147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

アメリカンカールの値段は?子猫の価格相場や割高になる条件まとめ!

反り返った耳がかわいいアメリカンカール。温厚な性格で飼いやすいことでも知られていますよね。

ただ、飼いやすさと実際にかかってくるお金は別物!アメリカンカールを飼うには、一体どれくらいのお金が必要なのでしょうか?

そこで、アメリカンカールの価格や飼育にかかる費用について詳しくまとめてみました!それでは早速見てみましょう♪

アメリカンカールの値段や価格相場はいくらぐらい?

まずは、アメリカンカールの生体価格についてです。

アメリカンカールの子猫と成猫それぞれの価格相場、他の猫種と比較した価格相場を順番に紹介していきます!

アメリカンカールの子猫と成猫の価格相場

価格
子猫 10万円~30万円
成猫 5万円~10万円
※生後3ヶ月以内の子猫、生後1年以上の成猫について調査しました。

アメリカンカールの生体価格は、子猫の場合は10万円〜30万円程度、成猫の場合は5万円〜10万円程度です。

基本的に子猫を飼いたいという人の方が圧倒的に多いので、子猫の方が割高になります。ただ、買手が見つからず月齢が経過すると、子猫の半額以下で購入できることも。

もちろん、キャットショー受賞歴があるような親を持つ猫ならこれより高くなることもありますが、基本的には30万円未満に収まることが多いようです。

他の猫種と比較した時のアメリカンカールの価格相場

猫種 価格相場
アメリカンカール 10万円〜30万円
マンチカン 7万円〜60万円
ブリティッシュショートヘア 10万円〜40万円
ラグドール 12万円〜50万円
スコティッシュフォールド 5万円〜50万円
アメリカンショートヘア 5万円〜30万円
ノルウェージャンフォレストキャット 8万円〜30万円
メインクーン 12万円〜33万円
ロシアンブルー 9万円〜25万円
ベンガル 7万円〜50万円
ペルシャ 10万円〜40万円
※生後3ヶ月以内の子猫について比較しています。

今回、生後3ヶ月以内の子猫に絞って人気の猫種と比較してみましたが、アメリカンカールの10万円〜30万円は全体で見ても割安です。

今流行りのマンチカンやスコティッシュフォールドと比べると、20万円くらい安いですね。

まだ新しい品種ということもあり、認知度が低いことも安さに繋がっていますが、遺伝病も少なく飼いやすいためこれから値段が上がる可能性は十分にありますよ!

耳のカールで変わる!?アメリカンカールの値段の違いはこれ!

アメリカンカールの相場はわかりましたが、同じ猫種なのに10万円〜30万円と価格に差が生まれるのは一体なぜでしょうか?

そこでここからは、アメリカンカールの価格を決めるポイントを見てみましょう!

アメリカンカールの価格を決めるポイント
  • 耳の形
  • 毛の長さ(長毛or短毛)
  • 毛色
  • 血統書の有無

耳の形

アメリカンカールといえば、その名のとおり反り返った耳が特徴ですよね!なので、耳が綺麗に反り返っている猫は値段が高くなります。

どの猫種もそうなのですが、その猫の特徴を表す部分がしっかりと出ているほど値段が高くなるんですね。

ただし、耳が反っていればいいという訳ではありません!反り具合が重要で、カールが強いほど値段が高くなります。

ちなみに、アメリカンカールでも全体の約50%はカールしていない耳の猫が生まれます。

飼いやすさは変わらないのに2万円ほど安く購入できるので、見た目にこだわらないならカールなしの子猫を選ぶのもおすすめですよ♪

毛の長さ(長毛or短毛)

アメリカンカールには長毛と短毛どちらの猫もいて、一般的には長毛の方が少し割高です。

これはアメリカンカールの起源であるシュラミスが長毛種だったため、今でもその名残で長毛種が多いと言われているんですね。

  • シュラミス・・・アメリカンカールの元となった長毛種の黒猫。英語ではShulamith。

また、他の種類の猫もそうなのですが、長毛の猫は人気があり需要のために値段があがっているようです。

さらに遺伝子的に長毛種の方が生まれる頻度が低く、希少価値が高い傾向にあります。これなら値段が高くなっても仕方ないですね!

毛色

アメリカンカールといえば帯状の柄が入ったタビーが有名です。しかし、実際人気があるのは「ハチワレ」「シールポイント」といわれる模様で、他の猫より高値がついています。

ハチワレ

ハチワレとは、鼻筋から口にかけて漢字の「八」のように模様がはいっている猫のことです。

日本で「八」という数字は縁起がいいと言われているので、幸せを運んで来てくれるという意味でも人気なんですね♪

ハチワレというだけで1〜2万円高くなりますが、左右のバランスが整っていれば4〜5万円高値がつくこともあります。

シールポイント

アメリカンカールで高額になるのは、ハチワレのほかにシールポイントと呼ばれる模様を持った猫です。

  • シールポイント・・・シール=アザラシ色、ポイント=末端の色が濃いの組み合わせ。

写真を見てもらえれば分かるのですが、黒に近い茶色の毛が体の末端にかけて色が濃くなっている模様です。

希少価値が高く、子猫の場合なら20万円以上になることもあります。出会える機会は滅多にないので、変わった柄の猫が欲しい人はチェックしておきましょう!

血統書の種類によっても変わる!

血統書の有無は、値段を左右する条件のひとつです。ただ、その発行元によっても価値が変わってきます。

一般的に血統書と言うと、世界的な血統登録団体であるCFATICAが発行したものを指します。この2社以外の血統書はあまり価値がありません。

また、血統書付きで親がキャットショーのチャンピオンだと、さらに値段が高くなります!

