147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

ブリティッシュショートヘアの子猫の販売価格!ブルーは値段が高い⁉︎

まんまるふわふわとした姿が魅力的なブリティッシュショートヘアを購入したい!実際に飼うにはどのくらいかかるのでしょうか?

ニシ教授
新しく猫を飼うには色々と準備にお金がかかりそうじゃ!事前にチェックしておくのがいいじゃろう!

今回はブリティッシュショートヘアの価格の相場から、実際に暮らすために必要なもの、生涯どのくらいの費用がかかるかを詳しく解説していきます!

ブリティッシュショートヘアの子猫・成猫の販売価格や値段の相場はいくら?


まずは、実際ブリティッシュショートヘアの子猫、成猫がどのくらいの価格で販売されているかをチェックしていきましょう!

販売価格の相場は次のようになります。

子猫 18万円~30万円
成猫 10万円~15万円

子猫の販売価格は18万円~30万円となり、成猫では10万円~15万円ほどとなります。

子猫の値段は都心部では30万円前後での販売が多く、価格は「血統書付きがどうか」「毛色の入り方」などで左右されることがあるようです。

成猫の価格は販売店などにより異なりますが、一般的に生後6ヵ月を過ぎたあたりから価格が下がる傾向にあります。

1歳を超えている子では10万円を切って販売されることもあるようです。

ブリティッシュショートヘアの販売場所はブリーダー?ペットショップ?それとも里親?値段や価格の差はある?


ブリティッシュショートヘアを飼う際には、ペットショップだけでなく、ブリーダーやキャッテリー、里親になることを検討する方もいるでしょう。

どの手段で購入するかによっても、メリット・デメリットがありますのでそれぞれ見ていきましょう!

ペットショップで購入するメリット・デメリットは?

ペットショップで購入するメリット

  • すぐに引き取ることができる!
  • ペット保険加入時の手間が省ける!

ペットショップで購入するメリットとして挙げられるのはすぐにブリティッシュショートヘアの子猫を引き取ることができるということです!

通常、ブリーダーや里親募集では子猫を飼うための審査や、相性を確かめるためのトライアル期間などが設けられているため、すぐに家族に迎えるということができません。

また、自分で資料請求したりなど難しい手続きをふまずに、ペットショップの方で保険加入を代行してもらえるのもメリットとしてあげられます。

ペットショップで購入するデメリット

  • 購入費用がかさむ!

デメリットとしては、販売価格が高いため、購入の費用がかさむ点が挙げられます。

先ほど販売価格について触れましたが、ペットショップによって販売価格が異なり、都心であれば30万円~40万円はかかると思っておいた方がいいでしょう。

購入時には手続きにかかる手数料やワクチンの費用、保険料などの支払いもあるので50万円近くかかってしまう場合もありそうですね。

ブリーダーやキャッテリーから購入するメリット・デメリットは?

ブリーダーから引き取るメリット

  • 飼育環境を確認できる!
  • ペットショップより安価で引き取ることができる!

ブリーダーやキャッテリーから購入する1番のメリットとして挙げられるのが、飼育環境や猫の性格などを事前に知ることができることです。

ブリーダーなどから購入する場合は基本的にブリーダーの家に行き、実際にどのような環境で飼育しているのか、子猫と触れあったり性格を事前に知ることができます。

その子猫の健康状態や同居していれば親猫と触れあうこともできます。ペットショップや里親では確認できない場合もあるのため、購入を検討する際の大きなメリットと言えますね。

また、価格も15万円~25万円ほどで購入できますので、ペットショップに比べると費用を抑えられるのも魅力的です。

ブリーダーから引き取るデメリット

  • 近くにブリーダーさんがいない場合も!
  • 悪質なブリーダーに注意!

