147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

老猫におすすめの小粒餌!シニア用キャットフードランキング5選!

猫は7歳を超えたらシニアの仲間入りと言われますが、シニア用キャットフードって沢山種類があってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

老猫向けの餌は、関節や体型維持など年齢特有の悩みに対処できますが、中には粗悪成分が含まれていて危険なものもあると知っていましたか?

せっかく餌を替えても、質が悪ければ長生きどころか病気にかかってしまう恐れもあります。いつまでも健康でいて欲しいのに、そんなの嫌ですよね…。

そこで当サイトでは、シニア用キャットフードについて、選び方のポイントや通常の餌との違いについて詳しくまとめてみました。その結果、本当におすすめできるものだけをランキング形式で紹介していきます!

おすすめのシニア用キャットフードの選び方!

まず初めに、シニア用キャットフードについて選び方の基準を紹介します。長寿猫が増えている今の時代、シニア用キャットフードの種類は増えていますが、以下の条件を満たすものが本当におすすめできる商品です!

小粒で食べやすい

猫も人間と同様に、年齢と共に噛む力や歯の状態が衰えてきます。そのため、なるべく飲み込みやすい小粒のキャットフードを与えましょう。

何ミリから小粒というルールはありませんが、大体8㎜以下の粒なら老猫でも食べやすいと言えます。特にペルシャ猫など鼻が低い品種は大粒だと食べづらいので、愛猫に合ったものを選ぶのが正解です。

グレインフリー&無添加で消化に優しい

消化機能が衰えてくる老猫には、消化に悪い原料は禁物です。特に、小麦やトウモロコシなどの穀物(グレイン)人工添加物は、アレルギーの原因ともなるので注意しましょう。

玄米やオートミールなど、穀物の中でも低アレルゲンのものはありますが、なるべくグレインフリーのキャットフードが理想的です。

また、代謝が落ちてきた老猫が添加物を長期間摂りつづけると、体に蓄積して体調に異変が出ることがあります。さらに、リンやマグネシウムなどのミネラルも、尿路結石を起こしやすくなるのでなるべく控えめのものを選びましょう。

  • リン:ミネラルの一種で骨や歯をつくる成分。摂りすぎると結石に繋がる。
  • マグネシウム:ミネラルの一種で血圧の維持や神経の興奮を抑える成分。摂りすぎると結石に繋がる。

高タンパク・低脂肪でカロリー控えめ

成猫に比べて運動量が少ない老猫は、カロリーを摂りすぎると太ってしまうため、高タンパク・低脂肪でヘルシーなキャットフードを与えましょう。

カロリーは100gあたり400kcal以内のキャットフードが適しています。高カロリーのものを少量与えるという方法もありますが、すぐにお腹が空いてしまうので沢山食べても大丈夫なものが良いですね。

また、タンパク質は30%以上、脂肪は20%以内なら老猫でも安心して食べられます。特にタンパク質は、筋力の衰えを予防するためにも必要なので、質や量にこだわって選びたいところです。

ただし、体に疾患を抱えている猫はタンパク質を制限した方が良い場合もあります。最低でも年1回は動物病院での検査を受けて、愛猫の状態に合わせたキャットフードを与えましょう!

風味豊かで食いつきが良い

老猫には、香りが強めのキャットフードが適しています。

というのも、猫は年齢を重ねると、食いつきが悪くなったり、餌の好き嫌いが激しくなることがあるからです。人間でも、年を取ると油っぽい物が苦手になると言われますが、それと似たような感じですね。

猫の場合は高齢による嗅覚の衰えが原因なので、食欲を刺激する香りがしっかりついているキャットフードを選んであげましょう。

風味付けのために香料が使われることもありますが、人工添加物なければ問題ありません。ただなるべく、肉や魚など天然由来の風味がしっかりついているキャットフードの方が安全です。

シニア猫に人気のキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「粒の大きさ」「栄養バランス」「無添加」「風味」です。各項目について詳細がわかるものは内容を明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 粒の大きさ 栄養バランス 無添加 風味
オリジン キトゥン

