147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

ジャガーキャットフードを試した私の口コミ!評判&成分の安全性も評価

ジャガーは、イギリス生まれのペットフードです。評判通り、上質で安全性が高いフードなのか気になります。ジャガーの口コミや噂は本当なのか?愛猫ソラに食べてもらった上で、詳細を徹底的に調査してみました!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全147商品】おすすめキャットフードを徹底比較!安全安心な猫の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 4.3
コスパ 2.8
内容量 1.5kg
価格 3,852円
100gあたり価格 256円
対応年齢 全年齢対応
原産国 イギリス
編集部からの評価

ジャガーは、当サイトでAランクのキャットフードです。全体の80%以上を占めるメイン食材はもちろん、野菜、果物などの素材も猫の健康に配慮したものが選ばれています。また、これらの材料はヒューマングレードであり、人工添加物や穀物は不使用。「手に届く贅沢」というコンセプト通り、高い品質や安全性に生産者のこだわりが見られます。ナチュラルなパッケージの評判もいいですね。ただ品質がよいだけに価格もやや高め。ですが、給餌量が少ないので、上記の点数ほどコスパが悪いわけではありません。あと、ジャガーのタンパク質には肉と魚の両方が使用されています。猫のアレルギーが心配な人にとっては、チェック項目が多いフードということになるでしょう。

実際にジャガーを購入してみました!

品質がよいと評判のジャガー。愛猫ソラ(4歳)によいフードを選ぶため、実際にジャガーを購入して試してみることにしました。

初回は1袋のみ注文したので、4,280円(1.5kg)。やがて届いたパッケージはこんな感じ。マスタードのような落ち着いたカラーに樹木のデザインが施されていてなかなかオシャレ~!

これならどんなインテリアにも合いそうだから、いちいち片付けなくてもよさそうですよね。

パッケージの下の方には、ジャガーの製造元であるイギリスの「Essential Foods」社の名が記されています。

原材料がシンプルな絵柄で描かれている裏面も素敵です。上部には賞味期限が、下部には原材料や成分が記載されています。

ジャガーは全猫種、全年齢(2ヶ月~)が対象のキャットフード。一番下の黒い部分に、給与方法として月齢年齢ごとの分量が記されています。正直ここだけはもう少し鮮明な色合いの印刷にしてほしかったな、と感じました。

さて、ジャガーのパッケージを開いていきますね!あっ。開口部のジッパーはよくあるレール式じゃなくて、マジックテープ式のが付いています。

どちらも湿気防止やニオイもれの強い味方には違いないけれど、マジックテープだとよりすばやく閉じられるのがいいですよね。急いでる時に便利♪

中身を確かめてみると…。そんなにニオイはきつくないようです。大分鼻を近づけてから、香ばしいようなニオイに気づきました。

手に取ったフードは、1cmほどのドーナツ型。こんがりとした焦げ茶色で、表面にはクッキーのようなザラザラ感があります。

当サイトでおすすめNo.1のフード、モグニャンと並べてみます。ジャガーはモグニャンの2倍強の大きさがありますね。

でも、ジャガーの厚みはそれほどなくて真ん中に穴が開いているので、見た目ほど大きな差ではないのかも。

給餌量を確認し、ジャガーをフード入れに入れます。体重5.4kgのソラだと、55~60gですね。

前のフードから切り替える場合は、1割→2割と少しずつジャガーの割合を増やしていきましょう。1週間から10日ほどでジャガー100%にすると、猫も慣れていきやすいです。

さっ、ソラの食いつきはどうかな?準備の様子を興味しんしんで見ていた愛猫に、ジャガーをあげてみることにします。

フード入れを置くと、ソラがバリボリ音を立てながら勢いよく食べ始めました。見た目で想像してたより固くないようです。食べ終わるのが意外と早くて、撮影のタイミングがちょっと遅かったですね(残り1粒!?)。

ジャガーを食べた後日ソラのウンチを確認すると、引き締まったよい形にツヤっとした濃い色合い。猫砂から取り出しやすいウンチでした。ジャガーによって、よい体調を維持できていることがわかります。

ジャガーを続けてみてわかったこと

ソラにはこの後もジャガー中心の食事を取ってもらいました。フードによってはトッピングがないことを不満そうにするのですが、これならトッピングなしでも食いつきよし!

フードの大きさや固さから食べにくいんじゃないのかと心配していたのですが、見た目の印象ほど問題となることはなかったですね。

口の中で砕かれるのに、ドーナツ型の穴がいい働きをしているのでは?と感じました。この様子なら、全ライフステージ対象という表示通り、子猫や高齢猫でも大丈夫そうです。

ただ、タンパク質たっぷりのジャガーのメイン食材は、チキンに鴨、サーモン、マスと種類が多め。もしアレルギーの面で不安がある猫なら、タンパク質材料が多いだけに引っかかってしまう範囲は広くなってしまいます。

アレルギーのない猫なら問題ありませんが、心配な場合は慎重に検討を進めた方がよいかもしれませんね。

ジャガーを試して感じたことを3つのポイントでまとめました!

