147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

ラグドールの販売価格の相場や値段の違い!生涯必要な費用はいくら?

ぬいぐるみのようにふわふわで可愛らしい見た目のラグドールは猫の中でも大変人気の高い猫種です♪

しかしその一方で、高級感のある見た目から実際に飼育するにはすごくお金がかかるのでは…?と思っている方もいるのではないでしょうか?

ニシ教授
実際にいくらかかるのかで購入を迷ってる人もいるかもしれんな!販売価格や飼育費用などは事前にチェックしておきたいものじゃのう!
 
今回はラグドールを実際に購入するにはどのくらいかかるのか?といった疑問からどのようなことにお金がかかり、生涯でどのくらい費用がかかるのかを解説していきます!

ラグドールの値段や価格の相場はいくらぐらい?


おおそよの相場としてはラグドールの子猫の値段は18万~30万円、成猫であれば年齢にもよりますが若いほど高くなり、10万~20万の間での販売となることが多いです。

また、親猫がショーで優勝しているなどの良血統の子猫の場合は販売価格が上がり、相場より5万~8万ほど高い傾向にあります。

しかしラグドールは購入場所によってかなり値段に差があるので注意しておきましょう。

私が実際にペットショップを回って見た販売価格は安いところで12万円、お台場や原宿など元々の土地代の高いところでは50万円を超えた値段で販売されていました。

全体の相場よりも土地代の高いところでの販売価格は高い傾向にありますので、都心部で購入を検討しているのであれば20万~35万円程度の予算を見積もっておきましょう!

ラグドールの子猫や成猫はどこで販売しているの?


実際にラグドールを飼おう!となったときの購入場所としては次があげられます。

  • ペットショップで購入
  • ブリーダーやキャッテリーから購入
  • 里親募集に申し込む

ではそれぞれどのような購入時のメリット・デメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

ペットショップで購入するメリット・デメリットは?

ペットショップで購入する1番のメリットはすぐにラグドールの子猫を迎えられるということです。

ペットショップで購入する場合は手続きをしてすぐに持ち帰ることができ、トライアル期間などもありません。

  • トライアル期間…里親募集などで猫と飼い主の相性を確かめたり、きちんと飼うことができるかお試しする期間のこと

また、ペットショップでの購入時にはペット保険への加入をおすすめされます。

自分で資料請求したりなど難しい手続きをふまずに、ペットショップの方で保険加入を代行してもらえるのもメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、購入費用が高いことがあげられます。3つの購入方法のうち1番購入費用がかかるのがペットショップでの購入です。

上記でもふれましたが、ペットショップでの購入費用は地域によってかなり差があります。

安ければ10万円代前半で購入することができますが、高いと50万円超で売られていることもあるため、購入前にチェックしておきましょう!

ブリーダーやキャッテリーから購入するメリット・デメリットは?

ブリーダーやキャッテリーから購入する1番のメリットとして挙げられるのが、飼育環境や猫の性格などを事前に知ることができることです。

ブリーダーなどから購入する場合は基本的にブリーダーの家に行き、実際にどのような環境で飼育しているのか、子猫と触れあったり性格を事前に知ることができます。

その子猫の健康状態や同居していれば親猫と触れあうこともできます。ペットショップや里親では確認できない場合もあるのため、購入を検討する際の大きなメリットと言えますね。

また、価格がペットショップに比べて安いのもメリットの1つです!

デメリットとしては、ブリーダーの家が近くにない場合があることが挙げられます。

ブリーダーやキャッテリーなどは個人の家であることが多いため、ペットショップのようなすぐに行ける環境にないことも多々あります。

住んでいる地域にはブリーダーの家はなく、県をまたいで会いに行かなくてはならないこともあるので注意しておきましょう。

また、残念ながらブリーダーの中には利益第一の悪質なブリーダーが存在します。何度もコンタクトを取って良質なブリーダーかどうかの判断をする必要もありますね。

里親になることのメリット・デメリットは?

里親になることのメリットは費用が安く済むことが挙げられます。子猫を引き取る場合であれば、今までかかったワクチン代や去勢等手術費用のみ負担で飼い始めることができます。

デメリットとしては、ラグドールの里親募集がかなり少ないことが挙げられます。

里親募集があっても子猫ではなく成猫であることが多いので、新しく生活を始めるときには苦労してしまうこともあります。

また、飼い始めるまでにはトライアル期間を要したり、飼ったあとも譲渡主と定期的に連絡を取り猫の様子を報告する必要もあるため、引き取りに関する手間が多いのもデメリットのひとつです。

里親募集には条件が細かく設定されていることが多く、1人暮らしや未婚のカップルでは否認される場合もあるので、里親を検討するなら確認しておくといいでしょう。

ラグドールの値段が高くなる条件はあるの?色によって値段は違う?

ラグドールは被毛の色による値段の差がほとんどありませんが、ペットショップによってはラグドールの中でも人気の高いバイカラーの子猫の価格を高めに設定している場合があります。

  • バイカラー…顔にハチワレと言われる「逆Vの字」が出る模様のこと

繁殖を視野に入れられているため、メスのラグドールや毛色の珍しいラグドールも価格が高くなる傾向にあります。

反対に生まれつき柄が左右非対称に出ている子猫では比較的安い価格で販売されます。

また、ラグドール×他の血統種の掛け合わせで生まれたハーフミックスの子猫の場合は、平均的なラグドールより価格が安く設定されていることが多いです。

しかしショーなどに入賞した猫同士の掛け合わせであれば逆に高くなる場合もありますので、しっかり購入前にチェックしておきましょう!

