シャム猫の販売価格!ミックスやシールポイントの値段や生涯費用は?

貴人のように優雅な佇まいを見せるシャム猫。日本でもなじみ深い品種で、いつか飼ってみたいと思ってた!と憧れを持ち続けていた人もいるのでは?

ニシ教授
特徴的な姿は、アニメで描かれてもすぐシャム猫とわかるほどじゃのう。日本で飼うのが流行した時代もあったようじゃ。

現在シャム猫を購入しようとすれば、どれくらいの値段と考えればよいのでしょうか?また、猫以外にかかる金額や飼い始めた後に必要な費用などについても知っておきたいですね。

シャム猫の子猫と成猫の値段や価格相場はいくら?

ではさっそく、シャム猫そのものの値段がいくらなのか、チェックしてみましょう!多くの猫と同様にシャム猫も、子猫と成猫では価格相場が異なります。

子猫 成猫
8万円~22万円 5千円~11万円

猫の価格は生まれてからの月齢が高くなるほどだんだんと下がっていくこと、また、成猫であれば里親制度を利用する方法があることから、このような価格相場になっています。

では、購入場所がペットショップとブリーダーでは、シャム猫の値段に違いはあるのでしょうか?

ペットショップ ブリーダー
15万円~22万円 8万円~20万円

それぞれこのような価格相場となっています。

基本的には、生まれた施設から販売するところまでに仲介業者を間に入れるペットショップの方が、ブリーダーよりも高額となりがちです。

ただ、ブリーダーで取り扱っているシャム猫でも、キャットショーの受賞など親の経歴などから優れた個体である判断された場合は、この限りではありません。

シャム猫に特徴的なポインテッドカラーは、シールポイント、チョコレートポイント、ブルーポイント、ライラックポイントの4種類。

  • ポインテッドカラー…耳や鼻先、四肢、しっぽなど、体の先の部分に目立ったカラーが浮かび上がるもの。シャム猫はその代表的な品種です。

それぞれのカラーがより鮮やかであり、毛のツヤやスタイルが優れているものだと、約30万円の値がつくこともあります。

みーちゃん
教授!シャム猫の知り合いがいたら紹介して!大人女子のメイクを教えてもらいたいの。
ニシ教授
キミはまたイメージに振り回されて…。シャム猫は別にメイクはしておらんぞ。

シャム猫はペットショップ、ブリーダー、里親のどこから引き取るのが一番良いの?

30万円ほどするシャム猫は別として、「あれ?予想ほど高くない!」と思った人もいるかもしれませんね。

かつて日本の経済が発展しているさなか、豊かさを象徴するステータスの一種であるかのように、シャム猫を飼うことが流行した時期がありました。そんな人気絶頂期にはかなりの高額となっていたシャム猫ですが、今は価格的には大分落ち着いてきています。

夢見ていたシャム猫を飼う生活を今こそ実現するチャンス!なのかもしれませんよ。

では、いざその実現に向けて、ペットショップとブリーダー、また里親制度のうち、どこから猫を引き取るのが一番よいのでしょうか?

シャム猫がいない!?ペットショップ

猫を購入する場所として真っ先に候補に上がりそうなペットショップ。ショッピングセンター内や大きな通り沿いに店舗があり、思いついた時に訪ねやすいのが最大のメリットです。

店内には犬や猫ばかりではなく、カラフルでデザイン性豊かなグッズが数多く展示されているので、猫を購入した際には必要な用品を一緒に揃えることも可能でしょう。

しかし、問題なのは、現在ペットショップで販売されているシャム猫が少ないこと。

シャム猫は誰もが聞いたことのある品種だけに、当然ペットショップに行けば会えるのではないかと思いがちです。

でも、現在人気の品種は、アメリカンショートヘアやラグドール、スコティッシュフォールドといったところ。取り扱うのはこのような品種が主流となり、意外にも現在のペットショップでシャム猫を探すのは難しいのです。

シャム猫を探すならブリーダーがおすすめ

ペットショップからシャム猫の姿が消えたからといって、シャム猫を育てるブリーダーがいなくなったわけではありません。ほかの品種へと人気が分散されながらも、まだまだシャム猫を愛する人は数多くいますし、育てるブリーダーもいます。

