147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

キンカローの性格や特徴を徹底解析!販売価格や飼う時の注意点は?

ちょこんとした短い足にくるっと反り返った耳。思わず抱きしめたくなるキュートな姿をしているのが、キンカローという猫です。

しかしこのキンカローという猫。ここ最近登場したばかりの猫なので、知らないし見たこともないという人も多いかもしれませんね。

そこで今回は、キンカローについてその特徴や性格、販売価格を詳しくまとめてみました!これから人気が出てくると予想される猫種なので、ぜひ参考にしてくださいね♪

アメリカンカールとマンチカンの間に生まれたのがキンカロー!

では早速、キンカローの特徴や歴史について見ていきましょう。ここ最近誕生したとされるキンカローですが、一体どんな猫なのでしょうか?

キンカローの歴史

キンカローは、アメリカンカールとマンチカンの交配によって生まれた品種です。

アメリカのテリー・ハリスという人物が交配を試みたのがきっかけで誕生しました。それが1990年代のことなので、まだ半世紀も経っていないことになりますね。

親猫のルーツを辿ると、どちらの猫も出身地はアメリカです。アメリカンカールは1981年、マンチカンは1983年からと育成が始まった時期も似ています。

キンカロー誕生が1990年代ですから、わずかな期間で新たな品種が展開していったことが伺えますね。

「キンカロー」という名前の由来

「キンカロー」という名前、ちょっと風変わりであまり猫っぽくない感じがしませんか?

でも実は、キンカローという名は両親から受け継いだ特徴を表しています。前半は「kinky(キンキー)」、後半は「low legs(ローレッグス)」この2つの語を合成して「キンカロー」となったんですね。

ちなみにkinkyは「縮れた」という意味で、アメリカンカールのように反り返った耳のことを示しています。low legsは文字通りマンチカンの短い足を差す言葉です。

ただ、アメリカンカールとマンチカンを交配させても、耳や足の特徴が遺伝する確率は100%ではありません。片方の特徴しか出ない場合もあり、すべての子猫がキンカローとして生まれるわけではないようです。

日本では、両親をイメージしやすい「マンチカール」の名でも呼ばれています。

キンカローの特徴はカールした耳とかわいらしい短足!

キンカローには、誰もが一目でわかるチャームポイントを含め、次のような特徴があります。

  • アメリカンカールから受け継ぐカールした耳
  • マンチカンから受け継ぐかわいい短足
  • 長いしっぽ
  • バリエーション豊かな毛色

では、それぞれの特徴を写真付きで詳しく見てきましょう♪

アメリカンカールから受け継ぐカールした耳

キンカローの特徴で、なんといっても目を引くのが、アメリカンカールから譲り受けた耳の形です!

耳が反り返っているため、独特の丸みを帯びたリボンのような形が可愛いですよね。この耳のおかげか、他の猫より表情も柔らかく見えます。

遺伝しない場合もありますが、たいていの場合は生後2週間を過ぎてくるとこの特徴が出てくるでしょう。

短い足に長いしっぽ!体とのアンバランスが魅力

反り耳と並ぶキンカローの特徴といえば、体の割に短い足です。決してスタイルが良いとは言えませんが、このアンバランスさが魅力となっています。

短足だから鈍くさそう…なんて思われがちですが、とんでもありません!実は見た目によらず俊敏で、走ったり高いところに登ったりするのも大好きです。

でも体型のせいか、同じことをしても他の猫より一生懸命な感じがして飼い主さんはメロメロになることでしょう。

また、どちらかといえば胴体も短めなので、普通サイズのしっぽでも長く見えます。実際に胴体よりしっぽが長いキンカローもいるんですよ!

さまざまな毛色・柄のキンカローがいる

キンカローの毛は、バリエーションが実に豊かです。ブラックやホワイト、ブラウン、オレンジなどの単色のほか、しま模様の入ったタビーもいます。

これは、やはりルーツであるアメリカンカール、マンチカンにも多様な毛色が認められているためです。

またキンカローには短毛、長毛ともに存在します。つまり、生まれてくるキンカローの毛色や柄は数え切れないほどあるということですね。

キンカローの子猫の値段や価格、販売場所はどこ?

では実際にキンカローを飼いたいとなった場合、気になるのはそのお値段ですよね!また、どこでキンカローを探せばよいのかもわからないかと思います。

そこでキンカローの入手経路や価格相場をまとめてみたので、順番に見ていきましょう!

