【画像あり】猫のサバンナの値段や販売価格、性格や特徴などまとめ!

みなさんはサバンナと聞くと何をイメージしますか?ライオンやキリンなど野生動物がたくさん生息している地域をイメージした方が多いのではないでしょうか。

実は猫にも「サバンナ」という猫種が存在します!

ニシ教授
猫のサバンナ…?サバンナが名前なのかサバンナにいる猫なのか、わからないことだらけじゃのう!

普段サバンナのいう検索ワードでも埋もれがちな猫のサバンナについて、余すところなくお伝えしていきます!

画像でチェック!サバンナってどんな猫なの?その特徴と歴史!

ではまず一体サバンナキャットがどのような猫なのかを詳しく見ていきましょう!

猫のサバンナの特徴はこの3つ!

猫のサバンナは正式名称が「サバンナ」とされていますが、他の単語と区別するためにも「サバンナキャット」と呼ばれています。

サバンナキャットには次のような特徴があります!

  • 大きなサイズに成長!
  • チーターのような顔立ち!
  • 身体能力が非常に高い!

サバンナキャットが生まれた当初はオスのサイズがとても大きく、平均で9kgにまで成長すると言われていました。

しかし、それ以降はサイズがまちまちとなり、小さい子では3kgほどと一般的な猫のサイズと変わりませんが、大きい子では13kgまで成長することもあるようです。

被毛の色はブラウンスポッテドタビー、シルバースポッテドタビー、ブラック、ブラックスモークが公認とされています。

全体的に身体が長く顔も面長という特徴を持ち、目尻から「チーターティア(チーターの涙)」と呼ばれる一筋の模様がヒゲに向かって伸びているのが理想とされます。

身体能力が高く、ドアや冷蔵庫の上くらいなら一っ跳びで乗れるほどのジャンプ力を有しているのも特徴です。

猫のサバンナの歴史は?

サバンナキャットは野生猫であるサーバルキャットと、飼い猫のベンガル、エジプシャンマウ、オシキャットとを交配して生まれました。

しかし、気性の荒い性格をしている野生猫のサーバルキャットを交配が可能になるまで飼い慣らすことは危険や手間が伴うこともあり、繁殖には苦悩も絶えませんでした。

また、サーバルキャットには保護条例や飼育規制があるため、基礎となるサーバルキャットを入手することも簡単ではありません。

飼い猫を野生猫と交配させることも、倫理観上多くの壁が立ちふさがっていたようです。

様々な問題を乗り越えて生まれたサバンナキャットは、2001年にTICAにより正式な猫種として認可される事になりました。

サバンナキャットは起源となるそれぞれの猫から多くの遺伝子を引き継いでいますが、やはり野生のサーバルキャットの血が強く出てると言われています。

アメリカの一部の地域では野生動物と認定され、飼育が禁止されているようです。

猫のサバンナの値段や販売価格はいくら?ブリーダーや里親から引き取れるの?


サバンナキャットはペットショップでの購入がほぼ不可能と言われているほど入手困難な猫種です。

国内でサバンナキャットの繁殖に努めているブリーダーもいるようですが、数が少ないこともあり、購入する場合は海外から輸入することを検討する必要があります。

サバンナキャットは希少な上に人気も高いため、購入にはかなり値段がかかることを覚悟しておきましょう。

血統のランクによって値段が変動しますが、100~300万円で取引されていることが多く、350万円以上の値がつくこともあるようです。

しかし、血統のランクが低いサバンナキャットでは30万円ほどで取引される場合もあるようなので、購入前には血統書のチェックも欠かさずに行いましょう!

猫のサバンナはどんな性格なの?


野生味が強いと言われるサバンナキャットですが、意外にも人懐っこく犬のような性格だと例えられることもあるほど穏やかです。

基本的な性格は次の通りです!

  • 人懐っこくて甘えん坊!
  • 知能が高く社交的!

他の猫に比べても人懐っこく甘えん坊で、飼い主さんが歩けば足元にくっついて回ります。

非常に賢く、ドアの開け方を見よう見まねで学習したり、投げたおもちゃを持って帰ってきたり、リードをつけて散歩させることもできます。

とても知能が高く社交的なところがあるため、他のペットや小さな子供ともすぐに打ち解けることができます。

また、猫では珍しく水を怖がらないことで知られ、自ら水の浸かってるプールなどに入ることもあるのだとか。

ただ、その知能の高さからいたずらを覚える事も多く、ドアを開けて外に出てしまったり、蛇口を開けるなど様々な行動を起こすこともあります。

問題行動は多くの場合、淋しさや嫉妬から起こしてしまうため、日頃からたっぷりの愛情を注いであげましょう!

猫のサバンナは大きいイメージだけど実際どこまで大きくなるの?平均体重は?


先ほども触れたように、大きいサイズでは13kgを超えることもあるサバンナキャットですが、平均体重はどのくらいなのでしょうか?

