147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

子猫のバリニーズの販売価格や性格や特徴、飼いやすさなど全まとめ!

エレガントに揺れる長い毛にシャム猫の気品ある柄。そんな可憐な姿をしているバリニーズに、新しい魅力を感じる人も多いのではないでしょうか?

ニシ教授
優美な姿と動きがバリ島の踊り子を連想させるから、この名がついたのじゃ。

日本ではシャムの外見にはなじみがあるものの、バリニーズについてはまだよく知られていません。

そこで、今回はバリニーズという猫の特徴や性格、入手に必要な値段などあらゆる情報についてまとめました。どんな猫か気になっている人は、ぜひ知識を深めていってくださいね。

バリニーズとはどんな猫?まずは画像でチェック!

上の画像がバリニーズです。シャム猫風のカラーや柄になじみ深さがある一方、ふさっとした毛には新鮮味がありますね。まずはバリニーズがどんな猫であるのか、チェックしていきましょう。

バリニーズの基本情報!

バリニーズの基本的な情報を下の表に整理しました。

英語表記 Balinese
原産国 アメリカ
毛種 長毛種
平均体重 2.5kg~4.8kg
平均寿命 10年~13年

名前は踊り子のような優雅さからつけられた

バリニーズが生まれたのはアメリカで、バリ島とは直接の関係はありません。

バリニーズの誕生に関わったブリーダーが、外見や動く様子の優雅さにバリ島の踊り子を思い浮かべたのでこう名付けたのです。

ほっそりとした体型に品ある柄、長めの毛といった要素が、華やかで芸術的なバリ舞踏を連想させたのでしょう。

体重と寿命の知識を健康管理に役立てる

バリニーズの体重は、猫全体の平均からすると少し軽めです。スリムな体型を守るためには、適切な食事管理をしていく必要があります。

また、平均寿命は一般的な猫の15年よりもやや短め。ですが、子猫時代はもちろん、特にシニアとなってからの健康管理をしっかり行うことで、予想以上に長生きする可能性も十分あります。

バリニーズという猫が認められるまでの歴史

シャム猫の柄はそのままに長毛となったのがバリニーズです。発祥の歴史を辿ると、長毛化の原因には次のような2つの説があります。

  1. シャム猫自体の突然変異
  2. シャム猫とターキッシュアンゴラとの交雑

しかし今となっては、どちらが正解なのかはっきりしません。

ただ、時折現れていたシャム猫の長毛は、長らくシャム猫の理想からは外れた存在として扱われていました。

その長毛を魅力ととらえ1つの品種として確立させようとしたのが、アメリカのブリーダーであるドーシーとスミスという人物です。1940年代から50年代にかけて繁殖計画を進めます。

しかし、「ロングヘアシャム」という名前の案は本来のシャム猫ブリーダーから反発され、「バリニーズ」に変更。

アメリカ最大級の登録団体CFAに公認されたのは、1970年になってからでした。

みーちゃん
モデルさんのようなスタイルにふわんとした毛が素敵!私も真似して、ちょっと踊ってみるね!
ニシ教授
いやいや、みーちゃん。バリニーズが踊ってるわけじゃないから。

猫のバリニーズの基本的な性格はこの3つ!

シャム猫から派生した品種であるバリニーズの性格は、基本的にはシャム猫そっくりです。両者の性格は、次のような3つの点で共通しています。

  • 人間が好きで大きくなっても甘えん坊
  • 感受性が強くて神経質なところがある
  • 遊びやしつけに頭の良さを発揮する

バリニーズはシャム猫と同様に人間が大好き。慣れた飼い主さんに対しては成猫になった後も甘えん坊で、家中行く先々について回るようなところがあります。

そして、心を許すあまりにちょっとワガママなふるまいになることも!

