147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

ブリティッシュショートヘアの子猫の価格は?毛色で値段が変わる?

まんまるでふわふわの愛らしいブリティッシュショートヘアですが、実際に飼うとなれば気になるのはその価格ですよね!

毛色によって価格が違うなんて噂もありますが、価格相場は一体いくらくらいなのでしょうか?

そこで今回は、ブリティッシュショートヘアの価格相場について詳しくまとめてみました!年間費用など、飼った後の費用についても書いているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

ブリティッシュショートヘアの子猫の価格相場は?他の猫と比べて安い?高い?

猫種 価格相場
ブリティッシュショートヘア 10万円〜40万円
ラグドール 12万円〜50万円
スコティッシュフォールド 5万円〜50万円
アメリカンショートヘア 5万円〜30万円
マンチカン 6万円〜80万円
ノルウェージャンフォレストキャット 8万円〜30万円
メインクーン 12万円〜33万円
ロシアンブルー 9万円〜25万円
ベンガル 7万円〜50万円
ペルシャ 10万円〜40万円

まずは、ブリティッシュショートヘアの相場についてチェックしていきましょう!

今回、生後3ヶ月以内の子猫に絞って販売価格を調査したところ、相場は大体10万円~40万円ほどであることがわかりました。

生まれてからの日数が長ければ長いほど価格が下がるので、生後半年以上経過すれば5万円程度で購入できる場合もあります。

また、都心部では30万円前後で販売されることが多いのですが「血統書の有無」「毛色の入り方」によっても価格が変わることがあるようです。

表の通り、他の猫種とも比較してみた結果、10万円〜40万円という価格はごく平均的で、高くも安くもない価格であると言えるでしょう。

ブリーダー&ペットショップで比較!ブリティッシュショートヘアの子猫の価格は?

ペットショップ 価格相場 ブリーダー 価格相場
Coo&RIKU 8万円〜50万円
みんなの子猫ブリーダー
6万円〜40万円
ペットショップのコジマ 14万円〜35万円
ペットショップのアル
8万円〜17万円
平均相場 20万円~40万円
平均相場
15万円〜20万円

ブリティッシュショートヘアはペットショップだけでなく、ブリーダーやキャッテリーから直接購入することもできます。

ただ、ペットショップは店舗という仲介が入る分、直接購入よりも5万円〜20万円程度高値になるのが一般的です。また、入手経路によって注意点も変わってくるので、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました!

ペットショップでブリティッシュショートヘアを購入する場合

メリット
  • すぐに引き取ることができる。
  • ペット保険加入時の手間が省ける。
デメリット
  • 購入費用がかさむ。
  • 飼育環境や親猫を直接見れない。

ペットショップで購入する最大のメリットは、すぐに子猫を引き取ることができるということです!

通常ブリーダーから購入する場合は、相性を確かめるためのトライアル期間などが設けられているため、すぐに家族に迎えるということができませんからね。

また、ペットショップではペット保険加入の手続きを代行してもらえます。資料請求から申し込みまで面倒な手続きが省けるのは嬉しいですね。

一方デメリットとしては、店舗を仲介している分ブリーダーよりも販売価格が高いことが挙げられます。手数料やワクチンの費用、保険料の支払いなども含めると50万円近くかかる場合もあるでしょう。

ブリーダーやキャッテリーからブリティッシュショートヘア購入する場合

メリット
  • 飼育環境を確認できる。
  • ペットショップより安価で引き取ることができる。
デメリット
  • 遠方の施設まで出向かなくてはいけない。
  • 悪質なブリーダーも存在する。

ブリーダーやキャッテリーから購入する1番のメリットとして挙げられるのが、飼育環境や猫の性格などを事前に知ることができることです!

基本的にブリーダーの家に直接出向くので、子猫はもちろんのこと、同居していればその親猫と触れあうことも可能です。

また、価格も15万円~25万円ほどで購入できますので、ペットショップに比べると費用を抑えられるのも魅力的です。

デメリットとしては、個人の家で飼育していることが多いため、ペットショップのようにアクセスがよくありません。場合によっては、県をまたいで会いに行かなくてはならないこともあるでしょう。

また、残念ながらブリーダーの中には利益第一の悪質なブリーダーが存在します。特に「家に来なくてもお譲りできます」というようなブリーダーには要注意です!

飼育環境を知るためにも、できる限り施設に出向いたり、何度もコンタクトを取ったりして良質なブリーダーかどうか判断する必要もありますね。

ブリティッシュショートヘアの成猫なら里親募集の利用もおすすめ!

ブリティッシュショートヘアなら子猫でも成猫でも構わないという場合は、里親制度を利用する方法もあります。

  • 里親制度…やむをえない理由で飼えなくなったペットの新しい飼い主を探す制度のこと。

購入するわけではないので、基本的に生体価格はかかりません。ワクチン代+去勢・避妊手術費用の2万円〜5万円のみなので、費用がかなり安く抑えられます。

ただ、ブリティッシュショートヘアのような人気種では、募集があるのはほとんど成猫のみ。子猫の里親募集は滅多にありません。

また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主と定期的に連絡を取りあったりする必要もあるため、引き取り後の手間も多くなります。

里親募集には条件が細かく設定されていることも多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあります。

里親になりたいと思ったら、まずは募集要項をきちんと確認しておいてくださいね!

ブリティッシュショートヘアの価格は毛色によっても左右される!