気軽に足を向けられるペットショップと比較すると、ブリーダーは探して連絡を取る必要があり、手間がかかってしまうとハードルを感じる人もいるかもしれません。

しかし、容易にネット検索できる時代、ブリーダーを見つけるのもそれほど難しいことではないはずですよ。場合によっては遠方である可能性もありますが、専門のブリーダーなら魅力的なシャム猫をより多く見られるのではないでしょうか。

また、シャム猫のポインテッドカラーは、生まれてすぐの白い状態から次第に鮮やかになっていきます。

子猫だけでなく親や兄弟を見ることができれば、その様子から将来的な見た目や健康状態も推測することが可能です。

血統や月齢にこだわらないなら里親

シャム猫を探すには、もう1つ、里親募集をあたってみるという方法もあります。

シャム猫としての血統に特別こだわらず、迎え入れるのが必ずしも子猫でなくてもよい、という人にはおすすめです。

というのも、里親で縁を求められているのは既に成猫となっているものが多いのです。ただ、成猫である分毛色や性格面は確立しているため、飼い主さんとの相性も予測しやすいのではないでしょうか。

それに、営利目的の販売ではないので、猫自体の価格は定められないのがほとんどです。

ワクチンの接種(5,000円ほど)、去勢、避妊手術(2万円前後)を条件とされることがありますが、それを含めてもかなり費用を抑えてシャム猫との暮らしを始められるでしょう。

ニシ教授
アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドのかわいらしさもわかるが、シャム猫にはシャム猫のよさがあるものじゃ。
みーちゃん
でっしょー!?ずっと変わらずチャーミングなシャム猫を、私も見習おうと思うんだ。

シャム猫とシャムミックス、どちらの方が値段が高いの?

いわゆるシャム猫とは別に、シャムミックスと呼ばれている猫がいます。どうしてもシャム猫の純血種がいい、と考えているのでなければ、こちらを視野に入れてみるのもよいでしょう。

シャムミックスってどんな猫?

シャムミックスとは、シャム猫同士の親から生まれた子ではなく、ほかの品種の猫との交配によって生まれた猫のことです。

シャム猫に見られる特徴は、スレンダーな体つきやサファイアのようなブルーの目、そしておしゃれなポインテッドカラーです。

そういったシャム猫の美点をどこかに残しながら、他品種の特徴も兼ね備えているのがシャムミックスです。容姿、性格ともに、シャム猫以外の遺伝要素を合わせ持つため、さまざまな個性が見られます。

また、シャムミックスのもう1つの長所は健康面です。シャムミックスは、シャム猫の純血種よりも遺伝性の疾患リスクが少なくなる傾向にあるようです。

シャムミックスの姿はさまざま

シャムミックスには、人為的な品種改良を目的とした交配にシャム猫を用いて誕生したものも含まれます。シャム猫の優れた容姿、また高い繁殖力がこうした交配によく使われる要因でしょう。

交配がうまくいき既に品種として確立しているものは、シャムミックスではなく、新たにつけられた品種名で呼ばれています。

例えば、ペルシャとの交配で作られた品種はヒマラヤン、アメリカンショートヘアなど複数の品種との交配で生み出されたのはオリエンタルです。

このほか、シャム猫を血縁に持つものとして、バーミーズやジャバニーズ、バリニーズ、スノーシューなど既に多くの品種が存在していますよ。

一方で、放し飼いのシャム猫を始まりとして自然発生的に生まれた雑種猫もまた、シャムミックスに含まれます。

シャム猫より高い場合もある!

では、購入することを考えた場合、シャム猫とシャムミックスでは、どちらが値段が高いのでしょうか?もう、おわかりかもしれませんね。

シャムミックスは、品種が確立したものからいわゆる雑種まで、姿も値段も実にさまざまです。日本でもよく知られているヒマラヤンやオリエンタルなら、シャム猫と同程度か少し高めの値段で手に入れられます。

しかし、シャム猫の血をひくものの中には、まだあまり日本でなじみのない品種もいます。そういった特定の品種を望むなら、輸入しなければならず、30万円を超える金額が必要です。

逆にあまり品種にこだわらなければ、自分好みのシャムミックスを里親募集で見つけることも可能でしょう。この場合は、シャム猫と同じく、ワクチン代や手術費用のみで飼うことができます。

もしシャム猫を飼うことになったら最初に必要な物は?その費用はいくら?

