147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

6つの猫の座り方で気持ちや病気がわかる!?おかしい時の見分け方も紹介!

愛猫がどんな気持ちでいるのか?座り方を観察すれば、その心理状態を読み解けると言われています。

体の柔らかい猫は実にいろいろな座り方のパターンを持っていますが、どのように使い分けているのか気になりますよね!

そこで今回は、猫の座り方からわかる気持ちについて詳しくまとめてみました!座り方からわかる猫の健康状態も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

猫の座り方6種類!その名前や猫の気持ちは?

まずは、猫の座り方別にどんな気持ちでいるのか見ていきましょう!体の柔らかい猫は色々な座り方ができるのですが、代表的なものは次の6パターンがあります。

  • 香箱座り
  • スフィンクス座り
  • おっさん座り(スコ座り)
  • 横座り
  • しっぽ巻き座り
  • エジプト座り

では、順番に猫の心理を紹介していきますね。

猫の座り方①:香箱座り(リラックスしている)

リラックス度

直方体の「香箱」に似た姿勢から名づけられた座り方です。体は伏せていて、前足も後ろ足もきゅっと折りたたまれ状態のことを言います。

ちなみに香箱とは、香道やお茶の世界で使われるもの。その名にふさわしい趣のある座り方ですよね。

香箱座りをしている猫は、警戒する必要のない環境にいてリラックスした状態です。同じ空間にいる飼い主さんや人を信頼しているということでしょう。

猫の座り方②:スフィンクス座り(リラックスしている)

リラックス度

エジプトに古代から残る石像、スフィンクスを思わせる形から「スフィンクス座り」と呼ばれています。体を伏せて後ろ足だけ折りたたんだ状態のことですね。

猫がスフィンクス座りをしているのは、比較的リラックスしている休憩タイムと思ってよいでしょう。

ただ、いざという時の攻撃手段となる手は前に出しているので、香箱座りのように気を抜いている訳ではありません。体や気持ちを休めながらも、何かあった時はいつでも対応できるようにしています。

猫の座り方③:おっさん座り・スコ座り(リラックスしている)

リラックス度

いかにも態度がでかそうに見えるこの姿勢、おっさん座りあるいはスコ座りと呼ばれています。後ろ足を開いて投げ出し、前足もぶらんと垂らした状態です。

名前のとおり、本当に人間のおじさんみたいですよね(笑)

スコ座りの「スコ」とは、スコティッシュフォールドの略。この品種の猫によく見られる座り方なので、そう呼ばれているようです。

猫の体つきからして長時間維持しにくい体勢なので、どの猫でもするわけではありません。もし愛猫がこの座り方をしていたら、とてもリラックしている状態だと思ってくださいね。

ただし!ずっとこの座り方をしている場合は、病気との関連性も疑われます。詳しくは後ほど触れますね。

猫の座り方④:横座り(リラックスしている)

リラックス度

横座りは、2本の後ろの足を左右のどちらか同じ方向に伸ばしている座り方です。胴体を地面につけ、前足は後ろ足と同じ方向か前に伸ばしています。

横座りをしている猫は、かなりゆったりとリラックスしています。特に前足を前ではなく横に伸ばしている時はリラックス度が高く、いつでも眠りに入れるほど警戒心を解いた状態です。

この体勢だと、猫は瞬時に立ち上がることはできません。つまり、くつろいでいても大丈夫と判断しているんですね。

猫の座り方⑤:しっぽ巻き座り(やや警戒している)

リラックス度

しっぽ巻き座りでは、2本の前足を立てたところに後ろからくるりとしっぽを巻き付けています。当然ながら、長いしっぽを持つ猫だけに見られる座り方です。

いつでも動き出せる姿勢なので、どちらかといえば周囲にアンテナをはっている状態です。

足元にしっぽを巻きつける理由としては、複数の意味合いが考えられています。ひとつは、足元のにおいを敵に悟られないようしっぽで覆うという野性の名残り、もうひとつは防寒の役割です。