肉食の猫に合った贅沢なメイン食材!

ジャガーには、メインの食材としてチキンや鴨、サーモンなどが贅沢に使用されています。動物性タンパク質が80%以上と、もともと肉食の性質を持つ猫にぴったりの栄養設計です。素材そのままの豊かな香りが猫の好みを刺激するようです。

猫の健康を意識した原材量がたっぷり!

メイン食材はもちろん、ほかの材料も猫の健康面を意識したものが選ばれています。例えば、猫の尿路結石予防によいとされるクランベリーや滋養に優れているという朝鮮人参など。ジャガーには、野菜や果実、ハーブもたっぷりと配合されています。

安心感のあるヒューマングレード&グレインフリー!

ジャガーは安心感のあるキャットフードです。まず材料のすべてはヒューマングレード。猫は当然のこと、人間が体に入れても問題のないクラスの材料が使われている、という意味です。そして、グレインフリー。猫が消化を苦手とする穀物は1つも含まれていません。

ジャガーの原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、ジャガーの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料 ミックストコフェロール(ビタミンE)
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 40% 水分 8%
脂質 20% オメガ6脂肪酸 3%
粗繊維 3% オメガ3脂肪酸 1.4%
粗灰分 9% エネルギー 約384kcal/100g

チキン・鴨肉

ジャガーに使用されている肉類はチキンと鴨肉で、新鮮な生肉と乾燥したものがブレンドされています。チキンは、猫にとって大切なタンパク質がたっぷり含まれる食材。また、鴨肉に含まれる不飽和脂肪酸は、低温で溶けてヘルシーです。

サーモン・マス

サーモンやマスなど赤い色をした魚介類には、抗酸化作用で近年注目されているアスタキサンチンが多く含まれています。チキン・鴨肉と合わせ、ジャガーに含まれる動物性タンパク質は、80%以上もの割合を占めています。

マルベリー・ブルーベリー・クランベリー

ジャガーには、健康によい果実も多く使用されています。代表的なものは、ビタミンミネラルが豊富なマルベリー(桑の実)、抗酸化作用に優れたブルーベリー、そして猫の尿路結石予防によいとされるクランベリーなどです。

朝鮮人参

滋養強壮によいと、古くから人の薬用にも使われてきた植物です。猫の健康維持に役立ちます。

編集部からのひとこと

ジャガーの原材料を確認すると、プレミアムの名にふさわしい品質の高さが伺えます。メインとなるタンパク質の食材もほかの材料も、基本的にヒューマングレード。人間が口にすることが可能なレベルです。

猫の健康効果に期待できるものが厳選されている上、フードの酸化を防止するのにも天然由来のハーブの力を利用しています。

また、あえて選ばれなかったものにも注目してみると、まずグレインフリー。猫が消化しにくい穀物は1種類も入っていません。そして、でんぷん量を抑えるレシピとなっているため、食後の血糖値の上昇を抑えて猫の体に優しいフードとなっています。

ただ、ジャガーのメイン食材は4種類。猫のアレルギーが気にかかる場合は、それだけ注意すべき項目が多いということになりますね。

ジャガーの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ジャガーを愛猫に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ジャガーキャットフードの良い口コミ

MIX 4歳 / メス
4.0
飼い猫の下痢が続いたことをきっかけに、試してみることにしました。病院でも特におかしな点は見つからなかったので、フードが合わないのかな?と。心配だったのは愛猫がキライなフードだと絶対食べないこと!でも、初日からバクバク食べてくれました。下痢についてはまだ経過観察中ですが、期待が持てそうな感じです。

MIX 5ヶ月 / オス
5.0
見た目硬そうで粒も大きいため、我が家の子猫でも食べられるかなと思いましたが、問題なかったようです。それどころかすっかり気に入って、1袋目が終わった後別のフードにしたらあまり食べず!慌てて2袋目を注文することになりました。

ペルシャ猫 3歳 / オス
5.0
以前と比べて愛猫の毛がパサついているような気がして、調べてよさそうだったジャガーを購入。ところが、なぜか残してしまいます。よくよく情報を見てみると、栄養がぎっしり入っているから少なめの量でいいんですね。それからは適量を与え、猫も満足そうに食べてくれてます。あと、毛もツヤツヤ&フワフワに!訪ねてきた友人が驚いていたので、間違いないかな、と思います。