8mm以下

406kcal

無添加

香料不使用
ファインペッツ

8mm以下

427kcal

無添加

香料不使用
モグニャン

7mm

374kcal

無添加

香料不使用
ジャガー

8mm以下

384kcal

無添加

香料不使用
アーテミス

8mm

386kcal

無添加

チキンスープ
(天然香料)
テイストオブザワイルド

5~7mm

386kcal

無添加

天然香料
オリジン 6フィッシュ

8mm以下

406kcal

無添加

香料不使用
オーガニクス

5~7mm

373kcal


ナチュラルフレーバー
ブリスミックス

8mm以下

352.9kcal

無添加

チキンスープ
(天然風味料)
アーガイルディッシュ

7mm

348kcal

玄米

香料不使用
ゴー キャット

5~7mm

429kcal

塩化ナトリウム

天然香料
(フィッシュ由来)
アカナ

1cm前後

410kcal

無添加

香料不使用
FORZA10

7~9mm

349Kcal

スイートコーン
コーン油

香料不使用
カナガン

7mm前後

390kcal

無添加

香料不使用
シンプリー

8mm前後

390kcal

無添加

香料不使用

このように、シニア用キャットフードと言っても、栄養バランスや粒の大きさなど細かな違いがあることがわかりました。

シニアでも食べられるというだけあって、全体的に安全性が高いキャットフードが多いのですが、中には穀物や添加物を含んでいるものもあるので注意が必要です!

また、栄養バランスが良くてもカロリーが高いものは老猫には向きません。肥満の原因にもなるので、なるべく100gあたり400kcal以下のキャットフードがおすすめです。

以上をふまえて、当サイトで比較した結果、本当におすすめできるシニア用キャットフード5つをランキング形式でまとめてみました!

シニア用おすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「粒の大きさ」「栄養バランス」「無添加」「風味」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは、赤ちゃんの離乳食にも使用されるほど新鮮な白身魚を使ったキャットフードです。香料不使用なのに魚の風味がしっかりついているので、食欲が落ちた老猫でもガツガツ食べてくれると口コミで話題になっています。グレインフリーで消化に優しいので、アレルギー体質の猫でも安心です。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.6
編集部からのコメント
モグニャンは今回比較した15種類のキャットフードで最も小粒。粒も柔らかめなので噛む力が衰えた老猫でも食べやすいキャットフードです。風味豊かで食いつきの良さが口コミでも評判ですが、ジッパー付きでニオイ移りしないよう工夫されています。獣医師が勧めるほど安全性が高いので、愛猫の健康管理にぴったりですよ!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンはイギリスで80%のリピート率を誇る世界的に有名なキャットフードです。メイン食材には新鮮なチキンを60%以上使用し、無駄な原料が入っていないので体重管理にも適しています。穀物のほか乳製品も不使用なので、アレルギーが起きにくく、老猫にも安心して与えることができます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは全世代対応のマルチなキャットフードですが、栄養バランスの良さや安全性という観点から見ても老猫に自信を持っておすすめできます。穀物、乳製品、砂糖など、猫が本来必要としないものは一切含まないので、本当に必要なものだけが詰まったキャットフードだと言えます。
シンプリー
シンプリーの特徴
シンプリーは、サーモン・ニシン・マスなど新鮮な魚介類を使用したキャットフードです。動物栄養学者と共同開発されており、猫に必要な栄養をバランス良く含んでいます。また、1粒1粒を天然由来のフレーバーソースでコーティングしており、嗅覚が衰えた老猫でも思わず近づいてくる風味が特徴です。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
シンプリーはこれまで累計100万袋を販売した実績のある人気キャットフードのひとつです。高タンパク・低脂肪なので老猫の体調管理にも適しており、クランベリーやオリゴ糖などサポート成分も豊富に含まれています。サツマイモ配合で少量でも腹持ちが良く、少食の老猫にもぴったりです。
ジャガー
ジャガーの特徴
ジャガーは人間が食べられるほどの新鮮な食材だけを使用した高級感溢れるキャットフードです。チキンや鴨肉由来の動物性タンパク質を80%以上含んでおり、筋力の衰えが気になる老猫の健康管理にも適しています。また、デンプンの含有量が控えめなので、消化に優しく安心して猫に与えられます。
価格 3,852円
内容量 1.5kg
100gの価格 265円
評価 4.4
編集部からのコメント
ジャガーは一言で言うと「プレミアム感を感じられるキャットフード」です。人間が食べるレベルと同じ新鮮な食材を使用しており、素材の安全性では他のキャットフードと比べても抜きんでています。また、シンプルなデザインに加えて、マジックテープで二重構造のパッケージが保存にも便利です。
テイストオブザワイルド キャニオンリバー キャットフード トラウト&スモークサーモン
テイストオブザワイルド キャニオンリバーの特徴
テイストオブザワイルドは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリアした総合栄養食で、ライフステージを問わず猫の健康をサポートします。タウリンや抗酸化物質など、猫の免疫維持に必要な成分も豊富で、老猫の健康管理にも適しています。
価格 2,280円/6,480円
内容量 2.27kg/6.8kg
100gの価格 100円
評価 4.4
編集部からのコメント
テイストオブザワイルドは、アメリカでは言わずと知れた人気商品で、安全性や栄養バランスの良さには定評があります。抗酸化作用の強いラズベリー、ブルーベリーなどの果物と野菜が豊富に含まれているので、老猫が気になる免疫機能のサポートにも最適です。また、オメガ3系脂肪酸も豊富で、皮膚や被毛の健康管理にも適しています。

