147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

アメリカンショートヘアの価格相場は?子猫の値段や生涯費用まとめ!

人によく懐く飼いやすいと評判のアメリカンショートヘアは、飼いたい猫として真っ先に名前が挙がるほど人気の猫です。

でも、実際飼うとなれば気になるのはその値段!人気ならさぞかし高額なんじゃないの?なんて思っているのではないでしょうか。

そこで今回は、アメリカンショートヘアの値段について詳しくまとめてみました。生体価格はもちろん、初期費用から生涯費用まであらゆる費用について見ていきましょう!

アメリカンショートヘアの子猫の値段や価格相場はどれくらい?

まずは、アメリカンショートヘアの生体価格についてです。子猫・成猫それぞれの価格や、他の猫と価格相場を比較した結果をまとめてみました。

アメリカンショートヘアの子猫と成猫の価格

価格
子猫 7万円~50万円
成猫 9万円~20万円
※生後3ヶ月以内の子猫、生後1年以上の成猫について調査しました。

アメリカンショートヘアの生体価格は、子猫で7万円〜50万円、成猫で9万円〜20万円程度です。

販売されている猫のほとんどは子猫ですが、買い手が見つからなければ1歳以上の成猫になっても展示される場合があります。

ただし、子猫から飼いたいという人が圧倒的に多いので、価格は子猫の方が割高。人気の猫なので大体すぐに売れてしまいますが、運が良ければ価格が下がったタイミングで出会えることもあるでしょう。

他の猫種と比較した時のアメリカンショートヘアの価格相場

猫種 価格相場
アメリカンショートヘア 7万円〜50万円
マンチカン 7万円〜60万円
ブリティッシュショートヘア 10万円〜40万円
ラグドール 12万円〜50万円
スコティッシュフォールド 5万円〜50万円
ノルウェージャンフォレストキャット 8万円〜30万円
メインクーン 12万円〜33万円
ロシアンブルー 9万円〜25万円
ベンガル 7万円〜50万円
ペルシャ 10万円〜40万円
※生後3ヶ月以内の子猫について比較しています。

では次に、他の猫種と比べて高いのか安いのかについて見ていきましょう。

この通り、アメリカンショートヘアと同じ人気の猫9種と価格相場を比較したところ、平均的〜やや高めだということがわかりました。平均価格は30万円前後ですが、希少な毛色なら50万円近くすることもあります。

ただ、アメリカンショートヘアは知名度が高いゆえにブリーダーも全国に存在します。そのため、毛色にこだわらなければ欲しいタイミングで子猫を見つけられるでしょう。

アメリカンショートヘアはどこで買うのが1番いいの?値段が安いのは?

では、アメリカンショートヘアは一体どこで購入するのがいいのでしょうか?

一般的に、猫を購入するとなればペットショップが主流ですが、アメリカンショートヘアの場合はブリーダーから直接購入するという方法もあります。

ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとは言えません!

こちらでは、ペットショップとブリーダーそれぞれの価格相場や特徴をまとめてみたので、自分に合った方を選んでくださいね。

ペットショップでアメリカンショートヘアを購入する場合

ペットショップ 価格相場
Pet Plus 9万円〜43万円
ペットショップのコジマ 8万円〜30万円
P’s first 3万円〜35万円
Coo&RIKU 5万円〜51万円
平均相場 25万円~35万円

アメリカンショートヘアの価格相場は、ペットショップの場合25万円〜35万円程度です。ブリーダーの価格相場が15万円~25万円ですから、それに比べるとやや割高ですね。

ブリーダーと飼い主の間に店舗が仲介する分、人件費など諸々の費用が上乗せされています。

ただ、価格は割高でもペットショップならではのメリットもあります。一体どんな特徴があるのか見てみましょう!

メリット

  • アクセスが良く手軽に見に行ける。
  • その場で購入して連れて帰ることができる。
  • ペット用品も一緒に揃えられる。

ペットショップで購入する最大のメリットは、何と言っても手軽さ。気軽に見に行けて気に入った猫が見つかれば、その場で連れて帰ることができます!

