147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

エキゾチックショートヘアの販売価格や子猫の値段、生涯費用は?

ブサ可愛い表情で多方面から愛されているエキゾチックショートヘア。最近はCMでも話題で更なる人気を集めていますよね!

ニシ教授
今まで以上に飼いたい!という人が急増しているようじゃ!一体どのくらいで買えるのかが気になるのう!

エキゾチックショートヘアの購入費用から、生涯どのくらいのお金がかかるのが事前にチェックしていきましょう!

エキゾチックショートヘアの子猫・成猫の値段や価格相場は?


エキゾチックショートヘアはペルシャ猫を品種改良した猫種で、そのブサかわな見た目でとても人気があります。

そんなエキゾチックショートヘアの価格は次のようになります。

子猫 25万円~40万円
成猫 8万円~15万円

エキゾチックショートヘアの子猫は他の猫種よりも比較的値段が高いのが特徴です。

また、他の人気猫種に比べるとペットショップで出会える機会が少なく、多くのペットショップでは30万円以上で売られているようです。

販売価格があがる子猫の特徴は?

次のような場合は、子猫の価格が40万円以上になることもあるようです!

  • 両親がキャットショーに出ている子猫
  • ブリードタイプのメスの子猫
  • 顔が整っている子猫

両親がキャットショーに出ている猫の場合では、70万円近くの金額で販売されることもあります。

また、ブリードタイプと呼ばれる血統書付のメスでは、繁殖も視野に入れられているため、オスより5万円ほど高く売られる傾向にあります。

鼻がつぶれたような顔が特徴のエキゾチックショートヘアですが、つぶれた鼻が整っていれば整っているほど高値がつくこともあるようなので、購入前にチェックしておきましょう!

エキゾチックショートヘアの子猫の販売場所はどこ?


では実際に子猫を飼おう!となった場合には、どこで買うのがいいのでしょうか?

購入場所として、ペットショップ、ブリーダー、里親になることを検討するかと思います。それぞれメリットとデメリットはあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

ペットショップで購入するメリット・デメリットは?

ペットショップで購入するメリット

  • すぐに引き取ることができる!
  • ペット保険加入時の手間が省ける!

ペットショップで購入するメリットとして挙げられるのはすぐにエキゾチックショートヘアの子猫を引き取ることができるということです!

ブリーダーや里親募集では飼い主の審査や、相性を確かめるためのトライアル期間などが設けられているため、家族に迎えるのに時間がかかったり、迎えられない場合もあります。

また、自分で資料請求したりなど難しい手続きをふまずに、ペットショップの方で保険加入を代行してもらえるのもメリットとしてあげられます!

ペットショップで購入するデメリット

  • 購入費用がかさむ!
  • 取り扱いが少ない!

デメリットとしては、販売価格が高いため、購入の費用がかさむ点が挙げられます。

購入時には手続きにかかる手数料やワクチンの費用、保険料などの支払いもあるので元々40万円の子猫であれば、50万円近くかかることもあるでしょう。

それだけではなく、エキゾチックショートヘアの取り扱い数が少ないこともデメリットです。

先ほどふれましたが、他の人気猫種と比べるとペットショップで出会える機会が少なく、お気に入りの子に出会うまで時間がかかってしまうかもしれませんね。

ブリーダーやキャッテリーで購入するメリット・デメリットは?

ブリーダーで購入するメリット

  • 飼育環境を確認できる!
  • ペットショップより安価で引き取ることができる!

ブリーダーやキャッテリーから購入する1番のメリットとして挙げられるのが、飼育環境や猫の性格などを事前に知ることができることです。

ブリーダーなどから購入する場合は基本的にブリーダーの家に行き、実際にどのような環境で飼育しているのか、子猫と触れあったり性格を事前に知ることができます。

その子猫の健康状態や同居していれば親猫と触れあうこともできます。ペットショップや里親では確認できない場合もあるのため、購入を検討する際の大きなメリットと言えますね。

また、価格も18万円~30万円ほどでの販売が多く、ペットショップに比べると安価で購入できるのも魅力的です!

ブリーダーで購入するデメリット

  • 近くにブリーダーさんがいない場合も!
  • 悪質なブリーダーに注意!

デメリットとしては、ブリーダーやキャッテリーなどは個人の家であることが多いため、ペットショップのようなすぐに行ける環境ではないことが挙げられます。

住んでいる地域にブリーダーがない場合には、県をまたいで会いに行かなくてはならないこともあるので注意しておきましょう。

また、残念ながらブリーダーの中には利益第一の悪質なブリーダーが存在します。

「家に来なくてもお譲りできます」というようなブリーダーは、飼い主にしては都合がいい場合もありますが、環境をチェックできないので注意してください。

飼育環境を知るためにもできる限り家まで出向き、また、何度もコンタクトを取って良質なブリーダーかどうかの判断をする必要もありますね。

里親になるメリット・デメリットは?

里親になるメリット

  • 引き取りにかかるお金は2万円~5万円!

