【画像あり】キプロスアフロディーテの基本情報と値段・子猫価格は?

キプロスアフロディーテと聞いて、すぐに猫の品種だとわかる人は少ないかもしれません。しかし、聞き覚えのあるその響きは、よく知られている愛と美の女神の名前です。どんな魅力を持つ猫なのか、気になりますね。

ニシ教授
国際的な猫の団体に登録されたのは、21世紀になってからじゃ。日本ではまだメジャーな猫とは言いがたいのう。

身近に多くいないだけに、その実体がヴェールに包まれているキプロスアフロディーテ。一体どんな特徴を持つ猫なのか?また、飼うとしたらチェックしたい性格や値段についても探っていきます。

キプロスアフロディーテってどんな猫?

名前の前半部分からわかるように、この猫の原産地はトルコ南東の地中海に浮かぶキプロス。アフロディーテが生まれたと伝わっている美しい島です。

キプロスアフロディーテが品種として確立するには、次のような経緯がありました。

品種確立までの歴史

2005年、キプロスを訪れた女性のもとに1匹の猫が迷い込みます。女性は現地で自然に繁殖していたと思われるその猫の特徴に注目。

続いて現れたメス猫との間に子猫が生まれ、そこから品種を確立しようと繁殖を開始します。

2008年、品種のスタンダードが確立して、世界的な猫の団体の1つWCFに登録するに至ります。

ブリーディングを開始した理由

ブリーディングの開始には、女性がターキッシュバンという猫種のブリーダーをしていたという背景があります。だからこそ、その猫がターキッシュバンに似ていながらも、別な種であると判断できたのですね。

後のDNA解析では、やはりターキッシュバンと遺伝的に違うことが明らかになっています。

品種としての歴史の幕は開いたばかり。とても新しい猫なのです。

ただ、さかのぼってみれば、もとはキプロスの山岳地帯で暮らしていた猫。野生種として長い歴史があるようです。

みーちゃん
キプロスってどんなとこなんだろう?地中海ってだけでなんだか憧れちゃう。
ニシ教授
キプロスアフロディーテには、この出身地ならではの特徴があるから、後で見ていこう。

キプロスアフロディーテの子猫の値段や販売価格はいくら?

素敵な姿と名前を持つキプロスアフロディーテを家に迎えたいと思ったら、購入にはいくらくらいの金額が必要なのでしょうか?

日本で探すのは難しい!

実は、現時点で明らかな販売価格を述べることは難しいのです。

というのも、キプロスアフロディーテの場合、まだ日本で扱っているブリーダーが見当たりません。

国内で猫を手に入れる方法として一般的なのは、ペットショップに足を向ける、ブリーダーに相談する、里親募集で探す、の3つです。

ブリーダーで育てられていないのだから、当然ペットショップに並ぶことも里親が募集されることもほとんどありません。可能性は限りなくゼロに近いのです。

飼いたいなら海外のブリーダーを探す

しかし、どうしてもと願うなら、購入先を海外のブリーダーに求めてみるとよいでしょう。ただ、海外に目を向けても、キプロスアフロディーテの値段の相場ははっきりしていません。

そして、国内とは違い、費用はこのようになります。

購入費用:猫の生体代+輸入にかかる費用

海外でも決して数が多くはなく、見つけるのにも輸入するのにも時間がかかります。その上に輸入や手続きの費用がプラスされるので、それなりに高いお金がかかることは覚悟した方がよさそうです。

キプロスアフロディーテってどんな性格?

はるか地中海の島を故郷にするキプロスアフロディーテ。はるばる日本の家庭にやってきた後、うまくやっていけるでしょうか?

