147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ヒューマングレードで評判の良い猫の餌!安全なキャットフード5選!

ヒューマングレードのキャットフードは、人間でも食べられる品質の食材を使っているキャットフードとして人気がありますが、実際のところ安全性はどうなのでしょうか?

そもそも、ヒューマングレードには定められている基準が無いので、ヒューマングレードと謳っていたとしてもそのキャットフードが必ずしも安全とは限りません。

中には添加物を使っているものも意外とあるので、知らず知らずのうちに危険なキャットフードを愛猫に与えてしまい病気のリスクを高めてしまっていた。なんてことも…。

そこで今回は、ヒューマングレードの中でもより安全で品質が高く、本当におすすめできるキャットフードをランキング形式で紹介していきます!

ヒューマングレードでおすすめのキャットフードの選び方!

ヒューマングレードの商品は数多くありますが、本当に安全で上質なキャットフードを見つけるためには以下の3つのポイントに注意して選びましょう!

無添加のものを選ぶ

まずは添加物の入っていない無添加のキャットフードを選びましょう!

ヒューマングレードのキャットフードは無添加にもこだわっている物が多いので、危険度の高い着色料や保存料はあまり使われていないのですが、摂取し続けることで病気のリスクが上がる危険な成分が入っているものもあります。

  • ビートパルプ・・・甜菜(てんさい)から糖分を取った後の搾りカス。猫には消化しづらく、便を必要以上に固くしてしまう。
  • セルロース・・・増粘剤として使われる炭水化物。満腹感は得られるが猫は分解できないので内臓に負担がかかる。
  • 塩化ナトリウム・・・摂取しすぎた場合は腎不全などの腎臓病、尿結石、心臓病を引き起こす場合もある。

気をつけたいのは以上の成分です。こうしてみると危険性は低いように見えるかもしれませんが、これらの原因を毎日積み重ねることによって、消化不良や内臓病、腎臓病などの病気の元になる可能性は十分に考えられます。

毎日食べるキャットフードが粗悪な物だと猫の寿命を縮めてしまうので、長生きしてもらうためにもこれらの成分が入っていないものを選びましょう!

穀物の入っていないグレインフリーのものを選ぶ

猫にとって良いキャットフードを選ぶときは、小麦やトウモロコシなどの穀物が入っていないグレインフリーのものを選びましょう!

というのも、猫はもともと肉食動物なので、鳥やねずみなどの肉を丸ごと食べて栄養を賄っていました。そのため、腸が短くお肉をゆっくり消化できるような仕組みになっているので、小麦やとうもろこしなどの穀物は消化が上手に出来ない体の構造になっているのです。

もし、穀物を摂取し続けると猫の消化器官に負担をかけてしまい、消化不良や吐き戻し、またはアレルギーを引き起こすこともあります。

愛猫の健康を第一に考えるのなら、穀物が入っていないキャットフードを選ぶことが大切です。

猫が消化にしくい、注意すべき穀物

小麦、とうもろこし、米、大豆、脱脂大豆、コーングルテン、コーンミール、コーングルテンフィード、トウモロコシ粉、小麦グルテン

栄養バランスの良いものを選ぶ!

無添加でグレインフリーであっても、バランスの良い食事でないと意味がありません。栄養バランスが良いキャットフードを選ぶ時のポイントは以下の2つです。

理想の栄養バランス
  • たんぱく質が30%以上、脂肪が15~20前後のもの
  • 新鮮な肉・魚を60%以上使用しているもの

猫にとってたんぱく質と脂肪は欠かせない栄養素で、この2つが主に猫のエネルギー源になります。

たんぱく質は30%以上が理想的で、この割合が多すぎると腎臓に負担をかけてしまう可能性があるため、特に腎臓が弱い猫には注意が必要です。たんぱく質は多くても40%までのものを選びましょう。

脂肪は15~20%前後が理想的で、脂肪が多すぎると肥満の原因にもなります。ただし、子猫なら脂肪が多くてもエネルギーに変えられるので、脂質が25%ぐらいでも問題ありません。

そして、どの食材が多く含まれているかもキャットフード選びに重要なポイントです。

先程もお伝えしましたが、猫は肉食動物なので肉や魚などの消化吸収が得意です。なので、肉や魚が多いキャットフードが理想的です。キャットフードの成分のうち、魚や肉を60%以上配合されているキャットフードを選びましょう!