でも、遊んでもらいたい!かまって!と自己主張するのも、相手を見てのことなんですよ。感受性豊かなバリニーズは、慣れない人の前や環境下ではやや警戒心を強く持つ傾向にあるのです。

一旦気心が知れ安心できる場所だとわかると、大人はもちろん小さな子供や他の動物たちともよい遊び相手として付き合えます。

また、そんな警戒心を抱くのは頭の良さの裏返し。投げたおもちゃを持ってくるという犬のような遊び方ができるバリニーズもいるし、しつけへの応え方にも利発さを感じることができるでしょう。

バリニーズの子猫・成猫の値段、価格相場はいくら?

シャム猫も素敵だけど、長毛のバリニーズを飼ってみたい!そうなってくると、メジャーな猫ではないだけに気になるのが猫の値段です。

こちらがバリニーズの価格相場です。

子猫 成猫
10万円~20万円 5万円~10万円

もし順調に購入先が見つかったとするなら、これくらいの支払いと考えておいてください。

販売されている子猫の多くは、月齢が進むにつれて値段が下がっていきます。あるいは、猫の血統が優れたものだと想像以上に支払い金額がはね上がることもあり、条件によってバリニーズの価格は変わります。

とはいっても、望み通りのバリニーズを選ぶのはなかなか難しいのが現状です。そもそも販売場所を探し当てるまでが、決して順調とは言えないからです。

猫のバリニーズの販売場所はどこ?ペットショップ?ブリーダー?それとも里親?

では、バリニーズは一体どこで販売されているのでしょうか?ただでさえあまり名の知れていない猫のこと、当てもなく闇雲に探しても仕方ありませんよね。

国内でのバリニーズ探しはブリーダーにコツコツ当たってみる

日本でバリニーズを購入するなら、まず取り扱いのあるブリーダーを探してみてください。

どちらかといえばマイナーな品種であるバリニーズがペットショップで販売される可能性は、限りなく低いからです。また、里親に出る可能性も同様です。

しかし、バリニーズを繁殖させ育てているブリーダーも、国内には滅多にいないようです。無事バリニーズに会えるまで、厳しい道が続くことを覚悟しなければなりません。

ただ、もしかしたら行く道を照らしてくれるかもしれないのが、シャム猫のブリーダーです。

シャム猫のブリーダーであれば、シャム系の品種であるバリニーズの繁殖情報に通じている可能性があります。知っていれば、国内あるいは海外のブリーダーを教えてもらえるかもしれません。

海外でバリニーズを扱うブリーダーに問い合わせてみる

国内でバリニーズがなかなか見つかりそうになければ、思い切って海外のブリーダーを頼るのも1つの方法です。

もともとバリニーズの美しい姿に惚れ込んで繁殖に力を入れたのがアメリカのブリーダー。その意思を引き継ぐブリーダーたちが海外にはいます。

海外でのバリニーズの値段の目安は、500~600ドルほど。でも、輸入する場合に注意したいのは、支払いがこれだけでは済まないことです。

バリニーズの代金+輸送や手続き料

合計はこのようになり、20~30万円の余裕を持って購入計画を立てる必要があります。また、金額以上にハードルとなるのが、言葉の問題ややりとりのわずらわしさかもしれません。

そうした場合には、輸入代行サービスの業者を通すことも可能です。

抜け毛の少ないバリニーズは猫アレルギーの人でも飼いやすいって本当?

バリニーズは、猫アレルギーを持つ人でも比較的飼いやすい品種だと言われています。低刺激性の猫という意味の「ハイポアレジェニック・キャット」の1つにも数えられているんですよ。

