147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

猫の毛色で性格が丸分かり⁉︎性格の違いと飼いやすい猫はこの毛色!

猫を引き取る時、その子がどんな性格になるのか予想できたらいいのに、と思いませんか?実はそのヒントとなるのが、猫の毛色なんです。

ニシ教授
どの子を引き取るか迷った時には、毛色に注目するとよいかもしれんのう。

例えば白い猫なら○○な性格、といったふうに、どうやら猫の毛色には性格の傾向があるようです。つまり、姿を見れば性格も丸わかりってこと。あなたも猫の毛色から今後の生活を占ってみませんか?

毛色でわかる猫の性格はこれ!

雑種もいれば血統種もいる猫の世界。全身同じであったり柄が入っていたり、猫の毛色は実にバリエーション豊かです。そんな毛色からわかる性格が下のとおり。

飼おうかな、と迷っている猫、あるいは既に飼い始めた猫の色を見れば、どんな性格なのかズバリわかるかもしれません!?

みーちゃん
教授!すっごく気になるテーマだから、早く教えてちょうだい。
ニシ教授
うむ。では、単色(ソリッド)の猫から始めよう。

ブラック

全身ブラック一色の猫は、荒々しいところがなく、人懐っこくて飼いやすい性格をしています。観察力や頭のよさもあるので、しつけやすい猫です。

西欧では「不吉」、日本では「福猫」と、黒猫には古くより噂やイメージがつきまとっています。場所によりイメージは逆であっても、昔からそれだけ人間社会の近くにいたということなのでしょう。

闇夜にまぎれやすい毛色であり、日本ではかわいがられていたという歴史から、警戒心が薄いとも言われています。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

ホワイト

逆に警戒心が強く、クールな態度に出やすいのがホワイトの猫です。

繊細かつビビリでありながら、気の強さを見せる時もあります。頭はよく学習能力があるので、飼われる家庭や環境に慣れれば、しっかりと甘えてくれるでしょう。

ただ、時折ひとりにもなりたいというタイプなので、猫に常時そばにいられるのは苦手という人ならよい関係を築けるはずです。

野性の中では不利な立場におかれやすい目立つカラーの白猫。生き抜くために必要な性格だったかもしれませんね。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

ブルー(グレー)

ブルーの毛色の猫は、おっとりとして内向的、穏和な性格です。感情を激しく表に出すことがあまりないので、喧嘩が少なく、その代わりに飼い主さんへの甘え方も控えめです。

かといって懐かないわけではなく、親しんだ飼い主さんには忠誠心を示してくれますよ。自分の心に決めたことは譲らないという頑固なところもあるので、しつけは早めにするのがおすすめ。

ブルーの多くは海外から入ってきた血統種であることが穏やかな性格の理由でしょう。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

ブラウン

暖かみのあるカラーの見た目そのままに、穏やかで友好的な性格を持つのがブラウンの毛色の猫。

好奇心を持ったものにちょっかいを出したい!というやんちゃ心がありながら、決して攻撃的なわけではありません。人とも猫とも仲良くでき、時折お茶目な行動で笑いを誘うようなところがあります。

雑種はもちろん血統種にもブラウンの猫は多く、単色だけでなくて、さまざまな柄の猫がいますが、フレンドリーなところが共通しているようです。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ
みーちゃん
繊細でクールな白猫…って私のこと!?やっぱり毛色で性格がわかるって本当なんだ!
ニシ教授
例外もある、というよい例じゃな。次は、2色以上の猫についてじゃ。

ブラック&ホワイト

ブチやハチワレなど、体に黒い部分と白い部分を持つ猫は、ヴァイタリティに溢れていながら協調性が高く、相手や場面に合った対応ができる要領のよいタイプです。

かと思えば、そんな行動が過ぎて、時におっちょこちょいと見えることも。人数の多い家庭にもなじみやすく、1人での暮らしもなごませてくれるでしょう。

毛色の割合によって少し性格が違い、黒いところが多い子は比較的穏やか、白いところが多い子は用心深さがあるようです。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

キャリコ(三毛猫)

体に3色の毛を持つ三毛猫は、気が強くてワガママ。気分次第で甘えん坊となったり、ちょっとしたことで機嫌を損ねてみたり。猫のイメージそのままのツンデレ態度で、何を考えてるのかわからないミステリアスなところがあります。

読めない行動が飼いにくいと受け取られるか、猫らしくてかわいいと取られるかは、評価のわかれるところ。

よく知られているように、遺伝的に三毛猫のほとんどはメスなので、母性本能があるゆえにそんな性格や行動となって表れるのかもしれません。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

サビ

三毛猫の黒、茶、白のうち、白いところがないのがサビ猫で、三毛猫と同じくそのほとんどがメスです。性格も三毛猫と似たところがあり、基本的に気が強くてマイペース。

ただ、三毛猫より社交性に優れ、まるっきりのツンデレというわけではありません。人や環境に慣れれば、甘えん坊の姿もたっぷりと見せてくれるでしょう。

頭がよいので、しつけに悩むこともあまりない猫です。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ
みーちゃん
ふんふん。女子ならミステリアスなところがあるのも当然かな!
ニシ教授
キミのようにわかりやすい子もおるがのう。さて、次はタビー(縞、斑点)の猫じゃ。

