猫が添い寝してくる理由は?寝る場所で飼い主への信頼度がわかる!

猫を飼っていると、いつまのにか添い寝していた!ということは良くあることですよね♪少し邪魔ですが、とてもハッピーな気持ちになります。

しかし、そこには重大な意味が隠されているって知っていましたか?

ニシ教授
多頭飼いしてると身動きが取れなくなることもあるんじゃ…

そこで今回は猫が添い寝してくる理由を解説していきたいと思います。猫はいったいどんな気持ちで添い寝をしているのでしょうか?

猫が添い寝してくるのにはこんな理由や気持ちが隠されていた!


朝起きたら目の前に猫の顔が!というのは猫を飼っている人なら一度は経験がありますよね。場合によってはお尻が!なんということもある猫の添い寝。

ただ単に寝る場所が無くてベッドに上がってきたのかな?と思った人もいるかと思いますが、実はあれには大きな意味があるんです。それは一体どんな意味なのでしょうか?

  • 体温調節
  • 縄張り
  • 習慣
  • 甘えたい
  • 安心感

以上の5点がその主な理由です。もちろん、この場所いい感じ!寝ちゃおう!となっている場合もありますし、単純に場所がそこしかないパターンもあります。

それでは紹介した5つのものを、その理由を含めて詳しくみていきましょう。あなたの猫ちゃんはどれに該当するのでしょう?

体温調節

猫が一緒に添い寝する理由として体温調節というのがあります。簡単に言えば寒いから、飼い主にくっついて寝よう!ということですね。

猫の起源といわれているリビアヤマネコは砂漠に住んでいました。そのため暑いのには慣れているのですが、寒さには弱いという特徴があります。

そうなると日本の冬はかなり厳しいですよね!そこで思いついたのが、飼い主にくっついて暖をとるという方法です。人間のそばにいれば冬場でも36度くらいはあるので、冬の気温から考えればかなり温かいですもんね♪

なお、夏場添い寝してくる場合も体温調節です。猫の体温は38度から40度と人間に比べると高くなっており、飼い主にくっついて寝るほうが涼しと感じるようです。

ニシ教授
猫からすれば人間は暖房器具ということじゃ!

縄張り

次に考えられる添い寝の意味は縄張りです。飼い主の近くは自分のテリトリーの1つだと思っている猫の行動になります。飼い主と添い寝をすることで、ここは自分の縄張りだとほかの猫にアピールしているんです!

ただし、これはあくまで多頭飼いしてる場合の猫にあてはまります。1匹の場合ならこの理由はあまり考えられません。

また、テリトリーとして認識しているのがベッドや布団の場合にも添い寝をします。こちらは飼い主に対して、ここは私の場所だから!というアピールです。

飼い主側からすれば困ったものですが、特に攻撃などがないのなら一緒に寝ましょう。猫は群れを作りませんが適応能力が高いので、渋々ですがテリトリーに入ることを許してくれます(笑)

習慣

添い寝の理由としては習慣というのもあります。子猫時代から飼い主と一緒に寝ていたのなら、それがそのまま成猫状態で続いているということです。

これは飼い主だけではなく、親猫や兄弟猫と一緒に寝ていた場合にもあてはまります。誰かとくっついて寝るというのが習慣になっているのでしょう。

また、飼い主と一緒に行動するのが習慣になっている猫も添い寝をしたがります。いつでも一緒なんだから寝るときも一緒!という気持ちは良く分かりますよね。それだけ飼い主が好きという気持ちの表れでもあります。

これらは習慣として根付いてしまっている場合には中々治りません。添い寝が好きではない飼い主さんは、小さい頃から1人で寝る練習をさせておくのがおすすめです。

ニシ教授
1度できた習慣は中々改善しないものじゃ!

みーちゃん
そうそう!教授の貧乏ゆすりとかねっ!

ニシ教授
それは癖じゃなかろうか…

甘えたい

飼い主としてもっとも嬉しい添い寝の意味はこれではないでしょうか?飼い主に甘えたいから一緒に寝る!とても分かりやすいですよね!

猫からすれば飼い主はご飯をくれて構ってくれて、トイレの掃除もしてくれる素晴らしい生き物です。そんな生き物を猫がどう思うかというと親猫ではないでしょうか?

そうなると猫からすれば甘えて当然ですよね!特に避妊や去勢をしている猫は子どもがいない=自分は子どもと認識してるらしく、飼い主=親猫に甘えるという傾向が多くなるようです。可愛い考え方ですよね♪

安心感

最後に紹介する添い寝の意味は安心感です。飼い主と一緒に寝ることで安心感を得ています。上の甘えたいとも繋がるものですね!