アメリカンカールの場合は耳の形が主な評価基準なので、チャンピオン猫の子猫は優秀な遺伝子ということで値段が高くなるんですね。

ただし!確実にその特徴が出るかは運次第。見た目が保障されているわけではないので注意してくださいね。

アメリカンカールはブリーダーから購入するのがおすすめ!

猫を飼うとなれば、一般的にはペットショップやブリーダーからの購入が主流ですよね。

ただアメリカンカールは、比較的新しい品種でまだ認知度も低いため、取り扱っているペットショップがなかなか見つかりません。

そのため、アメリカンカールを繁殖させているブリーダーから直接購入するのが主流です。

とはいえ、ブリーダーからの購入と言われてもなかなかピンとこないかと思うので、順序や注意点をまとめてみました!

ブリーダーからアメリカンカールを購入する手順

  1. ブリーダーサイトで欲しい猫を検索する。
  2. ブリーダーに連絡して見学日を予約する。
  3. 実際に施設に出向いて子猫と対面する。
  4. 購入意思の決定と支払い。
  5. 引き取り(直接or空輸or車での輸送)

ブリーダーからアメリカンカールを購入する場合は、ブリーダーサイトなどでお目あての猫を探すことから始めます。

そして気に入った猫がいれば、その猫を飼育しているブリーダーに連絡して見学日を予約しましょう。ちなみに、動物愛護法により対面なしでいきなり購入することは禁止されています。

対面して購入意思が固まったら改めてその旨を連絡し、支払いを済ませます。

子猫の引き取り方法は、直接飼い主がブリーダーの元に行くのが一般的ですが、遠方の場合は空輸や車での輸送を依頼できる場合もあります。

ブリーダーから購入する際の注意点

  • 場合によっては長距離移動が必要な場合もある。
  • 悪質なブリーダーも存在する。

ブリーダーといっても、猫の場合は個人の家庭が多く、騒音などの問題から都会より地方に点在しています。そのため、場所によっては県をまたがないといけません。

また、ほとんどは優良なブリーダーばかりですが、雑種なのに純血種と偽って販売するなど悪質なブリーダーもいるので気をつけましょう!

最近はSNSや口コミサイトもありますから、信頼できるブリーダーかどうか調べておくのがおすすめです。

アメリカンカールの飼育に必要な費用まとめ

アメリカンカールを家族の一員として育てていくためには、餌代やトイレの砂以外にも様々な費用が必要になります。

そこで、アメリカンカールをために必要な初期費用、医療費、年間費用、生涯費用を事前にチェックしておきましょう!

アメリカンカールを初めて飼う時に必要な物とその価格は?

必要なもの 価格
生体代 5万円〜30万円
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 85,700円〜335,700円

いざアメリカンカールを飼うとなれば、健康管理と快適な生活のために色々なものを準備する必要があります。

初期費用はペット用品だけで35,000円程度、生体価格を合わせると85,700円〜335,700円程度はかかると思っておきましょう。

ただ、すでに猫を飼っているなら爪きり、ブラシ、消臭アイテム、キャットタワーなど買いきりものは必要ないので、これよりも安く収まります。

その反面、ブリーダーから購入する場合は交通費やガソリン代もかかってくるので、人によってはこれより高くなることもあるでしょう。

あくまで目安の金額として、余裕を持って金銭計画を立ててくださいね!

アメリカンカールの医療費は?去勢・避妊手術、ワクチン接種などでかかる費用!

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

愛猫にずっと健康で長生きしてもらうには、定期的な健康診断や感染症予防のワクチンが欠かせません。

特に、アメリカンカールを迎えて1年以内は、混合ワクチンや去勢・避妊手術など病院に行く機会が増えるので医療費が結構かかります。

また、ペットには人間と違って医療保険がありません!国から補助を受けられるものもありますが、将来を見据えてペット用の医療保険に入っておくといいでしょう。

子供を産ませたいなら去勢・避妊手術は必要ありませんが、発情期の猫の行動や、生殖器の病気のリスクなど総合的に判断して決定してくださいね!

アメリカンカールを飼育するのに必要な年間費用はどれぐらい?

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円
※病院代は年に2回行ったと仮定しています。

では、年間でどれくらいの費用が必要かというと、表のとおり約10万円程度です。10万円と聞くと高い気もしますが、月1万円未満なので意外と安いと思われたかもしれませんね。

もちろん、猫の健康状態によっても大きく変わるのですが、大体はこの程度の金額に収まります。

アメリカンカールの生涯費用はこれくらいかかる!

生涯費用:130万円~200万円+医療費

では最後に、アメリカンカールを育てるために総額どれくらいかかるのか、生涯費用をまとめてみました!

生涯費用は「初期費用+(年間費用×平均寿命)+医療費」で求められます。アメリカンカールの平均寿命は12年〜16年ですからこれに当てはめてみましょう。

初期費用(85,700円〜335,700円)+年間費用(103,800円×12年〜16年)+医療費ですから、130万円〜200万円が生涯費用となります。

猫の健康状態によって安くなったり高くなったりするので、多めに見積もって200万円程度を考えておけば安心ですね。

また、人間と同様に高齢になるほど病院に通う事が増えてきます。飼えなくなって手放すことがないよう、あらかじめ医療保険に入るなど対策をしておきましょう!

まとめ

アメリカンカールを飼うのにかかる金額は、ほかの猫と比べてそう高くはなくあくまで平均的です。

とはいえ、他の猫と同様に健康で長生きしてもらうためには、しっかりと資金計画を立てましょう!

温厚でとても飼いやすい猫なので、いい出会いがあればぜひアメリカンカールと楽しい生活を満喫して下さいね♪

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る