どんな性格を持つ猫なのか、飼い主さんと相性良く暮らしていけそうか、チェックしておきましょう。キプロスアフロディーテは、こんな性格をしています。

  • 優しくて穏やかな気質
  • 人に親しみやすく社交的
  • 元気に体を動かすことが好き

見た目によらず穏やかな性格

キプロスアフロディーテは、もめごとを好まない穏やかな性格で、人の家庭にも馴染んでいけます。

一見すると大きめの体格は野性的で荒々しくい性格を連想させますが、そんなことはありません。小さな子供のいる家でも高齢者のいる家でも、癒やしと笑顔をもたらすペットとなってくれるでしょう。

社交性があり人に愛情を示す

社交的な面があるキプロスアフロディーテは、初対面の相手にも親しみやすいおおらかさを持ち合わせています。家族や来客の多い環境も気にせず暮らしていけるはずです。

もちろん仲良くなった飼い主さんには、愛情深い態度を示してくれます。自分から膝の上に乗っかって甘えるのも、この猫によく見られる行動です。

活発で体を動かす遊びが大好き

活発なところがあり、体を動かすことを好む性格です。キャットタワーや階段を上下することも難なくこなせるでしょう。

そうした性格や行動は、高低差のある山岳地帯で活動的に生活していた歴史を思わせます。

飼い主さんと遊ぶ時間も大いに喜んでくれるはずです。

キプロスアフロディーテの特徴はこれ!

性格が大体わかったところで、今度はキプロスアフロディーテの特徴に着目してみましょう。キプロスアフロディーテは、このような特徴を持った猫です。

  • 平均より大きめの体格
  • 前足より少し長い後ろ足
  • ショートからセミロングの被毛
  • 大きめの耳を持った美しい顔立ち

しっかりと大きめの体

キプロスアフロディーテの体格は、一般的な猫よりも大きめです。フカフカした被毛の中には、しっかりした太い骨と発達した筋肉を秘めています。

かつてキプロスの野性の中で暮らしていた時代には、食物として自ら小動物を狩る必要がありました。そうした生活で必然的に骨や筋肉が力強く鍛えられたからだと考えられます。

後ろ足は前足より長め

キプロスアフロディーテには、前足より後ろ足の方がやや長いという特徴があります。このため、平らな所にまっすぐ立っていても、少し前かがみの姿勢に見えます。

この特徴も、野性時代の名残りです。山の中での移動では急な斜面を上り下りしなければなりません。斜面を上るのに優れている長い後ろ足を持つものが、進化の過程で生き残ったのでしょう。

毛は少し長めでフカフカ

体をおおう毛の長さは、ショートからセミロングです。

原産地であるキプロス島は、穏やかな地中海性気候ですが、山岳地では平地より冷え込みやすくなります。気温の低さにも対応できるよう、ボリューム感のある少し長めの毛になったのでしょう。

単色やバイカラー、ポイントカラーなどさまざまな色や柄の個体がいます。

耳は大きめ!美しい顔立ち

逆三角形のバランスのよい顔に大きめの耳がついています。

大きな耳のメリットは、ささいな音が聞き取りやすいだけではありません。気温が上がった時には、体温をそこから逃がして下げる役割も持っています。

被毛の特徴と合わせ、寒暖差に強い品種と言えるでしょう。

オリーブの実のような形の目はグリーンやイエロー、ブルーなどさまざまなバリエーションカラーがあり、アフロディーテの名にふさわしく美しい顔立ちに見せています。

ニシ教授
地中海だからといって、どこでもビーチというわけじゃなく、いつもあったかいわけじゃないんじゃ。
みーちゃん
え~。寒いのは苦手だな。

キプロスアフロディーテの体重と寿命はどれくらいなの?

家にやってきた当初は小さな子猫であっても、日々を共に暮らすうちに成長していきます。

育った後に体重はどれくらいになるのでしょうか?そして、将来的なことを考えて、寿命についても気にかけておきたいですね。

キプロスアフロディーテの体重は5~11kg

平均体重はオスメスで少し違いますが、一般的な猫と比較するとどちらも重めです。

オス メス
10~11kg 5~7kg

体格が大型で筋肉質な分だけ、体重も重くなります。ゆっくりペースで成長し、成猫サイズに至るまでには3~5年ほどかかります。

キプロスアフロディーテの寿命は12~15年

キプロスアフロディーテの寿命はこのようになっています。

平均寿命:12~15年

一般的な猫の平均寿命からすると、同程度か少し短めと考えられます。

登録品種としては歴史が浅くても、もとはキプロス山岳の環境の中を生き抜いてきた猫です。今のところ遺伝的な疾患は確認されていません。

暑さ寒さに強く、健康を維持しやすい品種と言えますが、常日頃から体調の変化には気をつけてあげたいですね。

キプロスアフロディーテの飼い方はどうしたらいいの?

