147商品のキャットフードを徹底比較サイト「キャットフード大学」

マンチカンの値段が知りたい!子猫の価格や相場、値段の違いはある?

見た目だけじゃなく性格も可愛いマンチカン。猫を飼うならマンチカンに決定!と思っている人も少なくないでしょう。そうなると気になるのがお値段です。

ニシ教授
どんな生き物でも個体によって値段が大きく変わることもあるぞ!さらには生活費だって必要じゃ!
生き物を飼育する=お金がかかる。と言うのは当然のことですよね!

そこで、マンチカンを迎え入れるために必要な初期費用や値段の相場、生涯の飼育費用など、一緒に生活をする上で必要となる費用をチェックしておきましょう!

マンチカンの販売価格は大体いくら?値段と相場はこれくらい!

ペットショップ ブリーダー 里親
子猫 12万円~50万円 10万円~80万円 1.5万円~2万円
成猫 5万円~30万円 3万円~15万円 2万円~4万円

いかがでしょうか?マンチカンは最近かなり人気の高い種なのですが、それぞれの個体によって大きく値段が変動します。

また、需要と供給の関係で販売されている数が多ければ値段は下がりますし、少なければ値段はあがります。この辺りは猫だけでなく、一般の商品と変わりがありません。

さらに都市部なのか郊外なのかといった地域差もあります。都会に行けば行くほど物価はあがるので、安く手に入れたいなら色々周ってみるのもいいかもしれませんね!

高額なマンチカンはなんと80万円!?マンチカンが高くなる条件5つ!

マンチカンが高くなる条件は以下のようになります。

  • 短足
  • 折れ耳
  • 長毛(ロング・セミロング)
  • 親猫の血統がチャンピオンの場合
  • 子猫の場合

いかがでしょうか?高額なものになると80万円という値を付けることもあるんですよ!

では、一体どうしてそんな価格差がでるのでしょうか?まず上にも書いたように、生体として販売されている動物にはそれぞれ個体差が存在しています。

それによって言い方は悪いですが、良し悪しが存在しているんです。そのため、マンチカンの場合は足が短くて、胴が長く顔が大きめのセミコビータイプかどうかか基準になります。

しかし、これも一概にそうとはいいきれません。体型が変わっていても、それが可愛いく見え需要があれば値段は高騰します。そして希少なタイプになるほど高いのは一般的です。

それでは、マンチカンの価格が高くなる基準を詳しくみていきましょう。

短足

マンチカンといえば短足の体型が一番の特徴です。なので、足の短い子は相対的に値段があがりやすくなります。まさに需要が大きいという証明ですね!

また、マンチカンは元々奇形から発祥している種であり、交配する際に短足のマンチカンと交配することで死亡リスクが上がるため、長足と掛け合わせて繁殖させます。

そうすると遺伝子的に優性となる長足の子が生まれやすく、短足は全体の2割程度しか生まれません。そのため全体的に数が少ない分供給が難しい=高額となります。

折れ耳

マンチカンには色々な種類があり、人気があるのは折れ耳タイプです。そのため高額になる猫が多く、場合によっては倍以上の値段がつく場合があります。

しかし、このタイプは正確にいうとマンチカンではなく、アメリカンカールやスコティッシュフォールドとの混血であり、純血種ではありません。

また、世界最大の犬の血統管理団体TICAではマンチカンと他純血種との交配を認めていないので、いわゆるミックス(雑種)になります。

しかし、それを差し引いても耳折れマンチカンは可愛いく愛らしいので、それに応じて値段も高くなっているのが現状です。

正に可愛いは正義!といった所でしょうか。長い時間一緒にすごす相手なので、気に入った猫を選ぶのは重要ですね!

ペットショップなどではキンカローといった名前や、耳折れマンチカンなどで販売されています。

長毛(ロング・セミロング)

マンチカンは本来短毛種であり、毛の長い子は存在しません。だからこそ、長毛のマンチカンは人気があり、値段が高くなります。

こちらも上と同様に、純血種というわけではなくペルシャやヒマラヤンの純血種もしくは、その子孫のミックスと交配してできたもの。

血統書の面でも上記と同様にTICAに認可されていないので、キャットショーなどには出展できませんし、扱いとしてはミックスとなります。

ペットショップではミヌエットや長毛マンチカンの名前で販売されており、人気種ということで目にする機会も多いかもしれません。

毛が長くゴージャスで足が短くて可愛いとなれば、見た目は正にぬいぐるみです。値段が上がるのも理解できますよね!