全ての動物にあてはまるのですが、寝る時というのは周りが見えなくなるので本能的に不安を感じます。そこで飼い主と寝ることで安心感を得ようと添い寝をするようです。飼い主は猫からすれば頼りになる生き物。

大きくていつでも面倒を見てくれますし、いざとなったら守ってくれることもあります。そんな生き物と仲良く一緒に寝れるなら、それより心強いものはありませんよね♪

猫が添い寝してくる場所によって、飼い主への信頼度がわかる!?


猫が添い寝してくる場所はなにも枕元だけではありません。足元や腕枕、股の間などがありますが、実はそれにも大きな意味があるんです。

その大きな意味とはズバリ信頼感で、顔に近づけば近づくほど飼い主に対して信頼をおいているということになります。もし、愛猫が顔の横で寝ているなら、それはもう信頼感マックスということですね♪

しかし、寝ている場所によってはほかの意味も存在しています。そこで、代表的な猫の添い寝場所を以下にまとめてみました。

  • 足元で添い寝する
  • 股の間で添い寝する
  • 腕枕で添い寝する
  • 枕元で添い寝する

この中に愛猫の添い寝場所はありますか?基本的にはこの辺りが多いと思うのですが、猫によってはお腹の上なんてこともあるかもしれませんね!

それでは寝る場所がどんな意味をもっているのか、詳しくみていきましょう!

足元で添い寝する

足元で寝ている場合は信頼しているけど、すこし不安ということになります。顔から離れるにつれ信頼感が薄いということなので、反対側の足元はそこまで信頼されていません。

そう言われると飼い主としてはショックかもしれませんが、それはあくまで添い寝場所の意味の1つです。ほかにも違う理由があって足元で寝ている可能性があります。

では、ほかの理由とはどんなものなのかというと、足元で寝ることにより寝返りを避けているということです。ぐっすり眠りたいのに、横にいる人の寝返りが多いと目が覚めてしまいますよね?

足元ならば避けるのは簡単ですし、足の横でないならそもそも避ける必要がありません。一緒に寝たいけど、飼い主の寝相が悪い…。そうだ足元で寝よう!ということです。

股の間で添い寝する

足元よりも信頼感があるのが股の間での添い寝です。これは上を向いてねるタイプの人限定になるのですが、広げた足の間にぴったり収まります。

寝返りが打ち辛く、飼い主としてはかなり厄介です!ただし、これは甘えている可能性があります。布団の中って落ち着きませんか?何かに包まれるって最高ですよね!その猫バージョンが股の間の添い寝なんです。

また、股の間は体臭が濃い部分です。猫からすればそこは信頼できる飼い主の匂いに包まれながら寝れる最高のスポット。甘えん坊な猫なら、ついつい選んでしまうようです。

ほかにも寒い場合にも股の間で寝ることがあります。股の間は布団と人間のふとももにある太い血管のおかげで、かなり温かい場所です。寒がりの猫にはたまらないみたいですね!

みーちゃん
狭い場所って落ち着くしねっ!

ニシ教授
わしも小さい頃はよくタンスの中に入っていたのう!

腕枕で添い寝する

枕もとの次に信頼感を感じているのが腕枕です。飼い主の腕に顎をおいて寝る姿はとても可愛いですよね!腕がしびれることもありますが、ついつい見入ってしまう姿です。

信頼感がかなりある状態なので、この状態で猫が添い寝する場合は絆がバッチリ!さらに飼い主の寝相も悪くないという素敵な状態です。

また、脇の近くに顔をもってくるというのは、股の間と同様に飼い主の匂いがポイントです。脇も体臭が強いので、一緒に寝ることで大好きな飼い主の匂いを嗅ぎながら寝れる最高に場所になります。

ほかにも飼い主を親猫と思っている場合にもこの場所で添い寝します。胴体部分=ミルクの出る場所なので、子猫みたいに甘えているということですね♪

枕元で添い寝する

飼い主に対して完全に信頼をおいている場合、猫は枕元で添い寝するようになります。目を開けたら猫の顔が目の前にあるのは、これが理由ですね!

目の前にある顔というのは動物からすれば要注意の場所です。相手を見つめるのは敵意の証ですし、歯は牙と一緒で武器になります。しかし、相手が信頼できる相手なら攻撃される心配はありません!

そこで顔の近くで寝る=完全に信頼されている証となります。また、猫は視力が0.3程度です。そこで、飼い主の顔をしっかりと確認できる距離に居たいという意味もあります。

なお、私のように多頭飼いをしている場合、猫によって枕元陣取り合戦が始まることがあります。その場合は無視して寝ましょう。起きていると猫パンチによる仲裁の催促があります…。

猫が添い寝しないのには何か理由があるの?