里親になることの1番のメリットは費用が安く済むことです。

里親として引き取る場合は、今までかかったワクチン代や去勢等手術費用のみ負担で済むため、2万円~5万円ほどで飼い始めることができます。

里親になるデメリット

  • 子猫の里親募集がほとんどない!
  • 成猫を引き取るときには苦労もある!
  • 引き取り条件が厳しい!

デメリットとしては、ブリティッシュショートヘアの子猫の里親募集がかなり少ないことが挙げられます。

里親募集でエキゾチックショートヘアをを受け入れる場合は成猫の場合が多く、新しく生活を始めるときには苦労もあるかもしれません。

しかしエキゾチックショートヘアは子猫だけでなく、成猫の里親募集の割合も比較的少ないので注意しておきましょう。

また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主と定期的に連絡を取り猫の様子を報告する必要もあるため、引き取りの手間も多くなります。

里親募集には条件が細かく設定されていることが多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあります。

里親を検討するなら内容をきちんと確認してから応募してみるのがいいかもしれませんね。

エキゾチックショートヘアを買うときの初期費用ってどれぐらいかかる?


初めて猫を飼うときには、猫ちゃんが快適に過ごせるように事前に色々なものを準備しておく必要がありますよね!

実際にエキゾチックショートヘアを迎え入れるときに必要なアイテムは何があるのでしょうか?リストアップしてみたのでチェックしておきましょう!

最初にそろえるもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

ケージやキャットタワーなど、必ずしも初めから必要ではないものもありますが、用意しておくと後々大変便利ですよ♪

特にケージは仕事などで家を空ける時間が長い家庭では、子猫の安全のために購入しておくことをぜひおすすめします!

子猫の価格と事前に用意するものの値段を合わせると、初期費用は次のようになります!

初期費用:30万円~45万円

初めて猫を飼うときには子猫だけではなく、色々なものにもお金がかかるので事前に準備が欠かせませんね!

病院代はどれくらい?去勢・避妊手術にかかる費用はいくら?


飼い始めはワクチンや去勢手術など、子猫を病院に連れて行く機会も多くあります。

早いうちに病院で診てもらうことになる項目と、その費用を次の表にまとみてみましたのでチェックしておきましょう!

病院代 費用
初診料 500円~1,000円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円
去勢手術 15,000円~20,000円
避妊手術 25,000円~35,000円

混合ワクチンは全体で2回~3回接種する必要があるので、1回の価格で4,500円~7,500円かかります。

ほとんどの場合は初めの1回は済んでいると思いますので、残りの回数分は病院で打ってもらいましょう!

また、ワクチン1回につきかかる金額は何種混合されているかによって変わります。何種混合のワクチンを打つのかは事前に確認しておくのがいいでしょう。

去勢手術や避妊手術については、病院ごとに金額がかなり違うため、同じ診察内容でも金額が倍以上違う場合もあります。

病院に電話で確認すれば事前に金額を教えてもらうことができるため、検査や手術などを受ける場合は確認しておくといいかもしれませんね。

エキゾチックショートヘアの年間費用はどれぐらいかかる?


参考までに年間で飼育にいくらかかるのかを書いてみましたのでチェックしておきましょう!

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

1年間にかかる費用はおおまかにこのようになります。

実際にはもっと病院代等がかかりますのでで、これ以上に費用がかかると思っておくといいでしょう。

また、ペットの診療代は10割負担なので、人間が病院にかかるのに比べて診療代が高額になってしまいます。

愛猫に何かあったときに負担が少なくて済むためにも、ペット保険に加入しておくのもおすすめです!

ペット保険は子猫のうちは12,000円~35,000円ほどで年間の治療費をカバーすることができます。

子猫のうちと老猫になってからは病院にかかる機会も増えていくので、保険を検討してみるのもいいかもしれませんね!

エキゾチックショートヘアの生涯費用はこれぐらいかかる!


エキゾチックショートヘアを飼ったときに、生涯かかる費用の概算は次のようになります。

生涯費用:210万円~235万円

かかる費用の内容は、「初期費用」+「年間費用×寿命(12年~15年)」+「病院の費用」となり、210万円~235万円ほどかかることが予想されます。

病院でかかる診察料等は、もちろん一生涯病気知らずで生きた猫ちゃんとそうでない子によっては違いがあり、かかる病気によっても負担に差があります。

また、迎えた子が全て先ほど記載した年間費用に当てはまるとは限りません。

それより少ないこともありますが、年齢が上がるにつれて毎年かかる費用の負担は増えることの方が多いでしょう。

金銭面で負担が大きいからと手放すことのないよう、生涯一緒に暮らすためには少なくても200万以上の金額がかかることはあらかじめ心に留めておいてくださいね。

まとめ

エキゾチックショートヘアの生涯費用を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

飼ってしまってからは思ったよりも負担にならないかもしれませんが、飼い始めと年齢を重ねてからはかさむ費用も増えていきます。

あらかじめそれを頭に入れて、飼ったからには生涯手放すことのないよう育ててあげてくださいね!

この記事のURLをコピーする