キジトラ

猫の中でももっとも野性の心を残しているのがキジトラです。何事に対しても警戒心が強くて神経質。縄張り意識から時にはほかの猫と喧嘩となることもあります。

人に対しては慣れるまで時間がかかりますが、心を許した相手には思い切り甘えてくれますよ。優れた運動神経を活かして飼い主さんと遊ぶのも大好きです。

実は、猫の先祖と言われているのが、このキジトラ柄。野性味の強い性格ももっともだと言えるでしょう。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

サバトラ

サバトラの猫は、くっきりと2つのタイプに分かれます。神経質で慎重なタイプと人に懐きやすくて自分から寄ってくるタイプです。

神経質な子でも徐々に飼い主さんとの生活に慣れていきますが、見慣れない人には容易に近づこうとしません。一方、まったく警戒心なく人との関係に飛び込んでくる明るい子もいます。

自然色に近いキジトラに対し、グレーの毛色が主のサバトラは目立ちやすく、危険にさらされてしまいがち。そのため慎重になった、または人に保護してもらいやすい性格になった、と考えられています。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

茶トラ

ブラウンの猫でも縞が入っているものが茶トラです。やはり穏やかで人懐っこい点はブラウンと同じ。明るく活発な性格で周囲をなごませてくれます。

人に対しては警戒心があまりなく、甘えるのが大好き。ちょっぴりビビリな一面もあるけれど、小さな失敗はすぐに忘れてくよくよしない!というわかりやすい性格です。

実は、遺伝的に茶トラは約80%がオスなんです。おおらかで甘えん坊なオスの性格が出やすいと言えますね。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ

クリーム

血統種ではクリーム単色のものもいますが、一般的にクリームの毛色といえば、色の薄い茶トラ猫を差します。

したがって、その性格も茶トラと似たもの。基本的に人懐っこくて甘えん坊、そして、小さなことは気にしないというおおらかさを持ち合わせています。

ただ、見知らぬ人にはちょっと慎重になるという傾向があるようです。

穏やかさ
社交性
初心者におすすめ
みーちゃん
なるほど、あらためてわかったよ!猫の毛色の種類がすごく多いってこと。
ニシ教授
ポイントはソコではないんじゃが。しかし、確かに種類は多くて、中にはこんな色もあるぞ。

ライラック、フォーン

猫の毛色がライラック、フォーンなど、あまり聞き慣れないものであったなら、毛色よりも品種で性格を判断した方が確かです。

その猫が外国から入ってきた血統種やそのミックスである可能性が高いからです。

ライラック色があるのは、シャム猫やヒマラヤン、ペルシャ猫など。上の画像はセルカークレックスです。フォーンという柔らかなイエローブラウンの色を持つ猫には、アビシニアンやソマリ、ラグドールなどがいます。

どちらも複数の品種がいるため、同じ色だからといって必ずしも同じような性格とは言えないのです。

猫の性格が毛色で変わるのにはこんな根拠がある!

それにしても、なぜ外見的な特徴である毛色によって、性格も変わってくるのでしょうか?

毛色の遺伝子と性格の関係は明らかではない

猫の毛色に関する遺伝子と性格の関係は、今のところ科学的に明らかにはなっていません。

研究が進み、猫の体の毛を白色にする遺伝子や色を薄めるダイリュート遺伝子、縞にする遺伝子などは判明してきています。

ただ、それが性格を変えるかと言えば、直接的には結び付いていないのです。

実際に統計を取った研究結果が根拠!

遺伝子に直接的な関わりがないにもかかわらず、毛色によって性格の傾向が変わるといえる根拠は、数多くの猫を観察し、統計を取ったという研究結果にあります。

例えば、グループ分けした猫をさまざまな場面に遭遇させて反応を見る、という方法です。また、近年ではインターネット調査によって一度に多くの情報を分析することが可能になり、実際にアメリカの大学で実施されています。

そして、先祖であるリビアヤマネコがキジトラであることや三毛猫、茶トラの性別の割合などははっきりしているので、性格との関連性が推測できるのです。

まとめ

里親や譲渡会、誰かに猫を譲ってもらう時、できれば飼いやすい性格のよい子がいいなあ、というのが多くの人の望みです。そんな折に参考となるのが、猫の毛色!

もちろん、育てる環境や品種などの要素もからんできますから、ひとくくりにしては語れないところもあります。

私自身、うちの愛猫ソラをもらう時には色柄の違う兄弟が5匹いて、たまに、別の毛色の子を選んでいたとしたら、性格も違っていたのかな?と想像することが…。ですが、今では「この子でよかった!」とつくづく感じています。

どんな毛色、性格の猫であっても、一緒に暮らせば愛おしく思うものですね。

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る