147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

【画像あり】猫の寝相に隠された真実…!悪い寝相の心理や気持ちは!

飼っている猫が変な体勢で寝ている姿をよく見かけませんか?すごく寝づらそうなのにどうしてその寝相なんだろう…と思ってる飼い主さんも多いはず!

もしかするとその寝相は猫の心理状態を表しているのかもしれませんよ!

ニシ教授
ついつい写真を撮りたくなるような変な寝相の猫がたくさんいるようじゃ!

今回は猫が変な寝相で寝ているわけを画像と共に解説していきます!

猫の寝相によってわかるのは気温と心理!


猫は「警戒しているとき」や「安心しているとき」など、そのときの心理状態により異なった寝相で寝ると言われています。

また、暑いときや寒いときなどの気温によっても様々な寝相を見ることができます。

一般的に猫が快適に過ごせる気温は18℃~27℃とのこと。

18℃を下回ると寒く感じ始め、27℃を超えていくと暑く感じ始めるため、その時々でも寝相に変化があるようです!

それでは猫の寝相にはどのような種類があるのか見ていきましょう!

おなかを出して寝ている猫の寝相は【暑いけど、極限のリラックス状態!】

なんとも無防備!なこの体勢!おなかだけでなく脇まで見せて警戒心の欠片もありません!

ふかふかなソファーの上でぐっすりと熟睡!無防備だけどとても気持ちよさそう♪

ぐで~~~ん。なんかもう、最高に気持ちがよく溶けそうだぜ~。

みーちゃん
お部屋がぽかぽか暖かいと私もよくこんな寝方しちゃうな~!
ニシ教授
それはおうちが最高にリラックスできる証じゃのう!羨ましいわい!

猫がおなかを出して寝るときはかなりリラックスしている状態です。

猫は警戒心の強い動物なので飼い主であっても隙を見せないように生活をしています。

その上おなかは猫にとって急所です。おなかを出したまま寝ているということは、とても安心できてリラックスしている状態なのです!

また、リラックスしている中でも、夏など気温の暑いときに比較的多くおなかを見せたまま寝ます。

丸まって寝るのでは体温を温存してしまうので、伸びた状態で体温を逃そうとしているときにこのポーズを取るようです!

そのため、この寝方で寝ているときは窓を開けて空気の入れ替えをしてあげるなどして、気温を調整してあげると猫ちゃんも更に安心して過ごせますよ!

横になって足を伸ばしている猫の寝相は適温のリラックス状態!

とってもリラックスしている様子で寝ていますね!見てるこっちまで寝てしまいそう…!

2匹ともお揃いの格好でのんびりお昼寝!おひさまの下でぽかぽか気持ちよさそうです♪

あったか毛布にお洋服を着て、寒い日でもとても心地よさそうに寝ていますね♪

みーちゃん
やっぱりのびのびと寝れるのが1番よね!私まで眠たくなってきちゃった!
ニシ教授
わしも普段はこんな感じで寝ておるな!年寄りに優しい寝方じゃ!

猫が横になって足を伸ばして寝ている状態も、おなかを見せるのと同じくリラックスしている状態をあらわしています。

おなかを見せて寝ているときは暑いと感じていることが多いですが、こうした寝方のときは猫にとって気温が適温であるということまでわかるのです!

先ほどの寝方と同じくどちらの寝方も警戒心がなく、リラックスができている証なので、この寝方で寝ているときは温かく見守ってあげましょう♪

香箱座り(こうばこずわり)は寒い、もしくは適温でそこそこ安心している状態!


可愛らしい寝相でついつい見守ってあげたくなりますね!

椅子の上でスヤり。こんなところで寝るなんて無防備な猫ちゃんです!

炊飯器の上でこの寝方!?すごいバランス感覚です!きっととてもお気に入りの場所なんですね♪

みーちゃん
この寝方とても可愛いわよね!私もこうしたらモテるかしら?
ニシ教授
モテと寝方は関係なさそうじゃが…

猫が足を折り曲げて座っている状態を香箱座りといいます。このような状態で寝ているのも猫が安心して寝ている様子のあらわれです。

前足を折り畳んで胸の下にしまうという行動をとってしまうと、何かあった時にすぐに逃げるという回避行動に移れないのため、警戒心があるときにはこのような体勢にはなりません。

香箱座りは気温の低い冬場によく見られます。足を身体の下に入れることによって、冷えすぎないように調節しているのです。

夏場でこの寝方をしているときはエアコンが効きすぎていることもあるので、気温を確認してみてくださいね!

座って寝ている猫の寝相は適温もしくは寒い時で警戒している状態!

ふかふかクッションの上でお昼寝中!なのに気がかりなことがあるのかな?

只今監視体制中だ。でもなんか、この椅子サイコーだな…。ちょっとだけ…寝よっと…。

あららっ、こんな体勢で寝ちゃうなんて!とても器用な猫ちゃん!

みーちゃん
座ったまま寝るってなんだか疲れそうね…
ニシ教授
この間のわしの講義のとき、座ったまま寝とらんかったか?

先ほどとは違って、足をしまわずに出したまま寝ている猫ちゃんは警戒態勢に入っているかもしれません。

我が家の猫は大抵他の猫と遊んだり、ちょっかいを出されたあとにこの寝方で寝ることが多いです!

また来るかもしれない…そんな心理のあらわれでしょうか。

そんな状態でなぜ寝るのかとツッコミを入れたくなってしまいますが、基本的にこの寝方で寝ている猫は野良猫に多く見られます。

いつ外敵に出会ってもすぐに対応できるようにと、寝ているときも気を張って過ごしているようです。

家猫であれば、多頭飼いをしているおうちや、まだ飼って間もないとこうした体勢で寝ているところも多く見られますね!

丸まっている猫の寝相は寒くて警戒状態!

もう起きる時間?まだ眠いよ~

ぐーすかぐーすか。とっても気持ちよさそうに寝ています♪

あの…くっついてても寒いんですけど…。

みーちゃん
私も寒いとよく丸まって寝ちゃうな~
ニシ教授
丸まって寝た方が暖かいからのう!老人はうかつにのびのびと寝れんわい!

身体を丸めて寝ている猫。気持ちよさそうに寝ているな~と思っても、実は安心して寝られてないかもしれませんよ!

とはいえ、丸まる寝相にも2種類あり、1番上と2番目の画像のようにゆるい丸だったり、どちらかというとおなかが上向きになっている寝相の場合は警戒心はありません。

リラックスしているけど気温低くて寒いときによく見られます!

3番目の画像のようにおなかを下向きにして寝ているときは、安心して寝られることのできない状況なのかもしれません。

警戒心があるときは急所であるおなかを見せて眠ることはありません。

家猫ではあまり見られませんが、野良猫などはこの寝方で寝ることが多いです。

この体勢で寝ているときは寒さで警戒心が強まっているのかもしれませんね。室温を調節してあげるようにしましょう!

目を隠している猫の寝相は適温だけど眩しい、もしくは甘えん坊状態!

なにこれ…電気まぶちいんですけど…すやすや。


あー、やっちまったー!あとで怒られるー!


移動途中で力尽きたの…?

みーちゃん
確かに私寝るときは電気消したい派かも!
ニシ教授
わしはどっちもいける派じゃ!

よく「ごめん寝」と呼ばれ、飼い主さんのハートをキャッチするこの寝相!とっても可愛いですよね♪

この寝相をしているときは眩しいと感じながら寝ていることが多いようです!

猫の中でも眩しくても平気で寝れる子と、眩しいとついこの寝相で寝る子の2種類います。

うちの子は全くしない!という猫ちゃんなら眩しいのが平気なタイプなのかもしれませんね!

眩しいのが苦手な子でも暗くて寝心地の良い場所が見つからないときや、暗い所まで移動するのが面倒なときはこのまま寝てしまうようです。

また、甘えん坊な子もよくこの寝方をするみたいですよ♪

飼い主にお尻を向けて眠る猫の寝相は信頼している証拠!

ふわふわなおしりで隣にちょこん♪

こっちに背を向けて寝るなんて…なんだか機嫌が悪いのかな?

すっぽり挟まっていい感じです!愛猫がこんなに可愛いなんて飼い主さんが羨ましいです♪

みーちゃん
ついついママにおしり向けちゃうときがあるよね!
ニシ教授
やっぱり猫はツンデレだから信頼関係も背中越しなんじゃな!

おしりを向けて寝ていると、そっぽを向かれてる気がしてなんだか不安になりませんか?

でも実はおしりを向けて眠るのは飼い主への信頼の証なのです!

よく敵に背後は取らせないなんて言いますが、まさにその通りの行動なのです。

敵が背後から迫ったときに、猫はすぐに逃げることができません。そのため、自分の弱点でもある背中を飼い主さんに守ってもらうために、背中やおしりを向けて寝るようです。

猫同士でもおしりを向けて寝るのはとても仲が良い証拠のようです。なんだかそれを聞いて安心しましたね!

猫ちゃんが近くでおしりを向けて寝ているときは、「背中は私が守る!」なんて気持ちで見守ってあげましょう♪

その他にもつい笑ってしまうような寝相の猫がたくさん!

怖っ!目が半開き!ちゃんと寝れてるのかな…?

そんな狭い隙間に挟まって寝心地いいの?

にゃんて不細工な寝顔!それが逆に愛らしい!仲良し猫ちゃんず♪

猫を飼っていると普段からたくさんの寝相に出会うことができますよね!意外と見てみるとこんなおもしろ寝相に出会えるかも!?

寝相が悪すぎて病気が心配?猫の病気を疑うべきなのはこんな時!

猫は様々な寝方をしますが、その中でももしかすると病気の発見に繋がるかもしれない寝方も存在します!

  • 睡眠時間が長い
  • 不眠・なかなか寝ない
  • 日中寝ることが増えて夜中に大声でなく
  • いびきが大きくなった、呼吸に雑音がまじる

猫の1日の睡眠時間は14時間~16時間だと言われています。それ以上に寝ていたり、逆にもっと短い場合は注意してください。

また、いつもと寝方が違うと感じた場合には何か病気を発症している可能性もあります。

上記で挙げた寝方は次の病気の前兆かもしれません。

睡眠時間が長い場合は水頭症に注意!

水頭症は、脳脊髄液によって脳が圧迫されてしまい、様々な症状を引き起こす病気です。

猫は比較的発症率の少ないと言われていますが、寝てばかりいるだけでなく、歩いているときにふらふらしているようであれば水頭症が疑えます。

ふらつく程度では判断しにくい場合もありますが、他にも同じところをぐるぐるしていたり、いつもより攻撃的になるなどの症状も見られます。

不眠であれば甲状腺機能亢進症の可能性が!

あまり眠らなくなっただけなく、鳴き声が大きくなったり、食欲が増加し活発になった場合には甲状腺機能亢進症の可能性が疑われます。

甲状腺機能亢進症喉は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、ごく稀に甲状腺がんから症状を発症していることがあるので注意が必要です。

高齢の猫に発症しやすい病気なので、老猫を飼われている方は注意して見てあげましょう!

夜中に大声で鳴く老猫は認知症かも!

高齢の猫で、日中の睡眠時間が増えて、夜中に大声で鳴いたり走り回ったりしている場合は、認知症の可能性があります。

加齢に伴い脳の神経細胞が減少することで発症し、思い通りの行動ができなくなることが原因です。

初期に出る症状としてトイレが上手くできなくなるということが挙げられ、10歳を越えたあたりから増えてくると言われています。

日頃から多めにコミュニケーションをとり、運動をさせるように意識して生活することで認知症予防をしてあげましょう!

突然いびきが大きくなったら様々な病気の可能性が!

時々いびきをかく程度であれば心配ありませんが、突然いびきが大きくなったときや、普段の呼吸に雑音が入るようになった場合にも注意が必要です。

その原因として、鼻炎、軟口蓋過長症、肥満やアレルギーなどの他、鼻腔内腫瘍、白血病、心筋症などいくつかの病気の可能性が考えられす。

いびきが大きくなった程度では、判断しにくい部分もありますが、早めに病院で診てもらうことをオススメします!

まとめ

寝相のまとめいかがでしたでしょうか?

これらの体勢は寝ているときに限らず、起きているときにも同じような体勢を取っていることもありますよね。

そのときも寝ているときと同じように心理状態や気温からその体勢になっているようです。

ぜひおうちの猫ちゃんがどんな状況なのか、観察する際の参考にしてみてくださいね♪

この記事のURLをコピーする

目的別でキャットフードを選ぶ