デメリットとしては、ブリーダーやキャッテリーなどは個人の家であることが多いため、ペットショップのようなすぐに行ける環境ではないことが挙げられます。

住んでいる地域にブリーダーがない場合には、県をまたいで会いに行かなくてはならないこともあるので注意しておきましょう。

また、残念ながらブリーダーの中には利益第一の悪質なブリーダーが存在します。

「家に来なくてもお譲りできます」というようなブリーダーには要注意です。

飼育環境を知るためにもできる限り家まで出向き、また、何度もコンタクトを取って良質なブリーダーかどうかの判断をする必要もありますね。

里親になることのメリット・デメリットは?

里親になることのメリット

  • 引き取りにかかるお金は2万円~5万円!

里親になることの1番のメリットは費用が安く済むことです。

里親として引き取る場合は、今までかかったワクチン代や去勢等手術費用のみ負担で済むため、2万円~5万円ほどで飼い始めることができます。

里親になることのデメリット

  • 子猫の里親募集がほとんどない!
  • 成猫を引き取るときには苦労もある!
  • 引き取り条件が厳しい!

デメリットとしては、ブリティッシュショートヘアの子猫の里親募集がかなり少ないことが挙げられます。

子猫の里親募集の割合としては10匹のうち1匹いるかいないか程度です。

里親募集でブリティッシュショートヘアを受け入れる場合は成猫であることが多く、新しく生活を始めるときには苦労してしまうこともあるため理解も必要です。

また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主と定期的に連絡を取り猫の様子を報告する必要もあるため、引き取りの手間も多くなります。

里親募集には条件が細かく設定されていることが多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあります。

里親を検討するなら内容をきちんと確認しておくといいでしょう。

ブリティッシュショートヘアは人気カラーのブルーやクリームだと販売価格は高い?


ブリティッシュショートヘアといえばブルーの毛色が特徴的なイメージがありますよね。しかしブルーの毛色だから販売価格が高くなるというわけではありません。

販売価格が変動する条件としては、次のようなことが挙げられます。

    販売価格が変動する条件

  • 両親がチャンピオン猫
  • 毛色がダイリュートキャリコ
  • 毛色が斑や一定色でない

それぞれ詳しくみてきましょう!

両親がチャンピオン猫

ブリティッシュショートヘアの中でも、両親がチャンピオン猫の場合は値段が非常に高くなります。

  • チャンピオン猫…キャットショーで純血種のタイトルを得た猫のこと

血統の良さ、毛並みの良さや瞳、体形など様々な面から審査され、規定のポイントを得た猫にチャンピオンのタイトルが与えられます。

そのため、チャンピオン猫の血を受け継いだ優秀な血統を持つ子猫には高い値段が付き、両親共にチャンピオンの場合は50万円以上に値上がりすることもあるようです。

毛色がダイリュートキャリコ

毛色がダイリュートキャリコのブリティッシュショートヘアも同じく高値がつくと言われています。

  • ダイリュートキャリコ…毛並みの色が薄まりパステルカラーになった三色カラーの猫のこと

ダイリュートキャリコの場合は、ブルー、クリーム、ホワイトのパステルな三色となり、見た目も柔らかな色が印象的です。

ブリティッシュショートヘアは元々ブルーの毛色しかなく、この遺伝子によってホワイトブルーやダイリュートキャリコが生まれたため、とても希少性が高いと言われています。

その希少さからも平均して30万円以上の値段がつくようです!

毛色が斑や一定色でない

ブルーの毛色に一部だけクリームが混ざっていたり、ところどころで色の違うブリティッシュショートヘアでは、販売価格が安くなる傾向があります。

また、ブルーの中でも比較的黒に近い毛色でも、価格が下がることがあるようです。

そのような場合には通常よりも安く、都心部でも18万円~22万円ほどで売られていることが多くあります。

ブリティッシュショートヘアを飼うための環境作りに必要な初期費用はいくら?


初めて猫を飼う際には、猫ちゃんが過ごしやすいように色々なものを準備しておく必要がありますよね!

実際にブリティッシュショートヘアを迎え入れることになった場合に必要なアイテムと、その値段をリストアップしてみました!

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

ケージやキャットタワーなど、必ずしも初めから必要ではないものもありますが、用意しておくと便利ですよ♪

特にケージは仕事などで家を空ける時間が長いようなら、子猫の安全のために購入しておくことをおすすめします。

同じくキャリーバッグも引き取りの際や、飼い初めのうちは病院にかかる機会も多くなるので、準備しておくようにしましょう!