親猫の血統がチャンピオンの場合

こちらの理由はマンチカンだけではなく、どの猫でも一緒です。親がチャンピオンならば、その遺伝子を持つ猫=良い血統ということで値段があがります。

では、なぜ血統が大事なのでしょうか?その理由としてチャンピオンになるということは、それだけ素晴らしい形質を持っており、見た目や健康面で優れているからになります。

また、チャンピオンの血統というのはほかのマンチカンに比べて数が少ないのも理由です。それだけ希少価値ががあるということですね!

ほかにも繁殖して販売する場合には泊付けになるといった理由や、キャットショーなどで上位に入りやすいという理由なども存在しています。

子猫の場合

こちらの理由も猫全般に該当するもので、子猫であればあるほど値段が高くなります。同じマンチカンを飼うなら、子どものころからがいい!というのは誰もが思うことですよね。

子猫の頃から一緒にいることで、懐きやすくしつけもしやすいのはどんな動物でも一緒です。それに子猫というのは本当に可愛くて、その頃から一緒にいれば思い出も増えますよね!

動物の可愛さはその一瞬一瞬にあり、小さい頃から居れば、その成長に従って違う可愛さを体験できます。ならば、その期間が長い方が良いのは当然ですもんね!

ただし、子猫は体力が少なく、病気のリスクが高くなりますので、かかりつけの獣医などを見つけておいてください。

ニシ教授
ごらんの通りそれぞれに値段も違うというわけじゃ
みーちゃん
へぇ~、そうなんだ~!ピンキリってことか~!
ニシ教授
しかし、やり方によっては値段も変わるから、次にそっちを勉強していこう!

マンチカンの子猫を引き取る方法はこの3つ!値段の違いやメリットデメリットを比較!


マンチカンの子猫が欲しい!となった時に、次に考える必要があるのはどこで手に入れるかです。

現在日本には5,045軒(経産省調べ)のペットショップが存在しており、そこから引き取るのが通例ですが、場合によっては違う選択肢も考えられます。

希少種の場合には街で見かけるような店舗で手に入れるのは非常に難しく、マンチカンを交配させているブリーダーからの直接引き取るのがほぼ必須となります。

しかし、金銭的な負担をなるべくかけたくない場合には里親として引き取るという方法が一番です。それぞれに一長一短もあり、どれが一番かは飼育者の状況によります。

そこで、ここからそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきますので、自分にあった引き取り方法を探してみてくださいね。

ペットショップから引き取る場合

冒頭にも書いたように、現在日本でマンチカンを引き取るならペットショップで気に入った子を探すのが一番手軽です。

こちらも経産省の調べになるのですが、最低でも人口10万人あたりに2.4店舗存在しているので、車での移動なら移動範囲内に確実に一軒は存在しています。

では、最も手軽なペットショップでの購入に際してのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

ペットショップから引き取るメリット
  • 店舗が多く引き取りやすく手軽
  • しっかりとした健康管理
  • 信頼性の高さ
  • アフターサービス

なんといっても最大のメリットは手軽さにあります。車での移動範囲内にペットショップを見かけない場所というのは、めったにありません。

もちろん、5,045軒の中には生体を扱っていない場所もありますが、大きめのペットショップなら確実に販売されています。

健康面では獣医との提携によって体調管理がされており、ワクチンなどの注射も済ませてあることが多いので、煩わしいことは一切ないのがペットショップです。

また、血統やチャンピオンの血筋などを探す際にも、血統書の付属や親猫の賞状などが展示されていることが多く、信頼できるのも大きなメリットになります。

そして最大のメリットはアフターサービスです。飼育上の悩みなどを相談することができ、生体保証などがつきます。初めて猫を買うのならこの恩恵はとても大きくなるでしょう。

デメリット

ペットショップから引き取るデメリット
  • 金額が高い
  • 人見知りの猫が多い
  • 遺伝的な病気がわからない

続いてデメリットなのですが、最大のデメリットは金額が高いことです。ペットショップで購入する場合、たいていが他の場所で迎えるより高額で、場合によっては100万以上ということもあります。

もちろん、それは希少種の場合になるのですが、普通のマンチカンの場合でも、仕入れ値の倍以上で販売されているのが一般的です。

続いて猫の社交性についてなのですが、ペットショップで販売されている子は、子猫の時期すぐに親から離れて生活するので、人見知りが多いといわれます。

そして、健康面に関するデメリットとして、親猫を直接見れないので、遺伝的な病気を調べることができないということです。

通常のマンチカンなら漏斗胸や骨軟骨異形成などがあり、耳折れの場合にはスコティッシュフォールドから遺伝する骨瘤などになります。

ブリーダーから引き取る場合

上記のペットショップはあくまで小売業になり、そこへ商品として猫を提供しているのがブリーダーです。

以前はそれほど目立った存在ではなかったのですが、珍しい種類や親猫を直接見れるということや、動物愛護の観点からここ数年ブリーダーからの直接購入が増えています。

それでは続いてブリーダーから引き取る場合のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

ブリーダーから引き取るメリット
  • 価格が安い
  • 希少な種類が手に入る
  • 親猫を見ることができる
  • 場合によっては丁寧なアフターサービスがある
  • 生育環境を見ることができる