ブリティッシュショートヘアといえばモフモフした毛が特徴的ですが、毛色や模様の入り方によっても価格に違いがあるようです。特に次のような猫は、同じ子猫でも割高になります。

  • 毛色がダイリュートキャリコ
  • 毛がハチワレ模様

では、それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう!

毛色がダイリュートキャリコ

ブリティッシュショートヘアーには様々な毛色が存在しますが、中でも「ダイリュートキャリコ」と呼ばれる毛色は価格が高くなります。

  • ダイリュートキャリコ…毛並みの色が薄まりパステルカラーになった三色カラーの猫のこと

ダイリュートキャリコとは、ブルー、クリーム、ホワイトのパステルな三色が混ざったカラーで、写真のように柔らかい雰囲気の毛色です。

元々ブルーの毛色しかなかったのですが、突然変異によりホワイトブルーやダイリュートキャリコが生まれたため、とても希少性が高いと言われています。

そのため、他の毛色よりも10万円程度割高になることが多く、30万円〜40万円で販売されることが多いです。

毛がハチワレ模様

ブルーとホワイト2色が混ざった毛色のブリティッシュショートヘアは、販売価格が安くなる傾向があります。

ただ、その中でも「ハチワレ」と言って、額の部分から口にかけて八の字になるように毛色が分かれている場合は、見た目の愛らしさから価格が高くなります。

一般的なブルーやクリームが15万円〜20万円程度とすると、ハチワレ模様なら25万円〜30万円程度になることが多いでしょう。

ブリティッシュショートヘアの購入から飼育にかかる費用まとめ

実際に、ブリティッシュショートヘアを購入するとなれば、生体価格だけでなくペット用品や病院代など様々な費用が必要になります。

そこで、子猫の購入から普段の飼育にかかる費用をそれぞれまとめてみたので、ぜひ参考にしてくださいね!

ブリティッシュショートヘアを飼うための環境作りに必要な初期費用はいくら?

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

初めて猫を飼う際には、猫が過ごしやすいよう色々なものを準備しておく必要があります!

費用は合計で3万円〜4万円程度、子猫の生体価格も合わせると30万円~40万円ほどは必要になるでしょう。

ケージやキャットタワーは必須ではありませんが、用意しておくと便利です♪

特にケージは、仕事などで家を空ける時間が長いようなら、留守番中の事故を防ぐためにも購入しておくことをおすすめします。

キャリーバッグについても、病院に連れて行く時などに便利なので用意しておきましょう。

病院でかかる治療費や去勢・避妊手術、ワクチン代の目安!

病院代 費用
初診料 500円~1,000円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円
去勢手術 15,000円~20,000円
避妊手術 25,000円~35,000円

猫を飼い始めると、予想外に出費がかさむのがワクチン代や治療費です。

特に子猫のうちは、去勢・避妊手術など病院にかかる機会も増えるので、年間で5万円以上は病院代に消えることも…。

混合ワクチンとは、猫の感染症を予防するために平均で2回~3回接種する必要があります。

子猫を購入する段階で初めの1回は済んでいるはずですので、残りの回数分は病院に連れて行って接種してもらいます。

また、去勢・避妊手術については、病院ごとに金額がかなり違うため注意しましょう!救急対応のある病院は日中の診察の料金が高額になることが多いようです。

予算が知りたい場合は、検査や手術を受ける前に電話で確認しておくのがおすすめですよ!

ブリティッシュショートヘアを飼ったら1年間の費用はいくら必要?

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代(※) 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ペット保険料 24,000円 2,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 127,800円
※ 病院代は年に2回行ったと仮定しています。

あくまで参考ですが、ブリティッシュショートヘアの飼育にかかる年間費用は表の通りになります。

ただ、実際にはもっと病院代等がかかると言われているので、最低でも年間14万円〜15万円程度は必要になると思っておきましょう。

というのも、ペットの医療費は10割負担なのです。愛猫に何かあったときに負担を減らすためにも、ペット保険に加入しておくことをおすすめします!

また、室内飼いでは関係ないと思われがちなノミ・ダニ予防ですが、飼い主さんが外から持ち込んでしまうこともあるので忘れずに予防しておきましょう!

予防薬を何度も購入するよりも、年に1度ワクチンを接種する方が安価で済む場合もありますので、その子に合った対策方法を見つけてあげてくださいね!

【生涯費用】ブリティッシュショートヘアを育てるのに必要なお金はこれ!

生涯費用:210万円~235万円

ブリティッシュショートヘアを飼うためにかかる生涯費用の概算はこの通りです。

生涯費用とは、年間費用×平均寿命に子猫の生体価格+初期費用を加えたものですが、ブリティッシュショートヘアの場合は210万円〜235万円ほどかかると予想されます。

ただ、医療費に関しては猫の体質やかかる病気によっても左右されるので、これ以下になることもあれば、さらに費用がかかることもあるので注意しましょう!

一般的には、高齢になるほど医療費がかさむので、そうなった時にも手放さずにお世話をできるようあらかじめ覚悟しておいてくださいね。

まとめ

ブリティッシュショートヘアを飼うためにかかる費用を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に猫を飼って育てていくには、費用面はもちろんのこと、猫のために費やす時間もかかります。

これから猫を飼いたいならそのことも頭に入れ、飼ったあとは一生涯面倒を見れるようによく検討してくださいね!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る