さらに、大事なしっぽを体近くに置くことで、ケガや汚れから守る意味もあるとか。どちらにせよ、安心というよりは警戒心を表しているんですね。

猫の座り方⑥:エジプト座り(やや警戒している)

リラックス度

後ろ足を曲げて腰をおろし前足を2本揃えて立てているのが、エジプト座りです。いわゆる「おすわり」の状態ですね。

名称の由来は、古代エジプトで作られた猫の神バステトに由来しています。

しっぽ巻き座りと同じく、足を休めながらも用心する気持ちを抱いていることが伺えますね。状況次第ですぐにでも立って動き出せるので、辺りに注意を巡らせている状態と言えるでしょう。

【番外編】珍しい4種類の猫の座り方も紹介!

猫は体全体の関節が柔らかいため、思いがけないような座り方をすることがあります。

あなたの愛猫も変わった座り方をしていませんか?こちらでは全国の猫ちゃんの一風変わった座り方を集めてみました!

モデル座り

後ろ足の組み具合といい前足の置き方といい、まるでカメラマンに注文をつけられたかのよう。雑誌の表紙を飾る素敵なモデルさんみたいですね!

お祈り座り

こちらのアビシニアンはスフィンクス座りの変型で、前足の肉球を合わせた形にしています。お祈りしているようにもお願いしているようにも見えて、可愛らしいですね。

おねだり座り

机にきちんと前足を揃えている姿がとても可愛いですね。こんな姿でおねだりされたら、どんなおやつでも与えてしまいそうです(笑)

跳び箱座り

ちょこんと腰を下ろして前足を置いた姿は、まるで跳び箱を失敗した時よう。一体どうやって座ったのか謎ですが、ぼんやりともの思いにふける表情も人間そっくりですね!

猫のおかしい座り方!もしかすると病気の可能性があるかも…

猫の座り方は、気持ちだけでなく体調によっても影響を受けます。いつもと違うおかしい座り方をしているなら、病気や体調不良の可能性も考えなければいけません。

特に次のような座り方をしている場合には、注意が必要です!

  • 暗いところで座って動かない
  • 腹部を下げて床に押し付ける
  • 姿勢を頻繁に変える座り方
  • 長時間続けるおっさん座り

猫が暗い場所で座り続けている時は、病気やケガの痛みを抱えているのかもしれません。暗いところに潜むのは、体調不良を悟られないようにする野性時代からの習性です。

また、お腹を下に押し付けるような座り方を続けている猫は、お腹の痛みをこらえている可能性があります。いつもと少し様子が違ったら、餌の食べ方や呼吸方法に気をつけてみましょう。

そして、しょっちゅう姿勢を変えたりおっさん座りを長時間続けていたりする場合は、関節炎が疑われます。つまり、通常の座り方が辛い状態ということです。

姿勢がおかしい座り方、以下のような病気が考えられます。

骨軟骨異形成

骨の成長が正常通りに進まない疾患です。

おっさん座りがスコティッシュフォールドに多いのは、遺伝的に骨の形成不全の確率が高く関節炎を起こすことが多いから。骨の変形による関節の痛みで、やむを得ずその座り方をしている場合があります。

変形性関節症

骨と骨をつなぐ軟骨部分の異常で、関節に痛みが生じる炎症のことです。中高齢の猫に発症しやすく、加齢や肥満による負担が影響しているのではないかと考えられています。

静かに進行する病気なので、座り方の変化に気づくことが早期発見に繋がるかもしれません。

カリシウイルス性関節炎

猫風邪の一種、カリシウイルス感染症により多発性関節炎を引き起こすことがあります。場合によっては、くしゃみや鼻水などの症状より先に関節炎が出ることも。

多くは一過性で済みますが、体力のない子猫だと命にかかわるケースもあります。早い発見に越したことはありません。

まとめ

猫はその時々によっていろいろな座り方をしています。普段の座り方に着目すれば、わかりにくい猫の心理もだんだん見えてくるでしょう。

また、病気の早期発見にも繋がるので、座り方から愛猫の様子を観察してみてくださいね!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る