アビシニアンの価格相場はどれくらい?人気のブルーや子猫の値段は?

気品ある容姿に人懐っこい性格。魅力いっぱいのアビシニアンとの暮らしを始めようとした時、まず必要なのは購入費用です。とても現実的な話ですが、望みを叶えるために避けては通れない問題ですよね。

ニシ教授
希望の猫を納得のいく値段で手に入れるためには、価格相場を知っておくことが大事じゃぞ。

また、アビシニアンを飼うことが決まれば、一時的な費用だけでなく、当然その後も継続してお金がかかってきます。一体いくらぐらいの予算を用意すればよいのか、考えていきましょう!

アビシニアンの子猫と成猫の値段や価格相場はいくら?

なんといっても第一に考えなければならないのが、猫そのものの値段です。あなたが飼いたいと思っているのは、小さくてかわいい子猫でしょうか?それとも、落ち着いた成猫が希望でしょうか?

子猫と成猫それぞれの価格相場はこのようになっています。

子猫 成猫
5万円~30万円 5千円~15万円

成猫に比べると、子猫の方が高くなっていますね。

人気の高いアビシニアンは日本で流通している頭数が比較的多く、取り扱っているブリーダーも多く存在しています。ですから、最寄りのペットショップのほか、ブリーダーで探すことも可能です。

では、両者の価格相場を比較してみましょう。

ペットショップ ブリーダー
15万円~30万円 5万円~20万円

ブリーダーだとペットショップより安価な価格相場となっています。

どうでしょう?自分の考えていた予算内におさまりそうでしょうか?

ニシ教授
おや。なんだか顔色がすぐれないが、気分でも悪いのかね?
みーちゃん
うーんうーん。数字を見ると頭が痛くなっちゃう!

アビシニアンの値段の違いは何で変わる?価格の違いを徹底解説!

しかし、5万円と30万円とでは大きく値段が違います。5万円で購入できるかもしれないのに、「このアビシニアンは30万円です」なんて言われると、なんだか納得いきませんよね。

なぜこんなにも値段の違いが生じてくるのでしょうか?

月齢が高くなるごとに価格は下がっていく

まったく同じアビシニアンでも、ペットショップやブリーダーを訪ねる時期が違っていれば、値段が変わっているかもしれません。一体なぜなのでしょうか?

それは、例えば1ヶ月後に行けばその分猫も1ヶ月分成長しているためなんです。同じ条件の猫であっても、月齢が高くなるほどに価格は段階を追って安くなっていきます。

ただし、もちろんその期間中にほかの人が猫を気に入って購入したいと思えば、それを制止するわけにはいきません。ですから、心惹かれるアビシニアンを納得の価格で購入できるかどうかは、タイミングや運によるところもあるのですね。

アビシニアンの4つの毛色!高くなりがちなのはブルー

アビシニアンには主に4つの種類の毛色があります。原種のイメージに近いルディ、暖かみのあるカラーのレッド、柔らかな色合いのフォーン、そしてどことなく神秘性を漂わせるブルーの4種です。

どのカラーのアビシニアンも魅力的なのですが、やはり人気の度合いは毛色によって多少異なります。

中でも今人気を集めているのが、クールなブルー。高貴なイメージの外見はもちろん、甘えん坊で人懐っこい性格とギャップが激しいところにも人気の理由があるようです。

ブルーや続いて人気のルディは、ほかの毛色より1万円ほど高い値段設定とされています。更にブルーは、4種の中で希少であるという点も影響して、価格が高くなりがちなんです。

ブリーダーでも血統のよいアビシニアンは高め

仲介業者を経ているペットショップよりも、生まれ育った猫をそこで販売しているブリーダーの方が価格は低めです。

ただ、アビシニアンという猫種にこだわりを持って、毛並みや顔立ち、スタイルを追求しているブリーダーの場合、思いのほか値段が高くなることもあります。

わかりやすい目安としては、血統書がついているアビシニアンや、キャットショーなどで受賞歴がある優良な親から生まれた子など。

こういったアビシニアンを望むなら、相場よりかなり高額な支払いと考えなければいけません。

アビシニアンはどこから買うのが一番いいの?そのメリットデメリットは?

ペットショップでもブリーダーでも、個体や条件によって猫の値段はかなり変わってきます。それにもう1つ、里親制度を利用するという方法も選べます。

結局のところ、アビシニアンを入手する場所はどこが一番よいのでしょうか?それぞれの購入手段についてメリットデメリットを整理してみましたので、参考にしてください。

手軽にアビシニアンを買える!ペットショップ

ペットショップ利用の最大のメリットは、気が向いた時に立ち寄りやすいということ。ペットショップの場所によっては通勤途中や買い物の合間に覗いてみることができ、納得がいくまで通うのも自由です。

購入の際にクレジット払いができる可能性も高く、値段の分だけポイントが貯まるのも利点です。

また、アビシニアンを連れ帰る時には、すぐにでも必要となる餌入れや首輪、トイレ用品なども一緒に購入できるでしょう。

デメリットとしては、ペットショップに並んでいるのはおおむね子猫で、成長後の姿がわかりにくいこと。早くから親兄弟と別れた猫だと、十分に社会性を学んでいないゆえの性格の欠点が後からわかってくるかもしれません。

月齢によって値段が下がっていたとしても、反面、長くショーケースで暮らしていたがために、見えないストレスを抱えていることも考えられます。

健康状態に安心感のあるブリーダー

ネットが利用できる現代、アビシニアンを育てているブリーダーを探すのも難しくはありません。

ただ、ショッピングセンターや商店街に見つけられるペットショップに比べると、実際に猫と会うまでの時間や手間はかかってしまいがちです。事前に問い合わせることが必要であり、更に場所が遠ければ、そう簡単に何度も通うわけにはいかないでしょう。

しかし、飼いたい猫はアビシニアン!ともう心が決まっているなら、さまざまな猫種が一同に並んでいるショップよりも専門に取り扱っているブリーダーの方が選べる猫は多いはず。

血統を重視する人にもブリーダーがおすすめです。

また、親や兄弟の状態を見て、成長後を想像することができ、健康状態を判断することもできるでしょう。良心的で知識の豊富なブリーダーなら、購入後のアドバイスももらえるかもしれません。

落ち着いた成猫を迎え入れやすい里親制度

里親募集しているアビシニアンを見つける、というのも入手方法の1つです。

大きなメリットとしては、多くの場合猫自体の価格が設定されないこと。必要なのは、ワクチン接種の費用(5,000円程度)や去勢、避妊手術の費用(2万円程度)だけということが多いので、金銭面の負担が抑えられます。

といっても、里親で募集されているのは多くが成猫。どうしても子猫がほしいという人は見つけるのに時間や根気がいるかもしれません。

子猫ならではのかわいらしい時を一緒に過ごすのもよいですが、好奇心いっぱいでやんちゃなところがあるアビシニアンだと想像以上の活動に戸惑うことも。逆に成猫を迎えることによって、初めから落ち着いた猫との暮らしを楽しめるのではないでしょうか。

興味のある人は、ネットで検索するほか、地域情報誌や動物病院の掲示コーナーをチェックしてみてくださいね。

アビシニアンを飼う際に必要な初期費用や値段はいくら?

さて、待望のアビシニアンを自宅に迎え入れたとしましょう!

生きている動物である以上、これから快適な生活を送るための環境を飼い主さんが整えてあげる必要があります。そのためにかかる諸費用がこちらです。

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

生きていくのに不可欠なフード

キャットフードや容器は飼い始めたその日から必要になってきます。

フードは、猫に必要な栄養がバランスよく入っているものを利用するのがおすすめです。猫の健康を維持するためにドライフード、ウェットフードどちらにしても、総合栄養食と表示されているものを選びましょう。

  • 総合栄養食…猫の健康や成長に必要な栄養を満たして主食となりうるもの。世界的な基準の試験をクリアしています。

容器は、餌と水それぞれに用意します。陶器や金属、プラスチック製などさまざまな種類があるので、好みのものを選んでも似た形の食器で代用してもかまいません。

安定感があるもの、特に子猫の場合、体のサイズにちょうどよい深さ、大きさが選ぶポイントです。成長とともに適した大きさの容器に変えてあげてください。

トイレの準備も忘れずに!

排泄物を本能的に砂で隠す習性のある猫には、専用のトイレを準備します。

容器に猫砂を敷くのが基本的な形です。トイレ本体はシンプルなタイプのほか、砂が飛び散らないフード付きのものやおまるタイプのもの、猫砂は、紙や鉱物、木、おからなどさまざまな素材タイプから選べます。

重さやニオイ、処理の仕方、値段が違うので、続けて使うのに負担のないものを用いましょう。

一方、底がすのこ状になっているシステムトイレは、猫砂に加えてペットシートも使います。一見負担が増すようですが、結果的に処理の頻度やニオイ、かかる費用などは抑えられるので、おすすめです。

そのほか少しずつ揃えていけばよい猫用品

ほかのものは徐々に揃えていけば大丈夫です。

爪とぎをするのも猫の習性なので、壁や家具が傷つけられる前に爪とぎグッズと爪切りを買っておきましょう。

短毛のアビシニアンは過度にブラッシングする必要はありませんが、短毛に適したラバーブラシなどで適度な回数行っていくと、より美しい毛並みを保てます。

爪切り、ブラッシングともに小さなうちから慣れてもらうと後が楽なので、早めに始めましょう。

また、新しい環境でリラックスしてもらうためには、猫用のベッドやおもちゃを用意してあげたいですね。活発に動くアビシニアンは、キャットタワーを設置しておくと喜んで使用してくれるでしょう。

いずれ病院に行く時などに使用するキャリーバッグも必要です。そのほか、ケージ、消臭アイテムなどは、同居する家族や動物との関係から、必要があれば購入しておきましょう。

つまりこれだけの初期費用がかかる

猫の生体代にこの諸費用を加えたものが、アビシニアンを飼う際にかかる初期費用です。アビシニアンが平均価格の14万円だとして計算してみましょう。

初期費用は?

140,000円+35,700円=175,700円

つまり、これだけの費用があれば、いつでもアビシニアンを飼い始められる!わけですね。

みーちゃん
私はトロっとペーストになってるおやつが好き!まぐろ味もいいけど、ささみ味も捨てがたいな。教授はどう?
ニシ教授
うむ、あれはなかなかじゃ。いや、そうじゃなくて、計算はできたのかね?
みーちゃん
え~~っと。だから、計算とか苦手なんだもん。

アビシニアンを飼った時の病院代や去勢・避妊手術やワクチンの値段はいくら?

愛猫となったアビシニアンの健康を守るためには、動物病院とお付き合いしていく必要があります。特に、猫を迎えて初めての年には何度か足を運ばなければいけません。その病院にかかる費用がこちらです。

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

初めてのワクチン接種は複数回必要

ワクチン接種は猫の感染症を防ぐために行います。特に感染力の強いワクチンを組み合わせた3種混合ワクチンのほか、その上にワクチンの種類を増やした4種や5種、7種混合ワクチンなどがあります。

例え室内飼いであっても、飼い主さんがウィルスを持ち帰る機会がないとも限りません。少なくとも3種混合ワクチンを接種しておくのが望ましいですね。

適したワクチンの種類や数は、外出可能や多頭飼いであるなど、そのアビシニアンを飼育する環境によって違ってくるので、動物病院で相談してみてください。

初めてワクチン接種をする場合は、しっかりと免疫をつけるために1ヶ月の間隔をあけて2回目の接種を行います。その後は1年に1回の接種が一般的です。

将来を考えて去勢、避妊手術を選択

飼い始めた猫に子供を産ませる予定がないなら、発情期を迎える前に去勢、避妊手術を行っておきましょう。メスは6ヶ月頃、オスは7、8ヶ月頃が目安です。

手術を受けておくことで、発情期の猫自身のストレスや問題行動を避けられ、また生殖器官に関わる病気の予防にも繋がります。

それぞれ病院に支払う費用は上記の通りですが、手術費用に補助制度のある自治体も多く、規定に応じた助成金が受けられます。動物病院に問い合わせるか、自治体のホームページでチェックしてみてください。

みーちゃん
んもーう。今日は私の苦手な話ばっかり!
教授
注射や病院が苦手なのはわかるが、猫が元気に過ごすためには大事なことじゃぞ。

アビシニアンを飼育するのに必要な必需品の値段と年間費用!

仲良くなったアビシニアンとはできるだけ長く一緒の時を過ごしていきたいものですね。

そのためにはどうしてもかかる費用を確保しておかなければなりません。アビシニアンを継続して飼育していくのに必要な年間費用は次のように考えておきましょう。

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。

餌や猫砂、爪とぎ、ノミ・ダニ予防薬などはコンスタントに必要となってくるものです。それに、時には猫のお楽しみのためにおやつやおもちゃも買ってあげたいですよね。

病気の予防や早期発見のためには、年1回のワクチン接種に加え、健康診断を受けておくのがベストです。

思いがけないケガや病気は、猫の体だけでなく臨時の出費の心配もしなければいけません。

また、ほかに臨時に必要なものとして考えられるのは、ペットホテル代。

飼い主さんが旅行する機会があれば、猫を預けるための費用が別に必要となります。例えば、2泊3日だとして6,000円程度の金額です。

アビシニアンを育てるための生涯費用はいくら?

このように考えていくと、アビシニアンを育てるための生涯費用が大体わかってきます。

アビシニアンにかかる生涯費用は?

123万円~167万円

生涯費用を算出するには、初期費用に病院費用をプラスし、更に年間費用に寿命をかけたものを加えます。アビシニアンの平均寿命は、10歳~14歳と言われているので、これを当てはめて計算してみましょう。

費用 最低額 最高額
初期費用 175,700円 175,700円
病院費用 25,200円
(オス、3種混合ワクチン)
37,700円
(メス、7種混合ワクチン)
年間費用×寿命 103,800円×10年=
1,038,000円
103,800円×14年=
1,453,200円
生涯費用 1,238,900円 1,666,600円

具体的な数字を見ると、「随分高いなあ」という印象を持たれるかもしれません。もちろん、よりよい餌や上質なグッズなどを揃えるのは自由なので、これ以上にかかることも考えられます。

生涯費用は、猫の寿命や健康状態のほか、飼い主さんの考え方によっても変わってくるので、愛猫の快適な暮らしを守りながら工夫してみてくださいね。

みーちゃん
ええ~っ、高いのかなあ?私の飼い主さんは、1億円でも私を売れない!っていつも言ってるけど!
教授
ほうほう。キミは幸せじゃのう。
まとめ

アビシニアンを自宅に迎えた後の暮らしを具体的に想像できたでしょうか?最初に大きくかかる費用や年ごとにかかるこまごまとした出費、総合すると、123~167万円ものお金が出ていくことになります。

アビシニアンが欲しいという一時的な感情だけでなく、猫の生涯に責任を持つためにも現実的なお金という問題をしっかりと意識しておくことが大切です。

予想の金額に納得したなら、素敵なアビシニアン探しに向かいましょう!支払うお金以上のとても大きな喜びや癒しが待っているはずですよ。

この記事のURLをコピーする