ラグドールを飼う時に必要な物の値段はいくら?


実際にラグドールを迎え入れる場合に揃えておくマストアイテムと、かかる費用を一覧にまとめてみましたのでぜひチェックしてみてください!

必要なもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

この中でも、ケージは1日のうち家に人がいなくなることがほとんどない家庭であれば、任意での購入で問題ありません。

仕事などで家を空ける時間が長いようなら、子猫の安全のためにもゲージを購入しておくことをおすすめします。

同じくキャットタワーも絶対なくてはいけないということはありませんが、用意してあげると猫ちゃんも喜んでくれますよ♪

猫砂に関しては、日常的に使うものなのでネットでまとめて購入しておくと1つあたりの価格を抑えられるためお得です!

みーちゃん
私たちが家族になる前にこんなにたくさんのものを用意してくれているのね!
ニシ教授
そうじゃよ。飼い主さんに感謝じゃな!

ラグドールの病院代はいくら?去勢・避妊手術やワクチンの値段は!


ラグドールを迎えて早いうちに病院で診てもらうことになる項目と、その値段を次の表にまとみてみました。

病院代 値段
初診料 500円~1,000円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 4,500円~7,500円
去勢手術 15,000円~20,000円
避妊手術 25,000円~35,000円

子猫を迎えてすぐは、ワクチンの接種や去勢手術などで病院にかかる機会も多くなります。

初めて病院でペットを診てもらう場合には必ず初診料がかかります。料金は安くて500円、高くても1,200円程度に収まるところがほとんどでしょう。

飼い始めは混合ワクチンの接種を忘れずに!

混合ワクチンは全体で2回~3回接種する必要があるため、表の金額が回数分かかります。

通常ペットショップやブリーダーからの購入であれば、迎えた段階で1回目は接種済なので、残りの回数は動物病院でワクチンを打ってあげてくださいね。

1回につき4,500円~7,500円ほどかかりますが、何種混合されているかによって値段も変わってくるため、打たれるワクチンについては事前に確認しておきましょう。

去勢手術・避妊手術は病院によって値段が全然違う!

去勢手術や避妊手術をするかどうかは飼い主の判断にもよりますが、手術を行うことで生殖器系の病気になるリスクの低下に繋がります。

繁殖予定がなければ手術を受けさせてあげるようにしてくださいね。

それぞれの料金は動物病院によってかなりばらつきがあり、同じ診察内容でも支払う金額が倍以上違うこともあります。

実際にうちのラグドールに避妊手術を受けさせる際、事前に電話問い合わせしたところ、とある病院では手術の値段が22,000円、また別の病院では49,800円という回答をいただいたことがありました。

後者の病院は夜間の救急対応を実施している病院でしたが、他にも確認したところ、救急対応のある病院は日中の診察も料金が高額になる傾向があります。

検査や手術などを受ける場合は、事前に確認しておくといいかもしれませんよ!

ラグドールを飼う時、年間の値段はいくらかかるの?


参考までに年間でどのくらいの飼育費用がかかるのか、表にまとめてみましたのでチェックしてみてください!

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 1,400円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ペット保険料 24,000円 2,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 127,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

何にどのくらいの費用がかかるのかは、おおまかに表のようになります。

室内飼いだとノミ・ダニ予防は関係ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、室内飼いでもできるだけ予防しておくことをおすすめします!

予防薬を何度も購入するよりも、動物病院で年に1度ワクチンを接種する方が安価で済む場合もありますので、その子に合った方法で対策をしてあげましょう!

また、ペットの診療代は10割負担なので、人間が病院にかかるのに比べて診療代が高額になりがちです。

愛猫に何かあったときに負担が少なくて済むためにも、ペット保険には忘れずに加入しておいてくださいね。

ラグドールを飼うのに生涯かかる値段は!


ラグドールを飼うことになった場合、生涯かかる費用は概算で次のようになります。

生涯費用:210万円~235万円

かかる費用の内容は、「初期費用」+「年間費用×寿命(12年~15年)」+「病院の費用」となり、210万円~235万円ほどかかることが予想されます。

病院でかかる診察料等は、もちろん一生涯病気知らずで生きたラグドールとそうでない子によっては違いがあり、かかる病気によっても負担に差があります。

また、迎えた子が全て先ほど記載した年間費用に当てはまるとは限りません。

それより少ないこともありますが、年齢が上がるにつれて費用が増えていく可能性の方が高いでしょう。

金銭面で負担が大きいからと手放すことのないよう、生涯一緒に暮らすためには少なくても200万以上の金額がかかることはあらかじめ心に留めておいてくださいね。

まとめ

ラグドールを飼うのにかかる生涯費用をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

飼育費用も年間や月間で見ていくと大した額ではないかもしれませんが、生涯となると想像以上の費用がかかることに驚かれた方もいるかもしれませんね。

ペットといえども立派な家族です。飼ったあとは一生涯面倒を見れるように、飼う前にはかかる費用も含めてよく検討するようにしてくださいね。

この記事のURLをコピーする