日本であまり見かけることのないキプロスアフロディーテ。飼うことを決定したら、近隣には先輩飼い主さんがいない可能性大です。

遠い地からやってくる猫とうまくやっていくために、飼い方の疑問を解消しておきましょう。

活発な動きのために遊びの時間を取る

活発で元気な猫といっても、自分で遊ばせておけばよいというわけではありません。飼い主さんが毎日少しでも時間を取って、遊び相手となってあげましょう。

キプロスアフロディーテは、じっとしているより体を動かしての遊びが好きです。人に寄り添うことを快く感じる一方で、野性時代のイキイキしたバイタリティーを運動という方法で発散したい欲求も持っています。

おもちゃを買って与えるだけではストレスを持ってしまうかもしれません。飼い主さん自身が遊んであげると、より活発に動けることで満足できるでしょう。

ブラッシングは週に1回程度

寒さに適応できるというセミロングの毛は、どんなケアをすればよいのでしょうか?

キプロスアフロディーテの毛のケアは、ブラッシングを週に1回程度行っていくとよいでしょう。

適度なブラッシングは、無駄な毛を取り除いてグルーミングによる毛玉症リスクを抑えられる上、見た目にも美しい毛ツヤを維持できます。

  • 毛玉症…グルーミングで自分の毛を舐め、飲み込むことで毛玉が消化器官に溜まること。

長さからするともう少し頻繁なケアが必要なのではないかと思いがちですが、触り心地のよいその毛質は滑らかです。毛と毛がもつれ合うことも少ないので、ブラッシングはショートと同程度のペースでかまいません。

家具や遊び道具に注意する

キプロスアフロディーテを飼う際には、室内の家具の配置やキャットタワーの構造に気を配ってください。

猫の多くはこうした家具や道具を使って上下運動するのが得意であり、キプロスアフロディーテも例外ではありません。

ただ、一般的な猫と比べると、一回り大きく重いのがこの猫の特徴。あまり簡素なものだと、運動の勢いやはずみで壊れてしまうかもしれません。

成長した後のことも考えて、ある程度頑丈なものを準備しておくとよいですね。

みーちゃん
でも、女神の名前だなんてうらやましいな!
ニシ教授
何を言っとる。キミの飼い主さんにとっては、キミが女神じゃろう。
みーちゃん
ふふふっ。やっぱり、教授もそう思う!?
ニシ教授
ちょっとおだてすぎたかのう。

キプロスアフロディーテを飼うのに向いているのはこんな人!

キプロスアフロディーテの特徴や性格、購入の仕方などを考え合わせると、次のような人が飼うのに向いているのではないでしょうか。

  • 粘り強い性格の人
  • 美への関心の高い人
  • 一軒家や防音性のあるマンションに住む人
  • 比較的体格のよい人

粘り強さは、この猫を購入するために必要です。購入するには、海外のブリーダーを根気よくあたり、連絡や手続きなどのハードルをクリアしなければならないからです。

また、「美しい名と外見を持つ猫と暮らしたい」「人とは違った猫を飼いたい」と強く望む人だからこそ、購入までの熱意を持ち続けることができるのではないでしょうか。

住まいでは、防音性のある環境が望ましいでしょう。

キプロスアフロディーテはオスなら10kgと、米1袋ほどの重量にまで成長します。普段の足取りは静かでも、遊びにはしゃいだ時には大きな物音を立てることも十分考えられます。

同じ理由から、飼い主さんも比較的がっしりした体つきの人が向いています。そうした人なら、ちょっぴり重い猫が膝やお腹にのっても払いのけることなく親交を温めることができますよね。

もちろんこうした問題は、努力や工夫次第で乗り越えられるので、当てはまらないからといって、すぐにあきらめないでくださいね。

まとめ

地中海の島を生まれ故郷にするキプロスアフロディーテ。品種が確立して日が浅いため、まだ日本で見つけることは難しく、購入するなら海外に道を見つけなければいけません。

山岳地帯で生きてきたという歴史があり、野生種にルーツを持つゆえの特徴を長い後ろ足やセミロングの毛に残しています。

でも、性格的には穏和で人と仲良く生活できる猫です。さまざまな問題を乗り越えて飼うこととなった際には、あなたの家の女神となってくれるに違いありません。

この記事のURLをコピーする