これらの準備にかかる費用とブリティッシュショートヘアの購入にかかる費用を足すと、初期費用は30万円~40万円ほどかかることになります。

病院でかかる治療費や去勢・避妊手術、ワクチン代はこれくらいかかる!


飼い始めはワクチンや去勢手術など、病院にかかる機会も増えますよね。

早いうちに病院で診てもらうことになる項目と、その費用を次の表にまとみてみましたのでチェックしておきましょう!

病院代 費用
初診料 500円~1,000円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円
去勢手術 15,000円~20,000円
避妊手術 25,000円~35,000円

混合ワクチンは1ヵ月に1度、全体で2回~3回接種する必要があります。

ほとんどの場合は初めの1回は済んでいるはずですので、残りの回数分は病院につれていき打ってもらうことになります。

また、ワクチン1回につきかかる金額は何種混合されているかによって変わります。何種混合のワクチンを打つのかは事前に確認しておくのがいいでしょう。

去勢手術や避妊手術については、病院ごとに金額がかなり違うため、同じ診察内容でも金額が倍かかる場合もあります。

普通の診察であっても、救急対応のある病院は日中の診察の料金が高額になることが多いようです。

事前に電話などで金額を教えてもらうことができるため、検査や手術などを受ける場合は確認しておくといいかもしれませんね。

ブリティッシュショートヘアを飼ったら1年間の費用はいくら必要?


年間でかかる飼育費用は次の通りになります。参考までにチェックしてみてください!

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ペット保険料 24,000円 2,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 127,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

みーちゃん
1年間でこんなにお金がかかってるのね!セレブ猫みたい♪
ニシ教授
わしのような老体になるともっとセレブおじになれるぞ!

1年間にかかる費用はおおまかにこのようになります。

実際にはもっと病院代等がかかることになるので、これ以上に費用がかかってくることになります。

ペットの診療代は10割負担なので、人間が病院にかかるのに比べて診療代が高額になってしまいます。

愛猫に何かあったときに負担が少なくて済むためにも、ペット保険に加入しておくことをおすすめします!

また、室内飼いでは関係ないように思われがちなノミ・ダニ予防ですが、飼い主さんが知らず知らずに持ち込んでしまうことも多々あるので忘れずに予防しておきましょう!

予防薬を何度も購入するよりも、動物病院で年に1度ワクチンを接種する方が安価で済む場合もありますので、その子に合った対策方法を見つけてあげてくださいね!

【生涯費用】ブリティッシュショートヘアを育てるのに必要な値段はこれ!


ブリティッシュショートヘアを飼ったときに、生涯かかる費用の概算は次のようになります。

生涯費用:210万円~235万円

かかる費用の内容は、「初期費用」+「年間費用×寿命(12年~15年)」+「病院の費用」となり、210万円~235万円ほどかかることが予想されます。

病院でかかる診察料等は、もちろん一生涯病気知らずで生きた猫ちゃんとそうでない子によっては違いがあり、かかる病気によっても負担に差があります。

また、迎えた子が全て先ほど記載した年間費用に当てはまるとは限りません。

それより少ないこともありますが、年齢が上がるにつれて毎年かかる費用の負担は増えることの方が多いでしょう。

金銭面で負担が大きいからと手放すことのないよう、生涯一緒に暮らすためには少なくても200万以上の金額がかかることはあらかじめ心に留めておいてくださいね。

まとめ

ブリティッシュショートヘアを飼うためにかかる色々な費用をみていきましたが、いかがでしたか?

想像よりも安く感じた方も、高いと感じた方もいるかもしれませんね!

実際に飼って育てていくには費用面ももちろんですが、猫ちゃんのために使う時間もたくさんかかっていきます。

これから猫を飼うという方はそのことも頭に入れ、飼ったあとは一生涯面倒を見れるようによく検討してくださいね。

この記事のURLをコピーする