シャム猫が家にやってくる日を思うと、ワクワクしますね。でも、猫を飼い始めたら、たちまち必要になる物があります。どういったグッズが必要なのか、またその費用についても確認しておきましょう。

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

当日から必要な食事の準備

猫を連れ帰ったその日からさっそく始まるのが、食事の準備ですね。これまでの施設で食べていたものを参考に、月齢に合った柔らかさや分量のフードを与えるようにしましょう。

タンパク質を多く必要とする猫の食事は、人間に適した栄養バランスとは異なっています。

猫のフードには、ドライフードやウエットフードなどがありますが、袋やパッケージに「総合栄養食」と記されているものが選ぶ目安となります。

  • 総合栄養食…猫に適した栄養分を含み、それだけで主食となるフードのこと。

フード用、水用とそれぞれに容器を準備し、清潔を保ちたいですね。ペットショップで揃えてもよいですし、100円ショップの食器で代用すれば、費用も抑えられます。

快適なトイレを設置する

忘れてはいけないのはトイレの準備です。猫は排泄物を砂で覆い隠す習性があるので、その習性に合った専用のものを設置しておけば、トイレと認識してくれるでしょう。

トイレの本体のほか、中に入れる猫砂を準備する必要があります。砂といっても、紙や木、鉱物、おからなどを原料に形成されたものです。

消耗品である猫砂は今後も買い足していかなければならないので、重さや値段、始末の簡単さなどを考慮して選んでくださいね。

いろんなシーンで必要となってくる猫用品

そのほかにも、生活をしていくうちにあれこれと必要なものが出てきます。猫ならではの身づくろいとして、爪とぎ用品爪切りは必需品です。

また、美しさに磨きをかけるためのブラッシングも行いたいもの。シャム猫は長毛種ほど頻繁にブラシをかけなくてもかまいませんが、早いうちから習慣づけておくとキレイな毛並みを保てる上、スキンシップにもなるでしょう。

日常生活をより豊かに楽しくしてくれるベッドおもちゃ、病院などに通う際に必要となってくるキャリーバッグも準備しておきたいグッズです。

住宅環境や家族によっては、ケージ消臭アイテムも揃えなければなりません。

また、運動好きで高い場所を好む性質があるシャム猫は、キャットタワーとの相性がよいので準備できるとベストですね!

シャム猫を飼う時の初期費用は?

各グッズをすべて揃えたとすれば、上の計算通りに諸費用がかかります。それに猫の生体代を忘れてはいけません。

初期費用:185,700円

シャム猫が平均価格の15万円として、必要な物品35,700円で合計185,700円という計算になります。これだけの金額を準備できれば、余裕を持ってシャム猫を迎えに行けそうですね。

みーちゃん
私もレディの一人として主張するなら、トイレの清潔さは大事な点だと思うな!
ニシ教授
それは、レディでなくても、そうじゃよ。

シャム猫の病院代や去勢・避妊手術やワクチン代はいくら?

せっかく念願のシャム猫と暮らし始めるのだから、健康面での万全も期しておきたいところですね。

現時点で病気やケガがない猫であっても、予防のためのワクチン接種や去勢・避妊手術を考えると、動物病院に行くことは避けられません。特に、飼い始めた年にはこのような費用が必要となります。

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

体調を見計らってワクチン接種を

猫には、かかりやすいいくつかの感染症があります。

そうした代表的な感染症を予防するために推奨されているのが混合ワクチンです。3種~5種、7種の組み合わせがあり、一緒に暮らす猫の頭数や外出できるかどうかなど、飼育環境に適したものが接種されます。