ヒューマングレードで人気のキャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「無添加」「穀物」「栄養バランス」の3つです。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 無添加 グレインフリー 栄養バランス
たんぱく質/脂肪
モグニャン
たんぱく質30%
脂質16%
カナガン
たんぱく質37%
脂質20%
シンプリー
たんぱく質37%
脂質20%
アーテミス

大麦
たんぱく質30%
脂質20%
ジャガー
たんぱく質40%
脂質20%
ナチュラルチョイス

ビートパルプ
たんぱく質33%
脂質16%
ファインペッツ

全粒米
たんぱく質32%
脂質20%
オリジン
たんぱく質42%
脂質20%
ブリスミックス
たんぱく質30%
脂質12%
オーブンベイクド

ビートパルプ
たんぱく質42%
脂質20%
ザナベレ

動物性脂肪
ビートパルプ

ライス
たんぱく質31%
脂質16%
ハッピーキャット

セルロース
塩化ナトリウム

米粉
たんぱく質24%
脂質20%
ねこままちょいす
たんぱく質32.4%
脂質13.5%
アズミラ


大豆、小麦、コーン
たんぱく質30%
脂質11%
セレクトバランス

セルロース

米、とうもろこし
コーングルテンミール
たんぱく質30%
脂質17%

調査してみると、やや危険な添加物を含むもの、猫が消化しにくい穀物を含むものがかなり多く見られました。

ヒューマングレードは「人間が食べることの出来る基準で選んだ食材を使用している」というだけであって、添加物・穀物・栄養バランスまでが完璧であると保証している言葉ではないという事です。

キャットフードにヒューマングレードと書いているからといって安心なキャットフードと判断せずに、自分の目で成分表をしっかり見極める必要があります!

ここまでヒューマングレードが必ずしも全て良いわけではないということが分かりましたが、では一体どのキャットフードが最も安全で品質が高いのでしょうか?これよりランキング形式でまとめていきたいと思います!

ヒューマングレードでおすすめキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「無添加」「穀物」「栄養バランス」を重視して評価しています。その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