都会なら駅近にもありますし、仕事帰りや休日にふらっと立ち寄ることができるでしょう。猫を飼うのが初めてなら、その場でペット用品を揃えられるのもメリットのひとつですね。

デメリット

  • ブリーダーに比べると生体価格が高い。
  • 他のアメショーの子猫と比較できない。

メリットが多い一方で、生体価格はブリーダーからの直接購入よりも割高になります。店舗が仲介するため、当然といえば当然かもしれませんね。

また、ペットショップでは特定の品種というよりも色々な品種の猫を展示しています。なので、アメリカンショートヘアの子猫を沢山見ることはできません。

ですので、絶対にアメショーを飼う!と決めているなら、ネットで検索して気に入った子猫がいるペットショップに出かけましょう。

ブリーダーからアメリカンショートヘアを購入する場合

ブリーダーサイト 価格相場
みんなの子猫ブリーダー 11万円〜29万円
ペットショップのアル 10万円〜23万円
平均相場 15万円~25万円

ブリーダーから直接子猫を購入する場合は、15万円〜25万円程度が平均相場です。ペットショップに比べて10万円くらい割安ですね。

価格だけ見れば断然ブリーダーが有利ですが、メリットばかりではありません。どんな特徴があるのか見てみましょう!

メリット

  • ペットショップより生体価格が安い。
  • 一度に数匹の子猫を見られる可能性が高い。
  • 親猫や飼育環境を把握できる。

ブリーダーから購入する最大のメリットは、やはり値段が安いことです!ペットショップに比べると、2割〜3割程度安く購入できるでしょう。

ほかにも、血統や飼育環境を詳しく知ることできるというメリットもあります。遺伝病などは親や兄弟を見ればある程度分かりますので、健康的なアメリカンショートヘアが欲しいなら嬉しい特典ですよね。

また、アメリカンショートヘアの生態に詳しいブリーダーから購入すれば、購入後も飼育の相談に乗ってもらえるというメリットがあります。

デメリット

  • 遠方の施設まで出向かなければいけない場合がある。
  • トライアル期間が必要な場合もある。

ブリーダーから購入するデメリットとしては、ペットショップのような手軽さがないこと。個人の家庭で繁殖していることがほとんどなので、見学するにも必ず事前予約が必要です。

また、子猫の受け渡しからその後のケアまで連絡を取り合う必要があるので、マメな性格でなければ煩わしく感じてしまうかもしれません。

ただ、新しい家族が増えると思えば手間がかかるのは当然です。最初だけだと割り切れば、メリットの方が多く感じられるはずですよ!

ニシ教授
血統書団体から認可を受けたブリーダーは「キャッテリー」というのじゃ!

アメリカンショートヘアは里親募集で譲り受けることはできる?

実は、ほとんどお金をかけずにアメリカンショートヘアを飼う方法があります。

それは、飼えなくなった猫や保護猫を引き取るという方法です!つまり、誰かからアメリカンショートヘアを譲ってもらうということですね。

里親になる最大のメリットは、生体代がかからないということです。完全に無料という訳ではないのですが、高くてもワクチン代や避妊・去勢手術費用にかかった費用として3万円以内には抑えられます。

ただし、里親の募集がかかる猫のほとんどは成猫。しかも雑種が多く、純血のアメリカンショートヘアは滅多に見つかりません。

また、お目当の猫がいたとしても細かく条件が設定されていることがあります。例えば、一人暮らし未婚のカップル高齢者はペットを手放すリスクがあるので断られる可能性が高いでしょう。

しかし、猫の命を救えるという社会的意義もありますから、条件に当てはまるなら里親になるのもひとつの方法ですよ!

アメリカンショートヘアは毛色で値段が変わる?人気のレッドタビーは高い!?

子猫の生体価格は月齢が経過するほど下がるのが特徴です。それに加えて、アメリカンショートヘアの場合は毛色や模様によっても多少の価格差が生まれると言われています。

他の子猫より高額になりやすいアメリカンショートヘアの条件は以下の3つです!