アメリカンショートヘア 10ヶ月 / メス
4.5
初回から嬉しそうに食べてくれました。よい食材を使っているジャガーなら猫の健康面でも安心できそうで、大人になっても続けていきたいですね。何気に袋のデザインもオシャレなので、飼い主にとってはこれも続けたくなるポイントです。

MIX 11ヶ月 / オス
5.0
真菌症の猫に病院の薬を使いつつ、免疫力を上げるためフードをジャガーに変えてみました。もちろん治療のおかげではあるのですが、真菌症もすっかりよくなってきました。念のため、フードの原材料や成分分析などの資料を獣医さんに見てもらったところ、これならOKという返事が。これからも安心して使っていけます。

ジャガーキャットフードの悪い口コミ

MIX 1歳 / メス
2.0

愛猫は普段からあまり食欲がなく、1歳となった今でもやせ気味。天然素材中心で栄養たっぷりなジャガーなら、と思い、前のフードから徐々に切り替えてみましたが、猫の反応はイマイチ…。猫の食欲や体重にも増加が見られません。試しに近所宅の猫に分けてあげたら喜んで食べていたそうなので、愛猫の好みじゃなかったということなのでしょうか。

MIX 2歳 / メス
2.5

気まぐれなうちのネコが飽きずに食べています。品質もよさそうで続けてはいきたいと思っているのですが。ただ、給与量のところを確認したくても、印刷がよくないせいかちょっと見づらいんですよね。製造年月日もわかりにくいです。

ジャガーの口コミ・評判まとめ

ジャガーの口コミを見ると、猫の食いつき、飼い主の安心感ともに良好なものが目立ちます。

良い口コミとしては、月齢や年齢問わず猫が喜んで食べた、毛並みがよくなった、原材料に安心できる、という意見が多くありました。獣医さんの太鼓判をもらった人もいましたね。また、ナチュラル感のあるパッケージも好評です。

一方良くない口コミを確認すると、期待したほど猫が食べてくれなかったというものが。ただチェックした口コミ全体からすると、割合としては少ない印象です。

それから、オシャレなパッケージには、逆に肝心の情報が見づらいという感想もありました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

こちらでは、一体どこでジャガーを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonや楽天とそれぞれ比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 3,852円
通常購入 4,280円 5,313円
送料 全国一律640円
※10,000円以上は無料
無料

ジャガーを購入するならAmazonより公式サイトが確実!

公式サイトのほかにジャガーの取り扱いをチェックしてみたところ、楽天では見つかりませんでした。

一方Amazonの方では情報を発見。上の表に一旦入れたのですが、再確認するとなんと現時点で在庫切れに!これでは、欲しい時すぐ手に入れられません。

また、確認してあった価格も公式サイトの通常値段より高め。送料を合わせたとしても、まだ高いんです。だったら、初めから公式サイトでの購入を考えた方が安いし確実ですよね。

定期コースなら1回に多く買うほどお得になる!

ジャガーの公式サイトでは、通常購入のほかに定期コースが選べます。

定期コースだと、1袋だけ購入する通常価格より割り引いてくれるんです。どれくらいの割引となるかは、ジャガーの1回の購入額によって決まります。

  • 7,000円未満…10%OFF
  • 7,000円以上…15%OFF
  • 20,000円以上…20%OFF

それから、購入金額が10,000円以上だと、送料(640円)も代引き手数料(237円)も無料になります。

つまり、ジャガーを1個ずつ届けてもらうようにすると10%OFF、2個ずつだと15%OFF、3個ずつだと15%OFFで送料も無料と、多く買うほどお得に!最大20%OFFで購入することも可能です。

開封してしまうとジャガーの賞味期限は1ヶ月と短くなってしまうのですが、未開封だと12ヶ月。

商品が届く周期は購入者側で決められるので、猫が気に入りさえすればある程度個数をまとめて注文するのが賢い方法ですよ。

あと、2回目にはフードをすくうのに便利なスクープがもらえます。

定期コースはいつでも解約・休止・変更が可能!

定期コースで届く周期や個数を決めてしまうと、変更しにくいのでは?という不安があると思います。猫の好みや体調次第では、いつ解約や休止の必要があるかわかりません。

その点、ジャガーの定期コースは1度公式サイトにマイページを登録しておくと、ここからキャンセルや周期の変更も自由にできるので安心です。

ニシ教授
といっても、直前の連絡はNGじゃ。次の到着予定日より7日前までに連絡する必要があるぞ。

当サイト一押しのモグニャンとジャガーを徹底比較!