サバンナキャットの基となってるいるサーバルキャットの平均体重が9kg~18kgとなっているため、かなり大きくなることが想定できそうですね!

そんなサバンナキャットの平均体重は次の通りです!

オス 6.5kg~12.5kg
メス 5.8kg~9.5kg

サバンナキャットの平均体重はオスで6.5kg~12.5kg、メスで5.8kg~9.5kgにもなると言われています。

一般的な猫の平均体重が3kg~5kgだと言われているので、かなり大きなサイズに育つことがわかります。

その分運動もたくさんしますので、サバンナキャットを飼育するためにはおうちのサイズも一段と大きい方が望ましいですね!

猫のサバンナの平均寿命は17年~20年!


野生のサーバルキャットの血を引いているということもあり、一般的な猫よりも平均寿命が長いのが特徴です。

一般的な猫の平均寿命が15歳前後なのに比べ、サバンナキャットの平均寿命は17歳~20歳だと言われています。

現在、猫も長寿化の時代と言われており、日々の食事や運動によってもさらに長寿化することも期待できます。

普段から健康には気を遣い、長生きができるような生活を心掛けてあげましょう!

猫のサバンナとベンガル、オシキャットの違いは?


サバンナキャットとよく似た見た目でベンガルやオシキャットといった猫種が存在しますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

1番の違いはその血筋にあります。

それぞれの違いは次のようになります。

    ・ベンガル…ベンガル山猫と家猫を交配して生まれた猫
    ・オシキャット…アビシニアン、シャム、アメショーを交配して生まれた猫
    ・サバンナ…サーバルキャットとベンガルやオシキャットが交配して生まれた猫

ベンガルは、ベンガル山猫と家猫を交配して生まれた猫で、オスでも6kg~8kg程度とサバンナキャットと比較すると小さめな猫種です。

オシキャットは、アビシニアン、シャム、アメリカンショートヘアを交配して生まれた品種です。

被毛の模様から野生的なイメージを連想させますが、ベンガルのようにヤマネコとの交配ではないため、実は野生的な血筋ではありません。

サバンナキャットは先に触れましたが、サーバルキャットとベンガルやオシキャットが交配してサバンナが生まれました。

サバンナキャットから見れば親猫のような存在でもありとても似ていますが、それぞれに別の特徴があることがわかりますね!

猫のサバンナを飼う時の注意点はこの2つ!


実際に猫のサバンナを飼育することになった場合、気を付けなくてはならないことがありますのでチェックしておきましょう!

血統によっては飼育許可が必要

国内でサバンナキャットを飼育する場合、サバンナキャットの血統によっては自治体へ飼育許可を出さなくてはいけない場合があります。

サバンナキャットは「F1」~「F6」のランクに分かれており、この数字は小さいほどサーバルキャットの血を濃く受け継いでいることを表します。

つまり、この数字が小さいほど、より野生に近いサバンナキャットになるというわけです。

自治体によっては「F3」以上は届出が必要となることもあります!飼育を検討する前に各都道府県の自治体に問い合わせて確認しておきましょう!

運動をたくさんするから食事量にも気を付けよう!

サーバルキャットの交配によって生まれたサバンナキャットは、身体を動かすことが大好きなので運動量もとても豊富です。

そのため、高たんぱく・高カロリーな食事が必要です。

一般的な猫と同じ食事ではカロリーが足らず、栄養失調を引き起こしてしまう場合もあります。

一般的な猫より、食費もかかることも覚えておきましょう!

猫のサバンナを飼うのに向いている人はこんなひと!


サバンナキャットは次のような人におすすめです!

  • 広々とした空間のあるおうちに住んでる人
  • 購入費用、飼育費用ともに金銭的な余裕がある人
  • 他のペットや小さい子供がいる家庭

サバンナキャットは身体も大きく運動量も多いため、のびのびと遊んでもらうためにも広い空間があるのが理想です。

一人暮らし用などあまり広くない部屋では十分に運動ができず、ストレスの原因となってしまうこともあります。

そのためしっかりと運動ができる環境を整えてあげることが大切です。

また、食事量の多いサバンナキャットは、一般的な猫を飼うときと同じような食事量では栄養失調を起こしてしまうこともあります。

購入時にも費用がかさみますが、普段の食事でも適正な量を与えてあげることが大切です。

社交性の高いサバンナキャットは他のペットや小さい子供のいる家庭でもすぐに生活になじむことができます。

家が広く、お子さんのいるご家庭にはぴったりですね!

まとめ

サバンナキャットの生態について見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

同じようなルックスの仲間の猫種がたくさんいますが、野性さと穏やかを併せ持つ猫はサバンナキャットの他にはいないのではないでしょうか?

実際に一緒に過ごしていくことでさらなる愛着がわいていきそうですね!

日本では購入困難ともいわれるサバンナキャットですが、購入を検討してみるのもいいかもしれませんね!

この記事のURLをコピーする