アレルギーの原因は猫が生産する物質

そもそも猫アレルギーの症状が出るのは、猫がアレルゲンとなる物質を発生させるためです。

特に人のアレルギー発症に関与している物質の1つが糖タンパク質の「Fel d 1」で、猫の唾液や毛に存在しています。

直接猫に触らなくても猫の体から離れた毛が空中に舞うと、同じ空間にいる人がアレルゲンに触れる可能性は高くなるわけです。

バリニーズはアレルゲンも抜け毛も少ない

バリニーズが「ハイポアレジェニック・キャット」に含まれている理由は、このアレルゲン物質を生産する量が少ないからです。

その上、毛の構造はシャム猫と同じでシングルコートです。アンダーコートがあまり生えていません。

  • シングルコート…体に生えている毛の長さが1つの種類のみ。
  • アンダーコート…毛の種類の1つ。長さが短くて柔らか。

シャム猫と毛の長さは違っていても、抜け毛が少なめという点では同じなんですね。つまり、アレルギーを起こす要素が少ないということです。

ただし、実際に飼うにあたっては、自分のアレルギーの程度を十分理解した上で心を決めてくださいね。

ちなみに長毛といっても、バリニーズの毛の長さはシャムより長いという程度。猫全体の長毛種からすると短めで、セミロングの範囲に入ります。

特に首周辺と尻尾の毛の長さが目立つのが、バリニーズの優雅な佇まいを感じさせる要因でしょう。

みーちゃん
できればブラッシングや部屋の掃除を習慣にするのも忘れないでほしいな!

バリニーズの特徴は?鳴き声の大きさは大きい?小さい?

一見目立たないけれど猫アレルギーとなりにくいのは、バリニーズの大きな美点ですね。そのほかにも、バリニーズには次のような特徴があります。

バリニーズの鳴き声はシャム猫より小さめ

バリニーズのもう1つの美点が、鳴き声がシャム猫ほどにぎやかでないということです。

シャム猫といえば、優しげな物腰に似合わない大きな声とおしゃべりで有名です。でも、バリニーズの鳴き声は、そこまで大きくありません。

マンションなど近所への物音が気になる住まいでも、心配なく飼えそうです。

ほっそりした体型にV字の小さな頭

バリニーズのボディタイプは、シャム猫と同じオリエンタル。猫の6つのタイプのうちでも、細さやしなやかさが際立つ体型です。ほっそりした胴体からは長い足がスタイルよく伸びています。

V字型の小顔に大きくくっきりとした三角形の耳が目立つのも、シャム猫と同様です。

ポインテッドカラーにサファイアブルーの瞳

バリニーズの長めの毛に浮かび上がるのは、ポインテッドカラーです。鼻先や耳、足、尻尾など末端部分にのみ濃い色が出ます。

シャム猫で認められている4色、シールやチョコレート、ライラック、ブルーが基本であるのはバリニーズも同じ。そのほか、クリームやトーティ(サビ色)、リンクス(縞あり)のバリニーズもいます。

そして、どの毛色のバリニーズも、目の色はみんなサファイアブルーです。

バリニーズとシャム猫って似てる?バーミーズとの違いはこれ!

もとはシャム猫から生まれてきたバリニーズ。現在の2品種を比較すると、バリニーズにはシャム猫と似た点が多く残っています。

また、うっかり同じ品種!?と勘違いしそうなのが、やはりシャム猫に縁のあるバーミーズです。名前も似ていますよね。

似ているようで違う3つの品種を比べるために、下の表にまとめてみました。

バリニーズ シャム猫 バーミーズ
容姿
ボディタイプ オリエンタル オリエンタル コビーとセミフォーリンの2種
毛の長さ 長毛 短毛 短毛
毛色の種類 4色+α 4色 ホワイト以外
目の色 ゴールド
声の大きさ 小さめ 大きい 小さい

バリニーズとシャム猫でもっとも違う点は毛の長さ

バリニーズとシャム猫を比べると、体型や目の色、性格はほぼ同じです。大きく違うのは毛の長さで、これがバリニーズの最大の特徴となっています。

また、バリニーズの毛色には、シャム猫と同じ4種のほかにいくつかのカラーがあります。

4種以外の毛色をバリニーズに含めるか別の品種のジャバニーズとするかは、登録団体によって考え方が異なるようです。

バリニーズとバーミーズの違いは体型とカラー

同じシャム猫に血縁を持つもの同士であっても、バリニーズとバーミーズには多くの違いがあります。

バーミーズの体型は2種ありますが、どちらもバリニーズよりしっかりめ。そして、毛色はブラウンを中心に白以外のさまざまなバリエーションがあり、目色も異なります。

バーミーズの明るく遊び好きな性格はほかの2品種と同じですが、声が小さいゆえに「慈悲深い」と評されているのは得な点かもしれません。

シャム猫以外の要素が多く見られるのは、バーミーズの基礎がシャム猫だけでなくミャンマー出身のブラウンの猫との交配によって作られたためでしょう。

みーちゃん
バリニーズとバーミーズ…。教授~!なんでこんなに名前が似てるの。
ニシ教授
音が似ているのは、たまたまかのう。バーミーズの名前は色が似ているバーミーズ葉巻からつけられたのじゃ。

バリニーズを飼う時の注意点は?

