147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

アメリカンショートヘアの価格相場は?子猫の値段や生涯費用まとめ!

良く懐き良く言うことを聞いてくれるアメリカンショートヘア。猫が欲しいと考えたなら1番か2番に頭をよぎるほどの知名度を持っています。

しかし、その反面購入や飼うのにかかる金額は経験者でしかわかりませんよね!

ニシ教授
飼う前の予想よりはるかに高くつくなんて事は結構あるんじゃ!

そこで、アメリカンショートヘアを飼うにはどれくらいかかるのかを解説していきます。生体代はもちろん、生涯費用治療費などを詳しくみていきましょう。

アメリカンショートヘアの子猫の値段や価格相場はどれくらい?


アメリカンショートヘアの値段は年齢や買う場所で大まかな値段が決まります。それでは、子猫・成猫を買う場合それぞれの場所でいくらになるのでしょうか?

購入場所 子猫 成猫
ペットショップ 13万~30万円 1万~5万円
ブリーダー 8万~30万円 1万~3万円
里親 生体代無し 生体代無し

いかがでしょうか?一般的にはペットショップでの購入が最も価格が高く里親として迎えるのが一番安価です。ペットショップやブリーダーはあくまで商売、里親募集はボランティアや公共機関というのが値段の差に表れています。

商売となると人件費や土地代などがかかりますし、ペットショップの場合は中間業者のマージンがかかります。そうなると値段が上がるのは必然かもしれませんね!

アメリカンショートヘアはどこから買うのが1番いいの?


アメリカンショートヘアの良し悪しというのは、個人それぞれの趣向で変わると思います。それは買う場所も同様で、それぞれに特徴が違います。そこで以下の表を見て下さい。

メリット デメリット
ペットショップ 種類が豊富・グッズも買える 高価
ブリーダー 安価・相談ができる すぐには手に入らない・予約などがいる
里親 生体代無し 子猫は難しい・審査がある場合有り

いかがでしょうか?やはり、それぞれにメリット・デメリットがありますよ。そこで、ここから詳しくメリットとデメリットを見ていき、自分に合う飼い方を見つけてみてださい!

ペットショップのメリット・デメリット

ペットショップで購入する最大のメリットは種類の多さになります。飼うなら自分好みの子を選びたいですよね!毛色から模様までたくさんの種類から選ぶことができます。

また、猫グッズも豊富に取り揃えているので即日お迎えができるのもメリットです!ほかにもポイントサービスがある場所も多いので、生体代を除けばお得になる事もあります。

しかし、上に書いたように人件費や中間業者が存在する為に生体代はどこよりも高価です。カードを使える場所が多いとはいえ、場合によってはブリーダーの倍以上になる可能性もあります。悩ましい所ですね!

ブリーダーのメリット・デメリット

ブリーダーから購入する最大のメリットはやはり値段です!中間業者が居ないので価格は安く、個人のブリーダーからなら5万円程度まで値段が下がる場合もあります。

ほかにも血統を詳しく知る事ができるというメリットもあります。遺伝病などは親や兄弟を見る事である程度分かりますので、健康的なアメリカンショートヘアが欲しい場合にはかなり有利ですよね♪

ブリーダーは猫の専門家ということで、購入後の相談に乗ってもらえるというメリットもあるので、初心者にはかなりおすすめの購入方法になります。

ただし、ブリーダーはペットショップの様に豊富な種類はいません。ほかにも個人の場合は事前の連絡が必須であったり予約が必要になる場合もあります。少し手間がかかるのもデメリットでしょう!

ニシ教授
血統書団体から認可を受けたブリーダーはキャッテリーというのじゃ!

里親のメリット・デメリット

里親の最大のメリットは生体代がかからないということです。もちろん完全に無料で引き取れるわけではありませんが、高くても3万円くらいには抑えられます。ワクチン代や手術代などは必要です!

ただし、金銭的なメリットと引き換えに望む猫種が見付かりにくいというデメリットがあります。保護されている猫は雑種が多く、アメリカンショートヘアなどの純血は少数です。

また、子猫の場合は引き取り手が多く早い者勝ち状態になります。市や県をまたいで探す必要が出てくるので、手間がかかるのもデメリットですね!そして場合によっては厳しい審査があり、家庭訪問などされる場合もあります。

アメリカンショートヘアは毛色で値段が変わる?人気のレッドタビーは高い!?


アメリカンショートヘアの値段は年齢だけで変わるわけではありません。人気のあるレッドタビーは極々僅かですが、値段が高くなっている場合もあります。

しかし1万円以上変わるといった事はなく、人によってはあまり気にならない額かもしれません。これはどの猫種でもだいたい同様で、毛色での値段の上がり下がりは1000円から3000円程度です。

どちらかといえば、これから見ていく要素によって値段が変わります。それでは、いったいどんな要素がアメリカンショートヘアの値段の差異を決定付けるのでしょうか?

模様でも変わります

アメリカンショートヘアは模様によって値段が上下する可能性があります。これはどの猫も共通で、人気や希少価値、綺麗さなどがその原因です。

人気となっている柄は特にそれが顕著で、ハチワレやモノカラーなどは通常のものより高額になります。さらに両方とも柄として希少なので、その部分も理由の1つですね!