人気商品モグニャンとジャガーにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグニャン ジャガー
内容量 1.5kg 1.5kg
価格 3,564円 3,852円
100gあたりの価格 238円 256円
メイン食材 白身魚63% 骨抜きチキン生肉・鴨生肉
乾燥チキン・乾燥鴨肉
生サーモン・生マス
粗タンパク質 30% 40%
脂質 16% 20%
オメガ6脂肪酸 2.95% 3%
オメガ3脂肪酸 2.08% 1.4%
エネルギー
(100gあたり)
374kcal 384kcal
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ジャガーとモグニャンを比べると、明らかに違うとすぐわかるのがメイン食材です。

肉魚ともに使われているジャガーの動物性原料は全体の80%と高い割合を占めているため、タンパク質や脂質、カロリーなどがモグニャンより高めです。

この違いに注目しどちらのフードがよいか選ぶなら、まず考えるべきなのは猫の好みでしょうか。2つのフードはメイン食材が大きく違うので、愛猫が魚好き、あるいは肉好きとわかっているなら目安となります。

ただ、アレルギーの心配を抱えているなら、種類の多いジャガーの方がややリスクが高くなるかもしれません。

ほかに判断材料となるのは、給餌量の違いですね。タンパク質やカロリー量が高いジャガーの方が給餌量は少なめなんです。もちろんどちらの給餌量にも慣れてさえいけば問題ありません。

でも、普段からあまり食べない猫や子猫にしっかり栄養を摂らせたいならジャガー、食べ過ぎのカロリーが気になる猫ならモグニャンの方がおすすめですね。

ジャガーをお試しで食べさせたいのだけど?

残念なことに、ジャガーにはお試し用のサイズや価格が存在していません。公式サイトを隅から隅まで見ても、記されているのは通常販売価格定期コースの価格のみなんです。

ですから、購入する場合は初回から1.5kgのパッケージをこのどちらかの価格で、ということになります。

1.5kgのジャガーを体重5.4kgのソラに与えるとすると、約27日分です。でも、短期的なお試しでわかるのは、猫の好みや食いつきくらい。猫の体調や毛並みへの影響をじっくり見るなら、1袋でも足りないくらいではないでしょうか。

ジャガーのマグネシウム含有量が心配なのですが…

ジャガーを検討している人の中には、マグネシウム量を心配する声があります。

マグネシウムは猫がなりやすい尿路結石の発症に関係する成分。ジャガーのマグネシウム量は175㎎/㎏と、健康意識の高いキャットフードの中ではやや多い方になるからです。

ただ、マグネシウムは決して猫にとって不必要な成分ではないのです。ほかと比べると多いとはいえ、ジャガーのマグネシウム量は基準値内。健康な猫が適量を摂るならなんの問題もありません。

それに、ジャガーには利尿作用があり尿路結石予防に期待できるクランベリーも配合されています。

ニシ教授
ただし、今の時点で尿路結石の心配があるなら、注意が必要じゃ。動物病院の先生に相談した上で、指示に従うのがよいと思うぞ。

ジャガーの給餌量はどれくらい?

ジャガーの給餌量は、パッケージ裏面下部の黒い部分に記載されています。グレーに黒の印刷なので見づらいのが難点ですが、これによると成猫の給餌量は次のようになっています。

体重 1日の給与量
~2.5kg 30~40g
2.5~3.5kg 40~50g
3.5~5kg 50~55g
5~6.5kg 55~60g
6.5~8kg 65~70g
8~10kg 70~80g

成猫とは別に、子猫の給餌量の記載もあります。ジャガーは、生後2ヶ月の猫から与えられるオールステージのフードです。

月齢 1日の給餌量
~2ヶ月 25~40g
2~3ヶ月 40~50g
3~4ヶ月 50~55g
4~6ヶ月 55~60g
6~10ヶ月 60~80g
10~12ヶ月 80~110g

猫種や年齢、活動の仕方によっても適した量は違ってくるので、実際の猫の様子を見て増減の判断をしましょう。

ジャガーのQ&A

ジャガーの賞味期限はいつまで?

人工添加物が使われていないジャガーは、開封後1ヶ月以内に食べさせるようにしてください。未開封の状態だと、12ヶ月保存できます。

保存料には何が使われているの?

天然由来の酸化防止剤(ビタミンE)が使用されています。また、調味料や着色料も人工のものは使用されていません。

ジャガーはスーパーやドラッグストアで買える?

ジャガーをスーパーなどの店舗で購入することはできません。輸入販売者から購入者にフードを直接送付することで、コストカットしています。

ジャガーの基本情報

キャットフードの形状 ドライフード(ドーナツ型)約1cm
内容量 1.5kg
初回購入価格
定期購入価格 3,852円
通常価格 4,280円
100gあたり価格 256円
販売会社 株式会社レティシアン
公式サイト https://www.jaguarcatfood.jp/
この記事のURLをコピーする