キンカローの子猫の価格相場は10万円~30万円

短足&反り耳の子猫 それ以外の子猫
20万円~30万円
6万円~15万円

キンカローの子猫は、短足や反り耳という品種の特徴が濃く出ているほど価格が高くなります。

短足かつ反り耳の子猫なら、20万円~30万円が平均的な価格相場です。それ以外の特徴を持つ子猫なら、6万円〜15万円程度で購入できます。

まだポピュラーな品種とは言えないので、他の人気猫と比べるとそれほど高額でもありません。

基本的に販売されているのは子猫ですが、稀に買い手が見つからず成猫になっても展示されている猫もいます。その場合は、若い子猫の半額以下で購入できるでしょう。

これから広く知れ渡って人気が高まれば、値段も変化していくかもしれませんね。

キンカローの入手はペットショップ、ブリーダー、里親どれが良い?

メリット デメリット
ペットショップ 手軽に見に行ける 高価
キンカローがいない
ブリーダー 一度に子猫を何匹も見られる 施設が遠方の場合がある
里親 生体価格は無料 子猫は難しい
審査がある
キンカローがいない

猫を購入するには、ペットショップまたはブリーダーから直接購入する方法があります。もしくは、里親から譲り受ける方法もありますね。

このうち、キンカローを手に入れる場所としてはブリーダーがおすすめです!

なぜなら、キンカローはまだ有名な猫とは言えないので、そもそもペットショップで出会える可能性が低いからです。当然、里子に出される猫も少なく里親になるのも難しいでしょう。

キンカローをブリーダーから購入する時の注意点

キンカローはブリーダーから購入するのが主流ですが、ペットショップよりもハードルが高そうなイメージがありますよね。

そこで、ブリーダーから購入する際の注意点を簡単にまとめてみました!

  • 遠方まで出向かないといけないこともある。
  • 悪質なブリーダーには注意する。
  • 施設では他の種類の猫は見られない。

猫のブリーダーは基本的に一般の家庭で繁殖が行われていることがほとんどです。

特にキンカローのようなまだマイナーな品種は、ブリーダーの数も少ないため遠方に足を運ばなければ会えない可能性もあります。

またブリーダーは、キンカローの繁殖に特化しているので、他の猫と迷っていても比較できないのは注意しましょう!

ただ稀に、遺伝病を伝えなかったり、見学なしで譲渡しようとしたり悪質なブリーダーがいるのも事実です。悪質な手口に引っかからないよう、必ず見学に出向いてブリーダーの人柄や飼育環境をチェックするのが安心ですよ!

キンカローの基本的な性格は明るくて社交的!

どんなに外見が可愛くても、やはり人間と動物の間にも相性の良し悪しがあります。例えば、猫の性格や行動パターンが飼い主さんの生活を乱すようだと困りますよね。

そこで、この通りキンカローの性格をまとめてみました。

  • 社交性があって明るい
  • 甘えん坊でスキンシップを喜ぶ
  • 遊びにもしつけにも賢さを見せる

では、本当に一緒に生活できるのかどうかチェックしていきましょう!

キンカローの性格①:社交性があって明るい

まずキンカローの長所の1つは、社交性に優れている点です。猫といえば警戒心が強く初対面の相手にすぐに馴染めないのが普通ですが、キンカローの場合はあまりその心配がありません。

好奇心や人懐っこさを持っているので、新しい家族や来客にも興味深々。温厚で人懐こいので、人間だけでなく動物相手でも仲良く暮らしていけるでしょう。

キンカローの性格②:大好きな飼い主さんには甘えん坊

キンカローは、生活をともにする飼い主さんに対しては甘えん坊な性格です。撫でられたり一緒に遊んだりして構ってもらうのを喜びます。

このあたりは、親であるマンチカンとアメリカンカールから引き継いでいるのかもしれませんね。成猫になってもいつまでも子猫のように天真爛漫で、筋金入りの甘えん坊と言えるかもしれません

キンカローの性格③:しつけしやすい頭の良さがある

キンカローは単に可愛らしいだけでなく、頭がとても良いと言われています。しつけに応えてくれるのはもちろん、犬のようにおもちゃをとってくる遊びができることも!

もちろん教え込むには根気が必要ですが、元々遊びが大好きなキンカローは飼い主さんと過ごす時間の中で習得できることもあるでしょう。

キンカローの体重や寿命はどれくらいなの?

猫との生活を具体的に思い描いていくと、どれくらいまで大きくなるのかも重要なポイントですよね。また、猫だけを残して死なないために寿命も事前に知っておくべきです。

では、キンカローの平均体重や平均寿命について見てみましょう!