魅力いっぱいのバリニーズを飼ったら、毎日帰宅するのが楽しみになりそうですね。

でも、飼い主さんと同じくらい、家族となったバリニーズにも楽しい日々を過ごしてもらいたいもの。飼う時に注意したい点を心に留めておきましょう。

ひとりぼっちの時間に気をつけて

家族が出かけた後の、バリニーズがひとりぼっちで過ごす時間に配慮してあげましょう。

もし仕事の都合などで留守番が多いようなら、在宅中には少しの間でも遊び相手になるなどコミュニケーションを取るようにしてください。

というのも、人に甘えることが好きなバリニーズは、あまりに孤独な時間が続くとストレスを抱えてしまうことがあるからです。神経質な性格が悪い方に出てしまわないように注意してあげたいですね。

冬の寒さ対策を怠らないようにする

季節の中では、特に気温の下がる冬に注意が必要です。バリニーズが心地よく過ごせるよう、寒さ対策を怠らないようにしてください。

温かな毛布や寝床を早めに準備し、冷え込む日にはエアコンを稼働させます。

バリニーズの毛はシングルコート。シャム猫より少し長めとはいっても、アンダーコートがないだけに寒いのが少し苦手なのです。

特にシニア時期の体調変化に注意!

大事なバリニーズに少しでも長生きしてもらいたい!そう思うなら、特にシニアとなった時期の体調の変化に気をつけてあげてください。

バリニーズには、循環器や泌尿器の疾患、皮膚病など遺伝的にかかりやすい病気があります。これらの病気はシャム猫がかかりやすいものと同じ。シャム猫の体質を受け継いでいるのですね。

もちろん健康で長生きするバリニーズもいるので、定期的に健康診断を受け異変にはなるべく早く気付いてあげられるように心がけましょう。

バリニーズを飼うのに向いている人はこんな人!

以上のような特徴や性格を持つバリニーズは、どんな人や家庭に向いているのでしょうか?バリニーズを飼うのにぴったりなのが、こちらのような人です。

  • アレルギーでも長毛猫に憧れている人
  • 家族と一緒に暮らしている人
  • 毎日でも猫をかまいたい人
  • ほかの猫も飼ってみたい人
  • マンションに住んでいる人

アレルギー気味だけど長毛の猫が好き。そんな人でもバリニーズなら、飼うことをあきらめなくても済むかもしれません。

ただし、飼った猫を後で手放すことのないよう、自分の体質を慎重に見極めるようにしてくださいね。

孤独が苦手なバリニーズは、家族の人数が多いほど寂しさを感じずに済むでしょう。一人暮らしでも、猫をかまうのが大好きな人や多頭飼いできる人なら心配いりません。

また、バリニーズの鳴き声はさほど大きくないので、広い一軒家ばかりでなくマンション暮らしの人にも適しています。

みーちゃん
やっぱりおしゃべりするのも踊るのも相手がいなきゃ!一人だとちょっと寂しいよねー。
ニシ教授
だから、バリニーズは踊らない!って言ってるのに…。
まとめ

優雅な長い毛が踊り子の風情を思わせるバリニーズ。似ているようでシャム猫とはちょっと違います。

バリニーズは抜け毛とアレルゲンが少ないため、これまで長毛の猫とは一緒に住めないと思っていた人も飼える望みがあります。

まだ日本のブリーダーは少ないので、飼いたい場合はシャム猫ブリーダーなどをつてに根気よく探していく必要があります。

甘えん坊で賢いバリニーズを迎えられたら、心にハリと癒やしのある生活が送れそうですね。

この記事のURLをコピーする