まず、最も大きなメリットとして価格が安くなるということがあげられます。ペットショップも商売なので場所代や人件費などが商品の価格に必ず含まれます。

しかし、ブリーダーから直接買うのであればペットショップの利益が上乗せされないので、当然価格がさがります。ただし価格はブリーダーが決めるので、どれ程安くなるかはピンキリです。

2つ目は希少な種類が手に入るというものです。マンチカンならばメヌエットやバンビーノはペットショップでは入手不可能といっても過言ではありません。

どうしてもそういった希少種が欲しい場合、国内のマンチカンブリーダーに片っ端から連絡をつけることで、手に入る可能性は広がります。

デメリット

ブリーダーから引き取るメリット
  • 種類が少ない
  • 気軽に見に行けない
  • ブリーダーによっては基準が厳しい

ブリーダーから引き取る際のデメリットで最も大きいのが、種類が少ないということです。ブリーダーは個人で行っている人が多く、飼育できる頭数に限界があるため、基本的に1から3種類です。

色々な猫を見てから決めたいという場合には、複数のブリーダーとコンタクトをとるようにしましょう。

続いてのデメリットはペットショップのようにふらっと見に行くことが出来ないということです。あくまで個人での販売なので先方の都合などで見学時間が限られています。

最後に特殊な事例としてブリーダー側が独自の基準で、販売者を選ぶことがあるというのを知っておいてください。例えば1人暮らしや未就学児のいる家庭への販売禁止などがあります。

里親として引き取る場合

昨今の猫ブームによってペットとして猫を飼う人が増えました。それはとても素晴らしいことなのですが、ブームの裏では飼えなくなり引き取り手を待っている猫達もいます。

そこで、ペットショップやブリーダーのような販売者からの購入を止め、里親として猫を引き取るという方法を選ぶのも1つの選択です。

では、里親として引き取る場合のメリット・デメリットを知っておきましょう。

メリット

里親として引き取るメリット
  • 費用がかなり安くつく
  • 自分にあった猫が見付かる
  • 大事な命を救うことができる

里親として引き取るメリットといえば、費用の安さです。ワクチン代などが必要ない場合には、引き取りに行く際の交通費のみとなっており、ほぼ無料と考えても良いでしょう。

次のメリットとして挙げられるのが、自分の生活にあった猫を見つけられるということです。

他の方法の場合では子猫からの飼育ということで、躾などは1からする必要がありますが、里親として引き取る場合には躾の終わった猫を選ぶことができます。

そして、最大のメリットは命を救うことが出来るということです。

平成28年度の調べによると地方自体が保護しているだけで72,624の猫が新しい飼い主を待っており、現在でもこの数に大きな変動はないと考えられます。

また、この数はあくまで公的な機関のみということで、実際にはもっと沢山の猫が里親を探しているに違いありません。

マンチカンは現在人気の猫種になりますので、里親として引き取るには運が大きな要素となります。しかし、居ないわけではないので、細かく探して里親になるのも良い選択ですよね。

デメリット

里親として引き取るデメリット
  • 好きな猫種を探すのに時間がかかる
  • 飼い始めるまでに時間がかかる
  • 基準が厳しい譲渡者もいる

デメリットの1つ目は、猫の種類が多くないということです。里親募集にでている猫は主にミックスであり、純血種というのは限りなく少なくなっています。

なので、マンチカンが欲しいと思っても中々見つけることができません。ある程度の根気と時間が必要なので、すぐ欲しいという人には不向きとなります。

2つ目のデメリットは飼い始めるまでに時間がかかることです。ペットショップで購入する場合には、店で必要な書類にサインすればすぐにお迎えすることができます。

しかし、里親となる場合には譲渡者に連絡をつけて直接見に行き、譲渡方法などを連絡し合う必要があります。なので、すぐに欲しいと考える人は里親とのやり取りに時間がかかることを把握しておきましょう。

最後のデメリットは譲渡者による審査基準です。動物を家に迎えて飼育するなら、一生面倒をみる義務が発生するため、多くの譲渡者は厳しい基準を課しています。

一ヶ月に一回の写真提供や突然の訪問によるチェックなどを行うこともありますので、理解しておく必要があります。

上記にあげた例はかなり厳しい譲渡者の場合ですが、そうでない場合でもそれなりの基準があるので、注意しておきましょう。

マンチカンを買うときの初期費用ってどれぐらいかかる?