キンカローの平均体重は3.0kg~5.5kg

オス メス
一般的な猫 3.5kg~5.5kg 3.0kg~4.5kg
マンチカン 3.0kg~4.5kg 2.3kg~3.6kg
アメリカンカール 3.0kg~5.5kg 2.2kg~4.5kg
キンカロー 3.0kg~5.5kg 2.5kg〜4.5kg

キンカローの平均体重は、オスで3.0kg~5.5kg、メスで2.5kg〜4.5kg程度です。

この数値は、一般的な猫とそう変わりません。また、先祖であるアメリカンカールやマンチカンと比較しても同じぐらいであることがわかりますね。

キンカローの寿命は10年~13年

一般的な猫 キンカローの寿命
15年前後
10年~13年

では、キンカローの寿命はどうなっているでしょうか?

一般的な猫の寿命が大体15年ほどなので、キンカローの寿命は少し短めと言えるかもしれません。ただ、寿命も体重と同じで、統計を出すにはまだデータが十分でない可能性があります。

ですので、今後年数が経てばもう少し正確な寿命や遺伝病の有無がはっきりしてくるのではないでしょうか。

現時点で重篤な遺伝病は明らかになってしませんが、顎の下に皮膚トラブルを起こしやすいことがわかっているので注意してあげましょう!

キンカローを飼う時の注意点はこれ!

キンカローの特徴や性格を知って「それならうまくやっていけそう」と期待が膨らんだのではないでしょうか?

基本的には飼いやすい猫ですが、身体的な特徴から次のことに注意しましょう!

注意点①:顎の下の皮膚トラブルに注意する

キンカローを飼ったら、顎の下の皮膚に異常がないか普段から気にかけてあげましょう。

キンカローは「猫ニキビ」とも呼ばれる症状が出やすいと言われています。初期なら黒いポツポツが出る程度ですが、細菌感染を起こして化膿する可能性もゼロではありません。

特に顎の下にできやすいので、発見したら早めに動物病院を受診しましょう。

注意点②:定期的に耳掃除をする

キンカローとの生活では、定期的な耳掃除が欠かせません!

キンカローの耳は、アメリカンカール譲りで反り返った特殊な形をしています。耳の倒れ方にも個体差があり、その特徴によっては内部に耳垢が溜まりやすくなってしまいます。そのままにしておくと外耳炎を起こす場合もあるので、気をつけたいですね!

耳掃除の頻度は、1週間に1回を目安とするとよいでしょう。正しい耳掃除のやり方は、こちらで詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

注意点③:食事と運動で太り過ぎを予防

生活面では、キンカローの体重が増えすぎないようフードの量や運動不足に注意しましょう!

おやつをあげるのは飼い主さんの楽しみでもありますが、ほどほどが一番です。また、時間のある時にはしっかりと体を動かせるよう遊び相手になってあげたいですね。

特にキンカローのような短足は、胴体が重くなればそれだけ足腰に負担が増してしまいます。関節疾患を招くことのないよう、ベストな体型を維持するようにしましょう。

キンカローを飼うのに向いている人はこんな人!

では最後に、キンカローと相性ぴったりなのはどんな人なのかをまとめてみました!

  • 人数が多くてにぎやかな家庭の人
  • もう猫を飼っていて多頭飼いしたい人
  • よく気が付く注意深い人
  • ペットの世話が苦にならない人

明るい性格で社交的なキンカローは、人や動物の多い環境に向いています。逆に留守がちな家だと、寂しさからストレスが溜まってしまうかもしれません。

また性格的には、ちょっとした変化にもよく気が付くような注意深い人がよいでしょう。体の異変はもちろん、餌、トイレなどの環境にも気を配ってあげられる人だと、病気を未然に防げます。

また、猫の耳掃除など細かな世話を怠らないマメな性格の人なら、キンカローも健康に長生きできるでしょう。

まとめ

キンカローは、短足と反り耳というキュートなチャームポイントを持つ猫です。そのうえ、外見の可愛らしさだけでなく、社交性や俊敏性など意外な一面も持っています。

まだ日本ではあまり知れ渡っていない猫ですが、アメリカンカールやマンチカンの人気に乗じて、キンカローが世間に知れ渡る日も近いのではないでしょうか?

もしブリーダーからキンカローを購入するなら、耳掃除や体重管理などケア方法を確認して、いつまでも健康に長生きさせてあげてくださいね!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る