モグニャン
モグニャンの特徴
モグニャンは無添加で、消化に悪い穀物は一切入っていない安心できるキャットフードです。メイン成分には白身魚を63%使用していてオールステージ対応なので子猫からシニア猫までと幅広く与えることが出来ます。食材の一つ一つを、猫の体にどのような作用があるかを軸に選んで配合されているので、猫にとって栄養バランスが良いのも特徴です。
価格 【通常】3,960円
【定期】1個3,564円、2個3,366円、6個3,168円(1個あたり)
キャットフードの大学限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.7
編集部からのコメント
愛猫の食いつきと健康のことを最大限に考えて作られたのがこのモグニャンで、猫にとって不要な物は省き、必要なものだけを使って作られています。なので食い付きもかなり良く、食べ続けていると毛艶がよくなったという意見が多いです。たんぱく質・脂質ともに高すぎる値ではないので猫に負担がかかりにくく、どの年齢の猫にも与えやすいのでおすすめです!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンはイギリスで販売されている高級キャットフードで、イギリス産平飼いチキンを60%使用しています。もちろん無添加、グレインフリーで、野菜やハーブがバランスよく配合されているのが特徴です。人間でも食べられるような高品質で新鮮な食材だけを使用していて、栄養バランスが良いだけでなく、イギリスの厳しい基準の工場で作られている安全なキャットフードです。
価格 【定期】1個3,564円、2個3,366円、6個3,168円(1個あたり)
【通常】3,960円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.6
編集部からのコメント
こちらは1位のモグニャンと同じ工場で作られていて、品質がかなり高いのが特徴です。モグニャンとの違いは、メイン成分がチキンであることから、比較的高たんぱく・高脂質になっていることです。オールステージなのでどの年齢の猫でも食べられますが、特に育ち盛りの子猫や成猫におすすめです!
シンプリー
シンプリーの特徴
シンプリーはサーモン・ニシン・マスなどが73%も入った魚メインのキャットフードです。動物栄養学者と共同開発したもので、無添加・グレインフリーなのはもちろん、高品質なたんぱく質がも含まれている、猫が喜ぶキャットフードとして作られています。
価格 【定期】1個3,564円、2個購入で15%オフ、3個購入で20%オフ
【通常】3,960円
内容量 1.5kg
100gの価格 238円
評価 4.5
編集部からのコメント
シンプリーは高たんぱくフードなので元気な猫におすすめのキャットフードです!魚副産物は一切使用していないという点も安心ですね。1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングしているので、偏食気味の猫や嗅覚の衰えたシニア猫も思わず近づいていますよ!
オリジン  6フィッシュ キャット 340g [国内正規品]
オリジン  6フィッシュ キャットの特徴
オリジンは原産量の80%に、カナダでとれる新鮮で栄養たっぷりの魚を豊富に使用しています。低炭水化物低GIの原材料構成で、あらゆる種類や年齢の猫に健康的な血糖値をサポートします。猫本来の食事に近づけることで、肥満、インシュリン耐性、糖尿病のリスクを軽減してくれます。
価格 1,458円/6,804円/16,200円
内容量 340g/1.8kg/6.8kg
100gの価格 378円
評価 4.2
編集部からのコメント
オリジンはどの年齢にも対応しているフードですが、高たんぱく(42%)なので特に成長期の猫や少食の猫におすすめです!カナダで最も新鮮な魚やフルーツ、ベリーを新鮮なままの状態で自社キッチンに搬送して作られる、高級プレミアムキャットフードです。フリーズドライの魚とレバーを1粒1粒に注入しているので、全ての猫が夢中になる味です!
ジャガー
ジャガーの特徴
チキンや鴨肉、サーモン、マスなどの動物性たんぱく質を80%以上使用したキャットフードです。和漢薬の朝鮮人参やベリー類、ハーブなども配合されていて愛猫の健康を保ちます。
価格 【定期】3,852円(2個以上で15%オフ、6個以上で20%オフ)
【通常】4,280円
内容量 1.5kg
100gの価格 265円
評価 4.1
編集部からのコメント
ジャガーはたんぱく質が40%の高たんぱくフードで、オールステージ対応のキャットフードです。売り上げに左右されず、本当に品質の良いものを作ろうと思って出来たのがジャガーで、品質検査の際にサンプルを採取して12ヶ月間保管し、出荷後の安全まで責任を持つという徹底ぶりです。原材料にもさまざまな種類の動物性たんぱく質を使用しているので、アレルギー防止にも効果的ですよ!

ヒューマングレードのモグニャンキャットフードがおすすめな理由!

これだけ沢山のヒューマングレードキャットフードが市場にあふれているのに、なぜモグニャンをおすすめするのか?その理由をまとめてみました!

ヒューマングレードのモグニャンキャットフードをおすすめする理由
  1. 厳しい基準の工場で品質管理を徹底的にしている。
  2. たんぱく質が30%なので高すぎず、どの年齢の猫にも合わせやすい。
  3. 消化しやすいのでお腹に優しい。
  4. オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が豊富で皮膚や被毛を健康に保てる。
  5. 安全性が高く、人間でも安心して食べられるほど高品質。
  6. 余計な添加物、穀物は一切入っていない。

数あるヒューマングレードキャットフードの中から、当サイトがモグニャンをおすすめする理由は、品質管理が徹底されていて、かつ栄養バランスに長けているからです!

赤ちゃんの離乳食に使われるほど安全な白身魚を豊富に使っていて、猫の体を第一に考えた原材料選びをここまで徹底して行っているキャットフードはそう多くありません。

さらに、製造はペット先進国のイギリスの厳しい基準の工場で作られていて、品質検査に一発クリアした原材料だけが使われています。

それに、パッキングしたキャットフードには一つ一つに製造番号が付き、生産日や原材料の細かい部分までトラッキングできるようになっています。買ってからの安全も保証してくれるので、これこそ安心で品質が高いキャットフードですね!

もし、本当に安心安全のキャットフードを愛猫に食べさせてあげたいと思うのなら、まずはモグニャンを試してみて下さいね!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

そもそもヒューマングレードって一体なに?

最初にもお伝えしましたが、ヒューマングレードとは人間が食べることの出来る材料を使ったキャットフードのことです。

簡単に言えば、どの食材にも食べられる部位と食べられない部位があります。例えばチキンだったらもも肉や心臓、手羽先などはスーパーで販売されていますが、羽根や頭、くちばしなどは販売されていませんよね?