室内で飼うから心配ない、と思い込みがちですが、風にのっての空気感染や人を介しての接触感染も考えられます。

病気になってつらい思いをさせるより、あらかじめワクチン接種での予防をしておきましょう。

猫のワクチン接種は年に1回行うことで感染予防になりますが、初年度は複数回の接種が必要です。体調の良い時を見計らって、接種の予定を立てましょう。

早めに去勢、避妊手術を考えておく

また、猫の成長とともに気になってくるのが発情期の問題です。

一般的にメスの猫は6ヶ月を迎える頃、オスの猫は7、8ヶ月頃に初めての発情期が見られるのですが、シャム猫の場合、それよりも少し早めで、早熟な子が多いようです。

どの種類の猫であっても発情期には外出したがったり普段とは違う鳴き声を上げたりするものですが、もともと発声の盛んなシャム猫だと、更に飼い主さんの悩みを深めてしまうことがあります。

子猫を産ませるつもりがないのなら、早めに去勢・避妊手術の決断をしておきたいですね。

金銭面の負担が気になるかもしれませんが、生涯で手術は1度きり。それに自治体によっては補助制度があり、助成金を受けることで手術費用の負担を軽減できます。

1年間、シャム猫を飼育した時にかかる費用はいくら?

もちろん実際にシャム猫との暮らしが始まったら、かかるのは初期費用だけではありません。猫を飼育する上で次のような費用が継続してかかってきます。

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。

最低限でも必要なものとして、フードや猫砂は欠かせません。また、爪とぎやノミ・ダニ予防薬は定期的に買い置きたいものです。

猫自身が楽しむために、そして飼い主さんとのコミュニケーションのためにも、おやつやおもちゃは大切なもの。愛猫の好みに合わせて用意してあげるのも、猫を飼う喜びの1つとなるでしょう。

また、飼い主さんの役目として、猫の健康管理も怠ってはならないものです。年に1度のワクチン接種はもちろんのこと、できれば健康診断も受けるようにしておくとよいですね。

ペットを飼い始めると、長期の留守が気にかかりますが、そういった旅行の際には誰かにお世話をお願いすることになります。ペットホテルを利用する場合は、2泊3日で6,000円程度の予算と考えておきましょう。

シャム猫を育てるためには生涯費用はいくらかかる?

ずっとシャム猫を育てていった場合、結局のところ生涯費用としてはいくらかかるのでしょうか?飼い始めた時やその後のことを細かく計算していくと、生涯費用がはっきり見えてきます。

生涯費用:124~158万円

まず第一にかかる初期費用に病院費用を加えます。その上に、年間費用にシャム猫の寿命をかけたものをプラスします。

シャム猫の平均寿命は、一般的な猫より少し短めの10~13歳なので、これを計算式に入れてみましょう。

費用 最低額 最高額
初期費用 185,700円 185,700円
病院費用 25,200円
(オス、3種混合ワクチン)
37,700円
(メス、7種混合ワクチン)
年間費用×寿命 103,800円×10年=
1,038,000円
103,800円×13年=
1,349,400円
生涯費用 1,248,900円 1,572,800円

シャム猫自体の金額しか考えていなかった!という人にとっては、ちょっとびっくりする結果かもしれませんね。

もっと節約したい、時にはちょっぴり贅沢したい、と飼い主さんの思いによっても変わってきますが、124~158万円という金額を想定しておくとよいでしょう。

ニシ教授
一応言っておくのじゃが、シャム猫にはレディだけじゃなくおじさんもいるのじゃぞ。
みーちゃん
ええ~~っっ!?
ニシ教授
当たり前じゃろう!テレビと映画の見すぎ、驚きすぎじゃ。
まとめ

シャム猫の名は、タイ国がかつてシャム王朝と呼ばれていたことに由来しています。当時は王族や貴族、寺院などでしか飼うことができなかった神聖な猫だと伝わっています。

家族の一員となったシャム猫には、王族なみの暮らしとまでいかなくても、できるだけ幸せに生きてもらいたいものですよね。そのためにも、予算配分をしっかりとしておきましょう。

シャム猫の気品ある姿で、飼い主さんにも喜びや楽しみをたくさん運んできてくれそうです。

この記事のURLをコピーする