  1. 模様
  2. 血統
  3. 性別

では、それぞれどんな時に高額になるのか見てみましょう。

模様

アメリカンショートヘアは模様によって値段が左右されます。これはどの猫も共通で、単純に生まれる確率が低かったり、人気度によって生まれる差ですね。

アメリカンショートヘアの場合は、特に茶系のレッドタビーが人気です!また「パッチドタビー」と言ってサビ猫のような模様は、希少価値の高さから高額になります。

また、額から鼻にかけて漢字の「八」のように色が分かれている「ハチワレ」は、末広がりで縁起が良いとされているので高額になる傾向があります。

血統書

ほかの猫同様に、アメリカンショートヘアも血統書の有無で値段が変わります。いわゆる純粋なアメリカンショートヘアだと証明するものですね。

また、キャットショー受賞歴のある親猫ならさらに値段が上がります。これは、子猫にも親の容姿が受け継がれる可能性が高いからです。

性別

アメリカンショートヘアに限らず、全ての猫はオスよりメスの方が高くなります。これは単純なことで、メスは子供を産むことができるからですね。

ただ、値段を決める要素としては毛色や模様の方が大きいので、ベーシックな毛色のメスと珍しい毛色のオスなら後者の方が高額になります。

アメリカンショートヘアの飼育にかかる値段まとめ

これまでアメリカンショートヘアの生体価格について見てきましたが、実際に飼うとなれば餌代やトイレの砂代など諸々の費用がかかります。

また病気のリスクや医療費についても知っておきたいですよね!そこで、初期費用、年間費用、生涯費用の順に見ていきましょう。

アメリカンショートヘアを飼う時の初期費用はいくら?

最初にそろえるもの 価格
生体価格 70,000円~500,000円
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 105,700円〜535,700円

アメリカンショートヘアを迎え入れるためには、生体価格の他にも様々な費用がかかります。

ペット用品だけで3万円以上はかかるので、生体代も合わせると50万円を超えることもあるでしょう。やはり動物を飼うにはある程度のお金が必要ですね…。

しかし、これらはあくまで全てを揃えた金額です。すでに猫を飼っているなら使い回しも可能ですし、最近ではフリマサイトで中古を購入するという方法もありますよ!

病院代はどれくらいかかる?去勢・避妊手術にかかる費用やワクチン代は?

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

アメリカンショートヘアはわりかし体の強い猫ですが、病院とは無縁というわけではありません。

まずは、感染症予防の混合ワクチン。子猫のうちに2回、その後は年1回のペースで接種します。繁殖の予定がなければ、避妊・去勢手術も必要になるでしょう。

また、人間と違って猫の医療費は全額自己負担となります。万が一に備えて、民間のペット保険に入っておけば、5割〜7割は保険で補填できるので入っておくと安心ですよ!

アメリカンショートヘアを育てる年間費用はどれぐらいかかるの?

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※ 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円
※病院代は年に2回行ったと仮定しています。

では次に、年間費用を見てみましょう。普段の飼育にかかる餌代や医療費などのことですね。

個体差があるので全てのアメリカンショートヘアに当てはまるとは限りませんが、一般的には年間10万円程度のお金がかかると言われています。

10万円と聞くと「高いなぁ…」と思うかもしれませんが、月々1万円以下で猫を飼えると考えれば手が出ない額ではありませんよね。

ただ、老猫子猫持病持ちの猫は病院代が高くなるので、多めに用意しておくと安心ですよ!

アメリカンショートヘアを飼うとかかる生涯費用は!

生涯費用

初期費用+(年間費用×平均寿命)=134万円~200万円+医療費

最後にアメリカンショートヘアの生涯費用について見ておきましょう。

計算としては初期費用+(年間費用×平均寿命)で求められます。アメリカンショートヘアの平均寿命は12年〜14年なので、134万円〜200万円+医療費が生涯費用となります。

他の猫に比べて特別高いわけではありません。ただ、医療費がどれだけかかるかによってこれ以上になることもあれば、想定より安くおさまることも。

あくまで目安ですが、医療費だけは実費でかかるので金銭面で不安ならペット保険に入っておくのがおすすめですよ!

まとめ

世界中で定番の猫となっているアメリカンショートヘア。人にもよく懐き、見た目もとってもキュートですよね!

とはいえ、人気ゆえにブリーダーの数は多く、飼いたいタイミングで子猫に出会える可能性は高いでしょう。

これまで見てきたとおり生涯費用もそこまで高くないので、金銭面でも飼いやすい猫ですよ♪

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る