このように、人間が食べることが出来ず普通なら廃棄するような部位(副産物)がキャットフードやドッグフード、家畜などの餌に使われているのです。

人間が食べられない、安全性が極めて低く栄養の無い格安肉をバンバン使っているからこそ、市販の安いキャットフードは大変危険なのです。

しかしヒューマングレードには基準が無いので、ヒューマングレードと書かれているから完璧!というわけではありません。材料選びにこだわっているメーカーが作っていることは確かですが、添加物や穀物の有無、栄養バランスをしっかり見極めて選ぶことが大切です。

ヒューマングレードと市販のキャットフードとの違いは?

ヒューマングレードと市販キャットフードの大きな違いは安全性です!

何度もお伝えしたように、ヒューマングレードのキャットフードは人間でも食べられる食材を使って作られています。

しかし、市販のキャットフードはコストを極限に抑えて利益を出すことを一番に考えているので、とにかく安い材料を使っています。

先程説明した副産物以外にも、4Dミートといって「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気の)」「Disabled(けがをした)」ような動物の内臓や腐敗した肉が使われることがあります。

このようなゴミ同然の材料を美味しそうに見せるために、香料や着色料などをたっぷり使って販売されています。

市販のキャットフードでも良いものはあるかもしれませんが、安すぎるものだとこういった4Dミートや副産物を使用している危険なキャットフードもあるので注意しましょう。

このような表記に注意!

〇〇ミール、〇〇ミート、〇〇エキス、〇〇パウダー、肉副産物、肉類、肉粉、骨粉等

ヒューマングレードを選ぶメリットとデメリットは?

それでは、ヒューマングレードを選ぶメリットとデメリットは一体何なのでしょうか。下記にまとめてみたので参考にしてみて下さい!

ヒューマングレードキャットフードのメリット

  • 品質の良い商品が多い
  • 栄養価が高い
  • 食い付きが良い
  • 安全性が高い
  • 病気のリスクが少ない

ヒューマングレードのメリットは、何と言っても素材をこだわって選んでいる商品が多いことです!それに新鮮な素材を使っているからこそ栄養価が高い物が多いです。

しかも安全性が高いので、粗悪なキャットフードに比べて病気のリスクも少なくなります!愛猫の健康のことを真剣に考えるのなら、ヒューマングレードで添加物・グレインフリーのキャットフードを試してみるといいですよ!

ヒューマングレードキャットフードのデメリット

  • 値段が高い
  • 全てが良いというわけではない
  • スーパーなどでは売っていない

ヒューマングレードのデメリットは、一般的なキャットフードよりも値段が高くなることです。これは安全で新鮮な食材を使っていることと、魚や肉の含有量が多いためです。

安全で新鮮な食材はもちろん、仕入れ価格が高いです。逆に安全性の不確かな4Dミートや動物性油脂などは、かなりの安価です。このことから安い価格での販売が可能なのがお分かりいただけるでしょう。

ヒューマングレードのキャットフードは市販のフードに比べると安くはありませんが、それだけ安全性の高い良質な食材を使っている証拠となり、大きなメリットです。

安いキャットフードはその値段に見合った材料を使っているので注意してくださいね!

ヒューマングレードで安全なキャットフードならモグニャンがおすすめ!

「愛猫には本当に良いものを食べさせてあげたい」「いつまでも元気でいてほしい」を思っているのなら、ヒューマングレードで栄養バランスの良いキャットフードがおすすめです!

猫も人間と同様、日々の栄養によって体質が変わるし、寿命も変わるといわれています。そして、猫は飼い主が与えるキャットフードからしか栄養を摂取することができません。

だからこそ、猫にとって栄養を吸収しやすいキャットフードを選ぶことは何よりも重要なことです!

もしこれまでに、

  • 健康で長生きしてほしい。
  • 今よりも良いキャットフードをあげたい。
  • 猫に満足してほしい。
  • 栄養バランスをしっかり管理したい。

このように考えているのなら、無添加で上質なヒューマングレードのモグニャンを試してみるのはいかがでしょうか?毛艶やうんちの状態がすぐ変化して、猫の体が健康になるのをその目で実感できるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグニャンの公式HPを見る

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る