ここまではいかがでしたか?猫に添い寝されるのは信頼の証だということが分かったと思います。しかし、悲しいことに添い寝してもらえない人もいると思います。

それは一体どうしてなのでしょうか。

  • 安心できない
  • 場所が嫌い
  • 暑い
  • 飼い主の寝相の問題

一番上を除くとどれも環境を改善をすることで問題は解決します。場所が嫌いという場合には、静かで落ち着ける場所にベッドや布団をおいてみましょう。騒がしかったり眩しい場所は猫に嫌がられます。

次に暑い場合は適温にするために、布団をかえてみるのがいいかもしれません。シーツを変えたりするのもおすすめですよ♪

そして寝相の場合にはベッドや布団を大きくしてみると添い寝してくれるかもしれません。ただし、あくまで同じ場所で寝るだけになる可能性もあります。一番は寝相を治すことですが、中々難しいですよね。

最後に安心できない場合についてなのですが、これは時間をかけてゆっくり仲良くなってください。猫は気まぐれですが、愛情をかければきちんとかえしてくれますよ♪

猫が急に添い寝しなくなったのはなぜ?


猫の添い寝は信頼の証です。たまには邪魔に感じる場合もありますが、一緒に寝てくれるのは幸せですよね!しかし、突然添い寝をしてくれなくなる時もあります。

それは一体なぜなのでしょうか?その理由として考えられるものを以下にまとめました。

  • 体調がよくない
  • 飼い主の体調がよくない
  • 信頼関係が崩れた

最もよくあるパターンなのが、一番上の体調が良くないです。病気をしている場合や高齢の場合には、自分の体調を考えて添い寝をしなくなる場合があります。

また、猫は病気になると落ち着ける場所に身を隠して、体力を温存しようとします。そういった場合は添い寝をしている余裕がありません。獣医に連れていきしっかりと病気を治してもらえば、添い寝を再開してくれます。

次に飼い主の体調が悪い場合です。この場合は病気がうつらないように様子見をしている可能性があります。早く病気を治して、添い寝してもらいましょう。愛猫もきっと寂しいはずです!

最後にもっとも厄介なのが信頼関係の崩れです。この場合は解決にかなり時間がかかります。信頼が0からではなくマイナスから始まると考えて、じっくり取り組みましょう!

猫と添い寝する時の危険性について。潰すことはない!?仲良く上手に寝るには?


猫との添い寝は癒されますが、もちろんリスクが存在しています。そのリスクは主に2つに分けられており、飼い主側のリスクと猫側のリスクです。

飼い主側のリスクとしては猫が気になって眠れないということや、感染病のリスクです。前者のリスクに関しては、猫を気にせず寝るようにしましょう。気にしていてはぐっすり眠れません!

次に感染病のリスクです。猫と人間には人畜共通感染症という両方が患う病気があります。トキソプラズマなどの寄生虫が有名です。

一緒に寝ることで猫の体液や毛が布団に残り、それを吸い込み感染する可能性があります。対策として布団を小まめに掃除し、体力が落ちている時や疲れている時は添い寝をやめておきましょう。

また、老人や子ども、妊婦も猫との添い寝を避けてください。成人よりもはるかにリスクが高くなってしまいます。

ニシ教授
特に妊婦は要注意じゃ!生まれてくるこどもの健康に関わるぞ!

そして猫側のリスクなのですが、こちらは単純で飼い主に潰されるというものです。子猫ではない限り、猫が熟睡することは滅多にありません。従って潰される前に避けるのですが、それができない場合もあります。

そこで、一緒に寝る際にはつぶすことがない様な場所で添い寝させてあげてください。また、子猫や体力の落ちている猫、老猫は別の場所で眠らせるようにしましょう。

【番外編】猫と添い寝ができる宿や温泉旅館がある!?


猫と添い寝したい!だけど、猫を飼ってないor飼えない!という人はかなり多いのではないでしょうか?そんな人には由布院温泉 オーベルゼ レ・ボーがおすすめです!

このホテルは由布院の温泉を堪能できるだけではありません。なんと、施設内で飼われている猫と添い寝することができるという素晴らしいホテルなんです!猫ホテルとはとても素晴らしい響きですよね♪

スタッフとして活動している猫は、チョビ、ヨリ男、スス、ヤマト、の4匹でいずれも愛想の良い素敵な猫達。見た目も性格もバラバラでとても華やかです!

もちろん料理の方もこだわっており、豊後牛や湯布院野菜がふんだんに使われています。1泊7,500円からと値段も手頃なので、猫と添い寝したい人は足を運んでみてください!必ず幸せな時間を送ることができますよ!

まとめ

猫の添い寝は温かくて柔らかくて最高ですが、リスクがあるので推奨はできません。できれば別々に寝るのがおすすめです。

しかし、猫からの信頼といわれると中々添い寝を断れないと思います。そこでしっかりとリスク対策を行ってから添い寝を続けていきましょう!そうすれば飼い主も猫も幸せな睡眠を続けられますよ♪

この記事のURLをコピーする