シニア猫にモグニャンキャットフードがおすすめな理由!

冒頭でお伝えしたように、巷にはシニア用のキャットフードが山ほどあるなかで、なぜモグニャンを最もおすすめするのか?その理由をまとめてみました!

シニア用にモグニャンキャットフードをおすすめする理由
  1. 直径7mmの柔らかめの小粒で老猫でも食べやすい。
  2. グレインフリーかつ添加物不使用で消化に優しい。
  3. 魚由来の風味がしっかりついていて食いつきが良い。
  4. 高タンパク・低脂肪だから太りにくい。
  5. 腎機能強化に注目されているクランベリーを配合。
  6. ジッパー付きだからニオイ移りしない。

シニア用キャットフードは数十種類あるなかで、当サイトがモグニャンをおすすめするのは、体の機能が弱った老猫にも優しく必要な栄養がしっかりと含まれているからです!

モグニャンは「ヒューマングレード」といって、人間が食用として使うレベルと同等の食材を使用しており、猫に有害な魚副産物や人工添加物を一切使用していません。

もちろん香料も不使用ですが、新鮮な白身魚を60%以上も使用しているため、偏食気味の猫や嗅覚の衰えた老猫でも思わず駆け寄ってくるほど風味が豊かです。

また、日本よりもペットフードの基準が厳しいと言われるイギリスで製造されているため、高品質で老猫にも安心して与えることができるでしょう。

年を取っても愛猫にずっと元気でいて欲しいなら、安全で栄養価の高いキャットフードを選ぶのがおすすめです。数あるキャットフードの中でも、まずはモグニャンから試してみてはいかがでしょうか?少食の老猫でも喜んで食べてくれるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

一般的なキャットフードとシニア用の違いは?

巷には「7歳以上の肥満猫用」「11歳以上の高齢猫用」など、シニア専用のキャットフードが売られていますが、一般的なキャットフードとは何が違うのでしょうか?

そこで、シニア用キャットフードに見られる特徴を簡単にまとめてみました!

  • カロリー控えめ(100gあたり400kcl以下)
  • オメガ3系脂肪酸を含んでいる
  • リンやマグネシウムは控えめ
  • 関節サポート成分が入っている
  • グレインフリーで消化に優しい
  • 人工添加物不使用

シニア用キャットフードは、子猫・成猫用に比べてカロリーが控えめでヘルシーなものが大半です。また、関節の健康と運動能力維持のために、オメガ3系脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチンなどが含まれていることもあります。

また、腎機能低下により結石ができやすくなるため、塩分やリン・マグネシウムなどのミネラル分は、一般的なものより少量に抑えるなどの工夫がされています。

ただ残念なことに、市販のシニア用キャットフードは、穀物や添加物などを使用しているものがほとんどです。せっかく高齢猫に嬉しい成分が入っていても、これでは安全なキャットフードとは言えません。

そのため当サイトでは、シニア用に関わらず老猫でも食べられるほど体に優しいキャットフードをおすすめしています!子猫から老猫までどんな猫でも食べられるのが、本当に品質の良いキャットフードですからね。

シニア用のキャットフードは何歳から与える?年齢は決まっている?

