アメリカンショートヘアの寿命は短い?平均寿命と長生きのコツ!

可愛くて賢いアメリカンショートヘアー。一緒に暮らしていくのに最適な猫ですが、寿命がほかの猫に比べて短く、病気になりやすいといわれます。

大事な愛猫が毎日健康に生活し、より長い時間を一緒に過ごして欲しいと考えるのは誰でも考えることなので、心配になる人も多いでしょう。

みーちゃん
教授!誕生日おめでとうですよ!はい、これプレゼント!

ニシ教授
お、おう、ありがとう!中身はエリクサーにアムリタ、仙薬、トキジクノカク……なんじゃこれは?

みーちゃん
お世話になっている教授に長生きしてもらおうと伝説の薬を探してきました!

ニシ教授
そ、そうか、それなら伝説に頼らずちゃんとした長生きの秘訣を一緒に勉強していこう!

そこで、アメリカンショートヘアーの平均寿命や長生きの秘訣、なりやすい病気、日頃の健康管理を書いていくので、飼育の参考にしてみてください。

アメリカンショートヘアの平均寿命は他の品種に比べると短い!

  • アメリカンショートヘアー…平均12歳~13歳
  • マンチカン…平均15~17年
  • メインクーン…平均15年
  • ヒマラヤン…平均15~17年
  • ペルシャ…平均15~20年

上のチェックリストで書いたようにアメリカンショートヘアーの寿命は短くなっており、平均的な猫の寿命より2~3年短命です。また、リスト下部の猫は長寿で有名となっており、体の大きさや遺伝病の少なさによって長生きします。

ただし、平均寿命というのは個体差によって大きく作用するので、気付けば17歳なんていう子も存在します。なのでこれらはあくまで、平均的なものと考えておいてください。

また、オスとメスでは後者のほうが寿命が長く1歳の差があります。これは遺伝的なものが原因といわれ、オス側は数多くの精子を作るために多く体力が必要不可欠。逆にメス側は出産期のみに大きく体力を使うからではないか?と予測されています。

このあたりはほかの動物も同様なので、性別をもつ生き物はすべて同様かもしれませんね。男は太く短く生きろ!ということでしょうか。

なお、オス猫でもアメリカのコーデュロイのように26歳という長寿を達成することもあります。ちなみにギネス最高記録は同じくアメリカのメス猫、クリームパフ38歳です。人間でいうと170歳!凄いですね。

アメリカンショートヘアは室内飼いの方が断然寿命が長い!飼い方次第で寿命はこれだけ変わる!


アメリカンショートヘアは家庭的な猫ということで、寿命を考えるなら圧倒的に室内飼いがおすすめです!これはほかの猫も同様で、放し飼い状態よりは寿命が長く、平均して2年の差がでます。平均寿命が15歳程度の猫から考えれば、この2年はとても大きい差ですよね。

では、なぜ放し飼いだと寿命が短くなるのでしょうか?ここから、詳しくみていきましょう。

放し飼いの方が寿命が短くなる理由

  • 車や自転車との交通事故
  • 他の猫、動物との喧嘩での負傷
  • 他の猫から病気やウイルスなどの感染
  • 悪意ある人間からの虐待
  • 保健所への収容
  • 危険な植物の摂取や接触

上のリストを見てもらうと分かるのですが、放し飼いの猫にはこれだけの危険が存在しており、全てに死の可能性があります。特に下の4つに関しては特に危険度が高く、発見した時点で既に……なんていうことも。

ここから、それぞれについて詳しく解説しますので、放し飼いの危険性をしっかり頭にいれてください。

車や自転車との交通事故

まず代表的なのがこちらの交通事故で、死亡率が非常に高いものです。猫は危険察知能力が高く、身体能力や知能も高いのですが、それはあくまで広大な自然界においての話。

人間社会の場合とは訳が違います。人が把握しているだけでも年間12,387匹(保健所への収容数)もの猫が交通事故に遭遇しており、実数となるとさらに多くなるのは間違いありません。

また、事故にあった猫が飼い主の元に戻るのは、保健所に収容された猫の約87%。残りの13%は保護期間を終えたのちに、殺処分となります。

迷子猫が帰ってこないという事態にはこういったことも関係しているのかもしれませんね。

では、車の交通量の少ない地域なら問題がないのか?という話になりますが、それは違います。対自転車事故や車のボンネット内に入り込む事故などもあり、放し飼いによるリスクは無くなりません。注意しましょう。

他の猫、動物との喧嘩での負傷

放し飼いの猫で、事故の次に心配になるのが、ほかの猫や動物との喧嘩による負傷。そしてそこから発展する重篤な状態です。

猫は集団生活を送る動物ではありません。元々がリビアヤマネコという砂漠に暮らす夜行性の肉食性ハンターであり、自分だけのテリトリーを持つ単独生活の生き物です。

  • リビアヤマネコ…別名アフリカヤマネコ。猫の原種といわれ、北アフリカや西アジアに生息

その習性は9,500年から4,000年前といわれる人間との生活を経ても変わっておらず、現在の猫も同様になります。では、そのテリトリーにほかの猫が入ってきた場合はどうなるでしょうか?そうです、戦ってでも追い返すんです。

さらに、相手が猫ではなく犬や熊、猪といった猫より大型の動物ならどうでしょうか?考えられるのは捕食や即死といった事態です。

特に犬は猫の次に飼育されている数が多いえうえに、体が大きく外飼いの可能性も高いので、かなりの脅威と考えていいでしょう。

他の猫から病気やウイルスなどの感染

放し飼いリスクの中で、もっとも厄介な性質をもっているといっていいのが、他の猫からの病気、ウイルス感染です。

感染経路にはいろいろあり、喧嘩をしたさいについた傷口、ほかの猫の尿や排泄物との接触、くしゃみなどの飛沫があります。

人間の風邪やインフルエンザに近いものなのですが、一部のウイルスは体内に留まり続け完治しません。なので、病気が完治したと思っていても、体力の低下や老化によって再発というのも考えられます。

また、多頭飼いの場合にはほかの猫に感染することも考えられるので、気をつけてください。そして、子猫や老猫などの体力がない猫の場合には死亡するケースもあるので、要注意です!

悪意ある人間からの虐待

猫の放し飼いリスクとして、悪意のある人間による虐待も外せません。

放し飼いの猫というのは、どこでどんな行動をとっているのか飼い主には分からず、猫によっては他所の家でトイレをしたり、物を壊したりしている可能性もあります。

動物のすることなんだから……と思う人もいるかもしれませんが、被害にあった方はたまったものじゃありません。苦情を言う先が見付かればいいですが、そうでない場合にはどうなるでしょうか?

あまり考えたくないことですが、人によっては罠や毒餌などで原因となる猫を退治しようとする可能性があります。

物と命は対等じゃない、相手が悪い!と考えるかもしれませんが、そうならないための努力は最低限必要ですね。

保健所への収容

ケガをして動けない猫や捕獲された猫は保健所へ収容。そして、収容期間内に飼い主が見付からず、里親が見付からない場合は殺処分です。

保護期間は自治体によって変わるのですが、7日から10日あたりとなり、それまでに気付いて保護しなければなりません。

保健所で収容されるのは、飼い主が明確に分からない場合や野良猫です。なので、首輪に連絡先があれば引き取られませんが、場合によってはそうもいかないことがあります。その場合というのは誰かに捕獲された場合です。

首輪を外されたら、野良猫かどうか保健所には判断できません。

これは上のリスクと関連しており、捕獲した人間が首輪を外し野良猫として保健所に持ち込むからになります。

危険な植物の摂取や接触

700種類以上の植物が猫にとって有害であり、放し飼いをすることで、それに接触する機会が増えます。キクやアジサイといった一般的に見られる花などもそれに含まれており、実はクスノキなども猫にとっては有害です。

猫は定期的に草を食べる習性がありますので、かなり怖いですよね!以下に代表的な草とその症状を載せておきますので、参考してください。

  • アジサイ科…嘔吐、呼吸困難など
  • キク科…血液凝固不全、出血など
  • クスノキ科…呼吸困難、痙攣など
  • ツツジ科…嘔吐、視力障害、筋力低下など
  • バラ科…呼吸困難、痙攣など
  • ユリ科…循環不全、中枢全身麻痺など

みーちゃん
あわわ。これじゃあお買い物にもいけない!!

ニシ教授
それは確かにそうじゃ。したいことができないのは窮屈じゃが、危険な目にあうよりはいいと考えるのじゃ

みーちゃん
やった!引きこもってずっとゲームしてられる!

ニシ教授
別に困っておらんようじゃな…。大学にはちゃんとくるんじゃぞ!

アメリカンショートヘアの寿命を左右する病気とその原因!


全ての生き物は適切な生活を送ることで、その一生を長くすることができます。そしてそれはアメリカンショートヘアーも同様で、特に病気相手ならばその予防が大事になります。

そこで、まずはアメリカンショートヘアーがなりやすい病気についてリストを確認してください。

  • 肥大型心筋症
  • 急性腎不全
  • 関節疾患
  • 糖尿病
  • 皮膚炎・皮膚病
  • 多発性のう胞腎

以上5つの病気がアメリカンショートヘアーに起こりやすい病気です。中には猫という生き物の体質によるものがありますが、そちらも一緒に見ていきましょう!

肥大型心筋症

この病気は年齢を重ねてある程度歳をとった猫に多い病気です。

特に太りやすいアメリカンショートヘアーは、この病気になることが多く、不整脈や血栓などで突然死なんていうことも。

人間と同様に生活習慣病の1つなので、普段から健康をしっかりと管理をしてあげましょう。

急性腎不全

猫といえばといわれるくらい有名な腎臓病。その最たるものがこの急性腎不全になります。

下痢や脱水症状などを起し、急速的に悪化していくことが多い病気なので、普段から細やかな体調チェックが必要です。

トイレの回数が減ったりしたら要注意!すぐに病院へいきましょう。

関節疾患

太りやすいアメリカンショートヘアーならではの病気です。

重が重くなりすぎると関節の軟骨が磨り減ることで傷みが発生します。生活習慣病なので、太り過ぎないようにしっかりと食事管理、体重管理をしてあげてください。

重度になると歩くことすら出来なくなります。

糖尿病

こちらも生活習慣によって発症する病気です。人間にも患っている人が多いので、かなり有名ですよね!

色々な病気の発症元にもなりますので、しっかりと管理しなるべく避けましょう。

治療代も思った以上に高くつきますので要注意!

皮膚炎・皮膚病

毛の密度が高いアメリカンショートヘアーは、汚れが溜まると中々落ちません。そうなると脂漏生皮膚炎などの皮膚病になります。

だいたいの原因は汚れなのですが、猫によってはアレルギーという可能性も。

ブラッシングなどで、細かくケアしてあげるのが、予防になります。

多発性のう胞腎

アメリカンショートヘアーは遺伝病の少ない猫ですが、多発性のう胞腎には注意が必要です。こちらも腎臓に関する病気なので、死に至るケースが多くなっています。

現在有効な治療が発見できておらず、患った場合は対処療法を行うしかありません。

アメリカンショートヘアに長生きしてもらうポイント4つ!


大事な大事な愛猫。末永く一緒に暮らしていきたいですよね。

そこで、大事なるのが毎日の健康管理です。上で見てもらったように、アメリカンショートヘアーは生活習慣病が多く、毎日のケアが最重要!愛猫とのスキンシップになるので、楽しみながら行いましょう。

それでは、まずリストをみてどんなものがあるのかチェックです!

  • 1.食事制限で太りすぎないように注意する
  • 2.筋力維持のため十分に運動をさせる
  • 3.ストレスを溜めさせないようにする
  • 4.猫の変化に気付けるように普段からボディチェックをしておく
  • 5.毎日ブラッシングをする

以上5つが長生きのポイントになります。これらを行うことで寿命は長くなりますので、面倒くさがらずに行ってください。

最後に気になるポイントをおまけで付けましたので、気になる人は確認してください。

1.食事制限で太りすぎないように注意する

アメリカンショートヘアーは太りやすく、それによってさまざまな生活習慣病リスクがあります。なので、しっかりと食事制限を行うことで、予防しておきましょう。具体的には適切な餌の量の管理、カロリー計算などです。

そこで気になる餌の量なのですが、基本的には猫の体重×70~80kcalとなっています。

  • 適切な餌の量…猫の体重×70~80kcal
  • 体重が3kgの場合なら210kcalから240kcalになります。

キャットフードのパッケージなどに適切な量が記載されていますので、それを守ってあげれば大丈夫。しっかりと裏を読んでおきましょう。

2.筋力維持のため十分に運動をさせる

体重管理が非常に重要ということで、食事制限だけではなく基礎代謝を高めておくのも重要です。人間のダイエットとそう変わらず、しっかりと運動させて筋肉が衰えないようにしてあげましょう。

方法は色々あり、猫じゃらしのような玩具を使ってあげたり、キャットタワーのような体を動かせる場所を提供したりなどが有名です。人によってはリードをつけて外を散歩させるなんていう凄い人もいます!これも一つの方法ですね。

3.ストレスを溜めさせないようにする

ストレスというのはどんな動物にとっても、一番の強敵です。

それは猫も同様で、ストレスフリーな生活を送らせてあげることで、寿命を長くすることができます。特に室内飼いの場合は、散歩によるストレス発散がないので、しっかりと考えてあげたいところ。

では、実際にどうすればいいのでしょうか?代表的なものでは、やはり玩具で遊んであげることです。

元々狩猟動物なので、狩の疑似体験はかなりのストレス発散になります。また、ブラッシングは体を舐めてもらうグルーミングの代わりになるので、こちらもおすすめ!

  • グルーミング…毛繕いの英語名。基本はノミ取りなどの衛生面での行動ですが、哺乳類はこれによってコミュケーションを行います。猫では親子間のスキンシップに該当

基本的には野生の本能を思い出させるものが有効なので、上下運動や爪とぎなどをしっかりと行ってあげてください。

あと、逆に構いすぎはストレスになるので、愛猫が相手してほしいという時だけ遊んであげてください。

4.猫の変化に気付けるように普段からボディチェックをしておく

病気というのは突然かかるものではありません。なので、普段から細かくチェックすることで早期発見を心がけましょう。

特に腎臓関連は有効な治療がありません。トイレの回数などは毎日チェックしてあげてください。

なお、最近腎臓病の薬が発明され、猫の寿命が飛躍的に伸びることが期待されています。市販はまだ行われていませんが、なるべく早く商品化するといわれているので、いずれは腎臓病も治るときがくることでしょう。

5.毎日ブラッシングをする

最後のブラッシングは寿命にかかわるものではありません。しかし、愛猫に健康的な生活を送らせる上では非常に重要です。皮膚病になってずっと体をかいていたり、禿ができていたりではあまりにも可哀想ですよね。

特にアメリカンショートヘアーは毛の量が多いだけ、抜け毛も多いので、毎日ブラッシングをして清潔にしてあげましょう。

また、上にも書きましたが、擬似グルーミングにもなるので、ストレス解消にもなります。

多頭飼いは止めた方がいい?

猫は単独生活を好む生き物です。なので、多頭飼いはストレスの原因になるといわれます。たしかに猫はテリトリーを持っているので、狭い場所に複数匹いると窮屈に感じるかもしれません。

では、多頭飼いをすることで寿命が縮まるのかといえば、実は実証的なデータは存在していません。

去勢や避妊の有無なども関連し、個体差もありそうなので、実際のところは猫に聞かない限りは不明です。

まとめ

アメリカンショートヘアーの寿命についてはいかがでしたでしょうか?

要約すれば、目の届くところで生活させ、毎日しっかり管理し、体調チェックをすれば大丈夫ということになります。

また、健康チェックについてですが、愛猫の行動をチェックしない日なんてたぶん存在しないと思いますので、こちらも大丈夫かと思います。

愛しの猫に会ったのも何かの縁、合縁奇縁ということで、長く楽しく生活するためにも自分のできることをできる限りでしてあげる、というのがベストですね!

ニシ教授
長生きの秘訣わかってくれたかな?みーちゃんも体調管理は気をつけるようにな!

みーちゃん
勉強になりました!良く食べよく寝てよく遊びますよ!すとれすふりー!

ニシ教授
それは良かった。ところで、わしの誕生日はまだまだ先なんじゃが……

みーちゃん
え、えー!?しらなかったー!!

この記事のURLをコピーする