

キャットスマックは子猫に上げても良いの?

キャットスマックの公式HPでは「全ライフステージ」と記載されています。しかし、口コミでもありましたように、1年未満の子猫には食べずらさがあります。

棒状に長いキャットフードなので、子猫が食べにくそうにしている場合は、砕いて与えてあげると食べやすくなりますよ。

キャットスマックに付いているまたたびはどのように上げればいいのですか?

フードに振りかけのようにかけても良いですし、なめさせてあげても良し、ぬいぐるみタオルに振りかけても構いません。ぬいぐるみ・タオルの場合、大はしゃぎで遊びますので、ボロボロになることも頭に入れておいてくださいね。

キャットスマックの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード
内容量 1.4kg/2.2kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 607円/716円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 43円
販売会社 スマック
公式サイト https://www.smack.co.jp/cat_food/
この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る