猫は一般的に7歳を過ぎたらシニア期に突入すると言われています。

ただ個体差があるので、いきなり切り替えるのではなく、7歳~10歳を目安にして徐々にシニア用へとシフトするのが良いでしょう。

また、全世代対応のキャットフードを食べているなら、病気など特別な事情がない限りそのままでも問題ありません。

もし成猫並みに活発な老猫で、キャットフードを切り替えるべきか悩むようなら、健康診断も兼ねて一度動物病院で相談するのがおすすめです。

表面上は元気でも、体のあちこちにガタが来ている恐れもあるので、決して自己判断で解決しないように気を付けてくださいね!

ウェットタイプのシニア用キャットフードでおすすめは?

猫は高齢になると嗅覚が衰えるため、風味が強いウェットタイプの餌しか食べなくなることがあります。

食べてくれないのが一番困るので、ウェットに切り替えたいという気持ちもわかりますが、実はウェットタイプのキャットフードは大半が老猫に対応していません。

そもそもウェットタイプは、嗜好性が高くどちらかというとおやつに近いようなものが多いのです。食いつきを重視するあまり栄養は偏りがちなので、老猫の健康を考えるなら避けた方が良いでしょう。

どうしてもウェットしか食べられない猫には、ドライタイプをぬるま湯でふやかしたあと、レンジで温めて風味を出すことで代用できますよ!

シニア猫がキャットフードを食べない時の対処法は?

それでも餌を食べてくれない…という場合は、餌を砕いて小さくしたり、ウェットタイプの餌や猫用のふりかけなどを少量混ぜたりするのがおすすめです。自宅にあるものなら、火を通した肉や魚を混ぜても構いません。

また、餌に問題はなくても、環境が原因で食べなくなることもあるので、食器の高さや置き場所を調整して様子を見ましょう。

そもそも食べるという行為が難しい猫には、ふやかしたフードをペースト状にしてシリンジ(注射器のような器具)使って与えるという方法もあります。

シニア猫には手作りのキャットフードの方が良いって本当?

愛猫に少しでも長生きしてほしい!そんな思いで、無添加で安全な手作りの餌を与えている飼い主さんも沢山いるようです。

確かに既製品とは違って、食材選びや調理まで自分で行うので安全性という意味では手作りに勝るものはありませんよね。

しかし、毎日繰り返すとなるとやはり手間がかかるうえに、カロリー計算や栄養管理は素人にはなかなか難しいものです。愛するがゆえの手作りでも、実は栄養が不足しているなんてことも…。

そのため当サイトでは、手作りよりも高品質なキャットフードを与えるのが老猫の健康管理に適していると考えています。手作りが悪い訳ではありませんが、栄養バランスという意味ではキャットフードが最適です。

食欲不振や偏食気味のシニア猫にはモグニャンがおすすめ!

「愛猫にずっと元気で長生きしてもらいたい」「老体に優しいキャットフードを与えたい」と思っているなら、安全で栄養バランスが整ったキャットフードがおすすめです!

とは言え、シニア用と書かれていればどれでも良い訳ではありません。関節や腎機能をサポートする成分が入っていても、実は穀物や添加物が含まれていて体に負担がかかることもあるのです。

だからこそ、シニア用キャットフードは人間が食べられるほど安全なものを選びましょう!

もしこれまでに、

  • 食いつきの良いキャットフード
  • 老猫にも安心して与えられるキャットフード
  • 体重管理ができるキャットフード
  • 消化に優しいキャットフード
  • 少量でも栄養が摂れるキャットフード

こういったものを探していたのであれば、ぜひ一度モグニャンを試してみてはいかがでしょうか?これまで、愛猫の偏食に悩まされていた飼い主さんも、ガツガツした食べっぷりに嬉しくなるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする