147商品のキャットフードを徹底比較「キャットフード大学」

スコティッシュフォールドの販売価格と値段の違い!立ち耳だと安い⁉︎

猫の中でもとても人気の高いスコティッシュフォールド。ペットショップでもよく見かけるので、名前を知っている人がほとんどではないでしょうか?

ニシ教授
スコティッシュフォールドは他の猫にはない特徴的な見た目で多くのファンを集めているんじゃ!

今回はスコティッシュフォールドはどこで飼うのがいいのか、価格の比較や飼うことによってかかる費用や値段など、お金にまつわる疑問を徹底解説します!

スコティッシュフォールドの子猫と成猫の値段、販売価格の相場はどれくらい?


スコティッシュフォールドを購入する前に、1番チェックしておきたいのはどれくらいの価格で買えるのか?というところではないでしょうか?

ペットショップなのかブリーダーなのか、子猫なのか成猫なのかでも値段に違いがありますが、それぞれの平均的な販売価格は次のようになります。

ペットショップ ブリーダー 里親
子猫 16万円~25万円 10万円~20万円 1.5万円~2万円
成猫 10万円~18万円 7万円~13万円 2万円~4万円

どこで買うかによって結構値段に違いがありますよね!では、それぞれ見ていきましょう!

ペットショップ・ブリーダーから購入

あとに詳しく説明しますが、スコティッシュフォールドは耳が折れているか、立っているかでかなり販売価格に差があります。

ペットショップでは比較的折れ耳の子猫を取り扱っていることが多いため、折れ耳は20万円前後で購入することが可能です。

しかしブリーダーでは、立ち耳が10万円前後で取引されているのに比べ、折れ耳では30万円以上する子も多く見かけます。

基本的にはペットショップで購入するよりブリーダーの方が安いですが、スコティッシュフォールドはブリーダーで購入する方が価格が高くなることもあります。

そのため、事前にどちらの価格もチェックをしておくようにしましょう!

里親として迎え入れる

里親として迎え入れる場合は、猫ちゃん自体にお金はかかりません。

引き取るまでに打ったワクチン代や去勢代、何か治療する病気があった場合にはその費用などが実際に支払う費用となります。

里親募集では子猫はまだ去勢をしてないことが多いため、引き取る際の値段は安くなる傾向にあります。

しかし実際に子猫の里親募集を見つけるのはかなり難しいです。

子猫は募集件数自体あまりなく、そのうえ人気が高いので募集があってもすぐに里親が決まってしまいます。

里親募集はどちらかというと、子猫ではなく成猫を飼いたいという方におすすめできる購入方法といえますね。

スコティッシュフォールドの値段の違いはこの4つで決まる!


スコティッシュフォールドは様々な特徴の違いで販売価格が異なる場合があります。どのような特徴があるのかチェックしておきましょう!

折れ耳・立ち耳

スコティッシュフォールドといえば特徴的な折れ耳を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

実は生まれたばかりのスコティッシュフォールドはみんな立ち耳なのです!

生後3週間から1ヶ月程度で徐々に耳が折りたたまれていきますが、遺伝的に折れ耳になるのは全体の3割程度だと言われています。

折れ耳のイメージが強いスコティッシュフォールドですが、10匹生まれて折れ耳になるのは3匹程度。

そのため、希少価値の高い折れ耳の子猫は、立ち耳の子猫に比べて高値で販売されているようです。

ショートヘア(短毛)・ロングヘア(長毛)

折れ耳と同じように短毛種のイメージが強いスコティッシュフォールドですが、長毛タイプも存在します。

一般的には短毛の子が多く、長毛の子が産まれるのは珍しいとされています。

そのため、長毛種の方が高値で販売される傾向にあります。

毛色

スコティッシュフォールドは毛色による値段の違いはほとんどないと言われています。

しかし、ペットショップによっては、キャリコのスコティッシュフォールドの値段が高めに設定されているところもあるようです。

  • キャリコ…一般に黒、赤(茶)、白の3種類入った斑柄のこと

キャリコのスコティッシュフォールドは他の毛色に比べて珍しいと言われており、そのため販売価格が高くなる傾向があります。

血統書の有無

血統種の中でも血統書がついている子とそうではない子が存在します。

血統書が付いている猫は血統書の発行に手数料がかかっているため、血統書のない猫よりも値段が高くなります。

また、血統書を取得するためには定められた厳しい水準をクリアする必要があり、それだけで価値も上がるのです。

ちなみに血統種であれば購入時に血統書がついていなくても、血統書の申請をすることができます。その際には飼い主さんが手数料を払って発行することになりますね。

みーちゃん
あたしもお嬢様だからお高いのよ♪
ニシ教授
ほう。おてんば具合はとてもお嬢様とは思えぬな…。

スコティッシュフォールドを買うならペットショップ、ブリーダー、里親、どこがいいの?


スコティッシュフォールドはどこで購入するのがいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットをチェックしておきましょう!

ペットショップで購入するメリット・デメリットは?

ペットショップで購入する1番のメリットはすぐにスコティッシュフォールドの子猫を迎えられるということです。

ペットショップで購入する場合は手続きをしてすぐ一緒に家に帰ることができます。

また、ペットショップでの購入時にはペット保険への加入をおすすめされます。

自分で資料請求したりなど難しい手続きをふまずに、ペットショップの方で保険加入を代行してもらえるのもメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、購入費用が高いことがあげられます。3つの購入方法のうち1番購入費用がかかるのがペットショップでの購入です。

また、ペットショップでの購入は出生元がはっきりしていない場合も多く、持病の確認ができない可能性があるのも要注意です。

ブリーダーやキャッテリーで購入するメリット・デメリットは?

ブリーダーやキャッテリーで購入するメリットは出生元がはっきりしているということです。

スコティッシュフォールドの折れ耳は元々軟骨の形成異常でなったものなので、「遺伝性骨形成異常症」という先天的な病気を持って生まれてくる子が多いと言われています。

  • 遺伝性骨形成異常症…軟骨異常が耳以外の場所に発症する病気のこと

そのため親猫もはっきりしており、持病があるかも事前に知ることができることがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、ブリーダーの中には、禁止されている折れ耳同士のスコティッシュフォールドの交配を行っている人もいるということです。

ブリーダーから購入を検討する場合にはブリーダー選びにも手を抜かないようにしましょう!

里親募集から探すメリット・デメリットは?

里親になることのメリットは費用が安く済むことが挙げられます。

子猫を引き取る場合であれば、今までかかったワクチン代や去勢等手術費用のみ負担で飼い始めることができます。

デメリットとしては、スコティッシュフォールドの子猫の里親募集がかなり少ないことが挙げられます。

また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主に定期的に猫の様子を報告する必要もあるため、引き取りに関する手間が多いのもデメリットのひとつです。

里親募集には条件が細かく設定されていることが多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあるので、里親を検討するなら確認しておくといいでしょう。

スコティッシュフォールドを初めて飼う時に必要な物とその値段は?


初めて猫を飼う場合に揃えておくマストアイテムと、かかる費用がどのくらいなのかチェックしていきましょう!

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

こちらが揃えておくと便利なアイテムの一覧になります!

この中でも、ケージは1日のうち家に人がいなくなることがほとんどない家庭であれば用意しておかなくてもいいでしょう。

仕事などで家を空ける時間が長いようなら、子猫の安全のためにもゲージを購入しておくことをおすすめします。

同じくキャットタワーも絶対なくてはいけないということはありませんが、用意してあげると猫ちゃんも喜んでくれますよ♪

猫砂に関しては、日常的に使うものなのでネットでまとめて購入しておくと1つあたりの価格を抑えられるためお得です!

スコティッシュフォールドの病院代はいくら?去勢・避妊手術、ワクチン接種などでかかる値段は!


子猫を迎えてすぐのうちは動物病院へ連れて行く機会も多くなります。一般的にワクチンや去勢などでかかる費用は次の通りです。

病院代 費用
初診料 500円~1,000円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円
去勢手術 15,000円~20,000円
避妊手術 25,000円~35,000円

初めて病院でペットを診てもらう場合には必ず初診料がかかります。

初診料は500円ほどで済むところがほとんどです。高くても1,200円程度には収まるでしょう。

混合ワクチンは全体で2回~3回接種する必要があるため、表の金額が回数分かかります。

混合ワクチンを接種することで未然に防げる病気も多くあるため、必ずワクチンの接種に連れていってあげましょう!

去勢手術や避妊手術の費用は病院によって大きく金額に差が出ます。

夜間や救急対応のある病院は日中の診察も料金が高額になる傾向があり、同じ診察内容でも支払う金額が倍以上違うことも!

検査や手術で大きな出費が出そうなときは、事前に動物病院にどのくらいかかるのか問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

スコティッシュフォールドを飼育するには1年間にどれくらいの費用が必要?


では実際に1年間でどのくらいの費用がかかるのでしょうか?目安を表にしましたのでチェックしてみてください!

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ペット保険料 24,000円 2,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

こちらが毎年スコティッシュフォールドにかかる費用になります。病院にたくさんかかった場合にはこれ以上に費用が発生することもあるかもしれませんね。

室内飼いだとノミ・ダニ予防は関係ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、室内飼いでもできるだけ予防しておくことをおすすめします!

予防薬を何度も購入するよりも、動物病院で年に1度ワクチンを接種する方が安価で済む場合もありますので、その子に合った方法で対策をしてあげましょう!

また、ペットの診療代は10割負担なので、人間が病院にかかるのに比べて診療代が高額になってしまいます。

愛猫に何かあったときに病院代の負担を減らすためにも、ペット保険の加入を検討してみてくださいね!

スコティッシュフォールドの生涯費用はこれくらい


スコティッシュフォールドを飼うことになった場合、生涯かかる費用は概算で次のようになります。

生涯費用:210万円~235万円

かかる費用の内容は、「初期費用」+「年間費用×寿命(12年~15年)」+「病院の費用」となり、生涯210万円~235万円ほどかかることが予想されます。

病院でかかる診察料等は、もちろん一生涯病気知らずで生きたスコティッシュフォールドとそうでない子では違いがあり、かかる病気によっても負担に差があります。

生涯費用が表より少なくなることもあるかもしれませんが、ほとんどの場合はもっと費用がかかることになるでしょう。

年齢が上がるにつれて毎年かかる費用も増えていきます。

金銭面で負担が大きいからと手放すことのないよう、生涯一緒に暮らすためには少なくても200万以上の金額がかかることはあらかじめ心に留めておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?単純に費用だけ見ていると意外とこれしかかからないの?と思う方もいるかもしれませんね。

病院にかかる費用などは実際にかかってみると想像以上にお金がかかった!ということがほとんどなので、事前の心構えもしておいてくださいね。

ペットといえども立派な家族です。飼ったあとは一生涯面倒を見れるように、費用も含めてよく検討してから飼うようにしましょう!

この記事のURLをコピーする

キャットフード選びに迷ったらどうしたら良いの?

キャットフード大学では、巷で売られている人気のキャットフード147商品をピックアップし、成分分析した上で、最も愛猫にとっておすすめなものをSランク~Fランクの7段階で格付けし公開しています。

もし今現在「どのキャットフードが猫の体にとってホントに安全なんだろう…?」そんな風に思っているのであれば、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【全147商品】キャットフードの総合ランキングを見る