また、模様が綺麗な猫の場合はショーキャットとしての価値があるので、何十万となる可能性があります。そして猫がチャンピオンになればその猫の子孫は必ず値段が高くなるので、先行投資としても人気です。

血統書でも変わります

ほかの猫同様にアメリカンショートヘアも血統書があるかないかで値段が変わります。極端に言えば血統書が無い=雑種と一緒とも言えるので、当然といえば当然かもしれませんね。

また、血統書に記載されている親猫がチャンピオン猫ならさらに値段があがります。チャンピオン猫の子猫も親猫と同様にチャンピオンになる可能性が高く、それだけ模様や体格も非常に綺麗だからです。

ほかにもそういった猫は後の繁殖で高額になる子猫が生まれる可能性が高く、投資といった意味合いでも高額化します。市場原理的に考えれば当然の結果ですね!

ニシ教授
血統書にもそれぞれランクがあるぞい!
みーちゃん
教授!私は最高ランクの血統書よ!

性別でも変わります

アメリカンショートヘアに限らず、全ての猫はオスよりメスの方が高くなります。では、なぜ性別で値段が変わるのでしょうか?性格や体型が原因でしょうか?

実はメスの方が値段が高くなるのは、上でも紹介したように繁殖目的での購入があるからです。オス猫は子猫を生めませんが、メス猫は子猫を生める。凄く単純な理由ですよね(笑)

またメス猫に奇形(耳折れや短足)があれば、その子猫もその形質を持って生まれる可能性が高くなるので値段があがります。新しいタイプの猫種は希少価値から値段が高く、先行投資として考えれば当然の結果です。

アメリカンショートヘアを飼う時の初期費用はいくら?


アメリカンショートヘアを買おうと決めたなら、気になるのが初期費用ですよね!生体代払えばそれでOKというわけにはいきません。飼う為に必要な用品などが必要で、その費用も用意しておきましょう。

それでは、いったいどんなものが必要になるのでしょうか?下の表からそれぞれのおおよその値段と、合計金額をみていきましょう!

最初にそろえるもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

合計で35,700円ということで、結構かかるなと思った人が多いと思います。人間も動物も生活にはお金がかかるのは同じですね!では、そこへ生体代を合わせた初期費用はいくらになるのでしょうか?

初期費用:約170,000円

いかがでしょうか?アメリカンショートヘアの子猫最低価格13万と用品代を合わせて約170,000円程度になります。思ったより費用がかかるなぁと思ったかもしれませんね!

しかし、これらはあくまで1から全てを揃えた金額です。すでに猫を飼っている場合なら使い回しも可能で、容器などは100円均一で人間用のものを買えばさらに安くなりますよ♪

病院代はどれくらいかかる?去勢・避妊手術にかかる費用やワクチン代は?


アメリカンショートヘアは初心者向けで体の強い猫ですが、病院とは無縁!なんて事はありません。一生に一度は必ず足を運ぶ事になります。病気だけではなくワクチンなどがありますからね!

それでは高い高いと良く耳にする猫の病院代はいくらになるのでしょうか?一般的な値段を下記の表に載せたので、参考にしてください。

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

やはり人間の病院と比べると高くなります。自由診療なのでこればっかりは仕方がありません。覚悟しておいてくださいね!

実は民間会社によるペット保険なんていうものもあります。全ての病気をカバーとはいいませんが、ある程度の病気なら保険が降りるんです!そういうのに入っておくといざという時に安心ですよ♪

アメリカンショートヘアを育てる年間費用はどれぐらいかかるの?


アメリカンショートヘアの初期費用と病院代を見たなら、次は年間費用です。初期費用分を除き、餌代や病院代などいったいどれくらいかかるのでしょうか?

こちらも例にもれず下記の表にだいたいの値段を表記しました。その内訳と共に一般的な値段として参考にしてみてください。思ったよりお金が掛からないなぁとなるのではないでしょうか。

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円
年間費用:103.800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

もちろんこれはあくまで一般的な値段で、猫によってはもう少しかかるかもしれませんね。特に老齢や子猫、持病持ちの場合は病院代が高くなるので、多めに用意しておくと安心です!

アメリカンショートヘアを飼うとかかる生涯費用は!


それでは最後にアメリカンショートヘアの生涯費用がいくらになるのかを見ておきましょう。一体どれくらいのなるのでしょうか?

生涯費用:約140~160万円

計算としては生体代+初期費用が約170,000円で年間費用が103,800円なので・・・

「初期費用170,000円」+「年間費用×寿命103,800×12~14」です。

アメリカンカールなどの猫と比べても特に高いわけではなく、寿命の短さなども考えると少し安めの値段ですね!もちろん、長生きすればするだけ年間費用がかかり、病院代も増えますよ!しっかりお金を用意しておきましょう。

また、猫によって食べる量などが違うので、食費も結構ばらつきがありますしトイレの砂代も同様です。あくまで目安なので、参考程度にしておいてくださいね。

まとめ

世界中で定番となっているアメリカンショートヘア。飼いやすく良く懐き、見た目もとってもキュート!飼いたい人はかなり多いと思います。

これまで見てきたとおり生涯費用もそこまで高くなく、お財布にもかなり優しいですね!きっと疲れた心を癒してくれると思いますよ!

この記事のURLをコピーする