マンチカンを家に迎えるということは、新しい家族が増えるようなものです。なので、迎えるに際してしっかりとした用意をしておく必要があります。そうなると気になってくるのが、飼育に際しての初期費用ですね?

初期費用:約135,700円

この金額は猫の生体代と飼育に必要な餌や猫砂他を含んだ値段になります。詳細も下の一覧でみてみましょう。

最初にそろえるもの 価格
キャットフード 3,000円
餌と水の容器 500円
猫のトイレ 2,000円
トイレの砂 700円
爪とぎ・爪きり 1,000円
おもちゃ 500円
ベッド 2,000円
ブラシ 2,000円
キャリーバッグ 3,000円
ケージ 10,000円
消臭アイテム 1000円
キャットタワー 10,000円
合計 35,700円

こちらがマンチカンを飼育する際に必要な器具とその値段です。そして、そこに生体代として10万前後を足したものが初期費用です。

先住猫がいる場合はすでにお持ちの場合もありますので、大よその値段として考えておけばよいでしょう。

これらと生体代を合計をすると、おおよそ初期費用には135,700円が必要ということになります。

マンチカンの病院代はどれくらい?去勢・避妊手術にかかる費用はいくら?

飼い始めはワクチンや去勢手術など、病院にかかる機会もあると思います。

飼いだしてすぐに病院で診てもらうことになる項目と、その費用を次の表にまとみてみましたのでチェックしておきましょう!

病院代 費用
初診料 1,200円
検査・処置費用・薬代など 3,000円
混合ワクチン接種 3種~7種 6,000円~8,500円
去勢手術 15,000円
避妊手術 25,000円

猫を飼い始めると、思いもよらない出費が出てきますが、その多くは病院代になります。

その他にも病気予防のために必要なワクチンや、家庭環境にあわせた去勢、避妊手術などがあり、ある程度の金額が必要です。

いずれも幸せな時間を長く過ごすためのものなので、しっかりと用意しておきましょう。

マンチカンの年間費用はどれぐらいかかる?

では、次に年間にどのくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。継続して必要なもの、1回だけの購入で済むものなどもありますので一覧表にまとめてみましたのでチェックしてくださいね!

継続して必要なもの 1年間の費用 詳細
餌代 36,000円 3,000円 / 月
おやつ代 12,000円 1,000円 / 月
砂代 16,800円 700円 / 月
爪とぎ代 6,000円 500円 / 月
おもちゃ代 6,000円 500円 / 月
病院代 ※1 6,000円 3,000円 / 回
ノミ・ダニ予防薬 10,000円 1,000円 / 月
ワクチン代 6,000円 6,000円 / 年
健康診断代 5,000円 5,000円 / 年
合計 103,800円

※1 病院代は年に2回行ったと仮定しています。
もし旅行など行った際にはペットを預けるペットホテル代として6,000円(2泊3日)ほどかかります。

上の表のようにおよそ103,800円になります。猫によっては良く食べる子や病気がちの子などもいるので、これより多くかかる場合もありますが、逆に健康で小食な子ならば費用は低くなると言うことですね。

マンチカンの生涯費用はこれぐらいかかる!

では、マンチカンと一生を過ごしていくにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか?

生涯費用:130万円~160万円

これがマンチカンを飼育する上での生涯費用になります。計算方法としては「初期費用」+「年間費用×寿命」+「病院の費用など」ですね!

しかし、それだけではややこしいので、これまでに紹介した金額と、マンチカンの平均寿命の中間点を使って計算してみましょう。

初期費用135,700円+(年間費用103,800円×寿命12年)+(病院の費用6,000円×寿命12年)となるので、だいたいの生涯費用は約1,453,300円となります。

もちろん寿命や個体の強弱などによって大きく変わってくるので、上記のように130万円から160万円程度と考えればいいかもしれませんね!

みーちゃん
私たちが家族になる前にこんなにたくさんのものを用意してくれているのね!
ニシ教授
飼い主さんに心から感謝するんじゃぞ!
まとめ

昨今の猫ブームに乗じて人気のある猫マンチカン。愛嬌のある見た目と飼いやすい性格で、飼いたいと思っている人も多いと思います。

飼育費用も月間で見ると大した金額ではありませんが、生涯となるとやはり大きな出費となりますね。

しかし、ペットと言えども大切な家族の一員です。途中で手放すようなことがないよう、しっかりと費用を検討した上で迎えるようにしてくださいね!

この記事のURLをコピーする